弁護士 鈴木成公 さん プロフィール

  •  
弁護士 鈴木成公さん: Tribune〜弁護士 鈴木成公の婆娑羅ブログ
ハンドル名弁護士 鈴木成公 さん
ブログタイトルTribune〜弁護士 鈴木成公の婆娑羅ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/tribune-ns0731/
サイト紹介文議員秘書出身弁護士のブログ!
自由文tribune(トリビューン)は、古代ローマの護民官を意味します。
議員秘書出身の弁護士・鈴木成公の熱い想いがいっぱいつまったblogです。
ためになる法律豆知識を始め、歴史コラム、名言コラム、お勧めの映画や本の紹介などしてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/02/16 10:45

弁護士 鈴木成公 さんのブログ記事

  • 沈思黙考Vol.14〜口癖の深層心理~第二弾
  •  前回に引き続き、今回も心理学のお話をさせていただきたいと思います。 ◇序章  平成24年6月に3回にわたって、口癖の裏に隠れた深層心理について論じさせていただきました(https://ameblo.jp/tribune-ns0731/entry-11286439563.html?frm=theme)。  今回は、その第二弾です。 ◇「まっ、良いけどね。」 周りに、「まっ、良いけどね。」が口癖の人、いませんか  数人で話しているときに、自分以外の人が話している内容に [続きを読む]
  • 沈思黙考Vol.13〜完璧な人間が嫌われる理由
  •  今日は、久々に心理学のお話です。 ◇序章  皆さんの周りに、いわゆる完璧な人間はいませんか  例えば、仕事を手を抜かずに完璧にこなし、取引先の評判も良く、上司や同僚の信頼も厚く、後輩の面倒見も良く、曲がったことが嫌いな正義感の強い人。  このような完璧とも思えるような人は、特に嫌われるような要素はないように思えるのですが、意外にも、万人受けするわけではなかったりします。 完璧な人間をあからさまに嫌 [続きを読む]
  • 婆娑羅日記Vol.31〜京都旅行記in2016②後編
  •  京都旅行二日目(平成28年12月29日(木))、賀茂御祖神社(通称:下鴨神社)の参拝を終えた私は、慈照寺(通称:銀閣寺)へと向かいました。 ◇慈照寺  賀茂御祖神社から慈照寺までは歩いても40分ほどの距離だったので、歩いて行くことにしました。 熊野古道では一日10時間から12時間は歩くので、40分ほどなら、近く感じてしまいます。  前日の夜は、モダンスパニッシュをいただいたのと、冬の京都で、この日 [続きを読む]
  • 婆娑羅日記Vol.31〜京都旅行記in2016①前編
  •  一昨日(平成28年12月28日(水))から一泊二日で、京都に行ってきました。 ◇序章  今年12月に入ってから、友達のNちゃんから、「年末に京都に行ってるんだけど、12月28日(水)に、京都で気に入ってるお店の予約が取れたから、一緒に行かない?」とお誘いがありました。  毎年、裁判所をはじめ、世間の多くが12月28日近辺が仕事納めなので、うちの事務所も世間の多くと同じ日に仕事納めにしていたのですが [続きを読む]
  • 婆娑羅日記Vol.30〜熊野古道大辺路旅行記in2016⑫(番外編・後編)
  •  熊野古道大辺路旅行四日目(平成28年11月6日(日))、花の窟神社から本宮道を歩き、産田神社を経て、なかよしステーション神木まで辿り着いた私たちは、横垣峠登り口から、横垣峠に向かって歩き始めました。 ◇横垣峠  横垣峠登り口から、少し歩くと、「横垣峠へ徒歩20分」と書かれた道標がありました。 (道標)  しばらく、緩やかな登りが続きます。 (横垣峠)  「横垣峠へ徒歩20分」という道標から15分ほどで [続きを読む]
  • 婆娑羅日記Vol.30〜熊野古道大辺路旅行記in2016⑧(浦神峠⇒振分石)
  •  熊野古道大辺路旅行三日目(平成28年11月5日(土))、庄の集落の手前の道標地蔵まで来た私たちは、市屋峠に向かいました。 ◇諏訪神社 道標地蔵を過ぎると、庄の集落に入り、県道45号にぶつかります。 ここが、古座川から内陸を通る八郎峠ルートとの合流地点になります。  そこから、太田川の方に歩いていくと、下和田の集落に諏訪神社があります。 (諏訪神社)  諏訪神社も、社務所のようなものはあるのですが、木 [続きを読む]
  • 婆娑羅日記Vol.29〜富山・金沢旅行記in2016⑧(三日目)
  •  富山・金沢旅行二日目(平成28年9月19日(月・祝))、ホテルのロビーで待ち合わせをした私たちは、金沢21世紀美術館へと向かいました。 ◇金沢21世紀美術館  金沢21世紀美術館は、平成16年10月9日に開館した現代美術の美術館で、横尾忠則、日比野勝彦、村上隆、草間彌生などの作品を始め、多数の現代アートが展示されています。   N松さんによると、休日は、開館前から行列ができるとのことでしたので、私た [続きを読む]
  • 婆娑羅日記Vol.29〜富山・金沢旅行記in2016⑦(二日目・第参編)
  •  富山・金沢旅行二日目(平成28年9月18日(日))、金沢城公園の見学を終えた私たちは、ひがし茶屋街へと向かいました。 ◇主計町茶屋街 ひがし茶屋街は、金沢城公園から北東に進み、浅野川に架かる浅野川大橋を渡った先にあるのですが、その浅野川大橋を渡る手前には、主計町茶屋街(かずえまちちゃやがい)があります。 (主計町茶屋街)  ここは、元々は尾張町二丁目の一部でしたが、平成11年(1999年)10月1 [続きを読む]
  • 婆娑羅日記Vol.29〜富山・金沢旅行記in2016⑥(二日目・第弐編)
  •  富山・金沢旅行二日目(平成28年9月18日(日))、ターバンカレー本店でランチの後、お向かいの四高記念館の見学を終えた私たちは、金沢城公園と兼六園の間の道を歩いて、金沢城公園の入口の1つである石川門口へと向かいました。 ◇金沢城公園  金沢城のある地は、元々加賀一向一揆の拠点であった尾山御坊がありました。 尾山御坊は、一向宗(浄土真宗)の単なる寺ではなく、石垣などを備えるなど、城といっても過言では [続きを読む]
  • 婆娑羅日記Vol.29〜富山・金沢旅行記in2016⑤(二日目・第壱編)
  • 富山・金沢旅行二日目(平成28年9月18日(日))は、N松さんの案内で、兼六園へと向かいました。  なお、前回に引き続き、加賀藩藩主の代数は、前田利家を初代、前田利長を2代として数えた場合で示しています。 ◇兼六園    (兼六園/真弓坂口)   兼六園は、岡山の後楽園、水戸の偕楽園と並んで日本三大名園に数えられる庭園です。  延宝4年(1676年)、加賀藩4代藩主前田綱紀(まえだつなのり)が、金沢城 [続きを読む]
  • 婆娑羅日記Vol.29〜富山・金沢旅行記in2016④(初日・第四編)
  •  富山・金沢旅行初日(平成28年9月17日(土))、尾山神社に参拝に来たお話まで前回させていただきましたが、今回は、その続きです。 ◇お松の方(芳春院)  尾山神社の拝殿の隣には、前回ご紹介させていただきました加賀藩の藩祖である前田利家の像が立っているのですが、その隣には、お松の方(芳春院)の像が立っています。 (尾山神社/お松の方之像)  お松の方(後の芳春院)は、加賀藩の藩祖である前田利家の正室で [続きを読む]
  • 婆娑羅日記Vol.29〜富山・金沢旅行記in2016③(初日・第参編)
  •  富山・金沢旅行初日(平成28年9月17日(土))、金沢駅に着いてN松さん、Kさんと合流した私は、金沢市片町のホテルに荷物を預けてから、N松さんの案内で、長町武家屋敷跡へと向かいまいした。 ◇長町武家屋敷跡〜大屋家  私たちが宿泊するホテルのある片町や香林坊は、ホテルやデパート、飲食店が立ち並ぶ北陸最大の繁華街なのですが、N松さんの案内で、そこから長町の方へと歩いて行くと、土塀の立ち並ぶ風情のある街並み [続きを読む]