エリクソン さん プロフィール

  •  
エリクソンさん: ごしたいずら2
ハンドル名エリクソン さん
ブログタイトルごしたいずら2
ブログURLhttp://ry392392.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文長野県諏訪地域の野鳥中心です。囲碁なども・・・。
自由文よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/02/17 23:33

エリクソン さんのブログ記事

  • 2月の鳥〜ヨシガモ・アリスイ
  • にほんブログ村 いつの間にか3月です。2月に撮ったヨシガモとアリスイ。いずれもかなり久しぶりです。 *画像を すると大きくなります。 ヨシガモ。意外にも、撮影は8年ぶりくらいでした。 身体が重そうでした。 ウォーキングのカップルが次第に近づいてきて、あたふたし始めたヨシガモのカップル!? 水たまりの水を飲んでいました。 アリスイ。こちらは5年ぶりくらいでしょうか。 [続きを読む]
  • 写真展のご案内
  • にほんブログ村 本日から3月25日(日)まで(月曜日休館)、八ヶ岳山麓・茅野市尖石縄文考古館で、写真展(ロビー展)「史跡公園・竜神池周辺の野鳥たち」が開かれています。同考古館周辺に生息する野鳥の写真(A4サイズ)60点あまりが展示されています。同地で見られる鳥たちの紹介的なものではありますが、昨年に引き続き、私の写真も7点展示させてもらいました。  私の展示写真から3点ほど(ヤマセミ・コムクドリ・コガモ [続きを読む]
  • ダイヤモンドダスト
  • にほんブログ村 ダイヤモンドダスト。自宅から車で30分ほどの場所にポイントがあり、この時期、毎日のように県内外から大勢のCMが訪れます。昨冬から、朝の貴重な時間をかなり費やし、度々足を運びましたが、全く見れずにいました。やっとタイミングが合いました。イメージ通りとはいきませんでしたが、マイナス15度の寒さに耐えつつ何とか捉えた1カットです(^^; *画像を すると大きくなります。 [続きを読む]
  • 素早い動き〜キクイタダキ
  • にほんブログ村 山麓の標高1300mm近辺を回ってみました。キクイタダキ。頭頂部の黄色い冠羽が特徴的で、国内最小の鳥といわれています。初めて立ち寄ってみた、いかにもキクイタダキがやって来そうな針葉樹が数本ある場所で見つけました。カラ類の混群の中に、1〜2羽混ざっている場合が多いですが、この時は、キクイタダキのみで10羽くらいの群れになっていました。 *画像を すると大きくなります。 [続きを読む]
  • もう一羽〜オオワシ
  • にほんブログ村 数日前、「グル」ではないもう一羽のオオワシが、当地に飛来しました。 *画像を すると大きくなります。 グルは、右翼の一部が欠損していますが、このオオワシにはそれがありません。 こちらは、氷上に佇むグル。同じく数日前の1枚です。 [続きを読む]
  • 氷上〜オオワシ・アオサギ
  • にほんブログ村  一人の時には一人の、大勢の時には大勢での、それぞれ違った鳥見の楽しみ方があります。  数日前、湖に氷が張り、いつもとは異なった場所で、オオワシ・グルの姿を確かめました。目を見張るようなシーンをとらえることはできませんでしたが、居合わせた大勢の方々と、楽しく有意義な時間を過ごすことができました。 *画像を すると大きくなります。 漁協の船(?)とご対面。 アオサギも。 [続きを読む]
  • 裏目裏目で〜コミミズク
  • にほんブログ村  A地点で待てばB地点に現れ、B地点で待てばA地点が主体で・・・といった具合で、コミミズクと上手く噛み合わない今季です。いわば“火事場の馬鹿力”で、それでも何とかシャッターチャンスを得てはいるのですが・・・・・・。そうこうしているうちに、仕事等の都合で、もうあまり現地に足を運べない時期になってしまいました。自分として会心の1枚への追求は、来季以降へ持ち越しになりそうです。 *画像をクリ [続きを読む]
  • Town Light〜 コハクチョウ
  • にほんブログ村 初詣でおみくじを引くと、20年ぶりくらいの大吉。しかし、その直後から高熱が出て、二日間ほど寝込み、やっと立ち直りました。 早朝、湖に飛来しているコハクチョウを見に行ってみました。今季初です。 *画像を すると大きくなります。 [続きを読む]
  • 今年の初撮り〜コミミズク
  • にほんブログ村 ふと目に留まった情景が気になり、カメラを向けてみました。今年の1枚目です。(モノトーンにしてみました。) *画像を すると大きくなります。 そして、今年の“初鳥”はコミミズクになりました。遠くしか飛んでくれずイメージ通りにはいきませんでしたが、嬉しい出合いでした。 遠くでしたが、木とまりは比較的珍しい気がします。 [続きを読む]