夢酔藤山 さん プロフィール

  •  
夢酔藤山さん: 散文小径
ハンドル名夢酔藤山 さん
ブログタイトル散文小径
ブログURLhttp://musuitouzan.blog.fc2.com/
サイト紹介文小説家です。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/02/22 20:18

夢酔藤山 さんのブログ記事

  • 鑑賞
  • 今日は富士急に乗って谷村町駅へ向かった。ミュージアム都留の企画展「都留の城と館-中世から近世へ-」を観るためだ。しかし……(。Д゚; 三 ;゚Д゚)車両が、ラブライブサンシャイン号で、為す術もなく隅っこで小さく座るしかなかったこれはオジサンには、キツイ車両だ!ぅ(@゚Д゚)@。Д。)わぁぁぁ〜〜〜〜ッ!!!!!!   やっと到着命にかかわる暑さのなか、周辺も散策ワシよりも背の高いひまわりにも遭遇大月かがり火まつり。むかしは岩 [続きを読む]
  • 房総時間
  • 千葉県最高峰の愛宕山に行った。ここは航空自衛隊敷地内なので、普段は立ち入り禁止。許可を得て入場です。山の麓の酪農の里は、日本の酪農発祥の地。もともとは里見氏の軍馬育成の場だったそうですよ。たまには房総成分を注入!戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を [続きを読む]
  • 鑑賞
  • ひょいと、上野へ行ってみた。これだ電車の関係で、いちばん乗りになってしもうた。田舎もんですけぇ、仕方ないろう。上野公園って、いつ来ても面白いですね。大仏とか、いつも立ち寄ってしまう。それにしても、もっと観光スポットになる思うていたけど、スカスカでしたね、西郷さんの像の前って。企画展行っておいてなんですが、西郷どんって、観てないんです。重厚さがなくって、女子受け狙いすぎているみたいで、なんか男臭くな [続きを読む]
  • (*゜▽゜ノノ゛☆
  • 小山田信茂公顕彰会講演会。小山田情報館から数えて9回目の企画です。し当日は千葉県や群馬県からもお越しの方がお出ででした。また、歴史研究から夢酔バックナンバー本が送られ、受付時に対応いただいた由。大勢の方に支えられ、大勢の方に関心を持たれて、身の薄いお話をさせてもらいました。恐縮です小山田信茂という武将には、たくさんの誤解があります。その誤解を理解すると「裏切り者」という罵声が果たして妥当なものか、 [続きを読む]
  • 吉田百景
  • 先週土曜日のフジマリモに載せたエッセイ。今月のテーマは吉田のうどんです。なので、つい胃袋が辛抱できなくなりましたので、いつものお店へ、GO⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーンそこで、凄いモノを見つけました!やるな、高校生!えらいぞ!!吉田のうどんをいつも買って、たいがい作るとウチのうどんになってしまうこれで、吉田のうどんが我が家に来る 今夜が楽しみだぜ。ふじさんミュージアム企画展、本日から新しくなりました。 [続きを読む]
  • ご案内
  • 天気がビミョ〜ですが、講演会のお知らせです。山梨日日新聞にも載ったそうです。アリガタイ大月でお会いしましょう戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」 皆さまの温かいご声援をお願いします [続きを読む]
  • ご案内
  • 天気がビミョ〜ですが、講演会のお知らせです。先週のフジマリモにも広告のりました。難しいことは語りません。歴史に疎い方でも、それなりに楽しめそうなお話をしたいと考えております。大月で、お会いしましょう。戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運 [続きを読む]
  • ご案内
  • 日野の井上源三郎資料館の道お向かいに、蔵で飲める珈琲屋さんがあってね。おひさま工房というのですが、エチオピア珈琲が美味しいんです。新選組まつりのときに何気なく立ち寄りました。気に入ったので豆を購入してきて、暫くバタバタしてたので、今ごろ開封し豆を挽いてみた次第です。さっぱりしているので濃いのが好きな人はどうかと思うけど、癖もなくいい感じです。でも、こういうのは家で飲むよりもお店で飲む方が美味しい。 [続きを読む]
  • 鑑賞
  • 別段の所用があって、横浜にいました。取材するつもりは、なかった。しかし、習性には逆らえない。嗅覚が随所のスポットを勘で探す!こわいわ、習性って。横浜モノ、どこか機会があったらなどと、考えてみたりする。さて。                                            よろしく。戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見 [続きを読む]
  • ご案内
  • 皆さま、久々の講演会のお知らせです━━━━(゚д゚;)マジ━━━━!!いつ以来だろ。たぶん、去年の房総が最後かな。楽しみです。今回のお題である「おやまだ散歩から見つける戦国の足跡」、フジマリモで連載されているゆる〜いエッセイを素材にします。ゆる〜いから、専門にしている人よりも「はじめて歴史に触れました」という方が楽しめるような内容にと、考えています。基本、これが夢酔の芸風です。こちとらしがない三文小説家 [続きを読む]
  • φ(^▽^)
  • 挿絵画家の会が毎年発行している「文人墨客」。今年は第参号です。畏れ多くも、夢酔、今年の号にお世話になっております。ありがとうございました。有名な絵師さんが多いこの文人墨客は、第零号から注目しておりました。ありがたや、ありがたや。戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、N [続きを読む]
  • (*゜▽゜ノノ゛☆
  • うんめぇきのう、井上さんから頂いた源どら。美味かったぁ他愛のないことをつぶやかずにはいられない(´∀`*;)ゞワシは抹茶餡に萌えた。あらためまして、ありがとうございました。雨、大丈夫でしたか? [続きを読む]
  • 鑑賞
  • GWが終わると、多摩地方は新選組一色に染まります。本日、ジャーナリストの姐さんたちと、方々巡らせて頂きました・・・・・・(*・`ω´・)ゞ最初に行ったのは、土方歳三の墓所がある石田寺。日野高校のところから、ぼんやり高幡不動を眺めながら赴くと…… まるでアイドルのコンサート会場のような、若いもんのごった煮だ土方人気、おそるべし!そのあとで万願寺の土方歳三資料館に赴きました。ここも人があふれて、びっくりΣ(゚ [続きを読む]
  • (*゜▽゜ノノ゛☆
  • GWですね。▽ヾ(o´∀`o)ノ流鏑馬の前に立ち寄った場所がありましたので、ご紹介します。「甲斐の開運」醸造元 井出醸造店御当主の井出與五右衛門さんは21代目、ここは代々名前を世襲する家です。井出という家は、古いのです。井出氏は藤原氏の流れを汲み、二階堂左衛門尉正重が駿河国富士郡井出の地に移り住んで井出氏を称したという。鎌倉時代、富士裾野で巻狩りを催した源頼朝は井出館を仮宿としたのだと伝えられているが、 [続きを読む]
  • Σ(゚□゚(゚□゚*)
  • 平成30年4月29日(日・祝)。河口湖畔にて毎年執り行われる勇壮な神事がございます。フジマリモで4月に流鏑馬のことを記したところ、思いもかけぬお誘いを賜り、名刹で在ります冨士御室浅間神社の神事へ参列を許されました。流鏑馬です直接この目で見るのは、この歳にしてハジメテでございます。甲斐の戦国研究されたこともある皆さまなら、『勝山記』という名前をご存じでしょうか。ここが、その記録中心地と考えて頂いて結 [続きを読む]
  • φ(^▽^)
  • 歴史研究。皆さんは、読んでいますか?夢酔、2年くらい前に里見香華会長の紹介で参加して、それから投稿をはじめました。夢酔のゆるくて亜流な随筆を根気よくお取り上げ頂けます歴研編集部に心からお礼申し上げます。夢酔のゆる散文、blog文書だから、正統派ではないことを痛感しております。反省( ̄^ ̄)ゞ今回の661号。有難くもトップに載せて頂きました。今回のテーマは井上泰助。井上源三郎の甥で、子供なのに近藤勇の刀持 [続きを読む]
  • 房総時間
  • 久留里に赴きました。たぶん、「夏の波濤」連載の1〜2年くらい前に、里見会長と山口幹事長と、加勢観音を観にきた以来だから、6〜7年ぶりかも知れない。久留里城址に至っては、「春の國」連載前の房日新聞打ち合わせの前に慌てて寄り道した以来だから、ひょっとしたら10年以上ぶりかも知れない。とんと久しぶりの久留里です。勿論、城下をぶらぶらするなど、ほぼございません。ひとり旅の利点は、思いつくまま気の向くまま、 [続きを読む]
  • 吉田百景
  • 4月7日(土)、フジマリモに載せて貰ったこの日、吉田に推参です。北口本宮冨士浅間神社。朝早いと、なんだか「いい気」を貰える心地です。巫女さんが忙しそうに掃除していました。今回、はじめて赴く場所があります。新倉富士浅間神社です。丁度、さくらまつりの最中で、外国人だらけでした。どうやらこの日は、小山田信茂顕彰会発足の会議中だったようです。理不尽な裏切り者呼ばわりから400余年。そろそろ民間的に再評価す [続きを読む]
  • 鑑賞
  • 3月24日(土)、日野本陣にて天然理心流日野道場演武がございました。もともと日野には天然理心流道場のようなものが、日野本陣(佐藤彦五郎屋敷)長屋門にあったそうで、井上源三郎はそこで研鑽したようですね。出稽古で近藤・土方・沖田も来たことがあるようです。長屋門のあった場所は、現在、日野本陣駐車場になっています。だから、本日は由緒ある場所での演武なのです。うちのガキどもは体験演武。ワシも体験。実際やって [続きを読む]
  • 房総時間
  • 房州日日新聞連載作品「秋の幻」原画展記念ライブ。3月11日(日)にギャラリーsfkにて開催されました。遠路大勢のお客様が駆けつけてくださった。ありがとうございます。              某大河ドラマと同じ時間軸の作品のため、馴染みのある場面の挿絵もございます。「春の國」「夏の波濤」「秋の幻」と、10年にわたる里見正史の小説挿絵。これまで会期ごとにギャラリーsfkで開催された原画展も、今回でラスト!Σ(゚д゚ [続きを読む]
  • ご案内
  • おしらせです。第8回郡内小山田氏の会講演会演  題  「信茂公への私の思い」おはなし  松本 憲和(まつもとのりかず)先生        郡内小山田氏の会主宰        武田家旧温会理事日  時  平成30年3月27日(火) 午後1時〜2時30分場  所  大月市立図書館2F映像ホール対  象  どなたでも費  用  無料主  催  郡内小山田氏の会(主宰:松本憲和)(お問合せ080−4064− [続きを読む]
  • Σ(゚□゚(゚□゚*)
  • 2月10日(土)、本日は天然理心流日野道場演武の日です。子連れなもので、いつも午後の講演が聴けなくて……井上さん、すみません。今日は井上家・沖田沖田家の末裔が御揃いです。ウチのガキが沖田さんからお菓子を頂いてしまった。申し訳ございませんでした。(((;゚Д゚))ナントオソレオオイ!剣筋は百の書物よりも、観て、聞いて、図々しく体験しないと、わからないんです。ありきたりなことですが、これは事実でしたウチのガキが興味あ [続きを読む]
  • Σ(゚□゚(゚□゚*)
  • グズグズしてたら1月が終わりますね。急いで告知します……(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)3月13日は〈サ・ト・ミの日〉を繰り返し叫んで、もう随分になります。毎年の風物詩ですね。そして、いつものイベントが帰ってきますぜ。ひょっとしたらだけど、この里見小説の挿絵原画展がGALLERYsfkで催される最後の機会かもしれない。みんな。観に来て欲しい。そして、見届けて欲しい。11日。いつもお世話になっております美炎さん。今回は里見 [続きを読む]