ひきっやん さん プロフィール

  •  
ひきっやんさん: 海宴隊
ハンドル名ひきっやん さん
ブログタイトル海宴隊
ブログURLhttps://aeolus.exblog.jp/
サイト紹介文ドカとヨットのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/02/24 13:11

ひきっやん さんのブログ記事

  • ducati TT1への道28
  • ひさしぶりに仲川さんところへおじゃましました。基本的な重要な整備ががっつり進んでいました。収まるとこに物が収まるとバイクが引き締まります。まさにディテールの積み上げがバイクのオーラにつながっていく感じがしました。寄せ集めのパーツが仲川さんの手で一つのマシンに昇華してます。職人さんです。とにかく逃げずにすべてを合わす!で細部にわたり微妙な調整をしてもらいました。エンジンとフレームの誤差をシムで補正し [続きを読む]
  • ducati TT1への道27
  • Ducati 400SSのスイングアームとF3のスイングアームは全く同じディメンションなのです。そして色々測ってみるとこれまた全くモンジュイも同じディメンションでした。ちょっとここで怪しいと思い先ほどの検証をしてみたのですが・・・。そして衝撃でした!衝撃の事実!!なんと全然軽くありません!え〜〜〜〜〜!ショック!これがモンジュイ、外れなかったリアブレーキの部品だけが唯一の差。変わりません!リアブレーキのこの部 [続きを読む]
  • ducati TT1への道26
  • どの資料にもモンジュイのスイングアームはマグネシュウムが入った超軽量で特別なものとあります。超軽量のTT1製作を目指してるには必須のパーツ!がしかし衝撃の現実が!まずは本物のモンジュイスイングアームかの検証です。車体番号がM187とありまずは間違いないのですが一応O氏のモンジュイ写真と比べてみました。この溶接のピンホールがそっくりですね!チェーンガードも同じものですね。ちょっとカットしてますが。このC型 [続きを読む]
  • ducati TT1への道25
  • とある方が落札できなかった僕の悩みの声をお聞きになりお譲りいただけることになりました!No187モンジュイエンジンとスイングアームがセットになります。かつ超軽量!がしかし!衝撃の事実が!!!!!この梨子地がモンジュイスイングアームの特徴です。でもかなり本格的な磨きがかかってます。これなら簡単に鏡面加工できます!光らせてやる! [続きを読む]
  • ducati TT1への道24
  • そして急いで載せかえてきました。いや〜かっこいいな!けどかなりあちこち磨いているので中身はどうなっているかな???まずは組んでハーネス作ってから考えましょう。ブラック塗装を剥がしてポリッシュしているのでいろいろ触っているエンジンかもしれません。久しぶりに裸にしました。 [続きを読む]
  • ducati TT1への道23
  • 仲川さんところモンジュイエンジンを持っていくと!フロント周りがかなり進んでました。まずはF1スピードメータを本当に繊細なフライス加工で肉厚ギリギリに収めてもらいました。カウルも涙ぐましい加工です。結果的には緑のフレームと見比べればわかりますが10mm少し短くし、フロントカウル全体を後ろに移動。やはりアンダーカウルはフロントタイヤにギリギリ干渉しそうなので加工が必要です。フロントフォークのストロークも130 [続きを読む]
  • ducati TT1への道22
  • 究極の落札ついにモンジュイのエンジンを落札しました。エンブレムや書類カムのpマークやエンブレブなどなどおそらく間違いなしにモンジュイ187番のエンジンです。かなり悩まみしたが・・・・・。いろいろ処分したらなんとかなるかと自分に言い聞かせ落札しました。本当に楽しみです。業者さんの出展品でしがビックブレンボのディスクを購入した業者さんでとてもビックリするぐらいきれいな商品を取引させてもらった業者さんで [続きを読む]
  • ducati TT1への道21 
  • ずっと仕事で休み取れなく久しぶりに仲川さんところへお邪魔してカウルのフィッティングを打ち合わせしてきました。これが以前仲川さんより送られてきた画像です。フォークはSR4に延長キットをつけたもの。ややカウルが上に付きすぎな印象。新たに900SS用にセットし直した写真。延長キットの移植はトップの部品が違い延長せずそのまま付けてます。ギリギリフロントタイヤのカウルから120mmのクリアランスが取れているのでこのまま [続きを読む]
  • ducati tt1への道20 カウルをセットしてみたら?
  • 仲川さんところに行ってカウルをセットしにレッツゴー!3型のカウルがフィットすれば新たに購入しなくていいのでお財布が助かります。今後も3型カウルなら手に入れやすくとてもリーズナブルです。歪んで取り付けられていたメーターステーのベースを再溶接し、それにハンドルストッパーをジュラコンで取り付けてもらいました。緑フレーム塗装をし直すので今後カウルステーなど溶接していきます。カウルのフィティングはアンダーも [続きを読む]
  • DUCATI F1-2型 整備日記 20180501 試走してみました。
  • ネイキッドF1にしてみました。これはこれでかっこいいですね。こんなカスタムもありだな〜と思いました。ウインカーを取り付けてキャブがすぐに触れるようにして、いざ出陣!500メートルほど調子よく走ったらいきなりエンジンストップ???落ちつてキャブを見てみますと。リア側 少しかぶり気味です。フロント側はいい感じ。加速ポンプから両方燃料が出ていることを確認してからエンジン始動!何事もないかのようにエンジン [続きを読む]
  • DUCATI F1-2型 整備日記 20180430 キャブ整備
  • グッチーノさんにお願いしたアトマイザー・ニードルK8・スロットルピストン・新しいメインジェット140・スロー65をリアの2型オリジナルキャブを取り外し、新たにガンメタ(ヤフオク)キャブをリアに取り付け、全ての部品を同じ条件へと昇華します。まずは現行のアイドリング映像です。すぐにアイドリングします。う〜〜んちょっとバラすの躊躇しますが、「起点」を作らないと・・・いつまでもニュアンスでやるしかないので [続きを読む]
  • DUCATI F1-2型 整備日記 20180430 デロルトメモ 
  • デロルトセッティングの整理現在デロルトは2台分をストックしている。①現在のF1に本日取り付け終了通称:ガンメタヤフオクで落としたもので一番状態がいい。このガンメタにアトマイザーアB265、ニードルK8、メイン140スロ−65、スロットルピストンを全てを新調しやっとこさで取り付け完了。右上が本日リアに取り付けたガンメタ。インテークが樹脂とパッキンタイプ。②F1−2型オリジナル上の二つがオリジナル。インテ [続きを読む]
  • ducati tt1への道20
  • 久さしぶりに仲川さんところ行くとフロント三又加工が終わりフロントフォークがセットされてました。そもそもSR4モンスター用をヤフオクしたのち、900SS用のオーリンズのフロンントフォークを手に入れ、延長キットをどっちに入れた再確認が必要です。SR4に50mm 900SSに50mm どちらに延長したのか確認必要です。ステムシャフトは微妙な段差があります。オリジナル900SSの三又だと、アンダーブラケットがフレームにヒットします。 [続きを読む]
  • 日本一早いCBR250RR エンジン開けてます。
  • 仲川さんからシリンダーにダメージがあること、吸気のバルブが摩耗し交換時期とのこと。現物を見せてもらいました。後方に傷があります。排気側です。マイクロゲージで計ると明らかに変摩耗、台形に削れてます。これがニューシンリンダーです。少し大きめなのでピストンにコーティング加工をして少し大きく加工中。計測工具はやはり大事なものなんですね。僕には必要ありませんがいつかは覚えたい・・・ですね。続いて吸気バルブも [続きを読む]
  • ducati TT1への道19
  • タックキャップのパッキンを購入しました。仲川さんにタンク製作をお願いした際、リークテストでエアーを入れた際に漏れがあるとのことで発注しました。有吉さんから購入しました。Old Spare Partsのシールがありました。鍵穴問題はそのままですが、漏るようなら鍵穴構造見て溶接で詰めてしまおうと思います。Old Spare Partsさんはまだ稼働しているのですかね?ずっと続けて欲しいですね。欲しいものもたくさんありますね。どなた [続きを読む]
  • CBR600RRバッテリー
  • 仕事で使おうとエンジンをかけたら・・・・バッテリーアウトです。時間がないので急いでナップスで購入しセットしました。ネットとショップの値段の差にびっくりです。12500円也!!ネットなら4300円程度で台湾YUASAが買えます。アウトのバッテリーは台湾ユアサのTTZ10S でした。。5年近く持ちました。恥ずかしながらこのCBR600RRは全く自分では触ってません。カウル外すのも億劫になります。爪とかすぐに割れそうで複雑でバ [続きを読む]
  • ducati TT1への道18 夢のモンジュイカムはサビでがっくり!!!
  • 今のTT1エンジンにはF3カムが入っているので、ノーマルのカムかモンジュイカムをずっと探してました。ヤフオクで出たので思わずポチ!写真ではわかりませんでしたが結構錆びておりショックでした。もう少し慎重に行けばよかったと反省。説明にもサビがあることは書いてありましたが・・・・・。これがヤフオク写真!!!そんなにひどいとは思いませんでしたが・・・・実物はこんな感じです。結構錆びが深く表面ではすみませんでし [続きを読む]
  • ducati TT1への道17
  • デカール大作戦!お正月休みにイレストレーターを猛勉強して作ってみましたが、最後に飽きてしましました(笑)最終的にTT1はどのカラーリングとステッカーを採用するか・・・・。やっぱり本物の再現がいいかな〜。本物は意外に地味。こんなことで夜な夜な遊んでました。 [続きを読む]
  • DUCATI F1-2型 整備日記 20180212 
  • 先週パイロットスクリューをいじくっていたらアイドリングしなくなってしまい、朝に国道134号にドライバーを持って特製キャブ調整用ドライバーを持っていざ出陣!プラグを新品に交換(ギャップ1.3mm)金属のところに少しゴムの滑り止めをするともっといいかもです。カウルつけたままフロントキャブが触れます。本来ならファンナネルを外してアイドリングスクリューを同じ位置にしてから始めなけばならないがとりあえず家の間で [続きを読む]
  • ducati TT1への道15 1型タンクがTT1ロングタンクに!「完成」
  • 仲川さん渾身の匠でタンクが完成しました。本当にありがとうございました。パウダーをつけたリークテスト(ガソリン)を行ったところ、にじみが確認できたので水を張ってタンクのリークテストを行う。2箇所とても小さな穴を無事発見!早速溶接をして完成となる。仲川さん曰く、ペンキを塗ってしまうと溶接もできないでこの状態でリークがないかしっかり見ないといけないとのこと(ちなみに肉厚は2.5mm)ガソリンキャップのネジは貫 [続きを読む]
  • ducati TT1への道14 1型タンクがTT1ロングタンクに!「製作工程」
  • 譲っていただいたF1−1型のタンクを仲川さんの匠の技見事に生まれ変わりました。まずはペンキを剥がして作業開始。そしてカット!初披露!1型タンクの中身です。ハマヒロさんにも本物のハリスタンクもお借りして見本に・・・・。基本のスタイルが決まりました。そして細部の製作に入ります。オリジナルの穴を埋めます。3型のフューエルキャップを取り付けます。伸ばした前方を溶接細かい細工です。表からのビスは貫通せず水が [続きを読む]