台湾茶だより さん プロフィール

  •  
台湾茶だよりさん: 台湾茶
ハンドル名台湾茶だより さん
ブログタイトル台湾茶
ブログURLhttps://ameblo.jp/taiwanchadayori/
サイト紹介文台湾で台湾茶・中国茶の探索をしています。お茶&茶器やさん、茶芸館、茶ドコロめぐりやお茶会情報を発信。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/02/28 14:40

台湾茶だより さんのブログ記事

  • 三渓園で手仕事展と中国茶会
  • 先週のことになりますが「手仕事に遊ぶ錦秋」という企画展があり、横浜の三渓園にいってきました。https://m.facebook.com/teshigotoni大好きな秋荷(秋の蓮)、すすき、野の花色づき始めた葉が好ましい庭園をすすみ会場の鶴翔閣へ入ると、大きな紅葉で出迎えられました。(ブレてますね(^^;)旭川で作陶されている工藤さんがわざわざ運んでいらしたもの。小学生の頃旭川の近くに住んでいたので勝手なご縁を感じて、一目惚れした窯変 [続きを読む]
  • 潮州式工夫茶
  • 秋の気配。虫の音に合わせながらリズミカルに潮州式工夫茶。淹れるお茶は同じ広東省の鳳凰単叢。小さな朱泥の茶壺で杯子も3つだけ。"口"が3つで"品"茶なのですって。広州の茶博で出会った潮州で工夫茶を習っているという青年に教えてもらいました。香港で潮州式工夫茶というとかなり重火(重い焙煎)の安溪鉄観音を淹れるのですが彼によると当の潮州では鳳凰単叢を淹れているとのこと。香港には潮州出身の方が多いのですが、安価 [続きを読む]
  • 台湾みやげ 呉寳春の檸檬ケーキ
  • 台湾みやげにレモンケーキをいただきました。高雄に本店がある有名なパン屋さん「呉寳春」のものです。レモンの酸味と皮のほどよい甘味のバランスが好み。パイナップルケーキと違い、台湾!ならではというイメージでもないので、鉄板お土産とはならないかもしれませんが、何度もお土産を差し上げている方には嬉しい変化球かもしれません。台湾の木柵正叢鉄観音とともに [続きを読む]
  • あるきちさんのセミナー、「標準」を読む
  • あるきちさんのセミナー、「標準」を読むに参加しました。中国の国家標準、を読み解いていこうというもの。現地の最新かつ生の情報を交えながら解説。毎回メモが追い付かないほどの情報量です。もちろん日本語ですから、しっかり吸収できているかはさておき、すべて聞き取れる幸せ。第3段の本日は白茶と黄茶でした。毎回、テーマに即したお茶を何種類もご用意くださるのがまた勉強になります♪ [続きを読む]
  • ギャルリ百草 「お茶の時間」
  • ギャルリ百草の企画展「お茶の時間」に行って来ました。緑濃い小路を進むと古民家が景色に溶け込むように佇んでいました。戸を潜ると、氷の滴で夏のおもてなし。予約した安藤雅信さんの中国茶会が始まるまでのひととき、畳敷きのしっとりした広間や茶室に並ぶ、さまざまな「お茶の時間」にお供してくれそうな道具たちに目を奪われてしまう。さて、いよいよお茶会。最近増築したという、白が眩しい離れにも安藤雅信さんの作品が映 [続きを読む]
  • (備忘録) 圧茶機使用禁止
  • 鉄観音。福建の安溪も、それが伝わった台湾でも、布包揉捻(「包揉」)を幾度も繰り返し発酵の促進と球形への成形を行う、手間暇がかかるお茶。そんな製茶の負担を軽くする機械として期待されたのが圧茶機こと茶葉壓揉成型機。人手での揉捻が一度に多くても10斤あまりであるのに対し圧茶機を使えば一度に100斤あまり。2010年頃登場し、安溪の一部の農家で使用されるようになっていましたが、2016年10月3日に緊急通知で全面禁止とな [続きを読む]
  • 石硤尾の「文博軒」から深水捗へ
  • 日差しがまぶしいくらいのお散歩日和。用事があって九龍サイドまで出掛けたついでに足をのばしてきました。MTRのshek kip meiで下車して5〜6分。目的地の「文博軒」はJCCACという芸術中心(アートセンター)の1階にあります。http://www.jccac.org.hk11:00の開店で11:20過ぎに行ったらちゃんと開いてました。メニューはこちら。ランチセットのお茶は、オーナーの奥様が主宰する茶之香essenceというブランドのティバッグ。ちゃんとリ [続きを読む]
  • 香港お茶屋さん巡り <1924年創業の老舗・顔奇香 @上環>
  • 新年好! 香港の旧正月休みは初一から初四までとたった4連休。台湾や中国は、振替出勤して1週間以上の連休でしたのでとても短く感じます。しかも大晦日がお休みではないのは、実家に帰る、と言っても、香港では長距離の鉄道やバスを使っての大移動ではないからなのでしょうか。 昨日、初五から始まるお店が多い中、お茶屋さん巡りをしてきました。 顔奇香茶荘 (上環) 池谷直人先生主宰の中国茶倶楽部で、茶荘 [続きを読む]
  • 2017年 中国 tea expo日程
  • 新年好!旧暦のお正月も三日目。香港はたった4日間のお休みです。昨日「初二」の20時からはヴィクトリア湾で花火ショーがあったり黄大仙では初詣客でごった返したり、楽しく賑々しい雰囲気に満ち満ちています。さて、1年の計、ではありませんが今年の中国のtea expo日程を調べました。他にも・2017 春季中国(广州)国?茶?博?会5月25-29日(25-26日????众日)广州?琶洲?广交会展?C区・中国?天津茶?及茶文化博?会6 [続きを読む]
  • 清香齋の茶会
  • 台湾時代師事していた解致璋老師の清香齋。先週、台北郊外の食養山房でお茶会が開かれました
    。今回は成果発表的な門下生向けではなく、一般に開放された貴重なお茶会でした。微信にも記
    事がありました。写真だけでも茶の香が漂ってきそうですhttp://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzA4MTczMTMyNw==&mid=
    2660098523&idx=1&sn=36db100efb2e5edfe256d97fecb7479c&chksm=84e9ca4bb39e435d45ea793c40127effe72fb00ccdd1ca0720a28e259210bc2 [続きを読む]
  • 台湾嘉義県主催イベントで
  • 先週は2つの台風で黒雲とシグナル8を記録した香港。仕方なく家にこもって記憶と記録の整理を試みました。もう半年以上前、2月の台湾。阿里山烏龍茶を擁する嘉義県観光文化局が主催するお茶会が開かれました。会場は台北の華山文創区。そこに外国人の茶席を設けてほしいとの話があり茶友Kさんと参加しました。こちらは、茶芸コンテスト優勝者のお茶席。総統に就任前の蔡英文さんも登場。SPさんがそこかしこにいらしてて水屋でこっ [続きを読む]
  • 上海、そして宜興へ 
  • 9月の終わり、まだ暑さの残る香港を抜け出し2泊3日で上海&宜興へ行ってきました。香港でお世話になっている池谷直人先生主宰の中国茶倶楽部ミニ研修旅行です。上海に集合して一泊二日で宜興に行く弾丸ツアーでした。ツアー前の上海では台湾時代の茶友と老房子で和食ランチを楽しんだ後、ひとり天山茶城へ。 美しい秋の空。 翌日宜興へ向かうのでお小遣い使いすぎないようにと肝に銘じつつ… 最近、飲み比べている福建省安溪鉄 [続きを読む]
  • 中秋佳節快楽☆
  • 今日は中秋節。台風の行方を気にしながら香港で迎えました。 写真の月餅は香港のペニンシュラホテル(半島酒店)のもの。実はこの春、香港に引っ越しました。お茶の産地を離れる寂しさはぬぐいきれませんが中国茶にも台湾茶にもアクセスがいい香港という地の利を活かして改めてお茶について探求していければと思っています。 しばし「台湾茶だより」という名のままでお付き合いくださいいませ。   [続きを読む]
  • 深セン茶博会へ
  • 年二回深センで開催されている茶業博覧会へ行って来ました。台北のお茶博は毎回必ず訪れていましたが、中国の博覧会は初めてだったので興味津々。さすが規模が大きくて会場の全てを見て回れないほどでした。深センという場所柄、広東省、雲南省、福建省(特に白茶が充実)のお茶関係が豊富。台湾ブースも頑張っていました。次回は12月16〜19日。ちなみに香港のtea expoは8月です。浙江省安吉からも。安吉白茶、美味でした☆二階から [続きを読む]
  • 一せん目は捨てるのですか?
  • お茶会や茶道体験をやらせていただくとお客様から、中国茶は一せん目は捨てるんですよね?と聞かれることがあります。農薬も流れるし、と。確かに「洗茶」といい、長年寝かせておいたプーアルや烏龍茶のヴィンテージ茶をいただくとき、一せん目は捨てることが多いですよね。保存してきた間の表面的な汚れをとる、という意味あいもありますが、それ以上に眠っていた茶葉を目覚めさせてあげる意味合いが大きいと言われます。(この意 [続きを読む]
  • 台湾お茶旅行 南投県鹿谷
  • お茶どころ、南投県は鹿谷郷に「圍爐煮茶」というお茶の楽しみ方を体験できる場所があります。真ん中にある炉をみんなで囲んでそれぞれ異なるお茶をいれて「分享feng xiang」(分かち合う)します。自分がいれるお茶の名前が書かれたエプロンをつけて。泡茶師の活動で行ったのでお茶をいれるのはそれこそみんな日常茶飯事ですが、釜から柄杓でお湯を汲み、茶壷(急須)や蓋碗に注ぐというのが日台融合で目新しく楽しめました♪南投県 [続きを読む]
  • 永康街のフレンチ、風流小館 L'Air
  • 永康街の奥にあるフレンチへ女性シェフ、ダナさん手書きの季節のメニュー前菜一品目前菜二品目さばの味噌照り焼き風♪前菜三品目青海苔がいいアクセントメインにはイベリコ豚を選びました台湾ではようやく最近手にはいるようになったようですお友達が頼んだラムチョップも美味しかったです?お口直しのシャーベット本日のデザートアイスクリームはあまり食べない私ですが美味しくてぺろりこの下に、冷たいミニクレープが♪スプー [続きを読む]
  • 福藏 〜内湖のお茶空間〜
  • このすてきなお店は大湖公園駅近くにひっそりとありましたこちらでお店の方にじっくりお茶をいれていただきましたオーナーさんのコレクションこの蓋碗も文机も文人趣味な感じでうっとり売っているのは茶人服、茶席の布、茶道具を包む袋物といった布もの茶道具こだわりの製法で育てられたお茶お茶を飲みたいときはお茶に関わらず一人400元でいただけるそうです福藏総公司台北市内湖区大湖山荘街87号0287916690www.bijou.tw [続きを読む]
  • 方寸蔵香
  • 日曜日に行ってみました台湾大学でのお茶関係展示今月ツツジ祭りをやっているだけあって有名な大王椰子の並木道の傍らにはツツジが咲き誇っていましたお茶とお茶貿易にまつわる展示は図書館にありました中は撮影禁止の為、入口だけ。貴重なパッケージや資料が並んでいてとても興味深くじっくり見てしまいました。興味ない人は面白味を感じなさそうですが…雨続きの台北久しぶりに傘なしでお散歩できるだけでもうれしい気分になり [続きを読む]
  • 永康街の古道具とお茶のお店、二壷軒
  • いつの頃からか古道具にひかれ、いつの間にかこのお店にひかれるように場所は永康街を東門駅からずっと南下して金華街を渡ったところ早くても午後1時からのこのお店乱雑な感じがまた宝探しのようでワクワクさせますオーナーさんも最初はとっつきにくかったのですが、笑顔が素敵な女性なのです何度も通って迷って古いお皿と甕と老茶を買いましたどれも茶友や老師から評判よかったですヨ♪ご兄弟で鶯歌と広州にそれぞれお店を開い [続きを読む]
  • 四知堂 〜創作台湾料理〜
  • 行ってみたかったお店、四知堂へ通りすぎてしまいそうな外観無花果のサラダとても盛り沢山ですルー味という台湾煮込みの鳥ももも入っていますトマト煮込みの獅子頭爽やかで、肉団子自体も脂っこくなく美味しくいただきました今日の四人前のお魚テーブルでレモンを搾ってからサーブこれも真似してみたいお味でした有名なオレンジスフレ以外のデザート三種類手前は干し柿の中にクリームチーズとマスカルポーネが入ってるとのこと四 [続きを読む]
  • 迪化街の果物屋さんで一息
  • なかなか暖かくならない台北霧雨降るなかおみやげ物の買い出しにいってきましたイチゴパイナップルジュース 130元カットフルーツ盛り合わせ 220元そのときの旬のものをいただけます昨日はスターフルーツ、ピンクグァバ、蓮霧(ワックスアップル)、棗どれも台湾ではよくいただくものですが、当たり外れも多いですこちらのものはどれも美味しくて苦手だったスターフルーツの美味しさに今ごろ目覚めてしまいました厚切りだったのポイ [続きを読む]