スベルべ さん プロフィール

  •  
スベルべさん: 畑に吹く風
ハンドル名スベルべ さん
ブログタイトル畑に吹く風
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yukiguni01-47
サイト紹介文 雪国魚沼生まれの魚沼育ち。生粋の田舎人です。愛犬マックスと共に畑仕事や魚沼の自然を紹介しまします。
自由文 早期退職をして早六年。細々と始めた個人経営の農産物直売所の営業も五年目のシーズンを無事に終えています。
無農薬、減農薬を主体とし、減化学肥料、有機主体の農業に挑戦しています。
石の上にも三年。徐々に畑の趣旨も知られるようになり、長岡の「越後の台所 すずきち」は大のお得意さん。なんと、お店には私たち夫婦と私の畑の写真が沢山掲げられていますよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供519回 / 365日(平均10.0回/週) - 参加 2012/03/02 21:57

スベルべ さんのブログ記事

  • 里芋三兄弟(その1)
  •  下の農天市場の周りの畑には、里芋5畝の他に里芋の兄弟とでも言うべき芋がもう1畝。種イモを奈良の「sakko」さんから頂いた「トウの芋」も三種類のうちの一つ。 種イモを複数植えるはずも無いけれど、なんと、太い茎が3本に分かれて立っている。小芋を落としてしまわないように、慎重に慎重に掘り進めます。 掘り起こした「」トウの芋を、エンヤコラとばかりに軽トラに積み込んで運搬。水道栓のもとに運び入れて、 [続きを読む]
  • 連載127「あの時も眠っていたのに違いない」(その1)
  •   あの時も眠っていたのに違いない 授業中などに居眠りを繰り返し、失敗したことは数えきれない。さて、このまま社会に出てデスクワークになんて就いたら大変なことになる。そんな風に本気で心配していたけれども、さすがに、給料をもらいながら居眠りできるような大物ではなく、疲れても眠れない、気の小さな男でした。 前にも記したけれど、歯と目にだけは絶対的な自信を持っていた。おっと、肺にもね。国鉄に就職し、 [続きを読む]
  • 農天市場の日の夕食は
  •  農天市場の営業日はさすがに疲れます。かと言って、食事をおろそかにする気も無いし、疲れた体に鞭打って夕食を作ります。 さて、いよいよ秋も深まり、アケビにもサヨナラの日が近づいてきました。おそらく、今年最後になるであろう「アケビ釜」をスベルべトーちゃん担当で作ります。 普通だったら、油揚げで調味、調整する味だけれど今回の「煮菜」は基本材料の大根の間引き菜のみ。どうやら、疲れ果てたスベルべママが、そ [続きを読む]
  • 妙高へ
  •  妙高市へ、ある大会の研修と言う事で行ってきました。魚沼市の仲間たちは一行29名で、大型バスをチャーターしての参加です。 午後は二つのブロックに分かれての研究集会で、「ともに生きる」と言うテーマの分科会に参加。心に残った言葉は「気配り」「心配り」「目配り」で、心に刻んできました。 到着した一昨日は二つの分科会に分かれての研修を終えた後は、宿泊のホテルで懇親会。そして、二日目の昨日は全体会と言 [続きを読む]
  • 風呂敷の魅力!
  •  「越後の台所 すずきち」のスタッフの皆様から誕生日プレゼントに頂いたお酒。野菜を納品するだけの、関係なのにこんなプレゼントを頂けるなんてスベルべは本当に幸せ者です。 あまりにも美しい、風呂敷による飾り包みで開けるのがもったいなくて今まで取っておきました。秋も深まり、日本酒が美味しい時期となり、いよいよ開けて頂くことにしました。 風呂敷の色合いも素晴らしいですね。何方の手仕事かと思ったら、酒屋 [続きを読む]
  • カラスに内緒の落花生採り(その2終わり)
  •  さて、収穫を終えた落花生の後処理です。スベルべが、作業用手袋の軍手などを洗うために買った、簡易洗濯機で泥汚れを落とします。 ぐるぐると高速で回し、何回も水を取り替えて洗う。次第に土汚れが落ちて、白くなってくるのが分かります。 洗い終えたら落花生は水を切るために、コンテナにあける。みずみずしい色をした殻は、未熟果で乾燥すると干からびて食べられなくなってしまいます。 そこで、掘り立て、採 [続きを読む]
  • 佐渡から来た男
  •  スベルべママが所用で帰宅したその時、一台のバイクが長岡方面から走って来た。通過するかと思ってみていると、農天市場の上手の入り口から入って来た。 「寒いー、焼き芋ありますか」なんて、焼き芋釜にしがみつく様に暖を取る。ま、おつむはともかくとしても、この衣服でのオートバイは寒いなんて言葉では済まされない。 帰って来たスベルべママと事情を聴くと、なんと働いている群馬から稲刈り手伝いに実家の佐渡島に帰り [続きを読む]
  • 「ちいぼう」プレオープンにお呼ばれ(その5終わり)
  •  大きな品書きの裏をふと見たら、どこかで見たような風景。これは毎日のように見ている、スベルべの山の畑では無いですか。 残念ながら後方の越後三山は雲の中。こちらに向いているのはスベルべママのお尻で、その向こうの帽子姿は手伝いの女性。 さて、〆のご飯は「飛魚出汁」で食べる「卵かけご飯」です。お酒の後の軽いお食事、ご飯ものにはぴったりですね。 お願いしたスイーツはこの「信玄餅」です。番茶で [続きを読む]
  • 老老お手伝い?
  • 10日は会場準備のお手伝い。11日は後片付けと二日間のお手伝い。スベルべの住む地域の「老人福祉大会」のお手伝いに老人スベルべが出かけたのでした。 昼食タイムになると、アトラクションが始まりました。中央では無名の「葉月みなみ」さんと言う歌手でしたが、これが中々の歌い手でビックリ!。 10数曲は休まずに歌い続け、声もかすれず最後まで張りのある美声。振り袖姿で歌ったのですが、一本の紐を取り出し、 [続きを読む]
  • 「ちいぼう」プレオープンにお呼ばれ(その4)
  •  「あのー、炉端焼きセットは、出ることになっています」なんて言葉とともに藁火で焼いた品物が。元々、このお店はこの「焼き物」が売り物になっているのでしたね。あーあ、分かっていたら、色々な注文なんてしなかったのにー。 これも、注文をしていないのに考えてあったという「船盛」です。いやいやいやー、参っちゃったなー。サザエ、シマアジが美味しかったなー。 これも、注文外の「鶏の唐揚げ」です。ビール、日本酒 [続きを読む]
  • 「ちいぼう」プレオープンにお呼ばれ(その3美味しそう!)
  •  広い店内に入ると左手が厨房。いつも、我が家に仕入れに来る店長が、いつもとは見違えるような引き締まった顔で調理中。いや、右の若い彼も有望株で、我が家に仕入れに来たり、畑にも遊びに来たりした仲です。 その厨房の右手も、広いキッチンになっていました。新潟で店長を務めていた彼が入っていました。カメラを構えると「あ、スベルべさんのブログに載るのかな」なんて、みんなお見通し。 左右のキッチンを繋ぐ壁に飾 [続きを読む]
  • 「ちいぼう」プレオープンにお呼ばれ(その2)
  •  火事場泥棒的な行為だったと少し反省、心がチクンと・・・・。「ちいぼう」へのお呼ばれついでに、配達を兼ねて持参した野菜でした。 うーん、「これ、お手持ちー」なんて気前よく進呈しても良かったかも。でも、お祝いにはユリの花束をお持ちしましたから、そちらで勘弁してもらいましょう。 二種類のラディッシュに続いての登場は間引き段階の大根4種類。普通の青首大根と、赤い「紅クルリ」、緑の「ビタミン大根」、紫の [続きを読む]
  • 「ちいぼう」プレオープンにお呼ばれ(その1)
  •  農天市場が野菜を出荷し、使っていただいている「すず瀧」グループの一店舗に「ちいぼう」がある。その「ちいぼう」がしばらく休業して内装を一新。14日のオープン前のプレオープンに招待されました。 マスターの「鈴木将」さんの手によるデザインですね。知り合ってしばらくしてから分かったけれど、高校の後輩でデザインを専攻してきたのです。 このマークは、お店のシンボル。コンセプトを現わしていて、左から「雪」 [続きを読む]
  • カラスに内緒の落花生採り(その1)
  •  収穫時期が気にはなっていたけれど、他の仕事を先行し手を付けられなかった落花生。収穫するのなら、カラスに気付かれないように一気に仕事を進めたい。 何せ、落花生はカラスの奴の大好物。見つけたら、鳴き声で仲間を呼び寄せ、食べようとさえするのですから。 引き抜いた落花生はその場で、もぎ取りコンテナの中へ。ここ2年は、草取りの手間を省くために黒マルチをして植え付け、最後までそのまま。 本当は、ある [続きを読む]
  • サラダ畑(その3終わり)
  •  これは「ワサビ菜」です。大きく成長したら、脇芽を掻きとるように収穫できますが、小さいものを間引いて使っても便利。 ゴマの香りで知られる「ルッコラ」もサラダのポイントに。数回に分けて蒔いてありますから、順次収穫しています。 ここ何年か、必ず作る「赤リアスからし菜」です。今年は種子の購入を忘れてしまったけれど、昨年のあまりを蒔いたら発芽してくれました。 赤リアスと対になる、緑色の「リア [続きを読む]
  • サラダ畑(その2)
  •  これもレタス系ですね。レタス系野菜の嬉しいところは、害虫の被害が無いことでしょうか。 害虫の食害が多いのは、白菜、キャベツでしょうか。期待の紫白菜、いや紫だから「紫菜」かな(笑)。登録名は「紫奏子」ですが外葉は虫に食べられボロボロ。 「葉チコリ」だったかなー。品名は分からなくなっちゃいました。葉物は主にスベルべママが種蒔きを担当したけれど、これだけはスベルべが蒔いた記憶があります。  [続きを読む]
  • 里芋豊作の予感が実感へ(その2終わり)
  •  夕方、日暮れが迫る中で軽トラに積んで帰った里芋です。ほら、コンテナ二つ分だから、一日に一人で30キロくらい収穫したのかな。 おさらいで、春にアップした里芋畑をお見せしましょう。自分で収穫し、保存していた種イモに加えて、買い足しましたから120株くらいだったかな。 今年挑戦した、新方式でした。里芋掘りのためだけに購入した、この穴あけ器で黒マルチを掛けた大きな畝に穴を掘りました。 種イモは別の [続きを読む]
  • 里芋豊作の予感が実感へ(その1)
  •  昨日は電気器具の取り付けのために業者が下見に来たり、水門の定期点検が有ったりと相変わらず多忙。その上、午後からは今日行われる、「老人福祉大会」の準備にまで行かなければならなかった。 その多忙の時間の合間を縫って、一人で里芋掘り。大きく育った株をスコップで掘り起こす。先に試し掘りの結果をお見せしていましたが、豊作の予感が実感へと変わりました。 後ろの里芋を取り去った芋茎の上に見えるのは脱ぎ捨てウ [続きを読む]
  • サラダ畑(その1)
  •  秋の野菜畑も徐々に最盛期に入ってきました。6時前に山の畑に行くと霧の海です。秋も盛りとなって来ると大変なことは日が短くなり、仕事がなかなかできない事。 何種類も蒔いた野菜はほぼ出そろったけれども、2、3種類は発芽率が悪い。中には全く芽の出ないものも有ったから、蒔き時期が悪かったのか、種子そのものが悪かったのか。 何回にも分けて蒔いたミニ青梗菜、登録名「シャオパオ」です。種蒔き一回目の「 [続きを読む]
  • 里山祭り(後片付け編)
  •  にぎわった「四季の潤い 里山祭り」も15時の終了予定時刻が迫った来ました。プロレスラーのトークショー。吉本お笑い芸人の話など、様々な催しがあったけれども行かずじまいの見ずじまい。 会場内の他店舗さえ、見る間もなく終了時刻になってしまった。各店舗がそれぞれ店じまいです。「トーちゃん背中」なんて言われて手で触ると汗でぐっしょり。 何せ、焼き芋釜の熱が冷めるまでは片付けることも出来ませんからね。よ [続きを読む]
  • 里山祭り(奇跡の話編)
  •  二人連れの母娘とお見受けするお客さんがスベルべの名前のさつま芋は無いかという。何処で、知ったのか、なんとご主人がスベルべと同姓同名だと言うのです。(写真は前々日作成のリース) そこで、夫婦連名の営業用名刺をお渡しすると、お二人で驚いたと大声を上げられます。なんと、そのお母さんのお名前もスベルべママと同じだったのです。同姓同名夫婦が居るなんて本当に不思議ですね。 後で、「どんなご夫婦か聞けばよかっ [続きを読む]
  • 里山祭り(会場準備編)
  •  焼き芋釜や、販売する野菜類を下ろして、軽トラを指定の駐車場に移動。そして、歩いて会場にもどるさいに見た、イベント会場です。さながらテント村ですね。 こちらのテント群の向こう端に赤い「やきいも」の幟が見えます。ほぼ、一番乗りで会場入りしたスベルべ夫婦ですが、この頃には何台もの自動車が会場入り。 駐車場から戻って、早速開店準備。野菜を並べるスベルべママです。手前右はディスプレーにもなるし、 [続きを読む]
  • 里山祭り(営業編)
  •  オープンは9時半と言う事でしたが、9時には会場入りするお客さんの姿が。「農天市場」にはこんな可愛いお客さんも。焼き芋代の支払い準備をしているのかな。 しっかりと、焼き芋の袋を持ってお帰りになりました。心配した客足でしたが、徐々に増え始め、各店舗には順番待ちの行列さえでき始めます。 前日の夕方に収穫し、セットしておいた「農天市場」自慢の格新鮮サラダセット。11種類の無農薬野菜が詰められてい [続きを読む]
  • 里山祭り(スタート編)
  •  いつもだったら、夜明けと同時に畑に出ますが、さすがに「里山祭り」当日は少しゆっくりと。それでも、いつもよりも早い6時前に朝食を済ませ、次は前日の積み残しを積み込みます。 幸いなことに、9時過ぎまでは雨との予報も良い方に外れ、曇天。荷造りも屋外で無事にできました。雨だったら車庫の中での準備でしたけれどもね。 でも、途中で雨が降り出す最悪の事態も想定してブルーシートで荷台を覆います。これならば、 [続きを読む]
  • いざ出陣!!
  •  昨日の夕方には、軽トラに焼き芋釜と薪を積み込み、ガソリンも満タンにして準備オーケー。これから、明るくなったらサツマイモなどの商品類を積み込み、7時出発予定。 いざ、出陣と意気込みが強いのは、スベルべママかな。夫唱婦随ではなくて、婦唱夫随かな(笑)。7時半から、会場への搬入オーケーですから、7時には出発しましょう。その前にまずは腹ごしらえ。 この旗印、じゃなかった幟を目印にお越しください。おバカな [続きを読む]