瀑好 さん プロフィール

  •  
瀑好さん: 滝を探して・・・
ハンドル名瀑好 さん
ブログタイトル滝を探して・・・
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/fairport_asai
サイト紹介文20年間、撮りためた東海地方の滝をUPします。
自由文危険があり、それなりの装備が必要な滝や、看板や標識等の全くない滝なども含まれ ております。 滝に行かれる場合、しっかりリサーチした上で、事故・ケガ等起こさぬよう自己責 任でお願い致します。 クマやサルなどの動物に遭遇することもあるかもしれません。 また、地元の人にも、迷惑がかからないようにお願いします。

また、岐阜県・愛知県の滝などで、情報をお持ちの方がご ざいましたら、ご一報ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2012/03/04 15:59

瀑好 さんのブログ記事

  • 和歌山県の滝−白糸の滝
  • 和歌山県 橋本市 北宿 玉川峡 丹生川右岸支流       白糸の滝        落差10m国道371号線脇にあって、徒歩0分のお手軽な滝です。この周辺にはこの案内図にあるように丹生の滝、稚児の滝、御手洗の滝、五光の滝、鯉の背登り滝、そして白糸の滝といくつもの滝があります。一応、コンプリートしましたが、順序不同で紹介していきたいと思います。まずは、「白糸の滝」つながりで最奥の白糸の滝からアップします。 [続きを読む]
  • 栃木県の滝−白糸の滝
  • 栃木県 日光市 山内 稲荷川支流天狗沢 滝尾神社下     白糸の滝     落差10m 別名/竜王滝、滝の白糸、ソウメン滝日光市街から国道119号線を東照宮の方面に向かい神橋のところで、通常は左折しますが、ここを右折します。県道247号線に進み、300mの橋の手前で左折します。道なりに1.5kmで滝尾神社の駐車場に到着します。まずは、駐車場にある滝尾高徳水神社です。(2017.08.06撮影)解説板です。ここから、道を [続きを読む]
  • 島根県の滝−白糸の滝
  • 島根県 隠岐の島町 南方 深浦川左岸支流       白糸(しらし)の滝       落差100m別名/深浦の滝(女滝)深浦の滝(男滝)を見た後、帰路の途中、県道44号線から、入り江越しに遠望で見ることの出来る滝です。(2016.03.19撮影)通常は、水量が少なく、大雨の後しか見られない滝です。アップです。当日は、午前中にまとまった雨が降った後なので、細いが一応、流れがあったので、良かった。 [続きを読む]
  • 熊本県の滝−白糸の滝
  • 熊本県 西原村 河原 滝川       白糸の滝      落差20m 別名/寄姫の滝国道443号線から県道28号線に進みます。7.6km行った所で右折します。1.2km進むと右カーブのところで入口を示す看板が建っています。そして、700mのところで駐車場を示す看板があります。(左側の道を行くと滝近くに行けますが、駐車スペースが少ないので、駐車場に駐車したほうが良い。)200mで広い駐車場に到着します。駐車場にある [続きを読む]
  • 尾鷲市の滝(その7)〜矢ノ川隧道の滝(仮)
  • 尾鷲市 三木里町 矢ノ川支流 藤谷川右岸支流    矢ノ川隧道の滝(仮)     落差30mデンガラ滝に向う前に矢ノ川(やのこ)トンネル脇に大きな滝が塀越しにチラッと見えた。(2018.03.10撮影)これは確認しないといかんなあと思い、デンガラ滝を楽しんだ後、国道42号線を渡って(熊野尾鷲道路が出来てからは交通量が少なくなりましたが、時折、高速で走り抜ける車に充分注意する必要有り。)護岸された所を下に降りて、塀 [続きを読む]
  • 尾鷲市の滝(その6)〜デンガラ滝
  • 尾鷲市 三木里町 矢ノ川支流 藤谷川    デンガラ滝     落差15mこの滝は、「秘境ガイドブック 魅せます!尾鷲/尾鷲商工会議所女性部」という本を取り寄せて知りました。昔は那智の滝に行く時に必ず通った国道42号線にある長い矢ノ川トンネルの入口附近にこんな立派な滝があるとは思いも寄らなかった。写真で見ても魅力的な滝なので、速攻訪問するつもりでいました。2016.11.13にこの地方を訪れた時に予定に組み込ん [続きを読む]
  • 上松町の滝(その4)〜呑曇渕 
  • 上松町 小川 道川    呑曇(どんどん)渕   落差2m幅10m赤沢自然休養林にある小さな滝です。まずは、赤沢自然休養林内を走るトロッコ列車からの光景です。(2017.08.15撮影)このような小さな滝はこの渓流内にはいくつかありますが、その中でも一番滝らしいです。看板です。トロッコ列車は、出発駅〜終着駅(丸山渡停車駅)間2kmを走っています。終点駅近くで車窓から見ることができます。終点で降りて、いくつかあるウ [続きを読む]
  • 郡上市の滝(その60)〜小田汲の滝
  • 郡上市 明宝小川 弓掛川左岸支流 小田汲川    小田汲(こだくみ)の滝    落差8m 別名/男滝2010年に訪れた時は、地図上で場所は特定できてはいたが、佛号寺前の林道を辿れば行けるだろうと思い、林道を走ってみた。どんどん高度が上がり、遠目にここが落ち口だなと解ったが、全く降りられそうな場所がなく、断念した。時を経て、既に訪問済みであったえださんに案内してもらい、漸く行くことができました。正解は下 [続きを読む]
  • 設楽町の滝(その21)〜白山滝
  • 設楽町 三都橋 折立 当貝津川左岸支流 泙(なぎ)沢    白山滝    落差25m『愛知縣獨案内』という明治期に発行された古書に「段嶺村三ツ橋に・・・(中略)、又同村に白山滝あり、水源は勧野路山にて高さ四十丈(=120m)幅三間(=3.6m)(流末同上(=豊川))」とある。当初、全く見当が付かなかったが、okatyさんが探索してくれて、漸く所在が判った。国道420号線と県道365号線の交差点脇にある赤沢弁才天霊泉 [続きを読む]
  • 福井県の滝−鱒返しの滝
  • 福井県 坂井市 丸岡町 上竹田 竹田川     鱒返りの滝     落差5m15m地元民であるLさんに連れて行ってもらった滝です。某DBでは、河内渓谷=竹田川渓谷として記載があり、それによると下流から赤滝、小鱒返り、鱒返りの滝、片開きの滝、了字滝、冗談滝、二又の滝などの滝があるそうですが、ネタ元がわからないので、どれがどの滝か判明しないとのことで、いくつか写真を撮りましたが、唯一判明している鱒返りの [続きを読む]
  • 茨城県の滝−落雲の滝
  • 茨城県 北茨城市 関本町 猿ヶ城渓谷     落雲の滝    落差10m千猿の滝を見た後、下流側に続く急な道を左岸沿いに下って行きます。途中、小さな滝もあります。(2017.11.19撮影)その下流が落雲の滝となります。上部です。更に下ります。先ずは上段です。全景です。下段の滝です。(上段の滝の一部が見えます。)下段の滝です。更に下流に「箱滝」があるようだが、ここから下るのではなく、県道に戻って下流側に行くと [続きを読む]
  • 茨城県の滝−千猿の滝
  • 茨城県 北茨城市 関本町 才丸 花園川上流 猿ヶ城渓谷    千猿の滝   落差5m与四郎の滝を見た後、細い県道27号線を3.5km上流方向へ進むと、左側に2台程駐車できるスペースがあります。入口に看板があります。(2017.11.19撮影)ここから、山道を5分程、上流方向へ行くといわゆる渓流瀑です。接近します。下流方向へ急な道を下ると落雲の滝へ行けます。 [続きを読む]
  • 茨城県の滝−与四郎の滝
  • 茨城県 北茨城市 花園渓谷        与四郎の滝       落差5m 別名/与次郎の滝北茨城ICから県道69号線に進み、そのまま進むと県道10号線となり、華川小学校西交差点を直進すると、県道153号線となります。道なりに進むこと6.9kmで水沼ダム横を通過して、県道27号線に突き当たります。標識に従い、左折します。県道27号線を道なりに4.5km行くと道路右側に「花園渓谷」の看板があります。(2017.11.19撮影) [続きを読む]
  • 平谷村の滝(その3)〜浅間洞の滝
  • 平谷村  平松      浅間洞(せんげんぼら)の滝     落差6m国道153号線にある道の駅「信州平谷」から阿智村方面へ930m行くと国道脇に「浅間神社」があります。その神社前にある解説板です。(2008.11.22撮影)その境内の右奥にある沢に小さな滝が祀られておりました。滝前には注連縄が張られています。アップです。注連縄が張れられ、地元の信仰を集める滝なので、きっと名前があるであろうということで、Kさんが [続きを読む]
  • 河津町の滝(その7)〜庄兵衛淵の滝
  • 河津町 梨本 奥原川     庄兵衛淵の滝      落差7m幅10mオンタの滝を堪能した後、右岸から巻き上がります。5分後、無名の滝が現れます。(2018.01.14撮影)そして、更に5分後、落差は低いが印象的な淵を伴った無名の滝が現れます。滝の部分です。某DBにある源蔵渕の滝と言ったところか?そして、更に本流を17分程詰めると漸く、最終目的地の庄兵衛淵の滝となります。まずは、左岸からの景観です。正面に回りこ [続きを読む]
  • 河津町の滝(その6)〜オンタの滝
  • 河津町 梨本 奥原川     オンタの滝      落差5m石滝を見た後、奥原橋まで戻り、駐車場所から上流へ左岸沿いに行きます。すぐに大きな堰堤を越えます。越えた後、谷に降り、水源管理用の道?らしきものが上流に続いていて、スムーズに行けます。約10分後、オンタの滝前に到着します。(2018.01.14撮影)ここも滝の規模の割りに大きな滝壺を従えています。アップです。落ち口より下が抉れていて、岩棚のようになって [続きを読む]
  • 河津町の滝(その5)〜石滝
  • 河津町 梨本 奥原川     石滝      落差3mジンパクの滝を見た後、駐車場所まで戻り、林道を上流に向って進みます。500mで奥原橋を渡ります。奥原橋左岸上流側に駐車して、徒歩で林道を100m進んだ所から谷に降りると5分程で石滝です。右岸側から下流へ行くと大きな淵があります。(2018.01.14撮影)その上流部は小さな滝が連なり、その上流が石滝となります。この日は晴天のため、コントラスト付き過ぎで良い写真 [続きを読む]
  • 河津町の滝(その4)〜ジンパクの滝
  • 河津町 梨本 奥原川     ジンパクの滝      落差8m国道414号線を北上し、梨本のパス停の先の道を右折します。1.3km行くと泉奥原区公民館があり、その少し手前右側にある廃屋の前を通る道をそのまま降りて行くと、原っぱに出ます。そこから谷へ降り暫くは右岸を歩き、廃屋の基礎らしきものが見えたところから左岸に渡り、基礎部分を伝って行くと10分ほどで滝前に辿り着けます。(2018.01.14撮影)廃屋跡からの景 [続きを読む]
  • 郡上市の滝(その59)〜倉ノ下滝
  • 郡上市 高鷲町 西洞 中将 節谷支流     倉ノ下滝     落差18m幅1m「日本滝名鑑4000」や「日本の自然景観 東海版」や「'96 アウトドア Data 3800 東海版」に記載があるのみで、取り敢えず、少ない資料を基に探索してきました。国道156号線にある「もみじ通り」バス停のところで旧道に進みます。旧道に入ったら右折します。そして、100mで左折します。道なりに進み、1.5kmで目的の谷に到着します。右岸から堰堤 [続きを読む]
  • 小牧市の滝(その2)〜虹の滝
  • 小牧市 大草 市民四季の森         虹の滝         落差5m幅20m今回は市民四季の森という公園の人工滝です。まずは、公園の看板です。(2017.06.29撮影)東門から入るとすぐに滝があります。滝前に行きます。こんな場所でもヤツが出るのでしょうか。もし、そうだとすると子供を遊ばせると悲惨なことになりそうです。ありきたりの公園の人工滝です。ミストとなって滝が落ちるので、名前通り、太陽が照れば、 [続きを読む]
  • 多気町の滝(その4)〜鍬形不動滝
  • 多気町 鍬形     不動滝     落差5m鍬形集落の南端にある鍬形不動院の奥にひっそり落ちている滝です。県道421号線沿いに入口があります。奥へ100mで終点となり、不動院があります。(2017.04.21撮影)夕方に行ったので、既に暗かった。不気味な雰囲気でした。注連縄の奥に滝が落ちています。奥へ進むと滝です。水量が少ないです。 [続きを読む]
  • 和歌山県の滝ー三石山不動滝
  • 和歌山県 橋本市 山田 山田川支流 三石山   不動滝   落差12m 別名/手水の滝国道371号線御幸辻駅南交差点から県道105号線に進みます。県道105号線を道なりに進み、4.1kmで県道の終点となります。この交差点を左折します。200mで三石山不動寺に到着します。(2016.04.24撮影)境内です。お不動様です。境内脇にある看板です。ここから、整備された道を徒歩400mで滝前です。滝前に到着。上部を見るには、木々の間から [続きを読む]
  • 鳥取県の滝−南滝
  • 鳥取県 岩美町 小田 南谷川支流      南滝       落差28m 別名/南谷(なあだん)の滝国道9号線にある「きなんせ岩美」という道の駅から県道37号線を南下し、7.3km行くと「たきさん温泉」があり、そこから更に1.9kmの所に赤い橋が架かり、そこに「いこいの里」の看板があります。(2017.11.04撮影)ここから、細い道を登って行くと、500mで終点となります。駐車場の手前の橋を渡って、左岸に行き、上流方向 [続きを読む]
  • 香川県の滝−塩江不動の滝
  • 香川県 高松市 塩江町 安原 上東 上北井川     不動の滝     落差25m 別名/五段の滝滝が少ない香川県において、代表的な滝として挙げられる滝です。国道193号線から県道30号線に進みます。交差点に看板が建っています。470m先で右の脇道に入ります。この入口にはいくつも看板が建っています。(2016.07.24撮影)300m行くと駐車場があり、徒歩3分で滝前に到着します。滝前は開放感があり、真夏だったので、水遊 [続きを読む]
  • 熊本県の滝−鮎返りの滝
  • 熊本県 南阿蘇村 河陽 栃木 白川本流      鮎返りの滝    落差40m幅6m国道325号線の栃の木交差点から栃木温泉へ向かいます。550m進んだヘアピンカーブを下ったところで小山旅館へ向かいます。600mで旅館の裏側にある駐車場へ下ります。徒歩0分で眺めることが出来ます。(2007.03.24撮影)角度を変えて。白川を溯上(そじょう)してきた鮎が、滝が高くて上れず帰っていくため、名付けられたそうです。この日は、 [続きを読む]