夕茜 さん プロフィール

  •  
夕茜さん: 茶道の周辺あれこれを / 横浜教室
ハンドル名夕茜 さん
ブログタイトル茶道の周辺あれこれを / 横浜教室
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/izumi93dai
サイト紹介文茶事、茶会、稽古、菓子、茶花、和服など茶道の周辺をあれこれ綴っています。
自由文横浜市で裏千家茶道教室をしています。入門随時歓迎。
茶事/茶会/懐石/着物/稽古/七事式/旅/和菓子/茶花/園芸/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供324回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2012/03/04 18:30

夕茜 さんのブログ記事

  • 水中ウォーキング
  • 今日はプールへ。今月やっと3回目のスイムです。最近、室内でのストレッチを教わりましたので、体調管理が幾らか出来るようになりました。でも、スイムはまた別の運動になりますから。ところが更衣室で、ゴーグルを忘れた事に気が付きました。ですから、スイムを諦めて水中ウォーキングをしました。負荷を掛けて歩きましたので、結構良い運動になりました。ふ〜、お疲れさま<私。〇ブログランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • 映画
  • 神楽坂の呉服店まで出かけたついでに新宿の映画館で「日々是好日」を観てきました。映画の舞台が横浜である事は承知していましたが見なれた私鉄のマスコットキャラクターが登場↓あら?私が住んでいる沿線でのお話しなんですね?撮影場所も見慣れたホームでした。茶道が、映画でどの様に表現されているのか心配でした。はらはらしながら観たのですが、掛軸や茶花が無言で伝えるもの、自然のうつろい、茶庭の風情、点前が発する音、 [続きを読む]
  • 名残りの花ー3
  • 今週の稽古の花です。円能斎好みの杵籠に入れたのは藤袴、野菊、杜鵑、紫蘭、秋明菊でした。秋の茶花は命の輝きと共に、季節のうつろいを感じますね。毎年、季節毎に同じような茶花を入れていますが、どの花もそれぞれ美しく、飽きる事がありません。〇ブログランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • 縮緬
  • 10月初旬は袷の着物は着ていても、単衣用の長襦袢を着ていました。急に寒くなりましたので、昨日は、袷の襦袢、縮緬の小紋を着て稽古をしました。肩にしっとりと縮緬の重さを感じました。案外心地よい重さなんですよ。薄物を着た当初は肩が軽やかに感じますし、袷は絹の重さを感じます。この小紋は紋様が大きくて、私には「若い」んですけど、もったいないので、もうしばらく着ます(笑。〇ブログランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • 那須五葉
  • 自宅稽古日でした。五行棚にて、茶入荘、濃茶、後炭、薄茶の稽古をしました。薄茶のお菓子は「那須五葉」でした。大正時代の事ですが、那須温泉神社に昭和天皇が那須五葉松の幼木を御手植えされたそうです。それに因んだ、松のイメージの和菓子です。中は漉し餡、シナモンたっぷりの皮で巻いていました。松の実が香ばしかったですよ。ボリュームたっぷり。ごちそうさまでした。那須郡那須町 扇屋 の製です。〇ブログランキングに [続きを読む]
  • 名残りの花ー2
  • 画像は月初めに入れた稽古の花です。我家は奥行の少ないリフォーム床なので、置き花入れは高さのある物を使用するようにしていますが、この日は背の低い手付き籠に野の花を入れました。稽古の花は水引、弁慶草、秋明菊、鵯漏斗、藤袴でした。〇ブログランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • 練切
  • 暑い盛りは喉ごしの良いお菓子を用意していましたが、残暑が過ぎた頃から、主菓子は練切を使用しています。もっちり食感が気候に似つかわしくなりました。同じ意匠の練切を日を空けて購入しているのですが、菊の葉が緑から黄色になりました。お味も若干違うんですよ。甘さ控えめの方が、個人的には好きです。〇ブログランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • 名残りの花
  • 自宅稽古日でした。五行棚にて、茶入荘、薄茶、茶碗荘、茶筅荘、花月をしました。稽古の花は野菊、紫蘭、鵯漏斗でした。掛け筒花入れに入れました。この時期は侘びた花が多いですね。台風などの影響で入手が難しいのですが、それなりに楽しんで入れています。〇ブログランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • 読書
  • 最近読んだ本です。↓本棚にありましたから、家族の誰かが読んだ本です。私は立派な歴史音痴なのですが、正直面白かったです。へ〜そうだったのかと、今頃になって、イスタンブールの歴史が少しだけ解りました。↓この本はたまたま図書館で借りました。イスラム圏は未知の世界なので、参考のために。流石に池上解説ですね、TVで報じられている事が分かりやすかったです。↓樹木希林主演で映画化されたので読みました。お茶が教えて [続きを読む]
  • 中置
  • 毎月、点前座を2ヵ所用意しています。今月は8畳に五行棚を置いて、土風炉を入れました。土風炉には風炉灰を入れています。もう一ヵ所4畳半には小板を中置きにしました。小板には面取り風炉(電熱器使用)と筒釜を乗せましたがなんだか、ごつい雰囲気です。今日の稽古で、水指を運んで、薄器や茶碗を置いたら雰囲気が和らぎました。人と道具が揃って点前座が出来上がるんですね。今日は小板中置にて濃茶と薄茶の稽古をしました。 [続きを読む]
  • 芝刈り機
  • 良いお天気だから、芝刈りをしましょうと、物置から芝刈り機を出しました。30年位前に購入して便利に使用しています。電源を入れるとすぐ、ギーという音がして止まってしまいました。スイッチを入れ直しても、動きません。機械の事は分かりませんが、もしやと、細部に溜まっていた枯れた芝を取り除いてもう一度電源を入れてみました。動きました。芝刈りも出来ました。細かい芝を付けたまま、物置に放り込んでいました。反省して [続きを読む]
  • とびくも
  • 10月最初の自宅稽古日でした。法磨之式と薄茶の稽古をしました。薄茶のお菓子は京土産「飛雲」でした。流石に京都の干菓子、目でも舌でも楽しみました。京都北野上七軒・有職菓子御調進所・老松の製です。夕去りの茶事の干菓子として、また七事式の勉強会でも使用しました。全体図はこんな感じ。↓ご馳走様でした。〇ブログランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • 茶事の礼状
  • 先日の夕去り茶事の後、皆さんからSNSやDMでお礼の言葉を頂きました。そしてこんなに美しい毛筆の礼状も頂きました。丁寧に書いて下さった事がよく分かり、有難く、感激してしまいました。〇ブログランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • 五行棚
  • 拙宅での七事式の勉強会でした。法磨之式と貴人清次花月をしました。先月は都合で休会しましたから、二月ぶりの勉強会になりました。五行棚は玄々斎が考案された棚です。天地の間に木火土金水の五行が入っています。この時期は五行棚を使用したくなりますが、小板中置、大板中置も風情があって良いですよね。今日も沢山勉強しました。〇ブログランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • スイム
  • 昨日は久しぶりにプールへ。ウォーキングやビート板で身体を慣らしてから泳ぎました。私が習ったのは楽に綺麗に長く泳ぐ泳法で、水面下を滑るように泳ぎます。大人のための泳法で、あまり頑張らなくても泳げます。プールは一時間毎に10分休みがあります。10分休みで、プールの水面がなだらかになります。平らな水面での初泳ぎは、とても気持ちが良いんです。昨日は初泳ぎ好きが他にいなかったので滑るように (多分。笑)、気 [続きを読む]
  • 鹿のささやき
  • お彼岸にホームタウンで墓参をしての帰路、奈良で一泊。その際、求めた干菓子です。「鹿のささやき」と言います。春日大社から高畑に続く、ささやきの小径に集う鹿をイメージしたお菓子だそうです。黒糖と卵白で作ったお菓子です。夕去りの茶事でも干菓子として使用しました。美味しかったですよ。Q どこに鹿がいるの?A 多分、形が鹿なんじゃないの?奈良市脇戸町 中西与三郎の製です。〇ブログランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • 台風後の花
  • 10月の稽古での使用を楽しみにしていた秋の茶花が台風で萎れてしまいました。葉は傷んで、頭は垂れて曲がっていて、せっかくの茶花が使えないわ。今日、見ると、一部の花はもとに戻っていました。植物は強いですね。〇ブログランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • 懐石道具
  • 日曜日は台風の接近で荒れた天候でした。茶事を早目に終了して、電車が停まらないうちに帰宅して頂きました。とはいえ濃茶までは私鉄の運休予定を伝えず、水屋方はこっそり急ぎました。続薄茶にしていましたので、時間短縮のため三客から詰まで点て出しにしました。茶事で使用した懐石道具を干しています。徒歩圏の方が残って片付けを手伝ってくれました。ありがとうございました。茶事については、後日「夕茜の茶事暦」に、http:/ [続きを読む]
  • 茶事翌日
  • 夕去りの茶事が無事終了しました。今日の水屋です。昨日使用した道具を干しています。参加の皆様、お疲れが出ませんように。〇ブログランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • 降らずとも
  • 茶事の心得として「降らずとも傘の用意」がありますが、明日は?水屋方が来てくれて茶事の準備が出来ました。なんとか台風が逸れてくれないかしら。〇ブログランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • 鳴り物
  • 9月に使用した茶道具を片付けて、夕去りの茶事の準備中です。喚鐘も出しました。夕去りの茶事では鳴り物として喚鐘を使います。夕去りの茶事の後座は陰の席ですから、鳴り物は甲高い音がする陽の喚鐘を使います。正午の茶事などの鳴り物は銅鑼を使います。銅鑼は陰の響きです。以前、茶事の中立ちの時、とても伸びやかな銅鑼の音を聞いた事があります。他の方も感じるものがあったようで、正客が銅鑼の響きについて亭主に問うてく [続きを読む]
  • 葛餅
  • お彼岸にホームタウンで墓参をしてのち奈良で一泊。奈良観光を楽しんで来ました。奈良のお話はまた後日、書きたいと思います。9月の稽古が無事終わりました。残暑厳しい長月でしたが、ここ数日でずいぶん秋らしい気候になりましたね。さて、月末にタ去りの茶事を予定しています。明日から準備で忙しくなりますので、今日は、ちょっとお休み。ゆっくり過ごしています。画像は奈良のホテルで頂いた葛餅です。宿泊プランに葛餅のお土 [続きを読む]
  • おしろのくちもち
  • 自宅稽古日でした。初炭、続薄茶、薄茶の稽古をしました。薄茶の稽古では「御城之口餅」を使用しました。奈良県大和郡山市の 本家菊屋 の製です。天正の頃、郡山城主だった豊臣秀長が兄の関白秀吉を招いて茶会を催しました。その時、菊屋の初代が献上したお菓子が御城之口餅だそうです。秀吉は風味を喜んで「鶯餅」と呼んだとか。天下人になった兄と弟が食べたお菓子は素朴な粒餡のお餅だったんですね。深い優しい甘さの鶯餅でした [続きを読む]
  • 紅玉天
  • 先日の薄茶の稽古で使用した「流しもの」です。「紅玉天」と言います。紅玉林檎を寒天で固めたお菓子です。無添加の紅玉ジャムに、干し林檎にしたアップルグラッセが混ざっていますので、ダブルリンゴ味です。甘酸っぱくて、美味しいんですよ。紅玉天の天は寒天の天だと思いますけど、これを考えた人は天才ですね(笑。青森市南佃 翁屋 の製です。〇ブログランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • 淡々斎好み瓢棚
  • 淡々斎好みの瓢棚はいかにも茶道具らしいお洒落な棚だと思っています。この棚を使う時は、御室窯の水指を合わせています。菊花の染付なので、秋のはじまりを感じます。昨日は、掛釘に羽根を掛けて初炭の稽古をしました。この掛釘は濃茶の仕覆の紐、薄茶では柄杓も掛けます。シンプルなのに楽しめる棚なんです。〇ブログランキングに参加しています。 [続きを読む]