sue さん プロフィール

  •  
sueさん: 幕末・明治の肥前 こぼれ話
ハンドル名sue さん
ブログタイトル幕末・明治の肥前 こぼれ話
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/bakumatusaga/
サイト紹介文幕末明治維新の肥前、万国博覧会、文化等々のこぼれ話。歴史探訪。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/03/04 22:08

sue さんのブログ記事

  • 明治6年、長崎東京間電信開通
  • 今朝は風があってとても爽やか!!気持ちよく草取り。今朝の佐賀新聞の「佐賀維新新聞」は明治6年。初代電信頭・石丸安世が尽力した、長崎ー東京間の電信架設完成の記事がありました。幕末にイギリスに密航留学した佐賀藩士石丸安世と馬渡八郎のことは今南里邸でも紹介しています。長崎に来ていた貿易商グラバーの貿易船に乗り込んで、産業革命で当時世界で一番近代化の進んでいたイギリスへ密航したこの二人への思いは格別なので [続きを読む]
  • 中川副公民館パネル展
  • 本日は、中川副公民館のパネル展に行ってきました。中川副出身の、佐野常民、真島豹吉、弥富元衛門、福田ヨシ、香月経五郎、香月三郎の6人を紹介するパネルが、公民館の貴賓室に飾られていました。筑後川下流に面するこの地域は、水運が主流の時代には随分と栄えたところだと思います。今では、福岡が九州の中心のように言われていますが、以前は熊本が中心でした。熊本から佐賀へ来るには有明海を渡ってくるのが一番便利で、中川 [続きを読む]
  • 今右衛門とブリンクリー
  • お盆も今日で終わりです。台風が駆け足で通って行ったようですが、大した風も吹かず、少しばかりの雨を降らせました。今日は、カーッと照りつけることもなかったのですが、湿度が増したような気がします。昨日、有田の今右衛門古陶磁美術館で、昭和22年の国語の国定教科書に、今右衛門とブリンクリーの話が載っているコピーの展示を見ました。ブリンクリーが書いた本のコピーを以前にいただいたことがあります。今度行くときには、 [続きを読む]
  • 蔵春亭の花瓶に再会!!
  • 今日も朝から大変な暑さでした。家でじっとしているのも辛いので、有田まで行ってきました!九州陶磁文化館で開催されている「世界へ再び 幕末明治 有田の豪商 蔵春亭と肥碟山信甫」展を見て来ました。昨年の3月に佐賀市内を友人の歴女と散策した折出会った、蔵春亭の花瓶に再会しました!!昨年出会ったときのことは、このブログの2017年3月5日の記事に書いています。洪浩然の書を見に佐賀市内にあるお寺城雲院へ行って、いろ [続きを読む]
  • 猛暑・・・
  • 今日はまたとてつもなく暑い一日でした・・・外は38℃、家の中でも35℃・・・。夜になっても家の中で30℃・・・エアコンなしではとても生活できません・・・。このところ、我が家の猫は、日中は家の中にいて、夜になると外に出て行っているようでしたが、今日は夜になってもエアコンの効いた部屋から出る気配はありません・・・。涼しくなったらやろうと思っていることが沢山たまって来ました・・・ [続きを読む]
  • 明日からお盆
  • 今日もとても暑い佐賀でした・・・夜になっても、暑いままです・・・本日、南里邸には埼玉からのお客様がありました。鳥栖へサッカーの応援のために来られた帰りに佐賀に寄られたそうです。南里邸から大隈重信記念館へと歩いて向かわれました。明日からお盆。南里邸もお休みです。 [続きを読む]
  • 猛暑の中の南里邸
  • 今日は風もなく、とにかく暑くてたまりません。南里邸は開催日。熊本からお見えのお客様がありました。歴史がお好きで、2週間前に佐賀の幕末維新博にはじめて来て見て、すっかり佐賀藩に魅せられ、また来られたとのこと。特に、映像での佐賀藩の表現に感心し、幕末のリーダー鍋島直正のことを知り、もっと知りたいと思っていらっしゃるとのこと。とても熱心なお客様でした。またのお越しをお待ちしております。 [続きを読む]
  • お墓参り
  • 暑さが少し和らいだと思ったのに、今夜はまた風がなく暑苦しい夜です・・・先祖のお墓参りのために佐賀市の龍津寺(りゅうしんじ)に行って来ました。このお寺は、日本に煎茶を広めた売茶翁(ばいさおう)縁の寺です。売茶翁を説明する看板が真新しくなっていました!今は小さな庵だけがある寺なのですが、昭和20年8月5日の深夜から翌日未明にかけての佐賀空襲で焼け落ちる以前は立派なお寺があったと聞いていました。直ぐ近くにあ [続きを読む]
  • アートと三菱鉛筆
  • 立秋以降、暑さもだいぶ和らいできたように感じます。風に心地よさを感じます。昨日は佐賀市のギャラリー憩いで開催されている、友人の個展「三塩佳晴展」を見て来ました。とても緻密な小口版画や切り絵、立体等々、とても見ごたえがありました。彼はトークも上手で、話はとても面白いのです。彼はいつも財布の中に、2種類の1000円札を入れ、夏目漱石と野口英世の技術の違いを説明してくれます。な〜るほどと、いつも感心して聞い [続きを読む]
  • トラック島と古賀峯一と下村湖人
  • 今日はツクツクホウシの声を、聞きました。夏の終わりに、ツクツクホ〜シ ツクツクホ〜シ と鳴くセミの声は、夏との分れを告げるものだと思っていたのですが、まだまだ猛暑は続きそうです・・・今日は夕焼けがとてもきれいでした!明日も良く晴れることと思います。トラック島に関するテレビ番組を見ていたら、日本海軍の古賀峯一のお名前が出て来ました。佐賀有田出身の方で、焼物の里有田のメインストリートに生家の表示を見た [続きを読む]
  • 幕末の唐津藩の歴史紹介
  • 立秋というのに、今日も暑い佐賀でした・・・午後から3箇所くらい回って用を済まそうと思ったのですが、この暑さに負け、結局一箇所のみしか行けませんでした・・・。休みのない猛暑にうんざりです・・・。唐津でも今日から維新特別展として幕末の唐津藩の歴史紹介が唐津市近代図書館で開催されているそうです。唐津も佐賀の一部なのですが、佐賀藩ではなく唐津藩。唐津藩は徳川幕府を支える譜代大名が代々統治したところです。佐 [続きを読む]
  • 南里邸内部学習会
  • 今日もとにかく暑かった・・・夕方4時過ぎ、車に乗り込んだら車外温度44℃と出ました!!西陽の当る石畳の上に駐車していたのですが、異常な温度です!!今日も南里邸開催日です。こう暑くてはお客様もボチボチなので、南里邸は内部学習会です。いろいろな資料を見ていると、蓮池藩は江戸の昌平校で学んだり教えたりしている人が特に多いような気がします。古賀家の人々との関わりが深いようです。 [続きを読む]
  • 女医と大隈重信
  • 今日も各地でいろいろとイベントが開かれているようですが、とにかく暑くてたまらない佐賀です・・・。さて、女医の誕生の歴史を私は『吉岡弥生伝』で知りました。明治18年、日本の第一号の公許の女医となったのは荻野吟子です。東京の私立の医学校好寿医院に特別に入学を許され、明治15年3月にここを卒業した荻野吟子は、医術開業試験の願書を東京府庁に出そうとしても、「女子受験の前例がない」ということで願書を受け付けて [続きを読む]
  • 女医の歴史
  • 東京医科大学で、意図的に女子の入学を阻むための措置がされていたとの報道に、とっても腹が立ちます!女性が医者になることを阻まれていた時代に、大変な努力をして道を開いてきた女医の歴史を、知ってほしいと思います。以下は、本村製菓文庫3に私が書いた女医の話です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 江戸時代、医者は尊敬される職業で、幕府や藩により様々な [続きを読む]
  • 『幕末明治 有田の豪商ー蔵春亭と肥碟山信甫ー』展
  • 今日から有田の佐賀県立九州等自分日間で『幕末明治 有田の豪商ー蔵春亭と肥碟山信甫ー』展が始まりました。有田焼というと400年の歴史があり、1650年代から、オランダの東インド会社により西洋諸国に沢山輸出され、王侯貴族の館を飾ったことが知られています。これは明治期までズーッと続いていたわけではなく、1758年以降は輸出は途絶えています。輸出が再開されるのは、幕末の1841(天保12)年、有田の豪商久富与次兵衛によっ [続きを読む]
  • 花火と遣米使節
  • 昨日は比較的涼しく感じたのに、今日はまた暑い・・・。まだ、8月に入ったばかりなので、猛暑はしばらく続きそうです。各地で花火大会が開かれています。花火といえば私は、万延元年(1860年)の遣米使節に佐賀藩から参加した福谷啓吉という人が気になります。福谷啓吉は、東海道吉田宿(現愛知県豊橋市)の秤屋の息子に生まれ、26歳で豊橋を離れ、京都、長崎で学び、長崎遊学中に佐賀藩に召抱えられました。 啓吉の生れた吉田 [続きを読む]
  • 有明海の漁
  • 今朝は涼しい風が吹き、朝食前に草をとり、ひと汗かきました。新聞を開くと「タイラギ激減 諦め漂う」の文字。諫早開門訴訟は、7年半前の開門命令の確定判決を事実上無効とする福岡高裁の判決に関する記事でした。諫早湾を締め切ったことで、高級二枚貝のタイラギが激減し、6期連続で休漁し、回復の見通しが立たず、漁業者の嘆きが書かれていました。タイラギ漁は、潜水服を着て海底に潜って行う特殊な漁です。長引く休漁で後継者 [続きを読む]
  • 庭掃除
  • 迷走台風の影響で、今日は風があり、涼しいと感じる佐賀でした。ひとたび庭に目をやれば、クズやフジが、ツバキや金木犀を覆い隠さんばかりに茂り、ジャングル化しています・・・。お盆前には少しくらいはやっつけなくてはと思い、夕方から少しばかり退治にかかったけれど、早々に退散・・・。明日は早起きして頑張ろうかしら・・・。 [続きを読む]
  • 南里邸 歴女の来訪
  • 今日の佐賀は最高気温が33度とのこと。35度を越える猛暑日に比べ、何と涼しいことでしょう!!このところあまりの高温のため活動を控えていた蚊が、今日はよく飛んできます。今日の南里邸には、夏休みの宿題に、佐賀の歴史を調べたいという中学生が来られました。とっても熱心な歴女で、レポートが楽しみです。 [続きを読む]
  • 香港からのお客様
  • 本日、南里邸に朝一番にお見えのお客様は外国からのお客様でした。言葉がわからない・・・おそるおそる、Where are you from? と聞いたら、香港からでした。言語を尋ねると、中国語とのこと。説明が出来ない・・・それでも、何か伝えたいと思い、万延元年(1860年)の幕府の遣米使節団が、ワシントンでブキャナン大統領に会った後にアフリカ回りで帰ってきたルートの図をお見せすると、香港に立ち寄っていることがわかり、お [続きを読む]
  • 柳川中島の祇園祭
  • 柳川中島の大蛇山が気になってしようがなく、家族で連れ立って本日行ってきました。中島の祇園祭は7月の第四土曜日と毎年決まっているそうです。着いたのはまだ太陽がまぶしい6時頃で、ぼちぼちひとが集まって来ました。暗くなってから、火を吹く大蛇が見ものだと教えていただいていたので、暗くなるまでいるつもりだったのに、連れはちょっと見ただけで満足して、帰ろうコール。仕方なく、早々に引き上げました・・・小さい子ど [続きを読む]
  • 柳川市中島の朝市
  • 今朝は5時から草取り開始!涼しくはないけれど、日中よりは随分とましです。さて、かねてから行きたいと思っていた福岡県柳川市中島の朝市へ初めて行ってきました。ここは有明海に注ぐ筑後川の支流である矢部川に面した漁港。朝市は毎朝開かれており、以前はとっても賑わっていて、遠くからもお客様が来ていたとのことですが、今は随分と小さくなったそうです。有明海のお魚が道端で売られていました。生きたシャッパ(シャコ)が [続きを読む]
  • 猛暑続き・・・
  • 本日も猛暑の佐賀です。外は38℃。室内でも36℃。冷房の効いた部屋から出ることが出来ません・・・。しかし、午前中は先日壊れた温水便座の交換。ナントか自分ひとりで完了!!汗だくになったものの達成感で爽快!!あちこちで歩きたいのですが、こう暑くては、外を出歩くには相当の覚悟が必要です。明後日までは猛暑。その後は気温は少し下がるようですが、湿度が高くなるとのこと。当分過ごしにくい日々が続きそうです・・・ [続きを読む]
  • 猛暑は続く・・・
  • 夜10時になっても、30℃もある佐賀です・・・。今夜もエアコンをつけっぱなしで寝るしかありません。明日も38℃の予報です・・・朝夕の涼しいときに草取りをしたいと思っているのですが、涼しい時間帯がありません・・・ [続きを読む]
  • 南里邸の太良研修
  • 本日の南里邸は太良へ研修に行ってきました。太良出身の医者、大橋リュフさんが寄贈された1億円で建てられた大橋記念図書館へ行き、収蔵されている遺品や蔵書を手に取り、見て来ました。書き込みのある医学書も見つけました。多分ご本人の筆跡でしょう。大橋記念図書館は、小学生の子どもたちが利用していました。太良町では大橋リュフさんの知名度が高いということに納得です。 [続きを読む]