一匹狼のまーくん さん プロフィール

  •  
一匹狼のまーくんさん: 聖書を読んで
ハンドル名一匹狼のまーくん さん
ブログタイトル聖書を読んで
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/sollupo2000
サイト紹介文聖書を読んでの思い、教会での出来事を書きます。偽キリスト教の「エホバの証人」の間違いも指摘します。
自由文1992年まで「エホバの証人」でした。2010年からキリスト教会へ行っています。エホバの証人が危険なカルト宗教であることが一層わかったのでそのことも指摘しつつ、教会での楽しい出来事なども綴っていきたいと思っています。帯広バプテスト・キリスト教会(北海道帯広市)教会員です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2012/03/06 19:59

一匹狼のまーくん さんのブログ記事

  • なんだか全然ダメ
  • 昨日は、他教会の牧師から、毎月第一水曜日にやっている超教派の祈祷会の会場が別の教会になりましたのでという連絡を受け、ひさしぶりに行く気になっていたのですが、仕事から帰ってくると、まったく気力無し。洗濯して風呂入ってちょっと食事。ぼんやりインターネット。今週はずっと睡眠薬を飲んでいる。薬局で売っている抗ヒスタミン剤の睡眠改善薬では効かない感じになってきている。仕事だけはなんとかこなしているが今日、同 [続きを読む]
  • 母の誕生日
  • 今日は母の誕生日。生きていれば72歳ということになる。 2010年に亡くなりました。 子供から見た母はなんでもできるスーパーウーマンでしたが自分が40代になって思う母は、もちろん完璧では無かった。今思えばそんなに料理がうまいというわけでもなかったしおれと弟みれば、子育ても上手だったとはいえないのかも。俺も弟も、幼少期は旭川市の児童相談所に連れて行かれましたね。あまりにも社交的ではない子を見て悩んでい [続きを読む]
  • ギデオンからも郵便
  • ギデオンからも郵便が来ていましたわたしの霊性とは違って、たくさんキリスト教関係のものがやってきます。 会報の体裁も変わって、読みやすくなりましたが、今回は帯広支部のことも書かれていました。「体調不良のメンバーがいて休会状態」というのは俺のことだな 会費だけ払ってなにもしていませんでしたからね。幽霊会員というか、ギデオンの脱走兵みたいなものです 会費も献金ですからね、聖書が好きなのと、キリスト教会外で [続きを読む]
  • FEBCへの献金
  • FEBCから郵便が来まして、前回献金してから一年経とうとしているからそろそろしておくかな献金のお願いは放送中も郵便物でも年々大きくなってきている。そんなにお金が無いのか。たしかに、知人のT君がFEBCに就職したとき、自分が入ったおかげで他の人の給料が1割ほどカットされているという話を聞いたことがあります。経費節約には努めているようですが、何にお金がかかっているかと言えば会計報告を見てもわかりにくいけど人件費 [続きを読む]
  • 北センチネル島
  • 北センチネル島に、キリスト教を布教しようと近づいた青年が殺されたニュースがあったけど、無謀な気がします。全世界に福音をというのは無理です。それぞれの地域に文化がありますからね。逆に北朝鮮みたいに、絶望的な生活環境に置かれると、何かにすがる対象として密かにキリストを信じる人もいるのでしょうね。 もちろんジャングルの奥地にいる人にでも日々生活が護られている感謝の気持ちがあると思う。わたしたちよりもはる [続きを読む]
  • 教会を休む
  • 日曜日は教会へ行かず。今月まだ一回も行っていません教会まーくんとしては信じられない現象ですが。会社にも行きたくない気分ですが、そういうわけにはいかず心に鞭打って出かけていますけれども。家庭の悩みが一番かな。エホバの証人の弟のこと、あと数年後にはどうなるのか、一文無しじゃ生きていけないぞ。自分のこと、はたして結婚できるのか、いや仲良くなる女性がいるのかどうかも不安、しかし50目前で諦めモードもあります [続きを読む]
  • グアテマラの事件について
  • エホバの証人の方が海外で亡くなるニュースがありました。宗教名が伏せられるニュースがほとんどですが、今回はばっちり「エホバの証人」の名前がでました。 若い女性二人組が、布教のために別の地へというのは珍しいことではないと思います。国内外含めて。ただ、ものみの塔聖書冊子協会が派遣したわけではなく、自主的に行ったというわけで、責任はないと言うでしょうね。あの団体が派遣するのは、教会で言えば宣教師のような働 [続きを読む]
  • 弟からラインが来ました。
  • 弟からラインが来まして、普段はなにもメールしないくせに何かなーと思ったらこの写真を送ってきました。 日曜日にエホバの証人の大会が北海道旭川市であったらしいが会場の近くにこの教会があったとのこと。 日本ルーテル教団 旭川聖パウロルーテル教会北海道旭川市7条通8丁目38 よくぞ「大いなるバビロン」呼びしているキリスト教会を撮ったなあと思っている。それとも、おれが教会ウォッチャーなのを知っているのかな し [続きを読む]
  • 入ってはいけない宗教ランキング
  • ある動画サイトで、「入ってはいけない宗教ランキング」ベスト5というのがあった。人それぞれ観点が違うし、そのYouTuberらしき人も話し方がとてもチャラくて、すべてを鵜呑みにはできませんがある程度は宗教のことも知っている、あるいは興味があるようでした。 そして、「エホバの証人」もランクインです もっと世間に認識されて、被害者が増えないことを願っています。エホバの証人はいい人たちだ、感じの良い人たちだ、と思わ [続きを読む]
  • 「教会行きたくない病」に感染。
  • 教会さぼりました聖書箇所も見ておいて用意もしていましたが、深夜に目が覚めてしまい早朝まで起きている。そして朝寝坊親指がハチに刺される夢を見ていたところで起きる朝10時過ぎ行く気を失い、アマチュア無線で遊ぶ 「教会行きたくない病」にまた感染したかもだ。インフルエンザの予防接種も受けないとならないね なんと珍しく弟からメールが来ており「エホバの証人の大会」で旭川市にいるとのこと なんとなく有意義じゃない [続きを読む]
  • 日曜日は教会へ
  • 日曜日ですので教会へ行きます。ほんとは趣味とかやっていたかったんですけどね手ぶらで行って、教会の聖書と賛美歌使いました 帯広バプテスト・キリスト教会 教会学校は詩編51編。ここはみなさんたくさん意見が出てきましたね 招詞:詩編126:5−6聖書:コリント二8:8−15交読:マタイ5:3−12賛美:新生讃美歌363番「キリスト教会の主よ」(教会福音讃美歌229番)新生讃美歌176番「主は豊かであったの [続きを読む]
  • 教会用の顔
  • FEBCから郵便が来ました。そのパンフレットにあった一文が目に入りました 教会へ行くと「教会用の顔」をすることはないでしょうか? これはそのとおりだな。「いい顔」というやつだな。 実は「エホバの証人の王国会館」では顕著なんだよね。キリスト教会でも起こりうる。 必要なことは他人でも注意喚起みたいなことを言わないとならないときもありますからね。言わないことが「愛」というわけじゃないこともあるからね。 これも「 [続きを読む]
  • 日曜日は教会へ
  • また体調が悪いので明日病院へ行こうと思います 帯広バプテスト・キリスト教会 教会学校:詩編46編 招詞:イザヤ46:3−4聖書:コリント一13:4−13交読:詩編136編コドモメッセージ:詩編119:105賛美:新生讃美歌103番「望みも消えゆくまでに」(新聖歌172番)新生讃美歌570番「たとえばわたしが」(教会福音讃美歌395番) 教会員で、パン作りの名手がいるので、今日はパンを作ってきてくれまし [続きを読む]
  • エホバの証人キター(・∀・)
  • 夕方五時半、外はもう真っ暗です。今日は休みでちょっとくつろいでいましたピンポーンが鳴る。インターホンを見ると、女性二人。保険の人かな?(しょっちゅう担当が変わるので顔は知らず)もう一つ、頭をよぎったのは「エホバの証人」 大当たり〜 珍しく「エホバの証人のDと申します」と名乗ったぞ。このDさんは数年前にも来たことがあるはずだな。 まだ私が「エホバの証人の排斥者」だとは気づかれていないようだ 「聖書が生活に [続きを読む]
  • † 日曜日は教会へ †
  • 寝坊してしましました夜中の2時頃、一回トイレで起きたのかな、その後ストレートに寝てしまったな起きたら10時過ぎ!「ヌオー!もう十時か〜」 ひげも剃れないで、ガバッと起きたそのまま教会へ向かいました 帯広バプテスト・キリスト教会 教会学校も当然サボり。詩編8:1−10(新改訳・口語訳1−9)とのこと。あとで読んでおこう。 礼拝は42名出席でした。 招詞:詩編109:30−31聖書:使徒16:25−36賛 [続きを読む]
  • クリスチャンは高卒ではダメなのか?
  • 私も教会へ来て8年以上経ちます。小学生くらいの小さな子供だった人たちももう高校を卒業していって別の地へというコも多くなってきました。 ところで思うのが、みんな進学、留学、海外へ行くということ。高卒ではダメなのか?クリスチャンはお金持ちなのかどうか。 俺の頃は大学なんか相当頭が良くないと行けなかった。どうしようも無い私立大学くらいならわたしでも行けたと思うけど それとも今の時代が高卒ではダメなのか?そ [続きを読む]
  • ギデオン協会会費支払い
  • ギデオン協会の来年の年会費を払えという封筒が届きました。みなさん知っていますか。年間18000円です。高いなー。まあ、一ヶ月1500円と思えばいいのかもしれませんが。 私の入っている日本アマチュア無線連盟とかも高いけどここまでじゃないし。年末に向けて年会費貧乏になりそうだな。ただ、サービスを受ける会費ではなく、献金の意味も大きいと思いますけどね。 教会外でもキリスト教の活動ができればという思いだけで [続きを読む]
  • 日曜日は教会へ
  • 仕事を欠勤していました今年は度々こういうことがあって、自分の弱さにがっかりしています約60キロほど離れている弟の家から、亡くなった両親が使っていた杖を持ってきてもらいました。弟が俺に会いに来るなんて珍しいのです。なんといっても俺は「エホバの証人という宗教を辞めたクソ悪魔サタン」みたいな存在ですからね世間は連休のようですが会社は休みなしです。わたしは休んでしまいましたが。 帯広バプテスト・キリスト教 [続きを読む]
  • † 日曜日は教会へ †
  • 繁忙期のため、2週間礼拝を休みました。今日は行かないとね また雨が降るのか。日曜日は外出もしたいですけどね。 雨の教会 帯広バプテスト・キリスト教会 教会学校は士師記16:18−31。サムソンとデリラのところですね 礼拝は31名出席でした。 招詞:詩編19:8−11(新改訳7−10)聖書:レビ19:9−18交読:詩編16編賛美:新生讃美歌268番「神の霊よ今くだり」(讃美歌21の342番)、新生讃美歌1 [続きを読む]
  • ゆがめられたキリスト
  • 日曜日、家でゴロゴロしていたら、いつのまにかこっそりこれが入っていたキリストの幕屋の「生命之光」 帯広市にも集会所はあるようですので、信者もいらっしゃるのでしょう。電柱にくくりつけられているのは時々見かけていました。同じマンションや近隣のポストにも入っているようでした。 ただ、やっぱりこれが「キリスト教」とは思われたくないです。これも「ゆがめられたキリスト」という感じがします。まあ、この冊子は、私 [続きを読む]
  • 聖句の看板
  • 勤務先へ行く途中で見かけた「聖書配布協力会」の白黒看板。この団体の布教活動には疑問点もありますが、聖書やキリスト教といえばこれを思い浮かべるというひともいるのかも。聖書の一節だけを抜き出して宣言するのは間違いや誤解も生じますから良いことではありませんが、でも昭和の時代になんとしてもキリストをということだったのでしょう。もうすこし良い言葉を選んでほしかった気もしますが。「死後さばきに会う」とか見たく [続きを読む]
  • 教会を休む
  • 今日は教会休みます。8月9月は繁忙期のため12時間勤務をしています。仕事→洗濯→風呂→寝る、しかしていません。今日はラリー北海道も来ているし見に行きたいけれど元気なし昼間にアマチュア無線ですこし遊ぶ。 教会では、たぶん士師記のサムソンのところだな力が強くて女に弱いなんて、おれみたいだな 来週も教会へ行けません。 今日しか休みないのでもう少し寝てみます https://philosophy.blogmura.com/christian/rankin [続きを読む]
  • † 日曜日は教会へ †
  • いろいろなことがありすぎた一週間。疲れもありますが、こういう時って気が張っているのか教会にも行けてしまうのですね。それでも二度寝で寝坊しそうになりました 帯広バプテスト・キリスト教会 教会員で亡くなった人がいまして、火曜日に告別式がありました。 週報もいつ印刷できるかわからない状況だったのか簡易版になっていました。 礼拝前の教会学校は士師記11:29−40。エフタの娘のところです。エフタは、アンモン [続きを読む]
  • 北海道帯広市、無事です
  • TwitterやFacebookなどのSNSでみなさんから連絡をいただいております。地震は震度4だったのでものすごいひどいものではなかったのですが停電が痛かったですね。深夜勤務でしたので、仕事中に(午前3時)機械が止まる。電気がないとなにもできないので、生産物も放置のまま緊急帰宅となりました。携帯電話も使えず、インターネットも見られない。公衆電話が無料になっていたので、これを利用。水道はだいじょうぶでした。信号もつ [続きを読む]
  • 友人が創価学会
  • 職場に同年代で話の合う女性がいる。入社した時期もほぼ同じだし、同僚との関係も似た感じ。わたしは誰とも仲良くしないタイプなので。(お友達にはなるなという感じね)煩わしい付き合いに誘われたくないからね。 私の両親がすでに亡くなっていることもあるし、残された弟の話も知ってくれているのでときどきそんな話もしていたのだ。ろくに仕事をしていない弟のことも心配してくれていた。ただ、エホバの証人のことは話していな [続きを読む]