鮎の匠 きむら家 さん プロフィール

  •  
鮎の匠 きむら家さん: 鮎釣りしま専科
ハンドル名鮎の匠 きむら家 さん
ブログタイトル鮎釣りしま専科
ブログURLhttps://www.sakawagawa.com/
サイト紹介文神奈川県西部、酒匂川のアユ釣り速報、知られていな鮎の話、その他あゆに関わる情報を掲載しています
自由文気づけばネットに巣くって、早ン十年。
色々な釣りに没頭した時期もあったんだけど、鮎一筋になっちゃいました。鮎釣りしたいだけだったのに、夏は川辺寝起きの生活になっています。
あと、色々なことがあって、一部ログイン制のページが現れるときもあります。すいません。_(_^_)_
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供201回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2012/03/08 17:16

鮎の匠 きむら家 さんのブログ記事

  • 2018/04/17 酒匂川、小康状態
  • 早上がりの帰り道、天候はこれから下り坂ですね昨日の猛烈な遡上(暗闇と濁流による鮎の流下差し替えしと刺激された遡上意識)がこんな曇天でも続いるとしたら、今期は怒チビ鮎に釣っても、釣っても重さは増えない。入れたはずの引き船から姿の消えた怒チビ鮎・・記憶に御座いませんか。掛けても、掛けても。あまりの小ささに「俺、こんなチビ鮎釣ったぞ」といえば「いや、俺の方が小さい」と笑うしかない競い合いのあの日嫌だな〜 [続きを読む]
  • 2018/04/16 酒匂川、メガトン級の爆遡上か!
  • こりゃ、明日は凄まじいことになるな・・何度、春の嵐が通り抜ければ済むのだろう。夜来の強い雨音が通り抜けた川辺、案の定というか。「こうなるだろうな」と夢心地の枕元で想像したとおり。川辺は春の濁・濁な増水。川辺の生態、遡上してくる鮎がいずれ下流へと意識を変え。消えゆく鮎の姿となる晩秋まで、こんな規模の増水(大増水じゃありません)になると、活発どころか爆発したような鮎の動きが出る。それで、爆釣を通り越 [続きを読む]
  • 2018/04/14 大物シーズン到来?活発なアユ遡上も
  • 表題の件、この事を心得ている酒匂川の一発大物狙い師はあまり多くない。漁協は昨年からアユ遡上時期のカワウ被害対策も兼ねて、アユ遡上が可能な本流への渓流魚(大型成魚)の放流事実を公開し始めましたが、これまでも密かに伝わっていた大型魚が狙える事実。当クラブのK氏も2010年水害以前から、当川の本流大物狙い師の一人でした。渓流魚狙いの釣り師にとって羨望の尺越えヤマメ(五月マス)を数多く仕留めてきた一人です。そ [続きを読む]
  • 2018/04/10 酒匂川・鮎、汲み上げ放流は・・
  • 汲み上げ放流の採捕も、日により増減があるけど・・午後の遡上滞留の跳ねが多くなる時間、様子を見に来てみたら・・盛大に跳ねが出てますね。採捕は順調とのことですけども・・??ボチボチだった遡上滞留の跳ねが盛大になっているじゃない。これが持続するとなれば・・しかも、漁協の中間育成の鮎放流も半分は終えているという。その放流魚らしい姿がここにはまだ到達していないってのも・・盛大過ぎるのもな〜ぁ [続きを読む]
  • 2018/04/08 鮎の遡上は爆遡上が好きですか?
  • 桜咲く頃に鮎の遡上のハズが過去に例がない最速遡上で始まった2018鮎桜の開花も最速で既に葉桜。これから山桜・・いや、こちらも一気に咲き誇って、山も川も突き進む初夏ですね。最速で始まった当川の鮎、爆遡上モード突入かとハラハラした4月最初大潮を終えてみれば、程々にユルユルと続いてくる鮎の遡上量は、多すぎず。少なすぎずじゃないかなぁ。太平洋岸の各地、ネットで伝わる鮎遡上の話も随分と盛況。どこそこで爆@モード [続きを読む]
  • 2018/04/03 酒匂川、鮎遡上が止まっ・・てない@爆?
  • く昨日の事、早上がりで勤務を終えて帰りの道中・・少し遠回りになるけれども酒匂川最下流の橋を通る。ここは対岸の橋のたもとに信号があって、タイミングが合えば一時川面を見通せる。今年は都合良く流程があって、遡上する鮎の様子が私には見えるわけ。一般にあの距離、あの角度で「私には見える。」というのが、実は特異なことらしくて、当クラブの懲りない面々に言わせるところの「前世は川鵜に違いない」とか??ま〜ぁ、見え [続きを読む]
  • 2018/04/01 酒匂川、遡上・順調過ぎ?
  • 4月大潮で活発化する鮎遡上、後期遡上とするべきか?目視観察できる鮎遡上の状態が出来過ぎなほど良いってのは喜ぶべきか。それとも迎える夏は過去に見て来たように、貧しく痩せた川に居すぎる鮎で終わるのか?来週半ばまで続く大潮時、過去・平年並みの活況なら続々と遡上してくる鮎の群れは更に小さくなっていく。それで1ヶ月以上続く遡上の結果、川面は激チビ鮎がウジャウジャ。それも、これも灌漑取水で大きく水量を減らすこ [続きを読む]
  • 2018/03/28 酒匂川・続く鮎遡上は・・♪かもよ!
  • 過去に記録が無いほどの最速遡上で始まった2018・酒匂川の鮎スタートがダム放流の濁流に紛れていた第一群の初期遡上。これまでに記載した通り、この川(松田地区)川辺で育った自分も見た事無い。記憶に無い。自分よりも高齢の方々に聞いても「こんな早い遡上は知らない」という程の過去の例の無い現象。これが異常なのか。それとも、ずっと昔と比較すれば都市化で汚れた流れではあるけれども、鮎にとって心地よい水質に戻りつつあ [続きを読む]
  • 2018/03/25 酒匂川・鮎遡上、平年並みに?
  • 過去、記憶がないほどの最速遡上で始まった2018鮎です。これまでに記述したとおり、初期遡上としてはその遡上速度も量も過去に記憶がない。それも出来過ぎなほどに好調な状態が続いてきましたが、早すぎた春の到来はまだ冬のせめぎ合いもある。それが季節の変わり目がハッキリ見える節目、先ずは桜冷えともいいますか。桜咲く直前にある急激な温度変化。これが3月下旬、だいたい20日前後かな。このあたりで一度大きく気温がショー [続きを読む]
  • 2018/03/22 鮎遡上3週間目も爆?
  • 今日も早上がり勤務の帰り道は、渋滞気味の飯泉取水堰(飯泉橋)を通る。ノロノロ・止まってはノロノロ。橋を渡るのは都合良くノロノロ・・横目に見る取水堰の様子、昨日のなごり雪から未明まで続いた強めの雨で川は程よく増水。これで遡上が呼び込めなかったら、海に鮎は居ないってくらいの好条件。それで無くても、私に聞こえてくる相模湾の鮎遡上の活況状態だもの、明日は更に遡上が増えるんだろうな〜。取水堰下流に群れる鷺の [続きを読む]
  • 2018/03/17 酒匂川、2週間経過の鮎遡上
  • 2週間経過した遡上の規模が推測出来ない爆@状態?ダムの洪水調整放流から2週間経過して、濁りで目視しにくかった遡上流速帯もどうにか見通せるようになってきた。ダム放流の直後に爆@気味で始まったような遡上が松田堰堤に到達したのも過去最速だけど、過去見て来た穏やかな冬と春の切り替わりの年であれば、鮎の遡上群がどのくらいの規模で増えていくのか観察出来るのに、それが見えない。これまでに見て来た年の遡上とは違う。 [続きを読む]
  • 2018/03/15 最速・遡上3日目ですが・・
  • まだ3月半ばですよ。あと2ヶ月もこれが続くの?仕事帰り。取水堰上流の飯泉橋を通る。橋上のノロノロ渋滞が丁度良い具合に魚道を眺めると、遡上が良い状態の定番ね。ズラリと並ぶ川鵜に鷺。魚道の中でも大盛況の様子が見える大半の鳥は腹一杯の時間らしく、ぼ〜っとした感じで魚道をながめていました。あとは寄り道せずに松田堰堤へ。車を止めて、遠目に一目するだけで、上がるに上がれない滞留する遡上群の跳ねが見えてますわ。 [続きを読む]
  • 2018/03/13 来たぞ〜!!爆速遡上群、松田地区通過中
  • 酒匂川、川辺は初春を飛び越えて一気に初夏の様相ですわ。昨日見て来た河口堰の様子、そして最初から爆速モードの気配だった、初期遡上の先頭群が松田地区を通過中・・仕事を終えて帰路は少し回り道で取水堰を通る。昨日見た光景だから当然、いやそれ以上に押し寄せた遡上が遠目にも分かる。魚道に群れる鷺は大騒ぎを通り越して、午後はもう腹一杯みたい。「この様子じゃ、松田えん堤に到達したな。??」一応、川沿いを通って松田 [続きを読む]
  • 2018/03/13 来たぞ〜!!爆速遡上群、松田地区通過中
  • 酒匂川、川辺は初春を飛び越えて一気に初夏の様相ですわ。昨日見て来た河口堰の様子、そして最初から爆速モードの気配だった、初期遡上の先頭群が松田地区を通過中・・仕事を終えて帰路は少し回り道で取水堰を通る。昨日見た光景だから当然、いやそれ以上に押し寄せた遡上が遠目にも分かる。魚道に群れる鷺は大騒ぎを通り越して、午後はもう腹一杯みたい。「この様子じゃ、松田えん堤に到達したな。??」一応、川沿いを通って松田 [続きを読む]
  • 2018/03/12 酒匂川・遡上爆進、過去最速か?
  • 短い鮎釣り時期、いずれ時が過ぎてから結果論になるだろうけれど・・始まったことが確認出来て間無し、早々と爆速モードに加速した鮎の遡上。降水量の少なさが後々まで遡上に影響するかと思えば、春の嵐が運んだダム放流で良くわからない状態を作り出しそうな。そう、昨秋の鮎産卵期も一部の似非事情通に言わせると「酒匂川の鮎産卵は・・」とか。見えない。だからって確証を得ようとしない。どこまでも机上論と思い込み×n乗の虚 [続きを読む]
  • 2018/03/12 酒匂川・遡上爆進、過去最速か?
  • 短い鮎釣り時期、いずれ時が過ぎてから結果論になるだろうけれど・・始まったことが確認出来て間無し、早々と爆速モードに加速した鮎の遡上。降水量の少なさが後々まで遡上に影響するかと思えば、春の嵐が運んだダム放流で良くわからない状態を作り出しそうな。そう、昨秋の鮎産卵期も一部の似非事情通に言わせると「酒匂川の鮎産卵は・・」とか。見えない。だからって確証を得ようとしない。どこまでも机上論と思い込み×n乗の虚 [続きを読む]
  • 2018/03/09 ダム放流!も、遡上は最速更新で?
  • 春の嵐ですか?地域差もある気象条件ですから、異常でもあったかなぁ一昨日の気象情報で大雨になる予報も出ていた当地は予報通りに雨量がまとまって、上流の水源域は200mm近い累計雨量となりました。結果、夜半過ぎから予測範囲のダム放流。今時期にダム放流規模雨が降ること自体が異常なんですけども、始まった遡上と過去に見て来た記憶を重ねると、これも予測の範囲でしてね。春の嵐だと気象情報があったとおりに「雨量がまと [続きを読む]
  • 2018/03/09 ダム放流!も、遡上は最速更新で?
  • 春の嵐ですか?地域差もある気象条件ですから、異常でもあったかなぁ一昨日の気象情報で大雨になる予報も出ていた当地は予報通りに雨量がまとまって、上流の水源域は200mm近い累計雨量となりました。結果、夜半過ぎから予測範囲のダム放流。今時期にダム放流規模雨が降ること自体が異常なんですけども、始まった遡上と過去に見て来た記憶を重ねると、これも予測の範囲でしてね。春の嵐だと気象情報があったとおりに「雨量がまと [続きを読む]
  • 2018/03/05 酒匂川、遡上開始から4日経過
  • 毎年、毎年、鮎遡上の時期が近づくとハラハラして待つ日が続いてきたけど、今年はね。先ずは朧気ながらも「鮎、来ているみたいだな。」と確信するまでに至らないながらも、「あと10日すれば・・」先を読む。そうして待ち望む群れ遡る鮎の姿。高層天気図、気圧配置アレコレと気象情報にヤキモキする日々だったりした。昨日も遡上の様子を覗きに川辺へチョイと・・すっかり春めいて、まるで初夏を思わせるような日差しの強さと暖かさ [続きを読む]
  • 2018/03/05 酒匂川、遡上開始から4日経過
  • 毎年、毎年、鮎遡上の時期が近づくとハラハラして待つ日が続いてきたけど、今年はね。先ずは朧気ながらも「鮎、来ているみたいだな。」と確信するまでに至らないながらも、「あと10日すれば・・」先を読む。そうして待ち望む群れ遡る鮎の姿。高層天気図、気圧配置アレコレと気象情報にヤキモキする日々だったりした。昨日も遡上の様子を覗きに川辺へチョイと・・すっかり春めいて、まるで初夏を思わせるような日差しの強さと暖かさ [続きを読む]
  • 2018/03/04 初期遡上の多い年が・・
  • ポンと始まったような今年の遡上この数年来の遡上ペースだと、もう一雨後から遡上状況が目視出来る数が増えていって、冷え込みが収まる週明けころに遡上群規模。なんて予測不可能でしたねぇ。酒匂川の鮎遡上は一気に始まりました。既に漁協へは一報入れてありますが、自分的に懸念しているのが今ごろに行われる河口開削です。過去何度も見て来た現象として河口位置の付け替えが行われると、人工の掘り割りが自然の流程として馴染む [続きを読む]
  • 2018/03/04 初期遡上の多い年が・・
  • ポンと始まったような今年の遡上この数年来の遡上ペースだと、もう一雨後から遡上状況が目視出来る数が増えていって、冷え込みが収まる週明けころに遡上群規模。なんて予測不可能でしたねぇ。酒匂川の鮎遡上は一気に始まりました。既に漁協へは一報入れてありますが、自分的に懸念しているのが今ごろに行われる河口開削です。過去何度も見て来た現象として河口位置の付け替えが行われると、人工の掘り割りが自然の流程として馴染む [続きを読む]
  • 2018/03/03 爆遡上で始まりかよ!
  • 春に3日晴れ無し、といいますが。冬の終わりが見えたような南岸低気圧の通過で暦をめくった3月。鮎のまとまった遡上はまだ?とか思うまま過ぎた2月アユ遡上の気配、海流は頃よく大潮まわりで、鮎の遡上を刺激するには都合が良いくらいに増水した。濁・濁の濁りも河川工事とは違って自然の出来事だから、ころよくこう言う具合に濁りと増水が重なると遡上群が期待出来るハズだよな〜ぁ、ソロソロだよな〜ぁそんな事を思いながら惹 [続きを読む]
  • 2018/03/03 爆遡上で始まりかよ!
  • 春に3日晴れ無し、といいますが。冬の終わりが見えたような南岸低気圧の通過で暦をめくった3月。鮎のまとまった遡上はまだ?とか思うまま過ぎた2月アユ遡上の気配、海流は頃よく大潮まわりで、鮎の遡上を刺激するには都合が良いくらいに増水した。濁・濁の濁りも河川工事とは違って自然の出来事だから、ころよくこう言う具合に濁りと増水が重なると遡上群が期待出来るハズだよな〜ぁ、ソロソロだよな〜ぁそんな事を思いながら惹 [続きを読む]