nishiki さん プロフィール

  •  
nishikiさん: おいしい果実ができるまで
ハンドル名nishiki さん
ブログタイトルおいしい果実ができるまで
ブログURLhttp://nishikifruits.blog16.fc2.com/
サイト紹介文熊本の果樹園&養鶏園である錦自然農園から、イチゴ、桃、葡萄、柿、卵、ジャムを生産する日々
自由文熊本で無農薬と減農薬フルーツを栽培し、加工し、おいしいものを全国にお届けするため日夜奮闘する農園(www.fruitshop.jp)のバタバタゆるゆるな毎日。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/03/08 21:36

nishiki さんのブログ記事

  • スモーキング・ブギ
  • 福岡には二ヶ月に一度くらい行きますが、いつも突然思いついて行くので短い滞在でさっさと帰ってきます。数ヶ月前、その短い滞在中に東京から女ともだちが出張で来ていることがわかり会うことに。ともだちネタが続きますがそのときの話。ある雑誌の編集部で出会い、20年前からの飲み友達。独身で、フリー編集者・ライターで、仕事が趣味で、鯉とグルメと本が大好物という共通項につながれて、お互いのすったもんだのじんせいを見て [続きを読む]
  • ともだち
  • 「ともだちが、よく来るよねえ」と熊本のともだちによく言われます。そうかなあ〜。そんなにしょっちゅうじゃないよ、と答えるけど、お友達が遠いところからへんぴな場所にある我が家にわざわざ来てくれるのは、最高のプレゼントです。ありがたくてうれしくて、くーちゃんなみにわんわんわんわん!いっしょにいる時間が楽しくてうれしくて、帰る時間が近づくと、いやだ、帰らないでずっといて! 言葉に出さないけど、子どものよう [続きを読む]
  • 無農薬ぶどうのジュース
  • 「ワケアリぶどう」は少々お待ちいただきますが、「自然派のぶどう」はそれほど時間がかかりません。週末、また薬の副作用がどかんとやってきて、寝込んでいました。最初のころは何もなかったけれど、このごろは一ヶ月に一度、こういう日があります。今回のはいつもよりひどくて、1日寝たきりで脂汗が滝のよう。飲み物食べものいりません。薬のむときのお水だけでいいです状態。ところがその水も飲みにくい。おいしくない。氷水に [続きを読む]
  • 抗がん剤でひどい目にあったから、アレは私には無理と決めてる人へ
  • 無添加コチュジャンのおいしい季節になってきました。って年中いってるか? 活きてるコチュジャンは、ラーメンやキムチ鍋などあつあつものもおいしくしてくれる。鋭意販売中。おとといは病院デー。いつものように診察室で主治医、押川先生に「どれくらいの(抗がん剤の)量にしますかねえ」と訊ねられ、「どーんといっちゃってください」と言うのは患者である私で、「いやそれはやめときましょう」と抑えにかかる先生でありました [続きを読む]
  • がんの自然寛解
  • 「黒麹」の製造販売、ひさしぶりに再開しました。ピーマンが主原料のふしぎな調味料。どうぞお試しください。病院の治療を一切受けないのに、がんを自然に治してしまう人たちがいます。どのようなメカニズムでそれが起こるのか調べている研究者もいるそうですが、結論は出ていません。がん患者の憧れです。誰でもできるわけじゃないけど、できる人がいるのは確か。困るのはただいまのところ、治療をしないせいで病状が悪化する人の [続きを読む]
  • ダメだし先生
  • 「糖質はがんの餌」というのは迷信だそうですよ。糖質ががんを悪化させたり、糖質を取らないことでがんが治ったりするエビデンスはない、と米国国立がん研究所。主治医と初めて会ってまもない、抗がん剤治療を始める直前の、入院して輸血やら検査やらをしていたときのことです。強力な下剤を処方されたおかげで、まあみごとに体内の不用品?がどかんどかんと便器にあらわれいでて、その量たるや見たことのない自分史上最大最強破壊 [続きを読む]
  • さくらももこさんのこと
  • 乳がんで亡くなられたというニュースを聞きました。どすん、と音がするようなショックでした。年齢が一緒なのがショックに輪をかけました。(学年は私が上です)彼女の漫画はアニメでしか存じ上げないのですが、エッセーはいくつか読んでいます。その内容から察すると彼女も私と同様、自然療法でがんに対応しようとしたかもしれないと思いました。尿療法など自然療法への果敢なチャレンジもされているようだったから・・・・。この [続きを読む]
  • 「24センチのがんが消えた」話を聞きにいきました
  • ぶどうの収穫、今日もやってます友人Yくんから「24センチのがんを抗がん剤で、鉛筆の芯くらいにちっちゃくした人がいる」という話を聞かせてもらったのは、先日の水上村の野焼きの日。それは会いに行かねば、と連絡先を教えてもらおうとしたら、「毎日きゅうり畑にいるから、畑にいったらいいよ」とのこと。りょーかーーい!!でもその前に、わが主治医押川先生にメールでおたずねしました。がんにまつわる「大盛り」話はちまたに [続きを読む]
  • 今が人生でいちばんしあわせ☆
  • 農薬散布なし7年目のぶどう、毎日収穫発送中。こういうことをずっと思っていまして、気がついたのは4月かな。この時期、先行きがまっくらでした。まっくらの理由の最大要因は、いったいどこまで迷惑をかけ続けるんだろう、という不安です。おっとも、困惑のきわみにあるだろうな。口で言わないだけで。そう思ってました。横になっている時間が長くなっていって、犬の散歩にもいけない、ごはんも作れない、なんにもできない時期。 [続きを読む]
  • 大病をしないために健康なときにできること
  • ぶどうのご注文承り中です。友人が「息子のために長生きしないといけないから」といったので、続く言葉はなにかな? とワクワクしてまっていたら、「波動系のヒーリング施設に定期的に通ってメンテナンスする」ということだったのでちょっとびっくり。「長生きするためにそれをするのは、どっかちがうような気がするよ」といいながら、じゃあ、長生きがあやぶまれるような大病を得てしまった身のわたくしだからこそいえる長生きす [続きを読む]
  • ゾンビなぶどう園
  • おいおい、ゾンビなぶどう園の写真とってきてどうするのとおっとに言いたくなる写真ですが、「今朝のぶどう園とってきてね」と頼んだらこんなのがアップされていました。ゾンビといえば、「カメラをとめるな」を見に行ったのは、おっとが「おれ時間ない、しごとがたまりまくって時間ない」とゾンビのように言っていた日で、「じゃ、無理ね、わたしだけいってくるわ」とそっけなく言いましたら「おれもいく」と友人たちとの映画ツア [続きを読む]
  • がん患者の医者へのかかりかた
  • おとといは、3週間に一回の通院の日でした。朝、6時半に家を出て、8時半に病院につき、血液と尿とレントゲンと簡易CTをとり、20分後には診察室に呼ばれました。押川先生とお話できるこの日を私は楽しみにしていまして、抗がん剤を入れにいくのに、指折り数えて待ってます。「それって大丈夫なの〜〜」と友人に言われるほどですけど、車の運転が不安な私なので、病院へは残念ながら毎度オットと行きます。今日は診察室で、がん患 [続きを読む]
  • 「おたくのぶどうは無農薬ですか?低農薬ですか?」
  • こちらは「ミックス 中箱 4000円」当園のぶどうを紹介してくださるという編集者から上記の質問をされて、どっちにしたらいいんだろうと迷っていたツマでした。キャッチコピーにどちらかの文字を入れたいという気持ちはわかります。わかりますが、困ったなあ、というのも理由があります。●消毒ゼロです●殺菌剤不使用です●殺虫剤不使用です●除草剤不使用ですうちのウエブサイトでのキャッチは、上記のどれかを使っています [続きを読む]
  • 吉村医院と安保徹氏の共通点
  • 2年くらい前だったか、友人から妊娠を伝えられて、「よかったねえ」と祝福していたら、相手は不意に暗い顔になって、「でも、病院で産むんです」と告げるのでびっくりしました。言葉に驚いたのではなく、暗くなっていることに。「それが何? いいじゃん、べつに」と心から言っても、最後まで彼女の顔は晴れやかにならなかった。自然分娩はマルだけど、病院で産むのはバツだと信じ込んでいるのだと思わせました。この暗さの原因は [続きを読む]
  • 2018年の桃の収穫が今週で終わりそうです
  • 昨日メルマガでもお知らせさせていただきましたが、今季の桃の収穫が今週で終わりそうです。日曜までするかもしれませんが、数は一日数箱レベルだと思います。今年は収穫にも発送にも、ツマはまったく関与しなかった初めての夏でした。最多忙期はスタッフに手伝ってもらったけれど、ほとんどはおっとがひとりでやりました。受注メールを出すのも、発送メールを出すのも、お問い合わせにお返事を出すのも彼が。すごいなあ、よくでき [続きを読む]
  • ラフティング初体験☆飛び込み初体験
  • ここにわたしはいるのですが、見えませんね〜球磨川でラフティングをしてきました。去年の暮れにセドナからグランドキャニオンにまわったとき、コロラド川のラフティングの映像を劇場の大画面で見ましてそのときからなんとな〜〜く、ラフティングにココロが惹かれていたのですラフティングとは激流を川下るスリルを楽しむものだと思いますが、コロラド川の映像をみて惹かれたのも、もちろんそれだったのですが、実際にやってみれば [続きを読む]
  • がんとお金
  • 「周りは全員、私のこと死ぬって思ってましたね」いきなりこんな言葉からお話をはじめられたのは、「再発ガンを治した人がいる」と人に紹介されて、お話をうかがうためにお会いした女性。乳がんから肝臓に転移したがんを、抗がん剤治療を8年もやって治し、十年経過されていました。アクセサリーをたくさんつけたおしゃれが魅力的な、ピカピカお肌の60代半ば。杖がないと歩くこともできず、周囲の全員から死ぬと思われていたヨレ [続きを読む]
  • 抗がん剤の副作用とのおつきあい☆
  • 薬のせいだと思いますが、この一週間、毎晩夢が濃かった。ある夜の夢は、見知らぬ男性(60代くらい)から、「ミニコミ誌をつくりたい」ともちかけられました。それもタブロイド版で、宅配で。こんなかんじ、と彼が見本を見せている。「こんなにページがあるんですか?」と私がいうと、「いや、もうすこし増やしてもいいんだけど」「そんなの時代にあわないし、誰も読まないですよ」男性はおもしろい記事がいっぱいのっていれば、 [続きを読む]
  • 抗がん剤とマスタードガスの本当の関係
  • 抗がん剤はマスタードガスという化学兵器から作られた!ずいぶんけたたましくネットで喧伝されていますが、それの何がひどいのやらわからないです。漢方薬は正しく使えば体を癒し、使い方を間違えれば死に至らしめるものが普通にあるし、うこん、青梅など、薬にもなるけれど使い方を間違えれば毒になる植物はありふれています。毒と薬の関係は表裏一体。16世紀の医師パラケルススはいいました。「あらゆる薬は毒が変装したものだ [続きを読む]
  • 抗がん剤の副作用に苦しんでいない人は多い
  • 農園の仕事から身を引いて半年が過ぎました。仕事が好きでしょうがない人から仕事引いたら何が残るの?と思っていましたが、仕事をやめるやいなや病人の日々が始まりました。再発したがんを自然療法で治そうと思えど、とにかく貧血がひどくて立っていられない。痛みが一日の半分くらい続くので、寝ているしかない。病人の坂を転げ落ちていきました。マクロビオティックの先生のところに行き、食事の処方箋をいただいても、勧められ [続きを読む]
  • もっと早く喫煙をやめていればよかった
  • がんについて詳しくなればなるほど、お知らせしたいことが増えていきます。農園と関係ないトピックにみえますが、お客様にお知らせしたいことを書いてきたスタンスは変わりません。今はがんの話こそ、農園からお知らせしたいことなんです。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜わたし、元スモーカーです。20代でやめときゃよかった、と思ってます。がんになる原因のほとんどは、偶然的に発生するDN [続きを読む]
  • もっと早く喫煙をやめていればよかった
  • がんについて詳しくなればなるほど、お知らせしたいことが増えていきます。農園と関係ないトピックにみえますが、お客様にお知らせしたいことを書いてきたスタンスは変わりません。今はがんの話こそ、農園からお知らせしたいことなんです。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜わたし、元スモーカーです。20代でやめときゃよかった、と思ってます。がんになる原因のほとんどは、偶然的に発生するDN [続きを読む]
  • 老親ががんになったとき
  • わがやの老母たちは、そろってがん。母Aさんは、78歳で肺がんがごく初期でわかり、切除手術。母Bさんは、70歳で大腸がんがわかり、切除手術。肺にカゲあり。両母とも、50年前からオーガニックな食生活が好きな、健康生活マニアです。がんは、多くの場合、老化を原因にしているというのが二人を見るとよくわかります。母Aさんは、再発しても治療しないことを早くに決めて、検査にも行っていません。「あと3年も生きれば十分って [続きを読む]
  • 私が試したがん代替(自然)療法 〜続けている療法リスト〜
  • たくさんの療法を試して、効果が感じられないものはすぐにやめました。だいたい1ヶ月で見極めるのがほとんど。わずかでも、何か違うなら続けるのですが、なんにも変わらないと思うものが価格が高かったりすると、もうやめない理由がない。とはいっても、やめてないものに対して、とても強い信頼があるかといえば、そういうわけではない。やめる理由がないので続けているだけのものも、やめるなんて考えられないくらい好きだからし [続きを読む]
  • 痛みにいちばん効いた自然療法
  • テレビ電話(メッセンジャー)を使って心理カウンセラーの方に質問をしていただくことで自分の、過去と現在の、気づいていないネガティブ面を意識にのぼらせるという試みをしたことがあります。痛みのために、寝てる時間が日中の4割に迫っていた頃。座っているのもしんどい、という時期。たった3ヶ月前です。1時間半の会話で、「ああ、それは思いつかなかった」という自分をうまく引き出していただき、満足して電話を切ったので [続きを読む]