uto-m さん プロフィール

  •  
uto-mさん: abstract photography & another photography
ハンドル名uto-m さん
ブログタイトルabstract photography & another photography
ブログURLhttp://abstract-photos.blogspot.com/
サイト紹介文岩手県盛岡市在住。サラリーマンで抽象写真家で詩人。
自由文1986年、高校卒業と同時に抽象画に夢中になり、1994年、手に持っていた筆はカメラへ。 そして、僕は記憶の源流を辿る旅にでた。 それは長い長い旅のはじまりでした。 不確かな記憶を記録し、そして確かな記録を記憶に還元してゆく。 岩手県盛岡市在住。 サラリーマンで抽象写真家で詩人。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2012/03/09 14:27

uto-m さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • レンタルサーバー無限への移行を検討中
  • ブログの移行を考え始めたこの頃実は大分前から検討して、1年サーバ借りて、その後、多忙と持病で結果、何もしないで契約終了なんて、、、とほほ、、、移行を考え始めたのにはもっと大きな理由が!このところ、膨張するデータのボリュームはみなさん実感のことでしょう?仕事だけに限っても1)業務取引関連記録のデータだけでなく、その他のデータベースとして、2)画像データ、3)映像データ、4)音源データ僕はデータストレージ [続きを読む]
  • 心象写真(心象風景)、スマホや携帯で撮った写真を中心に
  • 携帯電話・スマートフォンで日本の心象写真(心象風景)Image photography of Japan by mobile phone僕が撮る心象風景(心象写真)は吸い込まれそうな静けさとかすかな気配そこに身を置いたときの衝動、心を揺りうごかす力、何ものかの気配 日本の心象風景 心象写真 長野への出張 高速バスの車窓から 伊那の風土 伊那の空気 思わず吸い込まれそう になるほど 優しく、穏やかで 畏怖の念が沁みてくる そんな山々に囲まれた伊那 [続きを読む]
  • 写真的なるものを撮る行為について⑤ −thinking another photography 009
  • 僕がシャッターを切るのはなにかを感じた時だそれは、another photograph島,音なき声より, 三宅島’06目に見えたものだけでなく、音、風、匂い、気配や空気感時には、味覚の記憶が教えてくれる風景や色、光の調和だったりえもいわれぬ悦楽と高揚感another photograph島,音なき声より, 三宅島’06それはどこまでも静かで深遠なる世界another photograph島,音なき声より, 三宅島’06息をひそめ、五感を研ぎ澄まして気配を追い続け [続きを読む]
  • 写真的なるものを撮る行為について④ −thinking another photography 006
  • 久しぶりにブログを開きたわごとを描き記したくなったということで、”自分の視点”について、思いつくままにひもといてみるanother photography 1998-滲む世界よりあやふやな世界にばかり気をとられ僕の目はどうかしているのだろうか”ものごとの狭間は滲んでいる。”人も、歴史も、花も、言葉も、あらゆるものが、僕の目にはいつもそう写ってるものごとの縁取りなんてあってないようなものその場凌ぎで線引きをして縁を決めつけ [続きを読む]
  • 堤あおいさんを忍んで、ご冥福をお祈りいたします
  • 2017年4月2日若くして大切な知人がなくなりました堤あおいフォトグラファー 堤あおい僕自身はそんなにおつきあいがあったわけじゃない僕の家族があおいさんと家族以上の間柄だけれども、なんどかお会いして、たくさんの時間をさいてくださりいろんな話をした堤あおい代表作のひとつ、本をいただいたときにこのカードに言葉をしたためていただきましたPleiades - Aoi TsuTsumiそういえば僕も30冊ほど手売りしたっけ残りの5,6冊はど [続きを読む]
  • 記憶の源流−森の音、命の音 より−
  • ”記憶の源流 − 森の音、命の音 より−”掲載しました記憶の源流 おしえて より 森は音に満ちている春の目覚めの音夏の力満ちる音秋の美しき音冬の轟きと静けさたとえば冬の音部屋の中でも雪が降り始めると外界の雑踏が消える瞬間が好きだ森へ踏みいると、自分の息づかいと足音だけ全ての音が命と共に冬に飲み込まれていくひとりぽつんと冬の山に佇むそこはすでにアナザーワールド畏れとやさしさが満ちている雪の世界音の世 [続きを読む]
  • 過去の記事 …