Datano さん プロフィール

  •  
Datanoさん: イタリア語のために
ハンドル名Datano さん
ブログタイトルイタリア語のために
ブログURLhttp://datiintrovabili.blog100.fc2.com/
サイト紹介文イタリア語文法のまとめ,イタリア語学習のための情報紹介など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2012/03/10 01:36

Datano さんのブログ記事

  • 譲歩文 (2) 集合的不定代名詞を使う譲歩文
  •  「どんな……も」の意味の集合的不定代名詞,質・方法・場所などを表す不定副詞などは,譲歩の意味をもつ関係文を導くこともできます.動詞は接続法になります.代表的なものは次のものです: chiunque「誰であろうと」=qualunque persona (文語 chiccessia)   Chiunque venga al nostro villaggio, lo accogliamo a braccia aperte.    誰が僕らの村にこようと,僕らは諸手を挙げて歓迎するよ. qualsiasi cosa, qual [続きを読む]
  • 譲歩文 (1)
  • 譲歩文は,予期しない主文を導く条件といえます.日本語の例で考えると,  君は金持ちであるにもかかわらず,不幸せだ.だと,「君は金持ちである」ということから予期される結果のは「幸福だ」ということですが,反対に「不幸せだ」という結論がきます.このように,譲歩文は日本語でいえば「……にもかかわらず」などの意味になります.イタリア語ではこの文は  Benché sia ricco, sei infelice. 君は金持ちであるにもかか [続きを読む]
  • 結果文
  • 結果文は主文で表される行為の結果を示す従属文です.  Ieri mia nonna si sentiva così bene che suonava il piano tutto il giorno.   僕の祖母は昨日は非常に気分がよくて一日中ピアノを弾いていた.上の文だと,主文 Ieri mia nonna si sentiva così bene「昨日僕の祖母は非常に気分がよかった」の結果として,che 以下で suonava il piano tutto il giorno「一日中ピアノを弾いていた」ことが語られています.目的文と [続きを読む]
  • パエリア
  • イタリア料理ではないですが,手間がかかるかにみえて案外簡単な料理です.僕流のやり方ではオリーブオイルも塩も使わないので,ダイエット用でもあります.一人分で書いているので,二人分以上を作る時は量は適宜増やしてください.(一人分)使うもの:ザル,小さい鍋(サフラン水をつくる),フライパン材料:サフランひとつまみ,玉ねぎ1個,ナス一本,鳥の足(もしくは手羽元),胡椒,ガーリックパウダー,米半合,トマト缶,冷凍 [続きを読む]
  • 語頭二重子音化 (3) 中南部方言と北部方言
  •  先に書いたように,語頭二重子音化はトスカーナ方言を含む中南部方言でははっきり使われますが,北部方言ではあまり起こりません.その結果,北部方言では話し方が印象として,割とだらだらだらと続くような感じに聞こえます.それもあって,イタリアのネイティブの人には,北部方言の話し方はすぐにわかるようです.最後にここで実際の会話で少しその差を見ておきましょう. 動画は前に作ったProfondo Rosso の対訳付きの一場 [続きを読む]
  • 語頭二重子音化 (2) 条件
  •  ここでは語頭二重子音化が起こる条件を見て行きます.その条件は,二重子音化する子音自体の条件(1)と,それを引き起こす直前の音声あるいは単語の条件とが揃っている必要があります. 以下の例では,語頭二重子音化するものは全て赤字にしています(例えば Perché fa così caldo? 「どうしてこうも暑いんだ?」).可能なところすべてを赤にしているので,該当箇所で説明している音については,さらに太字にすることがあります [続きを読む]
  • 語頭二重子音化 (1) 概要
  •  イタリア語では長く発音される子音,つまり二重子音は,基本的に文字でも二つ重ねられます(z や gn などの例外を除く).例えば donna「女性」 の n,ricco「金持ちの」c,davvero「本当に」v は,文字で書かれているとおりに長く発音され,ドンナ,リッコ,ダッヴェーロのように発音されます. 一方で,語頭の子音については,文字上は二つ重ねられていなくても,ある条件で二重子音のように発音されることがよく起こります.少 [続きを読む]
  • 目的文
  •  目的文とは「……するために」という意味を表す文です.  Lavoro molto perché nostra figlia studi negli Stati Uniti.    娘がアメリカで勉強できるようにと,僕はたくさん働いている. なお,日本語では似たような名前になる目的補語文と混同しないように注意してください. 使われる接続詞は,上のように,perché が一般的で,接続法が必ず用いられます.規則は以下のとおりで,比較的簡単です.なお,目的文は必 [続きを読む]
  • 目的補語文(2) 目的補語文の中の時制
  •  目的補語文の中の時制は,次の三つの条件で決定されます.  ・che の中の動詞 A. 直説法 B. 接続法  ・主文の動詞の時制 1. 現在  2. 過去  3. 未来   ・主文と目的補語文との時間関係  目的補語文の内容が (1) 主文と同時 (2) 主文より以前 (3) 主文より以後 以上の条件化以外にも,様々なニュアンスが時制の決定にかかわってくることがあります.そうすると,実際にありうる可能性は限りなく増えてゆきますし, [続きを読む]
  • 河島英昭先生逝去
  • パヴェーゼ全集やエーコの『薔薇の名前』翻訳など,多数の翻訳と著書を出されていた河島英昭先生ですが,5月25日に84歳でお亡くなりになりました.脳梗塞だったとのことです.心からお悔やみ申し上げます.  https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052600346&g=obt前にも書いたと思いますが,河島英昭先生のモラヴィアの『ローマ物語』翻訳が,一番気に入っています.絶版なのが残念で,是非再版されてほしいです. [続きを読む]
  • 目的補語文(1) 主文の動詞
  •  目的補語文とは,従属文が動詞の目的補語として機能する場合です.接続詞としては che が主に用いられます.日本語では「……していることを」などにあたります.例えば:  Tutti sanno la verità. 皆が真相を知っているんだ.  Tutti sanno che l'uomo ti prende in giro. 皆その男が君を騙していることを知っているんだ. 上の文では,動詞 sappiamo の目的補語は,la verità という名詞です.一方,下の文では,主文は [続きを読む]
  • 和暦・西暦対応表のプルダウン形式セレクトボックス
  •  年号対応表を使う必要があったので,ついでにスマートに選択表示できるようなプルダウン形式のセレクトボックスを作成しました.年号の移行日もわかるようにしているので,これも多少便利かもしれません.選択したところでブラウザで何か動作が起こることはなく(そこまで能力はないのです……),選択された年号が表示され続けるだけです.(明治の始まり・終わりと大正も加えました)大正以降の和暦・西暦対応表明治1年 1868年 (1 [続きを読む]
  • 更新開始
  •  しばらく更新停止していましたが,そろそろ書き始めます. さしあたっては止まっていた文法記事をいくつかまとめる予定です. それから,いくつかAmazonのKindleにイタリア語の音声つき教材Learn Italianシリーズが出ていて,金額も1000円程度なので購入してこちらでレビューなどしてみようと思っています.レベル1-9まであるので全部やると大変ですが,9をやって大変そうなら下のレベルに変更するという感じでやっていこうと [続きを読む]
  • 簡単カレー
  •  広告消去のためにカレーレシピを.簡単なのですが,一応ルーを使わないカレーです.粉のカレー粉は使います.油も塩も使わないので,ダイエット用のカレーでもあります.分量は一人分です.1. 玉ねぎ1個・人参半分すりおろし・生姜細かくみじん切り少々・ナス小一本みじん切り・ほうれん草1株みじん切り,ピーマン(大雑把にスライス)を鍋に入れて,中火でよくかき混ぜながら炒める.油は不要.2. 鍋の底にくっついてきたら,一旦 [続きを読む]
  • Nella fantasia「空想の中で」
  • 久しぶりに歌詞解説のリクエストがあったので…… 僕はあまり聞いてはいませんが,Sarah Brightman が歌った曲で,最近は沢山の歌手がカバーをしている作品です.元はエンニオ・モリコーネの作曲による『ガブリエルのオーボエ』という器楽曲だったものに,Sarah Brightman の懇願で歌詞をつける許可をもらって,Chiara Ferraù という人が歌詞をつけてこの曲になったということです. 歌詞対訳と動画は以下で. [続きを読む]
  • Non me ne importa niente「そんなこと私にはどうでもいいの」
  •  トリオ・レスカノの名曲の一つで,人の噂などどうでもいいのと笑い飛ばす歌です.これも人気を博してきたトリオ・レスカノが歌うと,やはり自己言及の歌となるのだと思います. 冒頭の所など早口すぎてとてもついて歌うことなどできませんが,これを外国人の彼女らがいとも容易く歌っていたということはすごい外国語能力というしかありませんね. 以下で動画と対訳を. [続きを読む]
  • 『チリビリビン』
  •  『チリビリビン』はイタリアのピエモンテ発祥の歌で,書かれたのはなんと1898年(音楽の時間関係でわかりやすく言えば,ブラームスの没後1年後)です.歌詞はCarlo Tiochet,曲はAlberto Pestalozza によるもので,当初はピエモンテ方言で書かれた対話形式の歌で,発表からすぐに大ヒットとなります.もともとはワルツのようなゆったりした曲調で,オペラ歌手などによって歌われていたようです(有名なカルーソーなどによっても歌わ [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  •  昨年末から家族の病気に加えて,パソコンが起動しなくなって復活させるのに手間がかなりかかってしまい,英語発音の記事をさっさと書き上げる予定がくるってしまいました.ほとんど復旧できたのですが,書きかけのブログ記事がどこかへ行ってしまってしまい,もう一度書き直すのが今年のブログ初めになる予定です.それにしても,頻繁なバックアップはすべてとるようにしておくべきなのですね. [続きを読む]
  • 英語の発音 2. 強母音 (1) 短母音
  • 2. 強母音の発音 英語の母音は,強く発音される強母音と,弱く発音される弱母音の二種類に大きく別れます.弱く発音される部分に出て来る音は,勢いも弱くなるのですが,曖昧に発音され,種類も少なくなります.強母音は,基本的にはアクセントのある母音ですが,これには辞書でアクセントがついている主要アクセントだけではなく,二次アクセント,三次アクセントも含みます.二次アクセントまでは辞書ではアクセント記号が添え [続きを読む]
  • 英語の問題とスピードラーニング
  •  あちこち英語関係のサイトで使えそうなところを探しているのですが,これだけ英語のサイトがある中で,きちんと丁寧に教えているところというのはあまりないものですね.書籍でもそうですが,書店にいくと膨大な数の英語関係の書籍がありますが,これはしっかりできているというものは案外少ないものです.今も発音関係の本を数冊みていますが,大学受験から専門家用のものまで,わかっていれば使える本はあっても,わからない人 [続きを読む]
  • 英語の学習サイト
  •  イタリア語は学習サイトは数が限られているということで探すのが難しいですが,英語は異常に数がありすぎて,かえって適切なところを探しにくいということがありますね.色々探してみたあげく,結局ここのサイトが色々まとまっていていいようです.   VOA Learning English (VOA=Voice of America) 学習者用ということでスピードをノーマルより3分の1遅くしていて,初級の後半から中級レベルのアメリカ英語で書かれていると [続きを読む]
  • 英語の発音 1. 母音の区分と母音の種類
  •  どんな言語でも入門で学び始める時に,まず体系的に文字と音の対応を学ぶことになります.イタリア語でもそうですし,ドイツ語・フランス語・中国語・韓国語も例外なくそうです.ところが,英語は義務教育で教えられるのですが,英語の発音を体系的に教えられることは殆どありません.なあなあで何となく読み方を教えられるという,杜撰な指導が平気で行われているのが日本の義務教育の英語です.こういった状況は,英会話も重視 [続きを読む]
  • 英語辞書
  •  英語の辞書ですが,一時代前とはやや事情が変わってきています.まず,昔の大学受験であれば高校入学時に最初に勧められた辞書がありました.  新英和中辞典 [第7版] 並装  旺文社新英和中辞典  プログレッシブ英和中辞典〔第5版〕 このうち,上の二つの英和中辞典は,以前ほどはおすすめはできない状態になっています.というのも,英語は相当に新語・新表現の生まれる言葉なのに,改訂をほぼ断念した状態ですでに15年以 [続きを読む]