F さん プロフィール

  •  
Fさん: Fの戯言
ハンドル名F さん
ブログタイトルFの戯言
ブログURLhttps://ameblo.jp/baka-zoo/
サイト紹介文フロンターレの話題が中心ですが、AKB48の話題もたまに扱っています。
自由文フロンターレサポ(サッカーファン)とAKB48グループヲタ兼任の方、熱烈歓迎中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2012/03/10 21:10

F さんのブログ記事

  • Jの怪しい噂は冬の到来を告げる
  • 大久保が復帰か?ティーラシン獲得に動く?谷口に名古屋が興味?いやはや、年末が近づいて来たって感じですなぁ〜( ̄∀ ̄)Jリーグファンは移籍情報によって冬の到来を感じるものです。こういった怪しい移籍情報を聞くと、そろそろコタツの用意をしなきゃな〜なんて思いますねぇ。しかし、今年はかなり怪しい情報が出て来てますねぇ〜。まず、大久保の復帰ですか…。無いでしょ。というか、いらないでしょ。昨年当ブログでも何度も [続きを読む]
  • 第32節 ガンバ大阪戦 〜エウソンがQSS〜
  • 意地を見せてほしかったのに、見せられたのは空回ってシュートを外しまくる情けない姿だったという…。キャプテンが率先して空回って東口を覚醒させてしまうのだから、途中まではもう開いた口が塞がらないって感じで、半ば呆れながら見てました。ルヴァンの決勝を見て痛感された方も多いでしょうが、オフの記事で「外国人のセンターFWが必要だ」と書いた意味が分かっていただけたかと思います。相手を押し込むことが前提なのだか [続きを読む]
  • 試金石
  • 明日は試金石となる試合だと思います。今年優勝できるか否かの?いいえ違います。来年、また優勝争いできるようなチームになれるか否かという意味です。ルヴァン決勝の敗戦で燃え尽きてしまうようなチームなら、来年は賞金圏争いが関の山でしょう。僕は別にそれでもいいのですが、サッカーの質が低下するのだけは勘弁してもらいたいところです。なので、明日ガンバに勝てなかったらオニの首を飛ばしてもOK、というか飛ばすべきだ [続きを読む]
  • 親善試合 ベルギー戦 〜ハリルのサッカーは「足」がすべて〜
  • 守備はある程度通用しそうだという手応えは掴めましたね。でも、このまま行ったら確実に予選グループ敗退です。だって、点が取れないんだもん。計算できる勝ち点は「1」まで。しかも、どうやらポッド1の強豪国からは勝ち点1すら取れない。となると、予選グループ3試合で日本が取れる勝ち点の最大値は「2」までということになります。勝ち点2では予選敗退です。残念でした。ハリルのサッカーは、おそらくここから大きく進化す [続きを読む]
  • ニッパツ三ツ沢に行って来ました
  • Jリーグ観戦歴18年目にして、初の三ツ沢を体験してまいりました。今年までフロンターレ以外のJクラブに対しては毛ほどの興味も無かった僕なのですが、福岡でアビスパ戦を見て以来、フロンターレ以外の試合を見る楽しみに目覚めてしまいまして、このような運びとなった次第です。いやぁ〜、話には聞いてましたが、三ツ沢はノスタルジーを感じさせてくれる、趣があって実に良いスタジアムでした。ピッチにも近くて、選手同士のコ [続きを読む]
  • 親善試合 ブラジル代表戦 〜VAR〜
  • 『VAR』のこと、完全に失念してました(苦笑)。W杯本番でも導入されるのなら、セットプレーの守備のやり方を少し変えるべきかもしれませんね。ブラジルがセットプレーの守りを全部ゾーンでやっていたのは、もしかしたらVAR対策なのかもしれません。マンツーマンだと、どうしても人を捕まえるために掴んじゃいますからね。ブラジルが普段からゾーンを使ってるのかは分かりませんが、あれがVAR対策のために緊急に用意した [続きを読む]
  • スペイン人監督なんて面白そうじゃない?
  • もうこの程度ではなんとも思わなくなりました(苦笑)。今回でルヴァン(ナビスコ)の決勝を現地で観戦するのも4回目ですからね。慣れたもんですよ。だから、悔しさとか全然感じませんでした。呆れはしたけどね。まあ、愚痴なり試合の総括なりは他のブロガーさんたちがやってくれると思うので、当ブログでは「じゃあ、どうやったらタイトル獲れるんだろう?」ということについて語りたいと思います。無理矢理ポジるよりもはるかに [続きを読む]
  • 「王道」アイドル渡辺麻友に敬意を表して
  • まゆゆへの「王道」や「正統派」という評価は、時としてネガティブな意味を含んでいたことがありました。すなわち、退屈であると…。本来(本性と言ったほうが正解か)の彼女は、退屈どころかぶっ飛んでいて(ぶっ壊れていてと言ったほうが正解か)奇異な魅力に溢れた愉快(豪快と言ったほうが正解か)な人です。中身は、およそ「王道」や「正統派」とはほど遠い人間です。人によっては、さっしーのほうがよっぽど常識人と言う意見 [続きを読む]
  • とある富○通社員の若者と語らって
  • 今日、たまたま某富○通社員の方と会食する機会がありました。非常に若い社員さんでした。24歳とのこと。一回り以上歳が離れているのでジェネレーションギャップは避けられません。富○通の社員さんということで、フロンターレの話題が通じる可能性は高いと踏んでいました。もう、その一点に賭けるしかない。フロンターレの話題が通じなかったらOUTです。いや、実はもう一点。相手が相当に若いということでAKBの話題が通じ [続きを読む]
  • 第31節 柏レイソル戦 〜雨の日立台Again〜
  • 何度も書いて来ましたが、僕はフロンターレがリーグ優勝できるとは思っていません。理由は単純で、「詰めが甘い」からです。例えば、この試合のスタメンです。森谷?三好?このピッチコンディションでボール繋ぐつもりなの?当然、繋げません。なので、後半に二人ともOUTです。前半をみすみす捨ててしまいましたね。失点には二人は(直接的には)絡んでいないわけですが、90分間通して見た場合のマネジメントとして、あの二人 [続きを読む]
  • 天皇杯 柏レイソル戦 〜悪くない敗退〜
  • ■□■ シーズン間のインターバルという概念の重要性 □■□ここで敗退するのは悪くない結果だと思いました。考えてもみてください。仮に決勝まで勝ち進んだ場合、1月1日までシーズンが続くことになるわけです。準決勝に勝ち進んだ場合でも、12月23日までシーズンが続きます。Jリーグの最終戦が12月2日なので、そこから逆算すると準決勝止まりの場合でも3週間。決勝まで進めば4週間もオフの期間が短くなってしまいま [続きを読む]
  • 第30節 サンフレッチェ広島戦 〜影のMVP〜
  • 広島の”やさしさ”に助けられてばかりの試合だったなぁ、と(苦笑)。先制点をプレゼントしてくれて、決定機もことごとく外してくれて。ウチもイージーミスを連発して酷い内容だったけど、それに輪をかけて酷かったのが広島の”拒点力”だった、と(笑)。以前はあれほど堅かった鉄壁の守備も見る影も無かったし、広島、これはマジでヤバイ状態ですね…。ウチに関しては…。正直、語るべきところは少なかった試合だったかな、と。 [続きを読む]
  • 第29節 ベガルタ仙台戦 〜この「瞬間」を見たくて〜
  • 僕は普段、SGゾーンで観戦しているのですが、この日はコイントスでエンドを入れ替えられたこともあって、後半は仙台側のAゾーンに移動して観戦することにしました。厳しい状況でしたが「2点なら返せる」と思っていたので、その瞬間を見逃すまいとダウングレードを承知の上で席移動に踏み切りました。ところが、後半15分に2失点目を喫してしまった時点で、僕の目論見はあえなくご破算に…。「さすがに3点は返せない…。」あ [続きを読む]
  • キリン杯 ハイチ戦 〜クソ試合、最高!〜
  • 最低のクソスタジアムで最高のクソ試合を見てまいりました!(・∀・)でもね、内容はクソでしたが、ハイチの予想以上の奮闘によってエンタメとしては最高に楽しめました。とにかく3点目のゴラッソを決めたハイチの20番が素晴らしい選手で、槙野あたりが後ろからガツッと行ってもビクともしないんですよ。ああいうセンターFWがウチにいたら、縦パス収まりまくって攻撃の厚みが2倍増し3倍増しになるのにな〜、なんて思いながら [続きを読む]
  • 第28節 セレッソ大阪戦 〜ニアにタニ〜
  • 鉄道アナウンス風選手紹介。あれ、めっちゃなごむわぁ〜:*:・( ̄∀ ̄)・:*:背番号、出身地、選手名のリズムでず〜っと流れていくかと思いきや、三好のところで急に「川崎直行」の変化球で思わず爆笑wのっけから、鹿島が負けて是が非でも勝ち点3をと息巻くサポーターに冷や水をぶっかけるかのような、ぬる〜い演出をぶちかましてくるプロモ部。う〜ん、That’s So Cool!いいよ、いいよ〜。フロンターレはこうでなく [続きを読む]
  • フロンターレで唯一W杯本番に出られる可能性があるのは車屋だけ!
  • 車屋にチャンスの順番が回って来ましたね。代表がW杯出場を決めたときの記事のコメントで、僕は「ウチからW杯に行ける可能性があるのは車屋だけ」と返信したのですが、やはりハリルはちゃんと車屋をマークしていたようです。まあ、当然っちゃ当然ですけどね。外国人の監督は左利きの左SBにこだわりますから。というか、左SBに右利きの選手を置くことのほうが”異常”なんですけどね。W杯出場も決めて色々と試せる期間に入っ [続きを読む]
  • リョータの離脱、そして代役
  • リョータ、2か月コースですか…。毎年終盤になると離脱している印象があったので、まあ覚悟はしてました。リョータのケガからの回復は、発表された”全治”から2週間程度遅れるという傾向があります。なので、今年はもうリーグ戦でリョータの雄姿を見ることは叶わないでしょう。本当に残念です。今年はもう、MAXクオリティのフロンターレのサッカーを見ることができなくなってしまったんですからねぇ…。リョータがいないフロ [続きを読む]
  • 第27節 ヴィッセル神戸戦 〜今さら言いっこなしですよ〜
  • 今日の感想。このスタジアムで試合見てぇぇぇぇ!!もう、これに尽きますね。メイン(バック)のアーチ状の屋根が映るたびに同形状のレベスタの興奮が蘇ってきて、無性にノエスタに行きたくなりました。というか、絶対に来年行く!神戸は僕の生まれた町なので、多少の土地勘もあるし思い入れもあるから来年絶対に行くと決めました。その決意を固められて、実に有意義な試合でしたね〜。は?試合内容?引き分けで勝ち点2落として、 [続きを読む]
  • サッカー観を変えてくれた博多の森
  • この記事はもうちょっと後に書こうかなと思っていたのですが、前夜の浦和戦の敗戦の動揺が広がってる今こそが頃合いだと思ったので、このタイミングで上げることにしました。みなさんが等々力でマリノスをボコる快感に浸っている丁度そのとき、僕は福岡のレベルファイブスタジアムでアビスパ福岡×愛媛FCの試合を見ていました。実は僕、恥ずかしながらフロンターレサポ歴18年にも関わらず、関東以外のアウェーには参戦したこと [続きを読む]
  • 呪縛
  • 言うまでもないことだけど、選手たちは自分たちの勝負弱さを自覚している。「自分たちは勝負弱い」という”呪縛”に囚われている。だから、勝負どころで縮こまってしまって拙いミスを犯す。一度ミスを犯してしまったらそれがトリガーとなって、選手たちの心の奥底に潜んでいる”呪縛”が発動する。そして、ここぞの試合を落とす。その繰り返し。この試合でも”呪縛”が発動するトリガーとなった出来事があった。前半38分の車屋の [続きを読む]