F さん プロフィール

  •  
Fさん: Fの戯言
ハンドル名F さん
ブログタイトルFの戯言
ブログURLhttps://ameblo.jp/baka-zoo/
サイト紹介文フロンターレの話題が中心ですが、AKB48の話題もたまに扱っています。
自由文フロンターレサポ(サッカーファン)とAKB48グループヲタ兼任の方、熱烈歓迎中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供141回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2012/03/10 21:10

F さんのブログ記事

  • 第27節 名古屋グランパス戦 〜圧勝宣言〜
  • 家にチケット忘れるという最悪のミスをしてしまい、前半の阿部ちゃんのゴールを見逃してしまいましたとさ…。みんな、忘れ物には気をつけようね〜。試合の総括ひたすら個人能力頼みで守る名古屋のDF陣を見て、郷愁に近い思いを抱いたのは僕だけではないのでは?(笑)3点目が入った後は、完全に心が折れたのか棒立ちになってる選手もチラホラと。試合終了後に倒れ込む姿を見ても、名古屋の選手たちは心身ともに疲弊しきっていた [続きを読む]
  • 車屋へのオファー報道も泰然自若
  • 神戸が川崎F車屋を獲得の意向、異例の早期オファー名古屋戦までの繋ぎ記事にはちょうどいい話題が来たな、と(笑)まあ、なるようになるんじゃないですかね?車屋って何考えてるかいまいち分からないので、ふらっと移籍しちゃったとしても何ら不思議じゃない(笑)逆に、思いのほかフロンターレに愛着持っていて「男気残留」も十分にある。個人的には、車屋からは海外志向や上昇志向をあまり感じないので、環境を変えたくないタイ [続きを読む]
  • 第26節 コンサドーレ札幌戦 〜『等々力祭』〜
  • 単に大量点が入ることを『等々力劇場』とは言いません。等々力劇場は、起死回生の展開にのみ適用すべき言葉です。しかし、この本当に久々に大量点を奪って勝った試合にも、なにか相応しいキャッチを付けてあげなきゃ気が済みません。それぐらい、スカッと気分爽快な試合だったので。というわけで、不肖わたくしめが独断で大量点を奪って勝った試合のキャッチを考えさせていただきました。題して、等々力祭!流行るといいな〜、『等 [続きを読む]
  • ルヴァン敗退について
  • フロンターレクオリティの前では、多少の有利など有利ではなく、むしろ不利でしかなかった、と(苦笑)まあ、心の準備というか、そもそも期待していなかったのでショックは微塵もなかったです。呆れはしましたけどね。だって、3失点でしょ?いくら味スタ開催で真のホームではなかったとしても、3失点はないわぁ〜。で、得点はまたPKの1点のみでしょ?攻撃サッカー(笑)って感じですね。なぜ下田を使わないのか?なぜ頑なに下 [続きを読む]
  • 第25節 ガンバ大阪戦 〜GO Sensational?〜
  • 点が取れなきゃ勝てない。以上、終わり。試合終わって、U−21の試合も見て、さあ記事書こうと思ったんですけど、別に特別書くことないなぁ〜って。だって、これまでも点が取れないことは何度も書いて来たし、格下相手にやらかすのもいつものことだし。そして、僚太が離脱するのもいつものことだし。ほら、もう書くことないじゃん(苦笑)試合の内容も、勝っても負けても大体同じだから、最近は本当に飽きて来ちゃってヤバイ…。 [続きを読む]
  • 【妄想】AKBに補強したいメンバー
  • Jリーグでは、中断期間に大型補強を敢行した名古屋が、中断前の最下位から一転、破竹の6連勝で見事に降格圏から脱出するというV字回復を見せております。手っ取り早く成績を回復させる方法としては、やはり補強が一番です。てなわけで、AKB人気がV字回復するための補強策を妄想してみました。補強は各グループから1人ずつ。合計5人です。ちなみに、引き抜かれる側の事情は一切考慮しておりませんのであしからず(笑)藪下 [続きを読む]
  • 第24節 ベガルタ仙台戦 〜勝てばオールOKの試合〜
  • 今日は幕張に行っていたので、等々力には行っておりません。なので、DAZN観戦レポとなります。今の僕にとっては、等々力の90分よりも、須田亜香里の20秒のほうが圧倒的に価値があったのです。ちなみに、1ミリも後悔しておりません。須田亜香里。マジで凄かった…。試合総括あんなクソ暑いなかで、しっかりと勝ち点3を取ったことを最大限に評価したいです。これで広島戦が、文字通り「6ポイントマッチ」になったのですか [続きを読む]
  • 『センチメンタルトレイン』のMV公開 〜さすが高橋栄樹〜
  • 『センチメンタルトレイン』のMVが公開されましたね。「未完成という名の完成」という感じです。これはこれで立派な完成品だなぁ、と。珠理奈の不在を絵コンテで埋めるという手法は、本当に秀逸の一言。そこに珠理奈はいないのに、妙に温かみがある…。これほど見事に「不在の在」を表現してくれれば、珠理奈推しの方々のやるせない気持ちも少しは晴れるのではないでしょうか。ドラマシーンの最後では、騒動の一因となった総選挙 [続きを読む]
  • 天皇杯 湘南ベルマーレ戦 〜守田INで激変〜
  • まあ、70点てところですかね。守田を45分使ってしまったことと、最後に僚太を使ってしまったことでマイナス30点といった感じです。サブ組の選手だけで勝ってたら100点でした。前半はミスのオンパレード。特に田坂と武岡は見るに堪えないレベルでした。長谷川もドタバタするばかりで、右のセットは完全に死んでましたね。逆に、左の学とラルフのコンビは、目だった連携こそ無いものの、個人でゴリゴリ湘南を押し込んでいま [続きを読む]
  • 第23節 サンフレッチェ広島戦 〜優勝戦線に復帰〜
  • 勝てば天国負ければ地獄の「6ポイントマッチ」を制したことで、本格的に優勝戦線に復帰しましたね。逆転勝ちも増えて来て、完全に追撃モード突入です。ウチは追っかけてるときのほうが強い。なので、このままラスト3試合ぐらいまでは、勝ち点1〜3差で広島に先行してもらいたいところです。そして、最後に差す。これが、理想の道筋ですね。試合総括序盤は広島の前プレスにミスを誘発されてヒヤヒヤしました。前から来るチームは [続きを読む]
  • 【なんでもトップ10】ルックスが好きなメンバー
  • 総選挙〜感謝祭と、一通りこの夏の参加イベントが終わりました。そして、48的にも取り立てて大きな動きはありません。なので、ネタがない!ネタがないときは「AKBをサッカーのシステムに当てはめてみたシリーズ」にかぎるのですが、それも一周回ってネタ切れ状態。だから、今回は妄想はしません。本音で勝負。ただ単に「ルックスが好きなメンバー」を、トップ10方式で書き出しました。10位 小嶋真子『AKBINGO!』 [続きを読む]
  • 第22節 サガン鳥栖戦 〜昨年の鹿島と同じ〜
  • サビがない曲を延々と聞かされた気分ですね(苦笑)時々あるんですよ、そういう曲。「で、この曲のサビってどこ?」みたいな(笑)まあ、今日はもう、試合の内容とかどうでもいいですよね?点を取れなかったから勝てなかった。それ以上でも以下でもないので。戦犯探しも不要。みんな戦犯なので。このままだと鹿島と同じ22節終わった時点で総得点は29点。1試合平均1.3点。このままのペースで行くと、最終的な総得点は44点 [続きを読む]
  • 第21節 清水エスパルス戦 〜結局最後は「家長劇場」〜
  • しょっぱなの一対一を悠が外して、直後に車屋のミスから失点したときは、正直「あ、勝てねぇーな」と思いました(苦笑)でも、そこから逆転してくれたもんだから、爽快感ハンパなかったです(笑)この感覚、本当に久々!(≧▽≦)2点目に風間サッカーの真骨頂を見た嫌な形で先制されはしたけど、それを引きずらずに前半のうちに追い着けたのが勝因だったかなと思います。あの同点ゴールの場面は、エリア内に4人入っているんですよ [続きを読む]
  • トップ下補強は意外に優先順位高め
  • カイオ・セザル登録名は「カイオ」になるのかな?Jリーグ史上何人目のカイオになるんだろ?(^_^;とりあえずYoutubeで動画を見たかぎりでは、中盤ならどこでもできるけど主戦場はトップ下って感じですね。ボランチでプレーしているシーンも多いけど、それはフォメが4−4−2だからじゃないかなぁ、と。なので、サイドよりもセンター適性が高い選手なのだと思います。プレースタイル的には、大柄な割にはテクニックがあっ [続きを読む]
  • 第20節 横浜Fマリノス戦 〜日和ったか、ポステコ?〜
  • あれ!?マリノス、普通のチームになってね???それがファーストインプレッションでした。CF、WG、インサイドハーフがそれぞれ5レーンを埋めて、両SBがハーフスペースに侵入してゲームを組み立てる。そんな最先端の攻撃サッカーが見れると思ってワクワクしていたのですが、目の前で見たマリノスは、どこにでもあるような普通のサッカーをするチームになってました。代名詞だった超ハイラインは見る影もなく押し下げられ、 [続きを読む]
  • 選抜総選挙感謝祭ランクインコンサート(2日目)に参戦して
  • 選抜に見事ランクインしたメンバーたちのコンサートということで、幸せなメンバーと幸せなファンたちがお互いの幸せを確認し合う、「多幸感」に満ち溢れたのイベントでした。悲喜こもごもの総選挙に対して、「喜」しかない感謝祭。素晴らしいセットですね。考えたヤツ、天才だな。いや、割とマジで、ク●運営が考えた中では、間違いなく出色のアイデアだと思うんですよね。たしか、3年前の「第一党感謝祭」が発端で、そのときに「 [続きを読む]
  • 第19節 浦和レッズ戦 〜補強の必要性に気付けた試合〜
  • セットプレーが絡まないかぎり2点は取れないと言ったでしょ?そんなチームが先制点を許したら、そりゃ勝てませんわ。「悠が決めていれば…」という意見も当然あるでしょうが、悠が決められないのも込みで2点は取れないと言ってるんです。昨年は奇跡的に得点王になりましたが、本来悠なんて”トーレスも真っ青の師匠系FW”だってことみんな忘れてません?というか、そもそも悠はセンターFWじゃないと何度言ったら…。興梠を見 [続きを読む]
  • さや姉、卒業発表
  • さや姉が卒業を発表しましたね。ついに来たか…、という感じです。「須藤の乱」から一年。後始末もあらかた済んだということで、このタイミングでの発表になったのでしょう。本来なら昨年卒業する予定だったところを、グループのために一年先延ばしにしくれたのだと思います。48Gヲタとしても、心の底から「ありがとう」と言いたいですね。しかし、いざ現実になってみると喪失感がハンパないですね…。NMBについては門外漢で [続きを読む]
  • 名曲をリメイクしてみては?
  • 僕が歴史好きになったきっかけは、ゲームの『三國志Ⅱ』でした。ゲームから入って、そして漫画の横山光輝の『三国志』を読んでどハマりという流れです。それ以来、三國志シリーズは全作プレイしています。信長の野望シリーズも、『天翔記』以降は全作プレイしています。そんな、僕の嗜好に多大なる影響を与えた両作品ですが、近年の作品はどちらもことごとくクソなのです…(-_-;もうね、回を重ねるごとにどんどんクソになっていく [続きを読む]
  • 【妄想】今のAKBをフランス代表に当てはめてみた
  • 「AKBをサッカーのシステムに当てはめてみた」シリーズ最新版です。ヒマなときは、この妄想ネタにかぎります(笑)。今回は、W杯で優勝したフランス代表verです。これがまた、意外とはまってます(笑)。フォーメーション選考メンバー【CF】 柏木由紀(かしわぎ ゆき)高身長でパフォーマンス技術全般が高いゆきりんは、まさにジルー。「師匠」と呼ばれる点も、まさにジルー。「とりあえず、ゆきりんさんをいじっておけ [続きを読む]
  • 攻撃的なサッカーに見栄えは関係ない
  • パスを小気味よく回すフロンターレのサッカーは、見栄え良く映るかもしれません。しかし、あくまでも見栄えがいいだけで、けして攻撃的ではありません。攻撃的という言葉は、ゴールを量産するチームにこそふさわしいのです。そう、あの関塚フロンターレのような…。GKと3バックだけ残して、あとは全員行って来いのサッカー。当時は「引かれた相手を崩せない」とか言われたものですが、いやいや、今よりもずっと引かれた相手から [続きを読む]
  • 2018総選挙総括⑥ 〜総選挙のプレミア化〜
  • もう1ヶ月以上たちましたので、総選挙の記事もさすがにこれで最後にします(苦笑)最終回は、総選挙改革についての提案です。今年の視聴率は、第1部(午後7時〜8時51分)が5.7%で、第2部(午後8時51分〜9時24分)が11.0%だったそうです。瞬間最高視聴率は、3位発表時の13.8%。一般視聴者は上位の順位にしか興味がない、と…。今さらですが、現実は厳しいですね(苦笑)。でも、現実から目を背けていて [続きを読む]
  • 第16節 コンサドーレ札幌戦 〜抗体あるから無問題〜
  • 久々にフロンターレの記事を書く気がします(^_^;てなわけで、待ちに待ったJリーグ再開です。懸念だった”リセット病”は発症せず。既に1週間前の天皇杯で発症済みなので、抗体ができていたのでしょう。・・・インフルか(笑)総評としては、全員球際の強度、意識ともに非常に高く、これは確実にW杯の影響だなと思った次第です。ATの失点直後も受けに回らず、前から徹底的にプレッシャーを掛けにいった姿勢も素晴らしかったで [続きを読む]