toptosh さん プロフィール

  •  
toptoshさん: Gambanian Waltz(ガンバニアン・ワルツ)
ハンドル名toptosh さん
ブログタイトルGambanian Waltz(ガンバニアン・ワルツ)
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/toptosh
サイト紹介文2017年☆ビッグになる為のホップステップジャンプが始動する年。仕事も家庭も、ガンバも!♪
自由文謙虚であること、そして学ぼうとする向上心。
プライベートも仕事も学業もサッカーもみな同じだと思います☆ さぁ、ファイト♪ヴィバ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2012/03/11 00:26

toptosh さんのブログ記事

  • ニアンの久言(仙台戦・H)
  • 【だめよ〜ダメ、ダメ!】監督退任発表から予想通り時がピッタリ止まったかのようなガンバ。同じく相当前に遡ってから時が止まったかのようなギャグで綴ってみました。 そう言えば、10戦勝ち無し? U-22も含めればどれだけ勝てない試合をサポ・ファンは見せられているのでしょうかね。 試合後の勝利の美酒を・・何カ月飲めずにみんなは過ごしているのでしょうか? 私は飲まなくても全く問題ない体質ですのでそこは大丈夫です [続きを読む]
  • ニアンの一言(ルヴァン杯準決勝1stーC大阪・A)
  • 【初物尽し】引き分けて喜んでちゃ世話ないですね。アウェイゴールはそれなりに意味は持ちますが3−2で勝ってホームで1失点するのと差があります。逆に遅い時間に1点取られると焦る展開になるので0−0で時間が過ぎるのが一番怖いですね。 もう一山はどうやら川崎が上がってきそうです。(こちらは1−0でOKなので)セレッソもそうですが川崎も何であろうがタイトルを獲って欲しくないチームなので是非とも勝ち上がって夢を [続きを読む]
  • オール読物:ガンバプロパガンバ
  • 【タオルを投げる人が居ない】なんかこの前会社の裏で〇〇選手見ました。・・ 意図しない場所でよく選手を見かけます。まぁ、それはおいといて・・・さて、予想は出来たとは言え今のこの惨状。 何とかしようにも我々ファンはただ見守るだけ。 良い時も悪い時もです。でも、今どういう状況なのか?何故そうなのか?の認識はしておくべきだと考えます。ボクシングで例えると今チームはサンドバック状態で目標も少し先の展開も見え [続きを読む]
  • 代表プロパガンダ(W杯出場決定)
  • 【繰り返すなかれ・過去の失態】この1−2週間で色々ありましたね。日本代表のW杯出場、そしてその消化試合、長谷川監督の今季限りでの退団等々。 その中でもやはり一番のニュースは日本がW杯の出場権を取ったことですね。 ホームで最強のライバルに勝っての祝宴・・結果として良かったと思います。ハリル監督も協会やマスコミ等との色々な絡みに辟易(多分したと思う)して遂には解任の危機まで迎えた中でやっと開き直って自 [続きを読む]
  • ニアン雑感(ルヴァン杯神戸戦・H)
  • 【ルヴァンルヴァン〜♪・・あり?】タイトルは必須の我がガンバ大阪は今宵ルヴァン杯準々決勝で神戸をホームに迎えて戦いそして・・勝ちました。 準決勝はホーム&アウェイのレギュレーションでC大阪との対戦になります。いつもの一言節では無く雑感を書く感じで参りたいと思います。**ガヤさんってひょっとしたら今季J1相手に未だ無失点を続ける唯一のGKじゃない?**それに気付いた瞬間(後半序盤)には失点する気が全 [続きを読む]
  • ニアンの遅い一言(鳥栖戦・A)
  • 【新旧布陣の狭間で】実はニアンこの週は海外出張でしたがこの試合は休みも独りの時間も合致したのでDAZN視聴できました。(方法はまぁ・・いいとして)思えばホームの鳥栖戦で首位に立って今季最高(現在までで)の気分を味わうことが出来ましたがその後ダラダラとチームも後退していきましたね。鬼門のアウェイで今回同じ相手に快勝したこの機会がガンバ復活の最後のチャンスになると思います。優勝は正直厳しいとは感じますがA [続きを読む]
  • ニアンの閑話休題(改革出来てません)
  • 【范雎でも難しそう】先ずは衝撃のデータを考えてみて下さい。あまりデータ一本槍で重視するわけではないですが。。一考の価値ありです。今季リーグ戦の負けは全て0封だったということは前回お話しましたが、では特に前半はどうなのか?と絞ると・・先に断りますが、ACL、天皇杯等、またオウンゴールも除きます。なんと、もう三カ月、11試合も前半に得点無しです!5月20日、首位に立った鳥栖戦を最後にオウンゴール以外に11試 [続きを読む]
  • ニアンの一言(改革)
  • 【張儀の改革に変更!!】無理無理、所詮近代人には商鞅の清廉で徹底された厳しい改革など無理なお話で、、こういう緩衝的な状態であるならば寧ろ少し時代を進ませて張儀による状況に合わせたカウンター志向の改革が良いと思います。商鞅的改革は監督も行っています。 遠藤外しもしましたし、今日の試合では市丸というニューフェィスもデビューさせましたし、3バック回帰も垣間見えました。 監督はお尻に火がついて必死の改革を [続きを読む]
  • ニアンの一言(甲府戦・A)
  • 【商鞅の改革・苦難の連続】アウェイの甲府戦でまたまた零敗しました。まだまだ21節です♪ファイト☆ でも、この21節時点でニアンは優勝はもう無理だと感じました。下位に負けたり勝ち切れない試合が多すぎますし、ここまで3連勝さえ1回も無いチームがこのまま優勝出来るとはとても思えません。また0封される試合の多さもタイトル獲るチームらしくありません。ただ改革は始まったばかりでありますので何とか中位あたりはキープし [続きを読む]
  • ニアンの一言(C大阪戦・H)
  • 【商鞅の改革始まる・ミラーダービー】誰が大阪? 俺達が? 君達が? いえ、その両方以外の大多数の人達が*大阪*です^^)でも、ダービーが出来るというのは幸せなんじゃないでしょうか。 セレッソとの戦いは観客やサポ、選手やスタッフの盛り上がりを見ているだけでも気分が高揚します。 相手は首位と改革が成功しているチーム、ガンバも慣れ合いに突入した浦和や大宮等の状態にならない為にもしっかりと改革を断行しなが [続きを読む]
  • ニアンが繋ぐ一言
  • 【商鞅の改革こそ肝要】御久し振りです。 3連勝でもすれば気持ちよく書こうかなと待ってましたが・・連勝どころか無得点で連敗したこの今こそチームの改革を断行すべきです。今の時点での成績では監督交代という選択は無いと思うので・・中国春秋戦国時代に於ける大秦帝国の礎を厳しい法統制で築き上げた商鞅(衛鞅)の様な人物が欲しいところですね。何事にも縛られず、どのようなシガラミにも屈せず誰にでも自ら草案した法を徹 [続きを読む]
  • ニアンの一言ダス(鳥栖戦・H)
  • 【優勝候補はそこにいる】そうダス、首位ならば優勝候補ダス。2015年から首位に立ったらこの一言で景気づけするつもりでしたが・・2年半もかかるとは・・ガンバ首位の歴史も長く更新されていらっしゃらなかったんだろなと。勿論未だ12節であり勝ち点差1ゲームの間に5チームも混在する激戦状態ですからACLの惨敗も踏まえまだまだチームには改善と向上をすべき点や反省点が少なくないことは皆様の目にも明らかですから期 [続きを読む]
  • ニアンの一言です(札幌戦・A)
  • 【ハァーッハァーツハァーッ・ビューディホー・ル〜ゥプー】すいません; あまりの苦戦に気の利いた一言が思い浮かびませんでした。藤本はガンバで初の得点ですね。(J3では得点ありますが)勿論今まで惜しいシュートは沢山ありましたが力みがあるというか思い切り蹴ってたのが入らなくて、力を抜いたシュートがゴールインしちゃう。技術の選手ですね、彼は。尊敬するデーラン様の言葉を借りれば、この試合にこの選手ありに登録 [続きを読む]
  • ニアンの溜めた溜めた一言二言三言 (ガンバ6戦)
  • 【お膳立てにちゃぶ台返しで応える今年のガンバ】前回の更新からまた間が空いてしまいました・・・しかしこれはただ忙しいからだけでなく、その後のガンバの「やるんだ」という気持ちを見守る意味もありました。いや、特にそれもなかったかも;汗結果: 6試合 − 2勝1敗3分け。 13得点8失点 リーグ3位、ACLグループリーグ敗退。どうでしょうかねぇ、少なくともやり切った感はありません。 お膳立てとしてリーグで [続きを読む]
  • やるんだ!という気持ち
  • 【やっちゃえ!にっ・・ガンバ♪】あれですね。またパクリかけましたが;。。 あれは遡る事32年ほど前? ある営業係長のミーティングでのお言葉。。「あれやねぇ、その・・やるんだという気持ちを ねぇ。」 10回以上はワンミーティングで仰っておられました。何言うとんのやら・・と思っておりましたが今数十年の時を経て、自分がこの意味不明なことばを心中叫ぶことになろうとは♪(書いてる時点で心中とは言えないですが)今 [続きを読む]
  • ニアンの一言(新潟戦・アウェー)
  • 【今野ロスをしたのは2トップ】再逆転で無敗を守ったこの試合、代表試合の為中断して休養たっぷりとは思えない程戦術が練り込まれていないガンバに少し不安を感じましたね。今野の位置に井手口を配して臨みましたが2人のタイプはかなり違っていてその分周りの選手も少しずつ感覚と戦術理解がズレてしまった試合になりました。 勿論、勢いよろしく早い時間に先制出来た事と最終的に勝ち点3を持って帰れたことは評価したいと思い [続きを読む]
  • 代表プロパガンダ(タイ戦・ホーム)
  • 【はっぱ〜かけたげる】十戒 : 中森明菜ですね^^ この歌詞の雰囲気がぴったりな試合でした。皆さまも4−0という結果は別にしてストレスの溜まった試合ではなかったでしょうか。 これは理由があると思います。先ず、タイは殆どW杯へは届かない状態で何を考えて試合に臨んだか? 「一発やってやろうぜ!」と思っていたと考えられます。 予選敗退は覚悟の上で現況最高に注目される試合で、素晴らしいピッチで、重圧から解 [続きを読む]
  • 代表プロパガンダ(UAE戦・アウェー)
  • 【いつ見ても今野・どこ見ても今野】今野・こんの・コンノ・KONNO・・・ガンバファンなのでチームの選手が出るとどうしてもその動きと所在に目が行くものですが、この試合は多分全ての人達にとって今野選手の姿がまるでオートマチックに視界へと入ってきたことでしょう。これは相手であるUAEの選手にとっては更に身近で感じたと思います。マッチアップが多かったオマル選手は勿論のこと、この日ピッチに立っていた全員が「 [続きを読む]
  • ニアンの一言ですか(浦和戦・H)
  • 【男は代表選出の理由を知っていた】悔しい引き分けでしたね。ホームでロスタイムにPK取られる事ほど切ないものはない。西村審判は結構ガンバに厳しい記憶があります(割と公平に考えて)。 最後の攻めくらい完結させてくれればなぁとも思いました。それでも試合は(特に前半)浦和に握られっぱなしでしたし、相手のシュートの精度と落ち着きの無さにも助けられました。後は結構慣れてきた3バックの布陣は今日もそこそこ形になっ [続きを読む]
  • 世界を驚かせろ!☆Quadruple☆2017
  • 【ガンバ大阪というなら】ガンバ大阪を名乗るなら、半端な成績では物足らないですよね。そう、資格が充分でない人物を監督に据えようとしたり、それが叶わないとなるとその人物が懇意にする人物を監督に据えたり。リーグ最多得点で降格したり、昇格即三冠達成したり。その昔は打ち合い上等取られたら倍返しのスコア的スペクタクルなチームであったり、アウェイに滅法強くて無敗でアジアを制したり、CWCでも世界一のクラブチーム [続きを読む]
  • 塩分取り過ぎて血圧上がりますよガンバさん。
  • 終戦(Shu-sen)ん〜、今期は塩試合でお腹いっぱい☆まぁ、もっと(2−3ヵ月)くらい前から感じていましたが、今日は形として今季の終戦を感じました。 勿論、首位が負けたので勝ち点差は拡がりませんでしたが。1.ダブル食らうチームが多い。2.完封されるゲームが多すぎる。3.日本人監督特有のピントが外れた采配と選手に対する扱いが顕著。4.試合序盤から技に走ろうとして緩慢で先制機逸失する勿体ない試合が殆ど。5. [続きを読む]
  • ニアンの一言(広島戦・A)
  • 【アクチュアルプレータイム上位同士で5分のAT】ガンバが広島に3−1で勝利しました。 魅せる試合が常の両チームの対戦で5分のアディショナルタイムは長いなぁ。。と先ず思いましたが最後AT4分で失点、クリーンシートを逃しました。 まぁ有力チーム同士、人気チーム同士、ダービー、優勝・降格が絡む試合はお約束でそうなるのも無理はないですね。それではニアンの一言、試合毎のニックも交えていきますか☆ MOM候補 [続きを読む]
  • 交代選手の見える化(5月21日広島戦)
  • 広島・森崎の400試合を飾るか?遠藤の100得点が生まれるか?去年の1位2位の対決は見所満載でしたが暑さの中両チームは質の高い戦いを繰り広げました。決める場面で決めないと流れが変わり決められるとよく言われますが、あれだけ決めるべき選手が決めるベき場面で決めきれないと、決めれるのか決めれないのか決められるのか・・・舌噛みそうです;。。パトリックと宇佐美は何だかゴールの女神に見捨てられたかの如く外しま [続きを読む]
  • ニアンの一言(磐田戦・H)
  • 【下げるな!のブーイングで覚醒】こんにちは、ニアンです。 ガンバファンなら誰しも持っていた思いがうねりとなりチームを鼓舞させました。 またもや失点から始まったゲーム、前半終了まで起こった「下げるな、攻めろ」の静かめなブーイングがDFラインに届いたかの様。それではニアンの一言いきますか? 今回よりその試合でのニックを交えながらお届けします。MOM候補は遠藤・パトリック・米倉・岩下です。GK東口:5.0 [続きを読む]
  • ニアンによるガンバの新企画スタート!!
  • お待たせしました♪ このサイトの名物企画と言えば御存知【ニアンの一言】開始当時からなかなかの好評企画で毎試合の選手・監督評価を中心に試合の雑感を思いのままに綴る読み物☆ でも、まぁ、これはパクリなんです。 選手評価というのはどこのチームのファンもやってはいますが、この企画は雑感の一言に洒落を利かせて断じる清々しさに惚れ込んで自分のサイトにも取り入れたものです。 ガンバファン、ガンバネトラーなら全員 [続きを読む]