宙海 さん プロフィール

  •  
宙海さん: ぐるぐる
ハンドル名宙海 さん
ブログタイトルぐるぐる
ブログURLhttp://guruguruikuyo.blog.fc2.com/
サイト紹介文関西を中心に回っています。
自由文主に神社仏閣を道に迷いながら「ぐるぐる」と回ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2012/03/11 14:05

宙海 さんのブログ記事

  • 志磨神社 (和歌山 和歌山市) 其の壱
  • 2014.10の訪問の記事になります。娘と2人でのお出かけです。実は駅前で自転車を借りて回るつもりが借りたいのは全てレンタルされていました。電車だと本数が少ないので、どうしようか悩んでいるとレンタサイクルの受付の方に今回、参拝した神社は歩いて行けるよと教えてもらい、徒歩で行くことに。なので、今回は1社だけのお詣りになってしまいました。時間も時間だったので、kitchen&cafe みつばでランチしました。ランチの様 [続きを読む]
  • 日本映画発症の地など (京都)
  • 染殿地蔵院からお次はずっと行ってみたかったお店ソワレに行ったのですがお休みでした(´・ω・`)実はソワレさんには2回ほど足を運んで、1度目は臨時休業2度目は定休日が変更になってどちらもお休みだったのです。ソワレさんとは縁が無いのかと思っていましたが、実はこの間京都に行った時にやっとお店に入れたのですが、それはいずれまた、ご紹介したいと思います。がっかりした私にある場所に連れて行ってくれると言うので、 [続きを読む]
  • 染殿地蔵院 (京都 中京区)
  • 大変ご無沙汰しています。家の事で色々ありまして、なかなか更新出来ていませんでした。なるようにしかならないですから、前向きに頑張っていこうと思っています。さて、かなり開いてしまいましたが誠心院からお次は染殿地蔵院京都府京都市中京区新京極四条上中之町562↑ すると大きくなります。少し葉っぱが被っていて、読みにくい所があると思いますが、すみません。808年に弘法大師空海によって創建文徳天皇の皇后藤 [続きを読む]
  • 矢田寺 (京都 中京区)
  • 天性寺からお次は矢田寺京都府京都市中京区寺町通三条上ル523↑ で大きくなります。光が入って読みにくい所があります。すみません。この日は写真をあまり撮影してなかったみたいで、送り鐘の写真を撮っていませんでした。いただいた御朱印 [続きを読む]
  • 本能寺2 (京都 中京区)
  • またまた、大変ご無沙汰しています。また広告が貼り付いてしまいました^_^;久々にPCの電源を入れました。頂法寺(六角堂)の続きからになります。次にむかったのは本能寺です。京都府京都市中京区寺町通御池通下ル下本能寺前町532ご本尊 三宝尊前回、訪問した時の記事はこちら→ ★いただいた御朱印前に訪れた事があるからとあまり写真を撮影していなかったみたいです。まだ、2014年の訪問の記事です。頑張って更新していか [続きを読む]
  • 頂法寺(六角堂) 其の壱 (京都 中京区)
  • 越後神社からお次は紫雲山頂法寺(六角堂)京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町ご本尊 如意輪観音いけばな発祥の地だそうです。↑ すると大きくなります。少し読みづらいと思います。すみません。水口本堂の六角堂ここへ来る前に六角堂の西隣のビルのエレベーターから六角堂を見てきました。エレベーターに誰も乗っていなかったので、写真撮影しました。上から見ると六角になってるのがわかりやすいですね。へそ石門前の [続きを読む]
  • 京はま稲荷大明神 (京都 中央区)
  • 2014.7月のお出かけの記事になります。この日、猫舌さんと一緒にお出かけです。約束していた場所がどうも天候が良くないようなので、アーケードのある新京極にしようと言うことになり、周辺の地図を見ていたら、大丸の裏に京はま稲荷大明神を見つけたので、電話をして「京はま稲荷行かへん?」と言うとなぜか猫舌さんが行かないとか言い出したので、えっ?行った事ない神社なら、絶対行きそうなのにおかしいし、何か話が噛み合わな [続きを読む]
  • 豊秋津神社 (和歌山 田辺市) 其の壱
  • 春日神社からお次は田辺市に走りずっと行ってみたかった秋津野ガルテンと言う廃校を利用した施設に入っている農家レストラン『みかん畑』で、スローフードバイキングランチをしました。お野菜のメニューが色々食べられて、地元産のみかんジュースも飲めて、千円でおつりがくるので、かなりお得だと思います。ランチをした時の記事はこちら→ ★施設内は自由に見学出来ます。ランチと施設見学を楽しんだ後は豊秋神社和歌山県田辺市 [続きを読む]
  • 春日神社 (和歌山 西牟婁郡)
  • 日本童謡の園と旧エビとカニの水族館の続きからです。お次は江須崎島へこういう道で繋がっています。すさみの海は澄んでいてとっても綺麗です(*´ω`*)島まるごと天然記念物になっています。島の入り口に鳥居春日神社和歌山県西牟婁郡すさみ町江住155番地(江須崎)御祭神天児屋根命社号標鳥居をくぐるととても静かで波の音しかしません。空気がいっぺんに変わります。少し行くと階段があり、登っているとカニが横断したりしてい [続きを読む]
  • 日本童謡の園と旧エビとカニの水族館
  • 2014年7月のお出かけの記事になります。7月は私のお誕生日と言うことで、ダンナが何処かへ連れて行ってくれると言うので、自分ではなかなか行かない和歌山のすさみの方へ連れて行ってもらいました。まず訪れたのが日本童謡の園和歌山県西牟婁郡すさみ町江住童謡のモニュメントがあり、近づくとメロディーが流れます。こちらは「まりと殿様」こちらは「お花が笑った」この他にも「鳩ポッポ」など計10曲のメロディーを聞くことが [続きを読む]
  • 坂本ですが?阪神電鉄&西宮市コラボ2
  • 坂本ですが?阪神電鉄&西宮市コラボ1の続きです。鳴尾図書館からお次は次は第4話であっちゃん達が落とし穴を掘った公園のモデルだろうと思う公園地図が詳しくないので、多分、ここかな?と思います。違ったらすみません(^_^;)次も多分ここだと思われる第6話の石蹴りの話で、坂本くんが斜め走りをしながら、石蹴りをしたと思われる場所はこの先の方だと思います。わかりにくと思うので、参考に駅のパネルの画像県立学文高校のモ [続きを読む]
  • 坂本ですが?阪神電鉄&西宮市コラボ1
  • 本当は2014年の神社仏閣の続きを更新しなくちゃいけないんですが、坂本ですが?のコラボ「阪神電車ですが?」が2月15日まで、「西宮市ですが?」が3月31日まで、やっているので、先にこちらを更新したいと思います。西宮でスタイリッシュなのに、阪急じゃなくて、阪神?と突っ込んでしまいましたが(笑)娘と一緒に巡ってきました。一緒に神社仏閣も巡ろうと思って調べていたのですが、私が寝坊しちゃうし、電車が遅れるしと、いつ [続きを読む]
  • 生国魂神社の干支朱印
  • 神社仏閣巡りは巡った順に、ご紹介しているのですが、未だに2014年辺りをやっています(^_^;)でも、1月限定の干支の御朱印をいただいて来たので、今回は先にそれを更新したいと思います。行って来たのは、毎年行っている生国魂神社です。拝殿御朱印帳干支の御朱印以前の記事はタイトルから→の先の★を したら、その記事が読めますので、興味のある方は覗きに行って下さると嬉しいです。大阪七福神めぐりに行こう! 寄り道 [続きを読む]
  • 藤並神社 (和歌山 有田郡)
  • 間が開いてしまいましたが廣八幡神社から次に向かったのは藤並神社和歌山県有田郡有田川町天満722番地御祭神菅原道眞朝臣 水主神額鳥居は帰りに撮影するつもりで、忘れてしまいました(^_^;)ここは以前お詣りしたことあるので、興味がありましたら以前の記事がこちら→ ★牛さん水口泣沢女古墳↑ すると大きくなります。頼めば中を見学させてもらえます。以前来たからと写真の少なさにビックリしました(-_-;) [続きを読む]
  • 今年もよろしくお願いします。
  • 寒中お見舞い申し上げます。年末年始は色々ありまして、新年の挨拶が遅くなりました。今年もよろしくお願い致します。昨年もあまり更新出来ずにいましたので、今年は頑張って更新していこうと毎年思うのですが、実現出来ていません(^_^;)こんな亀更新のブログですが、見に来て下さってありがとうございます。無理せずに更新していきたいと思っています。こんなブログですが、よろしくお願いいたします。写真は去年、庭のさくらんぼ [続きを読む]
  • 廣八幡神社 (和歌山 有田郡) 其の四
  • 其の参の続きです。↑ で大きくなります。↑ で大きくなります。↑ で大きくなります。↑ で大きくなります。実はここへ来る前に男山焼き会館へ行ってきました。↑ すると大きくなります。ここで、男山焼きの狛犬さんが展示されることがあったそうです。そこで、↑の木製や男山焼きの狛犬さんが公開されることがあるのか宮司さんにきいてみると、木製は公開されることはないと言うことでした。 [続きを読む]
  • 廣八幡神社 (和歌山 有田郡) 其の参
  • 其の弐の続きからになります。天神社拝殿天神社神明社法華経全部一字一石塔「法華経」の書かれた石が埋められた上に建てられた塔下の亀の自分が治したいと思っている体の部分に触ると治ると言われているそうです。仮殿(左)彌廣八幡神社彌廣八幡神社額五島石福石五島石福石福石の方が五島石より大きいです。ようこんな物持ち上げたなってぐらいです(笑)触ると福があると言われているそうですよ。長くなるので、時間に続きます。 [続きを読む]