はつさくら さん プロフィール

  •  
はつさくらさん: 安井酒造場のひとこと日記
ハンドル名はつさくら さん
ブログタイトル安井酒造場のひとこと日記
ブログURLhttp://hatusakura.blog.fc2.com/
サイト紹介文滋賀の小さな小さな造り酒屋の5代目の嫁日記。笑顔がこぼれるうまい酒『初桜』です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2012/03/12 20:02

はつさくら さんのブログ記事

  • いつものアレは
  • 冬季オリンピックが盛り上がっています。羽生くんが金メダルやったで〜と知らせてもらったのはお客様からでした勇姿をタイムリーで見たかったのですが今日は田村神社厄除大祭のテントで出店させてもらっていました。道の駅ではテレビの前で皆さんがかじりついてご覧になっていたようです。年末に完売したにごり酒も搾ったばかりの玉栄で何とか間に合わせることが出来ました。テントでストーブにのせたお鍋で温めるワンカップの燗 [続きを読む]
  • 腰は要です
  • 搾りのタイミングを待つ間に杉玉を作りました。久しぶりだとやはり丸く刈り込むのが難しいです。杉のせいでくしゃみが出て、それが腰にひびくのなんの・・・そして今日はやっとのこと玉栄を搾っています。続くモロミはやっぱり遅れていてタイミングはまだ分かりかねます。このところ腰の痛みがひどくなってきて仕事も間に合いません。毎日がガマン大会心が折れそうになります。・・・迷惑かけてすんません。この前いただ [続きを読む]
  • しばし
  • オリンピックが始まりました。が、搾りは始まっておりませんもう少し時間がかかりそうです。にごり酒を買いに来てくださる方や酒粕を買いに来てくださる方に大変お待たせして申し訳ないのですが・・・そして今週末からの毎年恒例の田村神社厄除け大祭にもいつも通りの物が持っていけるか大丈夫やろか?酒蔵の米こうじで作る甘酒を家でも作りたいとの声に試験販売します。麹を真空パックしてもらいパッケージを書いたり普段出来 [続きを読む]
  • やさしさにつつまれて
  • 蔵の気温はずっと2度台、仕事場も1度台底冷えする土山です。立春を過ぎましたが 春はまだまだおあずけですね冷え込みが厳しいのでモロミちゃんにも暖をとります。保温シートの中身は電球やさしいやさしい暖かさです。保温シートをもう一枚着せました。この2本のモロミは山田夫婦? どうぞどの子も健やかによろしければポチっと応援お願いします [続きを読む]
  • 29BY まずは
  • 蔵の気温もここ数年にない低温で管理に苦戦しているようです。今朝はとうとう『甑倒し』を迎えました。 今季の仕込みがすべて終了、文字通り甑を倒します。最後の仕込みは日本晴50%精米の『天晴』あっぱれほんの少量の仕込みです。今日は蔵人メンバー2名本仕込みと搾りの時期には1人か2人に来てもらっています。4人揃うのは蔵入り前と甑倒し、そして皆造祝いの時です。でも皆さんお茶農家さんなので普段はガッツリ交流があ [続きを読む]
  • おそるべし
  • ほんまに寒いです。昨日はみずかがみ、明日は山田吟次郎の留め仕込みです。 まさに寒仕込みのまっ最中酒母のなまこ泡 べっぴんさん 立春ももうすぐ節分といえばコンビニ、スーパーには恵方巻きの垂れ看板が大きくぶら下がっていますね。この前、お習字教室の保育園の年長さんが  「夜早く寝ないと鬼から電話がかかってくるねん」  「パパも寝る前に歯磨きしないから鬼から電話がかかってきてん」そんな事を言うので私はチンプンカ [続きを読む]
  • おおさむぅ〜
  • 今日は大寒仕込みも最盛期であります。玉栄の留め仕込みでした。本仕込みは放冷機の出番甑・放冷機・仕込みタンクに各一人の3人体制です。お茶農家さんのメンバーは4人うち2人に出番を調整して来てもらっています。放冷機とシューターでかなりの時間と労力が軽減され最少人数で仕込む事がかないます。それに信頼出来る蔵人さんに恵まれた事今季は大きなトラブルも無くスムーズに進んであと10日程で仕込みも終わる予定です。 [続きを読む]
  • 復活
  • インフルエンザが猛威を振るい始めました。蔵人さん1名、残念ながらダウン明日からの本仕込みに久しぶりに来てもらえる予定だったのですが完全復活されるのを心待ちにしています。これまで甑の蓋から蒸気を入れていましたが今年から蒸しを変えました。義父によると昔はこうして蒸していたのになぜか蓋を購入、それから上下が変わったんやそう。モヤシもちょっと変わったり杜氏も胃炎から復活ご機嫌さんです今月末までの仕込み [続きを読む]
  • ルーティーン
  • どこの蔵元も本当に仕事場は底冷えします。毎年の仕込みの時期は主人は首から下は一式ユニクロ店員さんにも負けてません。特にブロックテックのパンツが秀逸やそうで蔵人さんが揃えばユニフォームは白のフリースやし下着も靴下もやからいっそユニクロチラシのモデルさんにしてもらったら今日の玉栄の酒母山田錦の酒母明日は日本晴の酒母を立てます。今季から山田錦も滋賀県産になり、扱うお米は全て滋賀県産です。昨年末の新 [続きを読む]
  • パンイチの場所
  • 4日より再始動しております。手書きの伝票や裏張りに押す日付スタンプも30年見慣れるまでもう少しかかりそうです。昨日は玉栄の酛立て、それと山田錦の酛麹を。昨日は蒸し米に麹菌を振りぬくぬく布団を何枚も掛けてやります今朝は布団を全部はがしますブンジでバラバラに分けさらに手で荒くほぐしますさらに切返機に投入します内部はこんな感じすっかりパラパラに細かくなりましたいくつかの麹蓋に分け、しっかり [続きを読む]
  • ゆるりと
  • 新年明けましておめでとうございます。お店は三が日完全にお休みをいただいております。今日は安井家大集合両親と5人兄弟姉妹とその家族大人数だと食べる物やお皿に至るまで準備も大変ですが楽しさも数倍、あっという間のひと時です。今年も揃って新年を迎えられてほんまに有難いです。ひとり居ないのは茅ヶ崎に居てる息子のみ。なにを食べてるんかなぁ?3兄弟  ますます似てくる・・・義父にも似てくる・・・主人も大分弱 [続きを読む]
  • 簡単ではございますが
  • 今年も残すところあと1日となりました。仕事納めの明日まで、まだまだ気は抜けませんし一年で一番お客様でお店が賑わいます。改めて年の瀬を実感しております。そして本日、最後のにごり酒がお嫁に行きました。目まぐるしいスピードで一年経ちましたがたくさんのご縁をいただきました。初桜を支えていただきました皆さまに心より感謝しもっともっと愛される初桜をめざして精進してまいります。来年もどうぞよろしくお願い致しま [続きを読む]
  • アメとムチ
  • クリスマスはここ数年は夫婦ふたりプレゼントもなければチキンもありません。配達に出かけた主人がめずらしくケーキ屋さんの紙袋をさげて帰ってきました。小さなホールケーキとショートケーキを5個えらい奮発してくれてでもここはホールケーキだけで良くない?・・・ふたりやで・・・おかげでひとり食べ放題な2日間でしたこの時期は一年の締めくくりの大仕事準備するのは包装紙と輪ゴム蔵ごとにやり方は違うようですが、 [続きを読む]
  • 洗瓶日和
  • 洗瓶は外でしいています。暑い日でも寒い日でも、少々の小雨でもそんなことはおかまいなし。詰めなきゃならない時には、洗わなきゃなりません。今回は洗い瓶をゆすぐので楽なんですが回収瓶を洗うとなると、レッテル剥がしから始まるので手間は倍になります。すべては井戸水を使用しています。なので使いたい放題。ありがたや・・・茶瓶は上撰でこれからお宮さんなどへの献酒用に詰めていきます。このアングルは蔵人さんに教わ [続きを読む]
  • 土山のにごり酒
  • 季節限定でたくさん出ているにごり酒も蔵ごとの味わいです。初桜の新酒にごり酒は特に地元の方に愛されています。この字は主人のおじさんに書いてもらいました。《にごり》と書くのは結構難しいんですよね亡きおじさんもいくつも書いて難儀したと仰っていました。初桜のにごり酒は濃度がありとろみが自慢です。この字はぴったりだし気に入ってずっと使わせてもらってます。一旦品切れになり第二弾を詰めました。少しの量しか作れ [続きを読む]
  • みてる?
  • あったかぁ〜い湯気ホカホカのものが今のご馳走です。体も心も温まりホッとしますね。この冬初めての雪が降りました。前から一緒に並べてみたかったんやわ。頭の帽子にお猪口を探すもええ塩梅のが見つからず湯呑みと清酒グラスで。蔵での作業は『一引き(いちびき)』タンクの新酒は底に澱(おり)が溜まっている状態です。上の呑み口から澄んだものを他のタンクに移し替えます。タンクの中は・・・お酒はこんな色、透明で [続きを読む]
  • 29BY新酒
  • お待たせいたしました。新酒発売です。やはり新酒を蔵出しする時は超多忙ですが嬉しいものです。ちょっとお疲れな表情の杜氏ですが本当は二日酔い・・・今日までで前半を一旦終了し、年明けすぐから後半戦に突入後半は特定名称酒 吟次郎・百恵・玉栄などを仕込みます。朝一番に粕剥きをしてから早速に槽の掃除酒粕は詰めなあかんし新酒の配達やら発送やらとうれしい悲鳴。佐瀬やんはキレイさっぱりに洗ろてもらってホッ [続きを読む]
  • ブレてないっす
  • 今年仕込んだ4本目を本日上槽しました。特定名称酒は中汲みを各100本(これだけ)今回の純米 晴(はれ)も先に瓶詰めしました。搾りの具合によって、おりがらみの具合も変わります。佐瀬式しぼりの無圧無濾過袋の重みだけで生まれた新酒ええとこどり一緒に瓶詰めしてもらっているカメラが趣味の蔵人メンバー中村さんに撮ってもらいました。それにひきかえもう一枚をお願いした杜氏の写真・・・ありゃりゃ写真の撮り方を教わっ [続きを読む]
  • チュ〜いしましょ
  • 本日2本目の上槽です。1本目の酒粕を必死に詰めました。次から次へと搾れると慌てて詰めなければたまる一方でお買い上げいただいたお客様にも差し上げております。詰めた酒粕は冷蔵庫に保管扉を開けるとフルーティーなすこぶる良い香りがします。昨年まですぐに取り出しやすい様にケースに入れてまとめて出入り口の隅に置いていました。が、移動するときに一番下のケースに異変が。ケースの端が欠けていたのです。よ〜く見ると [続きを読む]
  • 笑顔がこぼれるうまい新酒2017
  • いよいよ誕生の時を迎えました。木槽しぼりのはじまりはじまり29年酒造年度の初しぼり 佐瀬式木槽(させしききぶね)親しみこめて佐瀬やんと呼んでいます。モロミ様 ここまでお疲れさんでした!さぁ 今季最初の袋積みはゴールデンコンビです(吉田さんと杜氏)蔵元杜氏になりたての時期に支えてもらった吉田さん頭に血が上るし、なんといっても腰・腰・腰 およその一定量を袋に詰める簡単なようで実は熟練の技が必要 [続きを読む]
  • 怒られて伸びる?
  • 11月最終週もあとわずか。4本のモロミは健やかに育っております。ピチピチと歌声をなんとも言えない良い香りを蔵中に広げています。搾った新酒用にタンクを洗っているとこを呑み口からのぞくタンクに書いてあるチョークの文字を消しといてと言われて消してはならんと言われたところもすっかりキレイに消してしまってえらい怒られました顔は見えないけど相当怖い顔してるはず・・・準備は着々と進んでおります。落ち着いて臨 [続きを読む]
  • おまちかね
  • 蔵の気温はひとケタを保守しています。タンクのモロミは静かに静かにプチプチと歌っていて小さな泡でも力強く眺めているとその姿に引き込まれ生き物であると実感します。純米 晴(はれ)火入れの雪だるまバージョン今年もこの時期がやってきました。一度は雪の中で撮ってみたいのですが。かまくらタンク・・・なんちゃって佐瀬やんは胴蓋を取り付けてもらい内部は鎧を装着ビシッとキマってますきげんようたのみますよろしけ [続きを読む]
  • はんせいき+1
  • 今年4本の仕込みを終え、佐瀬やんの出番待ち。高泡(たかあわ)ふっわふわのアワアワ ものすご〜くええ香りがします。べっぴんさんや昨年から年内に新酒をお届けしたいと10月下旬から始めています。私が蔵へ来た頃は2月の中旬に新酒ができ当時のおやっさん(杜氏さん)はよその蔵の仕込みが終わってからうちへ。掛け持ちされる杜氏さんは少なくなかったようです。ありがたいことにお酒の種類も徐々に増えチラー(冷水機)を入 [続きを読む]
  • 出来るオトコ
  • 外でゴォーゴォーと風が吹いています。蔵の気温も昨日からひとケタ、冬も目の前に来ていますね。夕飯の片付けをして背中を向けている間に主人はコタツで8時前から爆睡している模様・・・なんも言えねぇ〜そろそろ疲れも溜まって来た時期です。飲んで食べたら寝る!明日で年内予定していた4本目を留め仕込みそしたら少しはホッと出来るかな?息を潜めていた佐瀬やんも今日はキレイさっぱり洗ってもらいました。深さのある垂れ壺 [続きを読む]
  • ええ子になぁれ
  • タンク2本を留めました。今年中に全部で4本、来年には特定名称酒を仕込みます。本仕込み直前まではこんな感じ本仕込み開始で蔵人さんと共にシューター参入です。今のうちは蔵人さんも交代でひとりずつ来てもらっています。お茶農家さんもこの時期はいろいろと忙しくそれでも互いに都合をつけて来てくださるので有難いです。おだやかにふつふつ・・・ぷちっとわいています。モロミの時は静かにすすんでいきます。来月上旬に [続きを読む]