はつさくら さん プロフィール

  •  
はつさくらさん: 安井酒造場のひとこと日記
ハンドル名はつさくら さん
ブログタイトル安井酒造場のひとこと日記
ブログURLhttp://hatusakura.blog.fc2.com/
サイト紹介文滋賀の小さな小さな造り酒屋の5代目の嫁日記。笑顔がこぼれるうまい酒『初桜』です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2012/03/12 20:02

はつさくら さんのブログ記事

  • ホッとしてGood
  • 北海道では昨日、最も遅い記録の初雪の便りとなったようです。そろそろハツサクラの晴(はれ)も冬バージョンへ。お馴染みとなりました雪だるまレッテル後ろでは甑から力強く蒸気を噴き出しています。そして本日は仕込み蔵半分のタンク5本目が仕込み終わりました。年内前半の仕込みが終わり【甑倒し】です。すぐに放冷機などの片付けが始まりました。これからモロミが健全に育ち、しぼって〜と言うまで佐瀬やんの出番に備え [続きを読む]
  • いつもの
  • 秋も深まってまいりましたね。今月も後半にさしかかり、仕込みも3本目を留めました。酛(酒母)べっぴんさんのなまこ・・・でした。朝一番は毎日、甑の蒸気が屋根からあがっています。蒸し米のやさしい香りがたっていますが表の通りを行く人は気がついてはるんかな?この風景もこの香りも気持ちが和みます。あともう少し前半の仕込みも気を緩ますことなく元気にいきまっしょよろしければポチっと応援お願いします [続きを読む]
  • 仲むつまじく
  • 今季一本目の仲仕込みでした。今日は蔵人さん達の都合が合わずメンバー2人。ジャージを着て気持ちは張り切りましたが所詮アラフィフおばちゃん、出来ることは限られます。治療した腰も無理出来ないし、重いものはとりあえず厳禁です。主人は蔵で寝泊りしているので朝6時に室で『おはようさん』朝一の仕事が室仕事なのは適度に汗をかいて目覚めによろしいようで。放冷機も今季初シューターも出番です。今年中に5本二日 [続きを読む]
  • 手仕事
  • 無事に醸造祈願も済み、毎日にリズムが出てきました。そして、本日は初添え、これから本仕込みの始まりです。少人数体制なので今日は蔵人さんがおひとり来てくださいました。先日に導入した洗米の道具は今まで手洗いだったので、随分と楽になり効率も良くなりました。安井工務店の大将はこれまたお茶屋さんの巨大換気扇を自ら加工し壁をぶち抜いて換気口を開けました(シーズン前にやってほしいわ)作業しやすくなるようにと工 [続きを読む]
  • かしこみかしこみ
  • 醸造安全祈願に行ってまいりました。松尾大社(本年の上卯祭は7日)昨年は修復中だった本殿もすっかり立派になっていました。七五三のかいらしい子らと一緒にしっかりと御祈祷していただきました。しゃんと背筋が伸びます。必ずや うまい初桜をお届け出来ますよう気持ちを引き締めて取り組みます。ランチは『手水や』さんのにぎりセット なんと950円 大満足これから当分の間は慌ただしいランチタイムせっかちに拍車がかかる [続きを読む]
  • おまもり
  • 初蒸しから三日後に麹が完成しました。二回目の蒸しはいよいよ酒母の仕込みに使います。近いとはいえ重たい桶をいつまで運べるのかしら?蒸し米を目標温度まで冷ました後は水麹に加えます。米粒をつぶさぬよう良く混ぜます。汲みかけの筒を挿入して酛(酒母)がたちました。会所部屋には師匠である亡きおやっさん(杜氏)の写真が飾ってあります。主人とのツーショットは一枚もありませんがその写真は息子太郎との写真 [続きを読む]
  • あうん
  • 秋晴れの今日はいよいよ30BYのお酒造りが始まりました。さっぱりした仕込み蔵今季は小さいサイズのタンクを3本差し替えました。昨年から甑の下から蒸す方法に変更しました甑から一直線先なので動線が短くて助かります。スコップで掘るのは主人の役目そのあと飯桶を担いで蔵の中まで運びます。桶も含めて15kgほどあるでしょうか。今日は9往復蔵の中の竹簾に蒸し米を広げるのは私が担当しております。二人で室へ引き [続きを読む]
  • 隣はなにをする人ぞ
  • 秋が深まってまいりました。今日とあすは書道展につめています。 就学前のお子様から80代後半の大先輩の作品が一同に並びます。創作時期は夏この夏特に暑さが厳しく、なんど負けそうになったことか。季節ごとのお酒の俳句を12句 綴じています。この数年はお酒に関する歌ばかり書いていつかキレイになったお店に飾れたらなと非現実な妄想・・・幾つになってもできるまだまだ勉強させてもらいます。ほんまに有難いですよろ [続きを読む]
  • よみがえっタンク
  • タンクのお化粧直しが終わりました。先日、サビを落としたタンクはサビ止めの下塗り、それから上塗りを施さはりました。横に塗ってから仕上げは縦にそれもローラーの幅だけずらしてるし。さすがA型そしていよいよ大きなタンクと入れ替えです。蔵の入口ギッチギチです。台車に乗せて移動させます。どけた場所はタンクの束石(つかいし)の跡がくっきり。限られたスペースに大きなものの移動は一苦労引っ込めたり出し [続きを読む]
  • わびさび
  • 秋桜畑が華やぎ、柿がたわわに実っています。秋らしい風景に心が和みます。やっと台風の被害にあった蔵の棟の修理をしてもらいました。相当年季ものの屋根なのでこってり直そうとすると大工さん仕事本当は全部葺替えたいところですが・・・そこは大人の事情で修理のみになります。傍らではサンダーで削る音が響いています。以前に3,200リットルの何年も眠っていたタンクを米蔵から救出させましたがようやく今季使用できるよう [続きを読む]
  • アーメン
  • パ酒ポートのお客様がいらっしゃいます。比較的、休みの土日が多いですが酒蔵も休みのところがあるようです。うちはほぼ休みが無く、唯一お正月三が日を休みに充てています。ですが昨日は滅多にない完全休業でした。姪っ子の結婚式に家族総出で出席しました。もう今時は神前が珍しいのでしょうね。憧れのバージンロードよく似た兄弟姉妹5人揃いました。主人はやっぱりスーパードライ飲み倒し・・・主人の掛け声で『やぁぁぁ [続きを読む]
  • 平和
  • 清々しい秋晴れでした。玄関の金木犀が癒しの香りを運んでくれます。先日の台風24号土山の最大瞬間風速31.2m/s家の中で何をしていても胸がドキドキモヤモヤして落ち着きませんでした。ご心配をおかけしましたがこの度は被害は無く、蔵の棟の修理の目処も立ちホッと胸をなでおろしております。バタバタと9月はイベントが続きましたが今月は書道展と姪っ子の結婚式そして下旬からは、いよいよ30BYお酒造りが始まります。始まってし [続きを読む]
  • なんでこうなるの
  • 次第に雨風が強まってきました。この前の時のダメージがまだ修まっていないのに実は実は本当にビビっています。ブルーシートで覆っていたのに飛んでしまいました。あきらめてすべて外すためにオヨヨ・・・お〜こわっあすの朝、目を覚ますのが怖いです。絶体絶命 祈るしかありません。 明日は日本酒の日滋賀県酒造組合でも『一万人で乾杯プロジェクト』がびわ湖大津プリンスホテルで開催されます。先日行われました『みんなで [続きを読む]
  • まいどおおきに2018
  • 三連休の中日は願いが叶いなんと秋晴れ!年に一度の大イベント『井戸替え』今年度も有難いことに有志の方々にお集まり頂き和やかに無事に執り行なう事が出来ました。みなさんの集合までに水中ポンプで全て抜いておきます。はしごを投入初めての参加の方はどんなんなるのか?興味津津な様子。みんなに見守られながら杜氏がいざ井戸の中へ。井戸の底の石をバケツで引き上げていきます。男性陣は力仕事担当で女性陣はその石 [続きを読む]
  • 最初の一歩
  • 滋賀地酒の祭典IN東京は盛会のうちに無事終了しました。早くから東京に進出されている蔵元さんも多い中初桜ブースへ飲みにきてくれはるやろかと不安いっぱいでド緊張しておりました入場者も予想を上回わり笑顔がこぼれるうまい酒も飲んでいただけました。良い機会に恵まれたくさんの方々の笑顔に触れ新たな出会いもあり改めてお酒で繋がるご縁に感謝です。お世話になったみなさま本当にありがとうございました。この日の写真は1枚 [続きを読む]
  • 白に黒
  • 台風が過ぎてからすっかり秋の空気に入れ替わりました。日中もずいぶんと過ごしやすく時間のある時には机に向かいます。ロゴをご依頼主にお渡し出来ました。幾度も何枚も書いてみます。かすれやら線の太さやらハネの長さやら一枚として同じものは無く書き出したら止まりません(まわりが迷惑するくらい)・・・しかし楽しいです今週末の日曜日は久しぶりの浜大津朝市です。これまでは春に薄桜さんとご一緒でしたが今回は初桜のみ [続きを読む]
  • 続21号め
  • 台風でおののいていたら今度は北海道で・・・成す術がありません。一日も早く日常に戻れますように。台風の日の写真を投稿してから秋雨前線がやってくるとの情報。そして地元のほかい瓦さんに尋ねるとやはり修理依頼で立て込んでいるんだそう。下から見上げていただけじゃわかりませんでした。何もかも自分で修理してきた主人にはこの屋根だけはやめて欲しいと懇願しておりました。なのに・・・これ主人の撮った写真葺き替えた [続きを読む]
  • 21号め
  • 台風が襲うたびに心配しているのはレンガ煙突のこと。もちろん老朽化していることが一番なのですがどうしてもこの風景は残しておきたい気持ちが強いのです。和釜のメンテが進んでいないのでこの煙突もしばらく休んでもらってるけどうちのシンボルやもの。夕方、雨風が緩んでから外へパトロールするとそこら中に瓦が散らかっていて見上げると蔵の棟が崩れていました。裏の空家のトタンも飛んできています。ありゃりゃ [続きを読む]
  • ケセラセラ
  • 9月 お朔日あっという間ですね。この時期になるとそろそろ酒米の手配をしなければなりません。あれこれ悩んでいる様子・・・冷蔵庫の在庫を見て弱気になる杜氏。なかなか思い通りにいかない難しさも醍醐味で。平成最後(このフレーズにハマってます)30BY酒造期を明るく迎えたいですね。 今月末からお酒造りが始まるからと息子が帰ってきました。もう前みたいに山盛り洗濯物のお土産ではありません。少しは成長したのねいろ [続きを読む]
  • はけよいのこった
  • まだ暑い日はありますが徐々にその勢力は衰え始めています。平成最後の・・・夏木槽(きぶね)の鎧の柿渋塗りから早ひと月が経ちやっと手をつけることが出来ました。お馴染み佐瀬式搾り機(通称:佐瀬やん)ジャージに黒Tシャツ首には保冷剤に手ぬぐいを巻いてやる気満々槽の中も丁寧に柿渋を塗ったらくっきりと筆文字で番号が書いてあるのがわかりました。第卅壱(だいさんじゅういち 1〜31までありました)これは・・・ [続きを読む]
  • 撮るねーど
  • 強い台風が迫ってきているので雨戸を閉め寄せて陰気な部屋です。主人が修理した屋根はおかげさまで大丈夫きっちり仕事した証です(大変よくできました)今日はのんびりとした日主人は商工会主催のビジネス写真の撮り方講座に参加しています。写真を撮ることに消極的な主人嫌がるところ懇願して行ってもらいました。こんなにいろんな画像が簡単に見られて生活の中にも溢れている時代なんですものね。実際に主人も見るのは大好きです [続きを読む]
  • あなたは?
  • なんと爽やかな日だったんでしょうか。こんな陽気だとどこか出かけようという気持ちになりますね。お墓参りが済んで長らく行けてなかったお伊勢参りへその日は大雨でしたが。腰の具合も良くなったのでなんの躊躇もなく苦しみもなくお参り出来ました。その後おかげ横丁をささっと回りました。ザルとゴム印、それに御朱印一番うれしいのは伊勢だよりを当日と前日の二日分もらえたこと。専用ケースも手に入りまして上部はカードが [続きを読む]
  • お嫁サン婆
  • 夜になると秋の虫が鳴き始め風も心なしか涼しく感じられます。今日はお墓参りでした。主人の兄弟姉妹あわせて5人その家族と両親合わせるとにぎやかです。子供たちは社会人となり学生となり全員揃うこともかなわなくなってきたこの頃です。お嫁にきたばかりの時はまだ今よりは少ない人数でしたがそれはそれは初めてのことばかりで嫁として認めてもらいたかった一心だったのでしょう半泣きになりながら努めておりました。あれから二 [続きを読む]
  • 夢の跡
  • 小蔵元の会年に一度のイベント『浴衣でチャンス』無事に終了しました。森田さんに頂いた写真から今回の音響のテーマは私達がまだピチピチの頃流行っていた曲スマホに入っていたのを流していたので手元にスマホが無く写真が一枚も撮れませんでした。きき酒当てクイズに見事正解され初桜の景品をゲット。正解を上回る解答がうちのお酒だったとは・・・30種以上の中から絞るのは結構難しいようですね。これまた森田さんにいただ [続きを読む]
  • チャンスせまる!
  • 今夜は地元周辺の夕涼みが全部中止になりました。明日も楽しみにしていた金澤翔子さんのイベントも中止に用心に越したことはありません。いよいよ迫ってきました!第4回 小蔵元の試飲会『浴衣でチャンス』 木之本 山路酒造  北国街道大津  平井商店  浅茅生草津  古川酒造  天井川土山  安井酒造場 初桜各蔵元のオススメのお酒をたっぷりと試飲していただけます。おつまみブースは大津駅前《雷恩》さん特製です。燗 [続きを読む]