logos さん プロフィール

  •  
logosさん: 勉強で困らないために〜非公式ガイドブック〜
ハンドル名logos さん
ブログタイトル勉強で困らないために〜非公式ガイドブック〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/logos-7116/
サイト紹介文成績が上がらない。そもそもやらない。どうすれば?よりもどうあるべきか?正しく学習するための考え方。
自由文「勉強の仕方」「優れた勉強法」「読書のススメ」「競争のススメ」など、「教育」の本質が分かります。意味が分かれば、成績は上がります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2012/03/13 07:10

logos さんのブログ記事

  • chocolate
  • 久しぶりの寒波である。そして・・・寒いな・・・となると、いよいよ受験シーズンの到来。毎年のことだが、logosでは12月までに中3の内容をすべて終わらせ、ここからは実戦練習に入っていく。入試本番の得点率の高さ(特に理科と社会)は、この実戦練習の賜物である。英語の授業も、全単元を終了しているので、まずは単語から総復習に入った。公立入試(英語)は「読解」が中心。リスニング、会話文、対話分、長文、最後に英作文と [続きを読む]
  • 繰り返しのお知らせ
  • 時節柄、多くのお問い合わせをいただいており、少しずつ地域の方々にも認知されてきたことを実感します。いつもありがとうございます。そして、相変わらずのお知らせですが、logosには「冬季講習会」というスポット的な商品はございません。もちろん冬休みなので授業コマ数は増えますし、この機を利用してこれまでの総復習は行います。しかしながら、それは現在塾生の状況に照らしたものであり、「冬休みだけ」という生徒様にそれ [続きを読む]
  • 勝負するか??
  • 国語(読解)力に長け、すべての教科に対して「解く」センスを感じる。いつ高得点を取ってもおかしくないが、危機感が薄いのか、一向に本気を出す気配がない。何より彼の最大の弱点はその字の汚さである。「か」と「や」の区別がつかず、記号問題ですら解答欄を大きくはみ出す。(笑)キミ、受験の意味分かってる?え?キミには志望校があるだろ?(地域のトップクラスの公立高校だ。)なんとしてでも〇〇高校で学びたい、是非とも [続きを読む]
  • 勉強のやり方。
  • 勉強には「やり方」がある。一言で勉強と言っても、小中高生なのか大学生なのか、或いはオトナなのか、場面によって全然違うのだが、敢えて「点数につながりやすい」かどうかで見た場合、正しい「やり方」はたしかに存在する。大事なことは、それが果たして目的にかなうものかどうか・・・ということだ。例を挙げると・・・①次の定期テストで400点を取りたい。②入試に向けて社会科を1年の地理からやり直したい。この2つはどちら [続きを読む]
  • 暗記の何が悪い??
  • 一昨日のニュースだが、「歴史の教科書から坂本龍馬が消える?」旨の記事を見つけた。細かいことは分からないが、大学入試のために高校の授業が暗記中心になっていることを懸念してのことらしい。バカも休み休み言え。と言いたい。授業が暗記中心なのは、教科書のせいではない。もっと言うと、どうやったら「暗記」で「授業」ができるんだ??(笑)つい歴史の流れや背景などを「しゃべりすぎてしまい」、「脱線してしまう」という [続きを読む]
  • 字を丁寧に書く
  • まずは字を丁寧に書くことが勉強の第一歩である。決して美しい字でなくても良い。文字としての目的に敵うものであれば。大きさや濃さが安定していて、きちんと横(国語の場合は縦)に並んでいるか。これ一つをとっても、そこには知恵と集中力を要する。つまり、「字を丁寧に書く」だけで、ヒトはちゃんと頭をつかう。ホンの少しの違いだが、字を習って以来ずっとこの「差」が積み重なることを考えたら、「頭をつかう」機会の差は膨 [続きを読む]
  • テストの準備
  • いよいよ後期中間テストウイークに突入。自習メンバーが増え、教室内の酸素濃度が?薄くなってきた。(笑)彼らの手元を見ると・・・学校で「ここから出すぞ」と言われたらしいプリントをやっていたり、塾で使用するテキストのテスト範囲のところをやっていたり、さまざまな取り組みが見られる。そして・・・やっぱりいるよねー。ワーク(提出物)に追われている人、自学ノートを埋めようと英単語を書き取りしている人。これらは、 [続きを読む]
  • 勉強してる?
  • たまに聞く。最近、勉強してる?→いや〜。できてないですねー。ほう。なんだ?その「やる気はあるけど、何かのせいでできない」みたいな言い方は?(笑)してません。だろ??→いや、ほんとに☆◇○▲なんですよー。この手の会話はしょっちゅうだ。勉強していない。ことは自覚している。若干の後ろめたさもある。それでも、それを直視はできず、目を逸らそうとして、なんやかんやの理由をつける。これは、その人が根性がないとか [続きを読む]
  • 1問1答問題の活用法
  • 理科や社会の基礎知識の確認として、1問1答問題を使用することは多い。しかしコトバを暗記することは重要だが、最近は、それを自分の言葉で説明したり、背景にあるものを論述させる傾向になっているので、コトバの暗記だけで高得点を取るのは難しい。そこで、今回は、1問1答問題集の活用法を書くことにする。①まずは、それを解く。②答え合わせをして、間違えた問題は覚え直す。③次は、問題文を隠して、その答えの問題文を暗記す [続きを読む]
  • 英検一次合格
  • 先日行った英検の結果が届いた。今年からwriting(英作文)の要素が加わり、その分文法的要素がわずかに減っているのだが、前回同様、比較的合格しやすかったと思う。3級以上の合格者については、二次面接の準備をがんばってほしい。今後、大学入試における英語については、英検などの民間試験が一定の割合で評価される。いまから英語の民間試験に慣れておくという意味でも積極的に受験すべきだろう。ちなみに英検の正式名称は「実 [続きを読む]
  • 高校入試における「作文」の書き方
  • 福岡県の公立高校入試では、毎年必ず作文問題が出題される。作文と聞くと、ついリキんでしまいがちだが、与えられる時間はせいぜい10分。10分、なおかつ10行そこそこで、果たして中身のある文章が書けるだろうか。もちろん無理がある。では、この問題の意図はどこにあるのか。それは、与えられるテーマを読んで書くべきことをまとめられるか、まとめた考えを文章で表現できるか、これだけだ。つまり「作文」ではなく「資料分析によ [続きを読む]
  • 論述問題急増中。
  • これは、とある県の高校入試問題。①次の資料1〜3を参考に、この市営バスの赤字路線を「存続させるべき」か「廃止すべき」か、双方の主張の根拠を書きなさい。《模範解答》「存続」→高齢者の利用者が増えているから →利用者の25%は毎日利用しているから「廃止」→年間利用者数が減っているから →赤字額が増加傾向にあるから次は日本最高レベルの大学入試問題。②あなたがこれまでに見聞した中で、科 [続きを読む]
  • 衆議院総選挙
  • どうやら今回の総選挙は、戦前の予想通り自民党の圧勝で終わりそうだ。新聞各紙の分析は、自民党が「勝った」というよりも野党の自滅だと。解散当初は、その解散の在り方や、それまでの政権への不信感などが取り沙汰されていたものの、「小池新党」の旗揚げから状況が一変。政権を監視するはずのマスコミが、小池一色になったまま選挙が終わってしまった。マスコミはやたらと小池氏の「排除します」を取り上げたが、本来、政党は「 [続きを読む]
  • やり続けること
  • 勉強で一番難しいのは、やり続けることだ。誰でも最初は、成果が出て楽しい。しかし、やっていくうちに、どこかの地点で必ず伸び悩む。ポイントは「誰でも」「必ず」というところ。したがって、早めに勉強を始めた人は、早めに「伸び悩み」の時期に差し掛かり、ひと山越えてから受験にたどり着く。これが受験に間に合うケース。しかし、スタートが遅いと、「伸び悩み」にぶつかるタイミングで12月を迎え、そこで受験校を決めてしま [続きを読む]
  • 2020
  • 2020と言えば、東京オリンピック・パラリンピックの開催。生きているうちに二度と日本でのオリンピックはないだろうから・・・見とかんと。笑笑さて、我々教育に関わる人間にとってはオリンピック以上に重要なのが「新学習指導要領」である。現中学生たちから大学入試は大きく変化する。さらには小学生から英語が「教科化」される。現状、中学3年間で1200語と言われる英単語数(語彙数)は、小学校で700、中学で1800・・・と、大幅 [続きを読む]
  • ナンセンス
  • 10年後・・・いま存在する職業の30〜40%が無くなるらしい。すでに多くの仕事がロボットに変わられており、また外国人労働者も増えている。それにより、今後の教育は「知識、技能」ではなく「思考力、判断力、表現力」にシフトチェンジすべきだ。と、よく言われる。また別の見方をすると、「正解のある勉強」ではなく「正解がない、或いは正解が複数存在する学び」をすべきだと。果たしてそうだろうか。個人的には、それらを分けて [続きを読む]
  • 意外にも
  • たまたま・・・と言うべきか、衆議院選挙の真っ最中に、公民で「選挙」をやっている。意外にも関心のある生徒が多く、3〜4年後の選挙には前向きらしい。オレは◯◯党っすね。などとおしえてくれる。聞いてないだろ。(笑)選挙の4原則。年齢以外の条件がなく、すべての人が投票できる「普通選挙」誰であろうと1人1票の「平等選挙」候補者を直接選ぶ「直接選挙」無記名で投票する「秘密選挙」だから、「秘密」だって言ってるだろ? [続きを読む]
  • 勉強の先に何があるか。
  • 水はけが良い。水持ちが悪い。この両者は、ほぼ同義(細かい意味では違うが)である。たとえば、この土地で稲作をやろうと思えば「水持ちが悪くて」できない。たとえば、この土地で果樹園をやろうと思えば「水はけが良くて」最適だ。となる。人に限らず、モノにはすべて長所もあれば短所もある。しかし、長所だと思われるところは反対側から見れば短所になりうるし、短所に見えても裏から見ればそれは長所かもしれない。「地理」と [続きを読む]
  • 平等、そして自由・・・
  • 中学3年生の社会科は、近・現代史から公民に入っていく。それまでの「歴史」と比較すると、ストーリー性に欠け?、やや事務的な印象があるのか、ただただ覚えることが多く、苦手な生徒は多い。《基本的人権》基本的に人間は「平等」であり「自由」である。誰からも差別されないし、どこで何をしようが、何を考えようが自由である。また、こういった基本的な人権をさらに発展させたのが社会権である。どれほど平等かつ自由であって [続きを読む]
  • ほんやくコンニャク
  • とうとう・・・現実味を帯びてきた。翻訳アプリの精度が上がっているという話は聞いていたが、とうとう「翻訳機能つきワイヤレスイヤホン」をGoogleが発表した。日本語を含む40ヶ国語に対応しているらしい。ここまで来たら、もっともっと精度が上がるだろうし、カンタンな日常会話なら十分可能な時代が目の前まで来ている。ドラえもんの「ほんやくコンニャク」が現実のものとなる。技術の進歩は凄まじい・・が、そのスタートライン [続きを読む]
  • 前期終了。
  • 学校によって日程が微妙に違うが、前期の通知表がちらほら集まってきた。テストの点数通り・・・という人よりも「点数以上」の人のほうが多いのはどういうワケか。みんながんばって発表とかしたのかな?(笑)特に中3については、これが入試における「内申点」の柱になる。若干の誤差はあるだろうが、現時点での参考資料としてはもっとも正確なもの。良かった人は、授業態度含め、よくがんばったと言いたい。今回、差がついたのは [続きを読む]
  • 勉強は
  • 勉強は、自らテーマを見つけて、それに対して何かしらの自発的行動を要するもの。その過程で、意味を学び、行動を学び、自分を知り、人として成長して行く。そのプロセスにおいて点数が上がっていく。したがって、分からない問題をただ教えてもらうだけでは、点数につながらない。そこには「自分の活動」がないからである。点数が上がらないのは、「分からない」からではなく、「自発的行動をしていない」から。点数が上がらないの [続きを読む]
  • 衆議院総選挙
  • 突然の衆議院解散。そして10月22日投開票である。ここからの3週間は、選挙選挙ということになるのだろう。今回の一番の驚きは、5〜6年前に政権政党だった民主党(現民進党)が事実上崩壊したことだ。ホンの数年前には首相を輩出していた政党が、こんなにあっさりと無くなってしまうのか。小池新党の立ち上げにより、落選の可能性が高まった民進党が迷走し、なんと小池新党から出馬したいという恥も外聞もない状況になった。そんな [続きを読む]
  • 読解力危機!?
  • 先日、「国立情報学研究所」が発表したところによると、基本的な文章の構成、たとえば主語(〜は、〜が・・・)や目的語(〜を、〜に、〜へ)を理解していない中学3年生が25%、中学2年生は35%、中学1年生は38%程度いることがわかった。この数字が良いのか悪いのかは、過去のデータなどと比較しない限り一概には言えないが、個人的には実態はこれ以上に悪いと見る。3行程度の作文などをさせると、「〜は、〜が、〜も、〜に、〜を」 [続きを読む]