☆牧師の妻☆ さん プロフィール

  •  
☆牧師の妻☆さん: 牧師の妻「こころのブログ」
ハンドル名☆牧師の妻☆ さん
ブログタイトル牧師の妻「こころのブログ」
ブログURLhttps://ameblo.jp/pastorswife/
サイト紹介文キリスト教や有名な聖書の言葉の紹介、クリスチャン向けの記事も。
自由文父親と夫がプロテスタント教会の牧師です。教会へは行けない方も、聖書の言葉やキリスト教のお話しに触れて、心に平安がありますように、信仰の励ましとなりますように願いを込めてブログ運営しています。

アメーバブログやFacebookで、クリスチャンの方々とも交流を持っています。3児の母です。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供211回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2012/03/13 14:17

☆牧師の妻☆ さんのブログ記事

  • 存在価値
  • 昨日は新年聖会へ家族で参加してきました。 講師は堀肇(ほりはじめ)先生で、著書なども有名です。 弱さを抱えて歩む 聖書の世界に生きた人々〈新約編〉 [ 堀肇 ]価格:1404円(税込、送料無料) (2019/1/15時点) 午前と午後のお話を伺いましたが、その中から存在価値について教えられたことを少し書きます。 価値観の取り替え 私自身、以前はこの世と同じ価値感で自分自身と他の人を見て、比べて生きてきたなと思います。 成 [続きを読む]
  • 霊に燃え、主に仕えよ
  • ご招待券をいただいたので、土曜日に金沢大和で行われた「第50回 新春 書花茶展」へ行ってきました。 裏千家のお茶もいただけるとのことで、娘たちと待ち合わせていきました。 茶道体験を娘たちにもさせたかったので、展示は私一人で回りました。 係りの方に聞いてみましたら「写真を撮っても大丈夫」とのことで、はじめはお花の写真を撮っていましたが、すぐに書の言葉に関心を持ちました。 「寛容」は聖書にも出てくる言葉 [続きを読む]
  • 賀川豊彦の生い立ちと高齢者との会話
  • 先日は、昼間一人で過ごしているおばあちゃんを訪ねました。 朝に家族にお湯を入れてもらったカップ麺を昼に食べていたことを知り、おばあちゃんの好物の「炊き込みごはん」を作って、自宅にいらっしゃるのが火曜日だけなので、火曜日はできるだけ訪問するようにしています。 温かいご飯を一緒に食べ、コーヒーやお茶を入れてお話ししてきます。 昼間、一人だとポットのお湯も入れられないで、一人ぽつんと家で過ごしているおばあ [続きを読む]
  • 賀川豊彦が目指したこと
  • 昨日の礼拝説教は、使徒の働きから、初代教会のキリスト者たちが集まって心を一つに祈っていただけでなく、持ち物を共有したり助け合って生きており、周囲の人々にも好感を持たれていたという個所を見ました。 お正月に「賀川豊彦」の偉人伝を読み、とても感銘を受けました。 小学校の中学年から高学年にかけて、この手の「偉人伝」を読み漁っていました。 作り話ではなく、本当に一人の人が経験する人生のドラマや考え方が素晴ら [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます2019
  • あけましておめでとうございます。 お正月をゆっくり過ごし、数日パソコンから離れて過ごしました。 お正月は、主人の実家に私たちの結婚式の時(2000年)のビデオがあるというので、結婚式以来、その時のビデオを初めてみました。 子供たちが「ハプニング映像の画質や〜!」と言って爆笑していました。 司式の牧師先生が「伝道者同士の結婚なので、困難なこともあると思いますが…。」と言われ、厳粛な気持ちで聞いていたことを [続きを読む]
  • 「猪突猛進」という言葉
  • 2019年はイノシシ年だそうで、「猪突猛進」という言葉が思い出され、調べてみました。 あ、年賀状、まだ途中です^^; 「猪突猛進」は良い?悪い? 「目標に向かって一心に突き進んでいく」という意味だけだと良い言葉のように思いますよね? 「猪突猛進」という言葉には「状況や周りを考えずに、ただがむしゃらに突き進む」とか、「猪のようにただまっすぐに突き進む」という意味なので、「猪のように何も考えずに突っ走ってしま [続きを読む]
  • 「ああ感謝せん」聖歌隊
  • 木曜日の結婚式の時、入場と退場の曲のほか、新郎と牧師の入場の曲(前奏)が必要とのことで、「ああ感謝せん」という曲を選びました。 この曲は、私は葬儀でも前奏の曲として弾くことがあります。 「ああ感謝せん」 二人のこれまでの歩みと導き、年末のこの時期に神への感謝を歌うこの曲はふさわしいと思いました。 わがたましいよ。主をほめたたえよ。私のうちにあるすべてのものよ。聖なる御名をほめたたえよ。 わがたまし [続きを読む]
  • クリスチャンの結婚式でした
  • 昨日はクリスチャンの結婚式があり、私は無事に奏楽の奉仕が守られました。 結婚式の奏楽者が「間違える」「コケる」などとは誰も思っていないので、式が台無しにならないよう、依頼された時から大きなプレッシャーになっていました。 できる限り時間を見つけては練習し、当日、良い状態で臨めるように備えました。 奏楽はミスなく守られ、祝福に満ちた結婚式となりました。 新郎は、私はお会いしたことのない方でしたが、3か月も [続きを読む]
  • マザーテレサの言葉
  • 今日は結婚式があり、私は奏楽なので、大きなプレッシャーを抱えております^^; 今年は普段、クリスチャンの結婚支援で関わっている独身クリスチャンからもクリスマスカードが届きました。 マザーテレサの言葉 カードの中に「マザー・テレサ」の言葉として書かれていた言葉がありましたので、ご紹介します。 「愛のために働けば それはそのまま平和のために働いたことになります。」マザー・テレサ 今朝は東京のクリスチャン婚活 [続きを読む]
  • クリスマスイブの集い2018
  • クリスマスイズの集いが行われました。 今年は日曜日の翌日で祝日だったので、イブ礼拝をおこなわず「家族で過ごす日」とした教会もあったようです。 私たちの教会でも人数は少なかったですが、イブの夜だけ来る方もいらっしゃるため、私たち家族と数名の方でイブの集会の時を持ちました。 ろうそくの灯をたくさんつけて、いつもと違う雰囲気の会堂になります。 子供たちがお茶やプロジェクター(前面の画面)、ピアノや聖書朗読 [続きを読む]
  • クリスマスイブ礼拝があります。
  • 今日は12月24日、各地でクリスマスイブ礼拝があります。 教会によって、「クリスマスコンサート」だったり、内容は様々ですが、私たちの教会ではクリスマスの聖書の箇所を読み、賛美歌を歌い、ろうそくの火をつけてシンプルなイブ礼拝の形式です。 12月24日(月)19:30〜21:00泉野聖書教会 昨日はクリスマス礼拝&祝会でした 手作りのお料理やファミリーマートの「ファミチキ」などがたくさん並びました。 大阪へ引っ越した [続きを読む]
  • クリスマス礼拝と祝会があります
  • 土曜日はクリスマス前に金沢駅近くで独身クリスチャンの交わり会が行われました。 人数は多くはなかったですが、ランチバイキングと交わり&学び、コーヒーショップに場所を移して金沢の婚活スタッフと合流し、一人一人とお話しする機会が与えられました。 独身クリスチャンとの面談はとてもエネルギーを使い、神経を使います。 限られた時間で彼らが抱えている問題や悩み、希望やビジョンなどを聞き出し、方向性を探っていきます [続きを読む]
  • 44歳で初めて教会へ行った女性の証(2)
  • 子供たちの三者面談や通知簿渡しなどが始まり、クリスマスの後半を前に、少しお疲れモードで過ごしています。明日は金沢で独身クリスチャンの交わり会があります。 44歳で初めて教会へ行った女性の証(2) 前回の続きです。44歳で初めて教会へ行った女性が3つの聖書の箇所を挙げていたのでご紹介します。 受洗に導いた御言葉        エレミヤ書29章11〜13節 わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているか [続きを読む]
  • 44歳で初めて教会へ行った女性の証(1)
  • 教会では、クリスマスの4週間前から「アドベント」(待降節)の期間を過ごします。 私は教会で育ちましたが、今日は44歳までクリスチャンに会ったことがなく、教会へ行ったこともなかったという女性の証が心に留まったので、許可を頂きご紹介したいと思います。 郵便受けの1枚のチラシをきっかけに 2002年の夏、我が家の郵便受けに「ウェルカム礼拝」というチラシが入っていました。そのチラシを見た私は、不思議に日曜礼拝に行っ [続きを読む]
  • 「最上のわざ」老いの重荷は神の賜物
  • 先週、退院したばかりの方へ「おでん」をたくさん作って持参しました。 手術後、家での生活も大変だろうと思います。 自分の両親も年を取ってきて、教会の方々も高齢者が増えてきました。 若いころには難なくできたことができなくなり、すぐ疲れるようになり、目や耳や体のあちこちが不自由になってきて、もどかしく感じるようです。 40代後半に入った私も十分疲れますが、「まだ若い、若い。」「この年になってみないとわからな [続きを読む]
  • 毎週礼拝に出席している幼児と小学生
  • やることが追い付かず、お疲れモードの一日でした。 年賀状はまず、実家の両親の分を作成しているのですが、パソコンの中身を入れ替えたので、データを捜したところ、なかなか見つからなくて困りました。 やっと見つけたので、全部住所を打ち直すことからは辛うじて免れました^^; うちはよく「なくしもの」をしますが、そんな時は主人の出番です。 「まず祈りましたか?」と聞かれ、たいがい祈らずに焦ったり、イラついたりしてい [続きを読む]
  • 少年院の少年との会話
  • 長女が修学旅行へ出かけたり、次女がテスト期間だったり、息子がちょっと喘息気味だったり、あっという間に1週間過ぎていきます。本当は「牧師夫人」や「クリスチャンの結婚」その他のテーマで記事を書きたいと思っているのですが、なかなか最近はゆっくりした時間がなく過ごしています。 毎年、クリスマスは普段ない集会が増えたりして、通常より忙しくなるのですが、今年はクリスマス後に結婚式の奏楽が控えていて、それがひとつ [続きを読む]
  • クリスマス茶会に参加しました「馬屋の中に茶湯あり」
  • ユース(中高生、青年)のクリスマス会を任せ、今日は私は年に一度の「クリスマス茶会」へ初めて出かけました。 茶道は今年の2月から習い始め、途中、90歳の先生が夏の間に骨折し、2か月間お休みしている間に習ったことをかなり忘れ、「3歩進んで2歩下がる」状況に…。 でも茶道には、「福音は信じるに値する」と証ししたのみならず、「福音は命を懸けるに値する」と証ししたキリシタンの足跡を感じることができるので、何として [続きを読む]
  • 長期少年院でのクリスマス会があります
  • 今年も金沢市内の長期少年院でクリスマス会が行われ、私たちの教会から数名が訪問し、クリスマス会を行います。 少年たちが普段、食べられないお菓子やケーキを用意し、牧師がクリスマスメッセージをします。 賛美歌を歌い、ろうそくに火をつけて「キャンドルサービス」をするのも恒例です。 そこで初めて聖書のお話を聞いたり、クリスマスの意味を知る少年たちもいます。 私は以前、福祉関連の仕事に関心を持ち、「少年院の先 [続きを読む]
  • とっておきのクリスマス2018
  • 水曜日の集会で「とっておきのクリスマス」が行われます。 今年は私が小学校で委員長をしていた時、副委員長だったノンクリスチャンのお母さんが、お仲間と一緒にマンドリンのゲストで来てくれます。 昨年のクリスマスはお客様として来てくださったのですが、お友達が聖句書道サークルに来てくれたり、今年は音楽ゲスト出演など、少しずつ教会の方々との交流が広がってきています。 近くの教会の方やメッセンジャーもお迎えし、明 [続きを読む]
  • 東京でのクリスチャン婚活パーティー、無事終わりました
  • 12月1日(土)無事に全国から約60名の独身クリスチャンが集い、婚活パーティーを主催してきました。 約1か月は準備のために神経を使い、終了後はすごい勢いでマッチング作業に取り掛かっています。 かなり脳が疲れている状態で数日過ごしています。 クリスチャン人口が少ない日本では、独身クリスチャンが集うこと自体が励ましとなり、緊張したりしながらも皆さん楽しんで、活気ある会となったように思います。 会場は東京駅近くの [続きを読む]
  • 明日は東京でクリスチャンの婚活パーティーです
  • 昨日は妹と一緒に私の両親を訪ね、久しぶりにおしゃべりしてきました。 今日は、夜の中高生バイブルクラスの送迎をし、明日は朝早くに新幹線に乗ります。 クリスマスも近い。 全国の独身クリスチャンと出会い、お話しできることを楽しみにしています。 もうちょっと、明日お話しする内容を考えて、早く寝られるといいですが、まだ寝れそうにありません…(>_ 12月にクリスチャン同士の結婚が決まり、私は仲人&奏楽という、戦後 [続きを読む]