☆牧師の妻☆ さん プロフィール

  •  
☆牧師の妻☆さん: 牧師の妻「こころのブログ」
ハンドル名☆牧師の妻☆ さん
ブログタイトル牧師の妻「こころのブログ」
ブログURLhttps://ameblo.jp/pastorswife/
サイト紹介文キリスト教や有名な聖書の言葉の紹介、クリスチャン向けの記事も。
自由文父親と夫がプロテスタント教会の牧師です。教会へは行けない方も、聖書の言葉やキリスト教のお話しに触れて、心に平安がありますように、信仰の励ましとなりますように願いを込めてブログ運営しています。

アメーバブログやFacebookで、クリスチャンの方々とも交流を持っています。3児の母です。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供229回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2012/03/13 14:17

☆牧師の妻☆ さんのブログ記事

  • 牧師が書いた「個性の育て方」聖書に学ぶ子育ての本
  • 大学時代のクラスメートが本を出版しました。 内容は「子育て」のジャンルで、日本と海外の子育て事情の比較や、聖書に基づいた子育てについて書かれているようです。 発売前にAmazon新着「妊娠、出産、子育て」で1位になっていました。 奥さんもクラスメートだったので、どんな子育てをしてきたのか、私も読んでみたいと思っています。 本の紹介の内容で一番共感したのは、◆子どもばかりを愛するのは逆効果! 優先すべきは [続きを読む]
  • キリシタン大名「高山右近」時代の治部煮
  • 土曜日は金沢市の「兼六園」近くにある「ギャラリー・ジュスト」で行われた「「高山右近時代の治部煮を食べる会」に参加してきました。 広阪にあったクリスチャン経営のカフェ「あめん堂」も移転して、カフェ&ギャラリーとなっています。 金沢の郷土料理として知られる「治部煮(じぶに)」は、高山右近が宣教師に振舞った、当時の「シチュー」のような感覚のメニューだったそうです。 すだれ麩やしいたけ、わさびが入るように [続きを読む]
  • 「不信仰な言葉とは?」口から発する言葉の大切さ(7)
  • 前回の続きです。 間違った言葉、不信仰な言葉を口から発すると、私たちはその間違った言葉や不信仰な言葉の実と収穫を食べるようになります。 不信仰なことばを発しないように心掛けましょう。 ①「私はダメだ」と言いません。 それは、神があなたを助け守ることができないと告白することです。 ②「私は価値がない」と言いません。 それは、神があなたをイエス・キリストの尊い血で贖ったことを否定することです。 ③神様の救い [続きを読む]
  • 口から発する言葉の大切さ(6)
  • 最近、水曜日の学び会で「口から発する言葉の大切さ」について、シリーズで学んでいます。 「いつもその人は何を言っているか?」というのは、人生のうちで膨大な積み重ねとなり、やがてその人の収穫となり、実となります。 「人はその口の結ぶ実によって腹を満たし、そのくちびるによる収穫に満たされる。死と生は舌に支配される。どちらかを愛して、人はその実を食べる。」箴言18:20〜21約60万人とも、100万人以上とも言われて [続きを読む]
  • 映画「教誨師」観てきました 大杉漣さん牧師の役
  • 教会は「月曜がお休み」というところが多いと思います。 私も「月曜日は休みらしいことをしよう。」と思い、土曜日の公開日から気になっていた「教誨師」を見に行くことに…。 金沢では3日(土曜日)から、香林坊大和向かいの東急の映画館「シネモンド」で上映されています。 大杉漣さん初のプロデュース作、最後の主演作品 大杉漣さん出演の映画は400本を超えているそうで、最後の主演映画になりました。 映画の公開前、2018年 [続きを読む]
  • キリスト教納骨式式文
  • 今日は納骨式がありました。 北陸の秋は雨の日が多く、冬にかけて雷の日も多いのですが、今日は快晴。日差しが暑いくらいのお天気に恵まれました。 キリスト教納骨式式文 納骨式の式文は、短い中に天国への希望、また主を信じる者同士が再会できる希望について書かれているので、紹介しようと思います。 「天地万物を創造された神は、私たちに「あなたは土に帰る。あなたはそこから取られたのだから。あなたはちりだから、ち [続きを読む]
  • 口から発する言葉の大切さ(5)間違った言葉や告白
  • 今年も「ハロウィン」については様々なニュースに取り上げられていました。 特に都会では騒音やごみ問題などが深刻になり、警備体制も年々、厳重化されてきている様子…。 口から発する言葉の大切さ(5)間違った言葉や告白 今日は、間違った言葉や告白について考えます。 *悪魔がどんなに優れているかを言い表す内容の言葉や告白*悪魔に自分たちがどれだけ打ち負かされているかを言い表す内容の言葉や告白*悪魔はどんなに成 [続きを読む]
  • 第18回金沢聖句書道展2018ダイジェスト動画
  • 日曜日からぜんそくで体調を崩していた息子が数日、学校を休んでいましたが、今日はやっと登校できました。 子供が病気だったり、不登校や引きこもりなどで家にいる、という親御さんは、毎日心配したり、食事の用意をしたり、大変なのだろうなあと思わされました。 そして今日は私は「.(ドット)tsukareru」(どっと疲れる)^^; ですが、お昼から金沢聖句書道展の感謝会に主人と一緒にご招待いただき、出かけてくることができま [続きを読む]
  • 口から発する言葉の大切さ(4)良い言葉とは?
  • 今日も喘息の咳が出ていた息子は学校を休み、明日には学校へ行けるかな…。 口から発する言葉の大切さ(4)良い言葉とは? 私たちは、いつでもみ言葉に基づいて、前向き、積極的、創造的な言葉、良い言葉を発するべきです。 「良い言葉」とは、聖書に基づいて発せられる言葉であり、信仰の言葉です。 *神がどんなに愛に満ちたお方かを表す言葉*神の守りと保護が完全であることに信頼を寄せる言葉*神がいつでも最善をなしてく [続きを読む]
  • 口から発する言葉の大切さ(3)聖書の言葉
  • 急に寒くなり、息子が喘息の咳で学校を休んでいます。 病院へ行ったり、家で過ごしています。 口から発する言葉の大切さ(3)聖書の言葉 前回の続きです。 聖書に書かれている「口から発する言葉」についての箇所を紹介します。 「あなたの口のことばによって、あなた自身がわなにかかり、あなたの口のことばによって、捕えられたなら、わが子よ、そのときにはすぐこうして、自分を救い出すがよい。」(箴言6章2節) 「自分の口 [続きを読む]
  • 口から発する言葉の大切さ(2)イエスの言葉
  • 先週の金曜日は、中高生のアワナクラブ「JV」で「焼肉パーティー」でした。 予想以上に大量で、「牛タン」や「能登牛」などのお肉&お肉屋さんの焼き肉のたれで頂きました。 準備は高校生と一緒に…。「包丁は使わないと上手にならないよ!」 中学生女子チームと。 年齢がいくと「焼肉はちょっと…」という方もいらっしゃるようですが、私は全然平気。 中学生と一緒にガンガン楽しく食べました^^ 口から発する言葉の大切さ( [続きを読む]
  • 口から発する言葉の大切さ(1)
  • 旧約聖書の「出エジプト記」って、昔話のように聞いたり読んだりしていましたが、本当に現代の私たちへのメッセージであるなあ、と最近、思わされています。 口から発する言葉の大切さ(1) 私たちが日ごろ口から発する言葉の大切さは、聖書だけでなく、スポーツや自己啓発、会社運営や様々なところで言われています。 特に、マイナスな言葉がもたらす脳や健康への影響、逆にプラス思考で肯定的な言葉がもたらす影響は、医学や [続きを読む]
  • クリスチャン婚活パーティー@東京のお知らせ2018年12月1日(土)
  • 10月6日(土)にお茶の水クリスチャンセンターで行われた「クリスチャンのための婚活パーティー」。 この1か月は、その後のマッチングや連絡に忙しい月となりました。 東京スタッフと「次、どうする?」と話をしたら、「年内にぜひ!」と前向きだったため、12月に企画しました。 今回は1対1トークと交わり中心の会になります。 12月1日(土)クリスチャン婚活パーティーご案内とお申し込みはこちら 前回は10日ほどで定員50名が満 [続きを読む]
  • 「悪魔に攻撃されていないか?」チェック
  • 今日は地元のクリスチャン結婚支援のミーティングがありました。 最近、いろんな人から声をかけられ、「クリスチャンの結婚支援してるんだって?」という話になります。 今度、12月1日(土)東京で婚活パーティーを企画しようと思います。詳細はでき次第お知らせします。 日曜日の礼拝説教で「ルカの福音書」が終わり、「使徒の働き」に入りました。 ペンテコステの「聖霊」についての話をはじめ、先日のウエルカム礼拝では再び [続きを読む]
  • 教会のバザーがありました
  • 土曜日、教会のバザーがありました。 地域の方々も提供品を持参して下さったり、多数、バザーに来てくださいました。 毎年、好評の手作り品コーナー。ブログ読者さんからの提供日「ヘアゴム」も並びました。 会場の様子。喫茶コーナーでコーヒーやハーブティーが飲めます。 喫茶コーナーの手作りケーキ。完売になりました。 娘たちは学校の日に重なってしまい、別のイベントに参加の子供もいましたが、息子は張り切って [続きを読む]
  • 森永製菓の創業者「森永太一郎」と「マンナ」の由来
  • 前回、森永製菓「マンナ」と荒野の「マナ」についての記事を書いたら、森永製菓の創業者「森永太一郎」についてと、ビスケット「マンナ」の由来についての情報がコメントなどで寄せられました。 ありがとうございます^^ 森永製菓の創業者「森永太一郎」はクリスチャンで、お菓子を売る屋台に聖書の言葉を掲げていたこと、シンボルの「エンゼルマーク」は、神への祈りを込めて自らデザインしたことなどが書かれています。 この人も [続きを読む]
  • 森永製菓「マンナ」と荒野の「マナ」
  • 先日、小4息子がスーパーで「食べてみたい!」と言ったので、森永製菓の「マンナ」を買いました。 森永製菓の創業者はクリスチャンだったようで、シンボルは天使の「エンゼルマーク」になっています。 で、数年前まで「マンナ」のパッケージに説明書きがあったのですが、今回、いくら探しても見当たらなくて残念。 以前あった説明書きには、「マンナは旧約聖書のマナが由来です。」というようなことが書かれていたのに、いつから [続きを読む]
  • 土曜日に教会バザーがあります
  • 今週土曜日に教会でバザーが開催されるので、今日の午前中の集会の時間に値付けの作業が行われました。 先日、郵便でブログを読んでくださっている方から提供品が送られてきました。かわいらしい手作りのヘアゴム。ありがとうございました! 何かお礼に…と思い、クリスチャンの結婚セミナーや婚活パーティーの時に配布している冊子をお送りさせていただこうと思います。 私が書いたもので、64ページの冊子です。お送りしますので [続きを読む]
  • Deep River黒人霊歌「深い河」
  • 先日の「神を信じて、食べていけるか?」という記事で少し触れましたが、ヨシュアが約束の地に入るためにイスラエルの民を率いてヨルダン川を渡ったことをいろいろ思いめぐらしています。 「Deep River」という有名な黒人霊歌がどうもこの「ヨルダン川」を題材にしているようなので、改めて聴いてみました。 日本語訳では「深き河」となり、歌詞はいろんな訳があります。 「深い河を超えて さあ行こうよ」という歌詞が私の中で [続きを読む]