あいさいちゃん さん プロフィール

  •  
あいさいちゃんさん: 体験農園 『愛菜塾(あいさいじゅく)』
ハンドル名あいさいちゃん さん
ブログタイトル体験農園 『愛菜塾(あいさいじゅく)』
ブログURLhttp://aisaijuku.blog.fc2.com
サイト紹介文2012年3月、北九州にて体験農園を開園。 野菜作り初挑戦の会員さんにも安心安全な野菜作りを指導。
自由文北九州ではまだまだ知れ渡っていない体験農園ですが、
会員さんは農作業できる服装で参加し、園主の指導のもと畑の畝を作り、種蒔き〜収穫まで全て自分の区画を責任を持って野菜を育てます。自分で育てた安全な野菜は収穫して持ち帰ることが出来ます。
また会員さん同士のふれあいも多く、楽しい農園になると期待しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/03/14 10:19

あいさいちゃん さんのブログ記事

  • 30年度第15回講習会(7月13日、14日)
  • 前回の講習会は豪雨で農園は水浸しで畑には入れず、講習棟の中は入り口付近に水が溜まってました。講習会の無かった先週も豪雨で避難勧告、避難指示などテレビでスマホで緊急速報が次々と入ってきて不安でしたが今週になって、焼け付くような暑さが続いて土の表面はカチカチ!ひび割れまで入っています。講習棟でプリントの説明をした後、急いで畑へ。作業の前に、まずは急いで水掛け。時間とともに気温がグングン上がりますから、 [続きを読む]
  • 再び、豪雨!
  • 7月6日、豪雨です。凄い降り方であちこちで災害も出始めてました。。避難勧告、避難指示などテレビやスマホで次々と緊急速報がありました。農園の様子は道路から見た畑は水浸し、手前のU字溝は大きいのですが溢れてます。川もいっぱいになってて水が流れる所が無い状態です。みんなが歩く通路部分は川のようになってて、畝の間も水浸し。7月9日、大雨に浸かった畑は畝が潰れたようになってたりしてます。何カ所かの支柱が倒れてい [続きを読む]
  • 30年度第14回講習会(6月29日、30日、7月1日)
  • 29日金曜日は、夜中3時頃からの激しい雷雨。朝には北九州にも大雨警報も出ていたため、金曜の農園の講習会は日曜の午後に変更すると会員さん全員に連絡。30日土曜日も朝から雷と雨で、光ると同時に轟音で変更を考えましたが講習会が始まる9時頃は降り方も少し弱まって何とか講習会をしました。説明だけで解散。雷で危険ですから収穫も作業も出来ません。昨日からの豪雨で農園は水浸し。講習棟の中も水が溜まってました。上の田んぼ [続きを読む]
  • 30年度第13回講習会(6月15日、16日)
  • 落花生苗の植付け。4ポットの苗を植えました。本格的な梅雨になる前にゴボウの収穫。サラダゴボウなので短形ですが、土が固まっていると抜けません。スコップで掘って収穫。じゃが芋の収穫。4種類6株のじゃが芋。食べ比べが楽しみです。さつま芋の苗植え。 高めの畝を作りシルクスイート、安納芋、紅はるか、パープルスイートロード、紅あずま、の順に各1本、計5本の苗を植えました。植付だけでなく、収穫や手入れも増えてきまし [続きを読む]
  • 30年度第12回講習会(6月8日、9日)
  • ズッキーニが生長し始め雄花と雌花が咲き始めました。芯を止めたリッチーナも脇芽が伸び始めました。すぐにネットから脱走するので、しっかりネットにもどしてあげましょう。ゴーヤも9節目で摘心して脇芽を育てます。トウモロコシ、雄穂と雌穂が出てきたのでしっかり受粉させましょう。雄穂を切り取って雌穂に振りかけて受粉が上手く行くように。2本仕立てにするナスに本支柱を立て主枝を結び付け、皆さん、???となるナスの剪定 [続きを読む]
  • 30年度第11回講習会(6月1日、2日)
  • この時期になると、野菜の収獲と手入れが忙しくなります。立派なキャベツを収獲。ネットを掛けて虫の侵入を防げば、農薬使わなくてもきれいなキャベツが出来ます。じゃが芋も収獲。ヒユナが大きくなってきた人は、下の脇芽を残して摘心して脇芽を育てます。キュウリの剪定作業も始まりました。赤ちゃんキュウリ、油断しているとおばけキュウリになってしまいます。じゃが芋は茎の枯れた株から収獲です。ミニトマト、油断していると [続きを読む]
  • バーベキュー♪(5月27日)
  • ベテラン会員さんが発起人になってバーベキューの計画を立ててくれました。5月27日日曜日午後3時から園主宅。 それぞれ用事もあり、今回は20名ほどの参加でした。天気予報でずっと傘マークになってて心配でしたが、参加者の中に晴れ女の会員さんがいて、もしかしたらと期待していたら前日になって傘マークが消え、予定通り開催出来ました。人数が多いので大型と小型のバーベキューコンロ2台で次々焼きました。肉、焼きます!こっ [続きを読む]
  • 30年度第10回講習会(5月25日、26日)
  • 14の畝のうち13畝はすでに野菜が植わっていますが、最後の畝、6番目の畝に野菜の苗を植えます。モロヘイヤ、オクラ、青しそ、エンサイツルムラサキを2ポットずつ植える予定が苗が揃わず、モロヘイヤ、オクラ1ポットずつとツルムラサキ2ポットは次回。ミニトマト4本植えてますが、そこにバジルを植えました。ナスの間にはニラも植えました。ブロッコリーが急激に大きくなってきたので収穫です。キャベツもそろそろ収穫が始まります [続きを読む]
  • 30年度第9回講習会(5月11日、12日)
  • 先週に続き、苗の植え付けがいっぱいあります。ズッキーニ、オカワカメ、ゴーヤ、タカノツメ、ネギ。ネギは、ズッキーニと先週植えたリッチーナの側に植えます。先週植えたナスやミニパプリカの脇芽取り。ナスは2本仕立て、ミニパプリカは3本仕立てにします。足元の脇芽は早めに取り除いてしまいます。虫も次々現れます。説明すると、写真を撮って名前もメモしてました。スマホで検索すれば情報も得られて便利ですよね。さつま芋は [続きを読む]
  • 30年度第8回講習会(5月4日、5日)
  • 今回は植え付ける苗がいっぱい。ミニトマトはピンキー、アイコ、千果、オレンジ千果の4本、ヤーコン2個、次の畝にナス2本、ミニパプリカ赤とオレンジの計2本、つるなしインゲン3〜4本植え4ポット。キュウリは夏すずみとシャキット、つくね芋2ポット、リッチーナ1本、モロッコ豆2本。アルミホイルはウリハムシ対策。作業が多いので、会員さんも大忙し。じゃが芋の茎葉が茂ってきました。玉ねぎの茎が折れ始めたので収穫時期になりま [続きを読む]
  • 30年度第7回講習会(4月20日、21日)
  • 井戸で野菜や道具を洗った水が流れて行く農園のU字溝には畑の土もその度に一緒に流れるので草が生えやすくなります。年に何度か草取りや泥除けしなければなりません。今回、やっとお天気も良かったのでみんなで草取り。金曜日に半分ほど終わらせました。土の乾き具合も良くなったので、1年目の会員さんに電動耕運機イーピコの使い方を教えました。練習してもらいました。その後、各自作業へ。間引き収穫する野菜も増えてきました [続きを読む]
  • 30年度第6回講習会(4月13日、14日)
  • ボカシ作りです。ヌカ、鶏ふん、油粕、骨粉を使います。色が様々ですが、均一になるように混ぜます。糖蜜とEM菌を混ぜた水を掛けながら更に混ぜます。みんなで水分確認です。1年目の会員さんは初めてのボカシ作りです。ギュッと握って開いた時に一瞬固まってその後ポロッと崩れるように調整します。先週播種したトウモロコシの間に枝豆を播種しました。心配していたダイコンサルハムシが少ないようで葉物がきれいです。農薬使って [続きを読む]
  • ホウレン草に異変(4月9日)
  • 9日月曜日、農園に来た会員さんから連絡が入りました。ホウレン草の葉が変!だと。土曜日にきれいな葉で生長していたホウレン草ですが、なぜ?チェックに行くと、全員の葉がこんな状態になってました。生理障害?何らかのガス障害が出たようです。抜いてみると、根はきれいなままです。亜硝酸ガス障害はPHが低い酸性の時、アンモニアガス障害はPHが高いアルカリ性の時。6,7。 アンモニアガス障害のようです。春先の急激な温度上昇 [続きを読む]
  • 30年度第5回講習会(4月6日、7日)
  • 金曜日、夜から続いた雨で、作業出来るか微妙な状態でしたが小雨が降り続いただけなので、、畑の土の下の方は濡れてません。天気が良くなってから出直す人とちょっと濡れながら作業する人に。そばの芽の大きくなっている物を収穫。そら豆も春になって生長中。追肥を少し、根元に土寄せもしました。が、モグラのトンネルがあちこちに。野菜たちが次々と発芽しています。土曜日、夜中も時々強い雨が降って、講習会になっても雨は止み [続きを読む]
  • 30年度春のピザ焼き交流会(3月31日)
  • 3月2日、3日から始まった30年度の体験農園。4週に渡って種蒔きなどの作業をしましたが、31日には第1回交流会で皆さんお楽しみのピザ焼き!今回は総勢42名、70枚のピザを作って焼きました。生地をこねるところから始まります。1つのボウルに入れる粉にぬるま湯を入れてこねて発酵すると2枚のピザが作れるので35袋こねて、次々発酵させました。子どもたちも粉をこねたり、ゆで卵のカラを剥いたり。トッピング材料も小さく切り分け [続きを読む]
  • 30年度第4回講習会(3月23日、24日)
  • 今週ずっと雨でした。やっと木曜日には止んだのですが金曜日の畑は入れません。作業は、また先延ばしです。ソバが芽を出しました。ホウレン草の芽もたくさん出ています。先週、チラホラだったサラダカブも今週は一斉に出ています。土曜日、微妙でしたが、何とか作業出来ました。キャベツ、ブロッコリーの苗の植え付けです。育苗センターで2月1日に蒔いて育ててもらった苗ですが、今年は気温が低かったために大きくならなかったそう [続きを読む]
  • 30年度第3回講習会(3月16日、17日)
  • 今回は8種類の野菜の種蒔きです。二十日大根、大根、スイスチャード、サラダ春菊、赤しそ、小松菜、サラダ水菜、ヒユナを2畝に種蒔きします。先週と同じ状態です。16日金曜日、夜中に雨が激しく降って、朝まで降り続いたので畑に水が溜まり、作業が出来ません。先週に種蒔き作業を一度やったので、水が引いてから各自作業をすることに。土曜日、お天気になりましたが、天気予報の昨日の午後の晴れは外れたので農園の土の状態は期待 [続きを読む]
  • 30年度第2回講習会(3月9日、10日)
  • 9日金曜日、明け方まで雨が降ったので、農園の作業は出来ません。説明だけで、明日以降各自で作業することになりますが1年目の会員さんは種蒔き作業は今回が初めてなので日曜午後に作業の指導をすることにしました。10日土曜日、土の状態はまだまだですが、どうにか作業出来ました。1年目の会員さん、初めての種蒔きです。人参がきれいに発芽するにはポイントがいくつかあるので特に慎重に。ダイコンサルハムシを1匹捕獲。1年目の [続きを読む]
  • 30年度第1回講習会(3月2日、3日)
  • 30年度の体験農園がスタートしました。天気も良く、参加者も多く、作業もし易い状態でした。講習棟で作業の説明などをした後、畑へ移動。作業開始です。区画の境にある杭にヒモを引っ張ってから、溝上げして通路を作ります。1年目の会員さんにとっては、初めての作業が重労働です。7年目、6年目の会員さんは要領よくサッサと溝上げしていきます。皆さん頑張っていました。溝上げが終わってから今回はジャガ芋の植え付けがあります [続きを読む]
  • やっと準備が出来ました。(2月23日)
  • 雪が降ったり、雨が降ったりで農園の準備が出来ず困っていましたがどうにかトラクターが入れる程に乾いてきて、やっと耕す事が出来ました。一番手前の園主の区画に見本を作ってます。隣の区画との間の溝上げが最初の作業で肉体労働になります。1列だけ年度を越す畝があります。そら豆、ニンニク、玉ねぎが植わっています。30年度第1回講習会が3月2日、3日です。 [続きを読む]
  • 29年度ふくおか農業体験農園シンポジウム。(2月8日)
  • 2月8日福岡市、パピヨン24で29年度ふくおか農業体験農園シンポジウム。久山ファームの山邉会長のあいさつ。京都農業体験農園園主会会長で全国農業体験農園協会の理事、「すこやかファームおとわ」の溝川氏あいさつ。山邉会長がふくおか農業体験農園園主会の19農園を写真を映しながら紹介。その中の3農園の園主が自農園の特徴を紹介。2農園から体験者の発表もありました。 [続きを読む]
  • 説明会
  • 農事センターで3農園合同の説明会がありました。農政の担当者が市民農園と体験農園の違いなどを説明し、園主が自分の農園の特色などを説明しました。利用者の体験談は、愛菜塾の1年目の会員さんにお願いしました。奥さんが来れなくなってご主人がピンチヒッターです。昨年の説明会に参加して入園したので、その時の気持や1年やってみての感想などを。奥さんから託されたフリップもよく出来ていました。自分で栽培してならではの情 [続きを読む]
  • 29年度第32回講習会(1月26日、27日)
  • 29年度最後の講習会になりました。1列だけ残るそら豆、ニンニク、玉ねぎに追肥する以外は収穫と片付けた畝に堆肥や肥料を混ぜておく作業です。残っている野菜を全部収穫します。今年の大根は大きくならないまま。ミニ大根みたいですが、全国的に野菜が高騰したまま、天候が原因なのでどうしようもありません。ブロッコリーは皆さん良く出来ていました。キャベツは生長が間に合わない物が多かったようです。もう1ヶ月ほど経てば、し [続きを読む]
  • 29年度第31回講習会(30年1月12日、13日)
  • 北九州も冷え込んで雪に覆われてしまいました。ネットも雪で潰されそうです。人参の葉が見えてはいますが・・・。ニンニクや玉ねぎもそら豆の苗も雪に埋もれてます。この雪の中来られた会員さんもいましたが、作業のプリントを渡し説明と来年の契約手続きのみ。作業は無理です。土曜日には雪も解けましたが所々残ってます。土が凍って踏むとバリバリ音がする所もありました。野菜たちは無事です。ほとんど傷みも見えません。作業は [続きを読む]
  • 29年度第30回講習会(12月22日、23日)
  • 一番厄介なモグラが増えてるようです。上から見てわからなくても棒を刺すとズボッ!ズボッ!と、空間に刺さっていきます。空間になったままでは、野菜の苗の根が宙ぶらりんになって肥料も水も吸えず枯れてしまいます。出来るだけ空間を潰していかなくてはいけません。子どもも頑張ります。どうしてもミミズが増えてモグラも増えてしまうようです。罠も本道に仕掛けなくてはいけないようで、そうなるとお手上げです。風車やその他の [続きを読む]