戸育ぬり恵 さん プロフィール

  •  
戸育ぬり恵さん: 熱血!TOEIC満点ブログ
ハンドル名戸育ぬり恵 さん
ブログタイトル熱血!TOEIC満点ブログ
ブログURLhttp://beyond990.blog91.fc2.com/
サイト紹介文TOEIC&SWテスト満点(1390点)にチャレンジ中。ブログ更新回数と練習量なら誰にも負けません!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/03/17 09:02

戸育ぬり恵 さんのブログ記事

  • 英検結果
  • 【2018年度第1回英検結果】【1級】 二次試験          前回 ⇒ 今回 SPEECH   7/10 ⇒  9/10Q&A      6/10 ⇒ 10/10 GRAMMAR   6/10 ⇒ 9/10 PRONUN      6/10 ⇒ 10/10Total        25/40  ⇒ 38/40CSE   627/850  ⇒ 691/850 自己ベスト更新。前回自己ワースト32/40 (629)だったので、素直にうれしい。それにしても「主観評価」テストはスコアが読めな [続きを読む]
  • 【英検とW杯】
  • 英検に合格されたみなさん、おめでとうございます。個人的な考えですが「合格」は「ワールドカップ出場」(グループリーグ参加)というイメージを持っています。英検は「合格」すると卒業する人が多いわけですが(私もそうでしたが)「合格」は「ワールドカップ出場」(グループリーグ参加)当たりではないか、というイメージを持っています。【英検とワールドカップ】2630〜2800点台 「グループリーグ」(敗退)2900点台 「ベス [続きを読む]
  • 英検二次
  • 面接委員:日本人男性+外国人男性5つのトピックを見たら3つぐらいが準備したことのあるトピック。「表現の自由」は英作文でも面接でもやったことがあるトピックで「また同じでは面白くない」と感じる。そこでまだ選んだことがないgenetic engineering(遺伝子操作)を選ぶ。立場は肯定で、論点は、medical progress, food supply, protection of endangered speciesだいたいこんな感じ。It has been a contentious issue whethe [続きを読む]
  • 英語スピーキング
  • 「英語スピーキング」という本が出版された。「英検1級二次試験の対策として効果的か」という観点からレビューしてみたい。「英語スピーキング」(森 秀夫 DHC)定価:2,300円(税抜)この本には30個のトピックに対して賛否両論合計60個のスピーチが掲載(音声あり)されている。【プラス評価】①分量が適切英検1級二次試験のスピーチは2分。掲載スピーチはちょうど2分以内に終わる分量である。「本番にそのまま使える長さ」とい [続きを読む]
  • 一次試験の復習
  • 英検一次試験のスクリプトが公開された。R,Lどちらも3ミスずつしてしまい悔しいので間違えたところを振り返ってみる。(3) Despite the ( ) efforts of every player, the team lost the champion ship.1 vicarious 2 palliative 3 legible 4 vailant正解:4 vailant◆敗因:なぜか1をvibrant(活気ある)と勘違いしてしまった。ただ、valiant effortsとはいうが、vibrant effortsとは言わないようだ。どっちにしても10回以上学んで [続きを読む]
  • 自己採点
  • 【1級】リーディング: 38/41(3ミス)◆語彙:24/25 (3) valiant (勇敢な(が選べず2回目の満点を逃す!◆長文:14/16 (空所6/6、内容8/10)※前回は31/41だったので持ち直す。語彙で1問落としたのが痛い。予想得点:750リスニング::24/27(3ミス)◆Part 1: 10/10◆Part 2: 9/10◆Part 3: 3/5◆Part 4: 2/2※前回は22/27だったので2点アップ。予想得点:740RL合計でCSE1490ぐらいか。となるとWはCSE800点越えないといけないか [続きを読む]
  • 2018年度第1回
  • 2018年度第1回英検5回連続の「ダブル受験」(午前準1級+午後1級)【準1級】語彙が意外と難しく悩んだ問題が1問。なんとか全問正解らしい。リスニング最後の1問だけぼーっとしていてヤマカンで答えた。満点は難しいかも。【1級】語彙問題好調だったが(3)をミスった。valiant(勇敢な)が正解だったがvicariousを選んでしまう。24問正解らしい。ライティング語彙のあとはライティング。なんと「東京オリンピック」が話題。このトピ [続きを読む]
  • 過去問2009-3
  • 英検1級・過去問チャレンジ2009年度第3回大問① 語彙問題 (24/25)1問ミスしてしまった・・・(3) have the audacity to ずうずうしくも〜する(5) indiscretion 軽率さ(9) renege on a promise 約束を破る(14) a liability to 〜 〜にとって厄介者(22) blot out 覆い隠す大問② 長文空所問題 (6/6)Patently Ridiculous対立型。特許制度。特許権はイノベーションを促進するための制度だが、費用がかかることがネックになり、新製 [続きを読む]
  • 過去問2010-1
  • 英検1級・過去問チャレンジ2010年度第1回大問① 語彙問題 (25/25)(1) repatriate 強制帰国さごせる(6) stammer 口ごもる大問② 長文空所問題 (6/6)Email Patterns会社が社員のEメールをチェックすることは必要なのか、それともプライバシー侵害なのか?The Future of Food Systems食料生産者がコングロマリット化し、従来の小規模生産者が減少している。これは消費者にはプラスと思われるが、実は産業自体を脆弱化させている。 [続きを読む]
  • 過去問2010-2
  • 英検1級・過去問チャレンジ2010年度第2回大問① 語彙問題 (25/25)(2) flaunt one's wealth 富を見せびらかす(5) pamper oneself 自分にほうびを上げる(8) gloat over あざける(19) be impervious to 〜を気にしない(21) defuse the situation 状況を鎮静化させる(23) tip off the police 警察に密告する大問② 長文空所問題 (6/6)Ivy League vs.State Universities私立大学アイビーリーグと州立大学のせめぎあい。州立大学は [続きを読む]
  • 過去問2010-3
  • 英検1級・過去問チャレンジ2010年度第3回大問① 語彙問題(25/25)(5) vent 吐き出す vent one's frustration(6) a deluge of complaints クレームの嵐(11) squeamish すぐに気分が悪くなる(12) elusive animal  見つけにくい動物(18) tepid coffee ぬるいコーヒー(22) cop out 責任を逃れた大問② 長文空所問題(5/6)Russian Farming農業大国ロシアがソ連になったとき中央集権的な農場を導入したが農民のやる気が下がり穀物輸入 [続きを読む]
  • 過去問2016-2
  • 英検1級・過去問チャレンジ2016年度第2回大問① 語彙問題(25/25)(3) banal = 通俗的な、ありふれた。(6) be reminiscent of = 〜を思い出させる(7) premise=前提、主張(20) expletive= 罵り言葉(25) roll out= release 大問② 長文空所問題(6/6)HMS Dreadnought.(3/3)「超ド級」という表現のもとになった米軍艦はすごかった⇔時代遅れで戦争につながったHumanitarian Aid (3/3)人道的支援の是非。「常識的を覆す」とい [続きを読む]
  • 過去問2016-3
  • 英検1級・過去問チャレンジ2016年度第3回大問① 語彙問題(25/25)◆ (4) auspicious = 縁起の良い、で覚えていた。「いけそう」という意味があるんだって。◆ (5) contingency= 緊急事態◆ (17) mayhem= 大混乱。騒動とか混乱とか混沌が英検は大好き。◆ (22) bargain on= 予測する 大問② 長文空所問題(6/6)Teaching Gifted Children.(3/3)学力アップのために、低学力生徒のケアをすると、優秀な生徒のケアがないが [続きを読む]
  • 過去問2017-1
  • 英検1級・過去問チャレンジ2017年度第1回大問① 語彙問題(25/25)◆ (13) corroborate = 確証する、証言する◆ (18) equitable= 公正な。本番でできなかった。悔しい!◆ (21) commotion= 騒動。2010年度第1回でも出題。commotionはリサイクル問題なのでできなかった。情けない。 大問② 長文空所問題(6/6)Pirate Radio in the U.K.(3/3)海賊放送局が社会に与えた影響は何か?A Look at Recycling (3/3)リサイクルはメ [続きを読む]
  • 過去問2017-2
  • 英検1級・過去問チャレンジ2017年度第2回大問① 語彙問題(25/25)◆ (7) skirmishes = 小競り合い。◆ (24) pile in= どっと乗り込む。感想:昨年10月に受験した本番では全問正解。 大問② 長文空所問題(6/6)Election Polling「ヒラリーが勝つ」という予想がなぜひっくりかえったのか?大統領の選挙予測が外れた理由の分析。3段落のそれぞれにhoweverが登場するので解きやすい問題。The Productivity Paradoxタイトルがい [続きを読む]
  • 過去問2017-3
  • 英検1級・過去問チャレンジ2017年度第3回大問① 語彙問題(25/25)◆ (12) rift = 裂け目、不仲。2012年度第2回でも出題。◆ (23) ride out= 乗り越える。tide overと同意。◆ (25) dawn on= わかる。2011年度第3回でも出題。感想:1月に受験した本番では上記3問をミス。しかも、うち2問は過去問からのリサイクルだったことに自分を許せない(笑) 大問② 長文空所問題(4/6)Arendt and Eichmannうむむ、(28)をまた間違え [続きを読む]
  • 第228回スコア
  • 通算15回目の990点。やれやれ、「6連敗」でやっと止まった。それにしても、15回も990点をとっているのに「満点」(アビメオール100)が1回もないのには感心する。(というか、恥ずかしい)今年中に通算20勝は達成したい。 [続きを読む]
  • 過去問2009-2
  • 英検1級・過去問チャレンジ2009年度第2回大問① 語彙問題(25/25)「パス単」「でた単」トレーニングのおかげで安定している。(11) quandary (板ばさみ)(20) languish (低迷する、元気がない)(21) felicity (至福) felicitous (適切な、幸運な)大問② 長文空所問題(5/6)1ミス。空所問題のポイントは空所の前後、特に空所の後に書いてあることのイメージをいかに正確につかむか、である。大問③ 長文内容正誤問題(8/10)「伝 [続きを読む]
  • 過去問2009-1
  • 英検1級・過去問チャレンジ2009年度第1回大問① 語彙問題(24/25)「パス単」「でた単」トレーニングのおかげで安定している。(3) dislodge (はがれる)(7) corroborate (確証する、裏付ける)(15) debunk (反証する)(22) rail against (非難する)(25) wriggle out of (いやなことを避ける)大問② 長文空所問題(5/6)1ミス。空所前  「両親はサンディーに兄を許すように諭した」空所後  「彼(兄)はぜったい変わらない [続きを読む]
  • 英検表彰式
  • 本日3月26日は2017年度「英検成績優秀者表彰式」に行ってきました。会場は「ANAインターコンチネンタルホテル」(東京都港区赤坂)イベント司会は住谷美紀アナウンサーでした。(2年前の澤田先生受賞のときと同じ)さすが、プロの司会は安定感がありますね。私は「奨励賞」の3位(銅メダル)を受賞したのですが、2017年度第3回の「2888点」がランクインしたらしいです。奨励賞1位(金メダル)は「一級さん倶楽部」メンバーのtocosさ [続きを読む]
  • 過去問2008-3
  • 英検1級・過去問チャレンジ2008年度第3回大問① 語彙問題(25/25)「2018年度第1回」に続いて全問正解。4つの選択肢がほぼ全部知っているので、自信を持って選べた。やっぱり「パス単」「でた単」のトレーニング効果が大きい。(3) contrition(後悔)は、昨日覚えた単語。(4) in tatters (ぼろぼろの)(5) be adamant that (頑固に主張する)(11) endemic(地域、地方特有の) epidemic (伝染性の)(14) forgo (見合わせる) [続きを読む]
  • 英検長文問題
  • 次回6月の一次試験ではRで満点が取りたい!語彙問題は2017年度第2回で「25問全問正解」を達成しているのだが、長文問題は「16問中15問正解」がベストでいまだに全問正解は未達成。しかも、前回は「16問中9問」という大惨敗で苦手意識がある。では、長文問題ができるようになるにはどうすればいいか?一般論としては「専門的な内容の英文を大量に読む」「英文を読むことを習慣化する」ということになるが、英検1級対策としてはやは [続きを読む]
  • 過去問2008-2
  • 英検1級・過去問チャレンジ2008年度第2回大問① 語彙問題(21/25)(3) acrimony = とげとげしさ(7) immunity = 免除 (免疫だけではない!)(12)pique one's interest =興味を刺激する(16)scuttle a plan =計画をダメにする。大問② 長文空所問題(6/6)ノーミスで切り抜けた。大問③ 長文内容正誤問題(9/10) (40) 「バイオデバイス」が人工的なものかそれとも自然のものを含むのか、の読み取り。リスニング問題( 25/27 [続きを読む]
  • 過去問2008-1
  • 英検1級・過去問チャレンジ2008年度第1回大問① 語彙問題(25/25)has an insatiable appetite =とても食欲があるin abject poverty =絶望的な貧困で大問② 長文空所問題(5/6)全体の要約になっているパターンにひっかかかる。大問③ 長文内容正誤問題(8/10)(38) (40) 詳細部分の読み飛ばし。「最後の二択」で敗れた。リスニング問題( 25/27)Part 1 : 9/10Part 2 : 8/10Part 3 : 3/5Part 4 : 1/2合計 :21/27ダメです。 [続きを読む]
  • 英検奨励賞
  • 英検協会から「英検奨励賞」の受賞通知および「表彰式」への招待が届きました。ところで「英検奨励賞」とは何か?「過去10年間で1級を3回以上合格した方の中から、英検CSEスコアが上位の方に贈られます」・・・とあります。(日本英語検定協会サイトより)どんなに高いスコアをとっても「合格3回以上」じゃないともらえない、というのがこの賞のミソですね。要するに「英検マニア」しかもらえない。逆に言うと「英検奨励賞」とは英 [続きを読む]