うさうさのプチファーム さん プロフィール

  •  
うさうさのプチファームさん: 北安曇野ぶどう畑とワイン
ハンドル名うさうさのプチファーム さん
ブログタイトル北安曇野ぶどう畑とワイン
ブログURLhttp://usafame.naganoblog.jp/
サイト紹介文長野県大町市と池田町でワイン専用ぶどうを栽培。北アルプス、ワイン、ワインぶどう栽培のお話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2012/03/19 11:30

うさうさのプチファーム さんのブログ記事

  • ウォータープレスを使ってみました
  • 来年に備えて、ウォータープレスを使ってみました。畑に残っていたぶどうをかき集めて、プレスに投入。水道とプレスをホースでつないで、水圧をかけると、ぶどうの果汁がジュワジュワ〜としみだしてきました。ジュースは受皿に集まり、バケツに落ちます。果汁を搾った後、プレスの蓋を開けると、中はこの状態。説明書より低い水圧だったにもかかわらず、よく搾れたという印象。真ん中の黒いゴム筒の所が水で膨らんで、ぶどうを押し [続きを読む]
  • 手動破砕機を使ってみました。
  • ぶどうの粒を潰す「手動破砕機」を使ってみました。畑に残っていたぶどうをかき集めてきました。赤い丸い板についたレバーを回すと、歯車が回って、ぶどうが潰れます。ぶどう受けは無いので、漬物桶の上にのせています。破砕機ですが、除梗もある程度できました。でも、手除梗した粒を潰した方がきれいなワインになりそうです。ぶどうの下に歯車の噛みあう部分があります。潰れたぶどう、二番果なので粒が小さくて丸いままのが多い [続きを読む]
  • ワインぶどう染のストール
  • 「今年のワインぶどう染は綺麗に染まりました」と、信濃大町染め工房さんからストールをいただきました。私の栽培するぶどう 富士の雫(カベルネ・ソーヴィニョン×山葡萄) の搾りかすで染めています。赤紫のストールと、濃い紫のストールがあります。搾りかすから、こんな素敵な色が出るなんて、嬉しいですね。 [続きを読む]
  • うさうさのプチファーム「小さな醸造所」 基礎と足場
  • うさうさのプチファーム「小さな醸造所」工事が進んでいます。コンクリートの養生シートが取り払われて、基礎が見えてきました。自分でも小さいなと思いつつ、私にはこのくらいが丁度いい。お昼ご飯を食べていたら、足場屋さんがやってきました。用事があって出掛け、帰ってきたら、足場ができていました。「小さな醸造所」ですから、足場も小さい。「小さな醸造所」興味のある方はこちらもご覧ください。http://cf-shinshu.jp [続きを読む]
  • 松本市 山辺ワイナリー
  • 久しぶりに、松本市の山辺ワイナリーに行ってきました。美ヶ原へ登る道沿いで、農産物直売所とレストラン・売店を併設した山辺ワイナリーは、平日でも観光客が訪れる人気スポット。 大勢の人が通る道沿いにワイナリーと農産物直売所をつくるのは、農協の得意分野ですよね。(山辺ワイナリーは農協のワイナリーです)農協は、農家に一番近く、お金もあるから、うらやましい。デラウェアのワインを瓶詰してました。農産物直売所、梨 [続きを読む]
  • 「特定施設設置届出書」のこと
  • 「特定施設設置届出書」を提出しないと、醸造所の下水道工事を認めないと大町市がいうので、しぶしぶ提出しました。特定施設になると排水の水質検査をしなければならないので、届けたくなかったのですが、長野県の環境課の指導でどうしても必要だと言うことなので。年間100本もワインをつくらないところで水質検査が必要ですか?常識的に考えて変だと思いますが、飲料をつくるところは全て提出させるのが長野県環境課のやり方らし [続きを読む]
  • 大町の紅葉
  • 北アルプスの山頂からおりてきた紅葉、もう直ぐ里に届きそうです。ぶどう畑でも、紅葉が始まりました。ここの畑スチューベンは、毎年早く色づきます。色づき始めたら、剪定します。青空と北アルプスの紅葉、気持ちがいいなあ。 [続きを読む]
  • ウォータープレスが届きました。
  • ぶどうの果汁を搾るウォータープレスが届きました。イタリアのZAMBELLI社の製品で一番小さな20ℓタイプ。イタリアではお手軽なプレスだと思いますが、輸入すると10万以上になってしまいます。でも、日本にはこういうお手軽のプレスはないから。筒の真ん中に風船みたいなものがあって、そこに水を入れて膨らませ果汁を搾るのがウォータープレスです。これで、ハウスワインをつくります。「農家民宿でワインをつくって乾杯しようプ [続きを読む]
  • ポルトガル食堂のお弁当「クラシコBox」
  • 松本のポルトガル食堂「フジクラシコ」のお弁当(¥1000)を食べてみました。メニューは、・バカリャウとポテトの卵炒め・豚肉とポテトのマッサ炒め・ポルトガルバーガー ビファーナ ちびなど、9種類。バカリャウは干し鱈、マッサはパプリカをペーストにした調味料、ビファーナは汁の多いお肉。どれも聞きなれない言葉だけど、お味は舌に馴染み美味しくて、ワインにもぴったり。ポルトガル料理は魚やお米を使うので、日本の料理 [続きを読む]
  • 信州安曇野「池田町ワイン祭」に参加しました。
  • 10月14日、信州安曇野「池田町ワイン祭」でうさうさのプチファームのワインを提供させていただきました。好天に恵まれ、大勢の方がいらっしゃいました。開始前からワインコーナーに行列ができる程で、無料ワインは早々と無くなってしまいました。飲めなかった方、本当に申し訳ございませんでした。うさうさのプチファームでは、来年の秋、大町にて「お得な飲み放題プラン」を計画しております。また、よろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • ポポーの時期ですね
  • ポポーの収穫をしました。熟すと自然に落ちてしまうので、青いうちに収穫します。追熟させるとトロピカルな匂いがプンプンします。最初は珍しくて食べるけど、すぐに飽きて、最後は捨ててしまう。ポポーは日持ちしなくて、種が大きいのが難点だな。でも、花はきれい。気がつかない程ひっそりと咲きます。下向きの鈴のような花です。伸びやかな樹形も美しい。これからの季節は黄葉が素敵です。 [続きを読む]
  • ボスケソのチーズ KARAMATSU
  • ボスケソ チーズラボ のクラウドファンディング返礼品が届きました。4種類のチーズ詰め合わせ。さっそく食べてみました。セミハードの「KARAMATSU」酒蔵の匂いがします! でも、匂いから想像する癖はない。旨味とコクがあって、セミハードチーズだけど和食に合います。日本酒にもワインにも合いそうな美味しいチーズ。私は自分のワイン「渋田見ルージュ」と一緒に。もちろん相性バッチリ。 [続きを読む]
  • 「小さな醸造所」地盤調査をしました。
  • うさうさのプチファーム「小さな醸造所」の地盤調査をしました。 こんな機械がやってきて、地面に鉄棒を突き刺し、地盤を調べていきました。「小さな醸造所」だから、数ヶ所調べるのだろうと思ったら、何ヶ所も丁寧に調べました。地盤に問題が無ければ、10月5日から工事に入ります。 [続きを読む]