うさうさのプチファーム さん プロフィール

  •  
うさうさのプチファームさん: 北安曇野ぶどう畑とワイン
ハンドル名うさうさのプチファーム さん
ブログタイトル北安曇野ぶどう畑とワイン
ブログURLhttp://usafame.naganoblog.jp/
サイト紹介文長野県大町市と池田町でワイン専用ぶどうを栽培。北アルプス、ワイン、ワインぶどう栽培のお話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供150回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2012/03/19 11:30

うさうさのプチファーム さんのブログ記事

  • ぶどうが食われてる
  • あーあ、今年もため息・・・ピノ・ノワールが食われています。少し色がつくと、すぐに食われます。人にはひどく酸っぱくても、野生動物には美味しいようで。防獣ネットはかけていますが、下の方のぶどうはネットを破ってでも食べます。対策として、今年からぶどうは上の方にならせるようにしました。効果があるといいんだけど。 [続きを読む]
  • ルンバが集めてくるゴミ
  • 今年の夏は暑くて、バテバテなので、思い切ってルンバを買いました。今年、買って良かったもの NO1大いに助かっています。ルンバが毎日せっせっと集めてくるゴミ。なんと、その90%くらいは猫の毛。こんな毛だらけの中で暮らしているんだわ〜三匹の猫が、こうしてゴロンゴロンと毛を落としているのです。ルンバに頑張ってもらうしかありません。 [続きを読む]
  • 山梨県白州、シャルマンワイン
  • 山梨県北杜市白州のシャルマンワインの自社畑を見学させていただきました。棚の一文字短梢仕立て、キレイに手入れされた畑を涼やかな風が通り抜けます。白州は、地名が語るように、土を掘ると白い砂の層が出てくるそうです。花崗岩が風化して砂になったもので、水はけがとても良いのだそう。そして、この土壌と白州の気候に合うぶどうはカベルネ・フランで、良いワインができるのです。白州に合う品種が判明しているのはうらやまし [続きを読む]
  • 胃がひっくり返ったら、リンゴジュース
  • メニエールの持病がありますので、クラッときてフラフラしたら、吐き気に襲われます。胃がひっくり返る程、吐きます。吐き気が収まって口にできるのは、唯一、ストレートのリンゴジュース。ビンに入った100%ジュースに限る。濃縮還元の紙パック入りやペットボトルのジュースは体が受け付けません。リンゴ以外のジュースでもダメ。リンゴジュースをチビチビ飲めるようになると、だんだん元気になってきます。ストレートリンゴジ [続きを読む]
  • ワイン&シードルガーデン in NAGANO  出ますよ!
  • 8月24日〜26日長野市 南千歳公園(ポッポ公園)ワイン&シードルガーデン in NAGANO 2018うさうさのプチファームもワインを出します。ひとつはこれ。夏にふさわしいスパークリングです。「北天の雫」はリースリングとヤマブドウの交配種青リンゴ風の酸味に泡がマッチした爽やかなワインです。ぜひとも「北天の雫」とシードルを飲み比べてください。ぶどうなのにシードルに似ているんです!!!では、長野ポッポ公園でお待ちして [続きを読む]
  • 暑くても、楽しみなぶどう畑
  • ぶどう畑の仕事は暑いけど、楽しみもある。土手の草を刈る時に残しておいた野菊?がキレイに咲いている。蝶々もいっぱいる。カンゾウの花も咲き始めた。そのうち土手いっぱいにカンゾウの花が咲く。大町のぶどう畑は、元が棚田だから土手がかなり広い。その土手は、あまり手を入れずに自然のままにしている。そこは昆虫や爬虫類の棲み家で、生物多様性を維持する場所だと思っている。生物多様性が維持されれば、ぶどうの害虫も自然 [続きを読む]
  • ワインぶどう畑の草刈りが楽になる
  • ワインぶどう畑の草刈は畑が広い場合、通路は乗用の草刈り機、列になっているぶどうの木の間はビーバーで刈るのが一般的です。最近、注目されているのが、通路とぶどうの木の間を一緒に刈ってしまう機械です。この機械で刈ると、草刈りがものすごく楽になります。そのデモ運転を見に行ってきました。横のでっぱりがぶどうの木の間を刈る部分、通路を刈る刃は座席の下にあります。この機械のすごいところはズバリお値段です。すでに [続きを読む]
  • ナガブロは使いやすいです
  • このところ、クラウドファンディングのオーナーページを作成していました。ページの作り方はブログとほぼ同じなのですが、なぜか四苦八苦。マニュアルを見ても詳細な説明がなくてかなり時間がかかりました。結局、クラウドファンディングの担当者に助けてもらい何とか完成。その作業を経て、ナガブロは使いやすいと実感。何年もこのブログをやってますが、?ヘルプで全て解決してきましたから。ナガブロさんありがとう。 [続きを読む]
  • ハンマーダルシマー&ギター 松本で
  • 松本のジュレ・ブランシェでハンマーダルシマー&ギターのコンサートがありました。奥様がハンマーダルシマー、ご主人がギター 「亀工房」のコンサートはアットホームで楽しい。今回は、新作CD fanatic dance の曲がメインでした。ハンマーダルシマーの音はいつ聴いてもじんわり癒されます。そして、ご主人のギター演奏は本当にすばらしい。ハンマーダルシマーの引き立て役が多いけど、すご腕なんです。 [続きを読む]
  • 民泊届け出 簡略化求める声
  • 今日の新聞(2018年6月27日)に「民泊届け出 簡略化求める声」という記事が載っていました。先日、O市の下水道課に用事があって行ったら、民泊でも水質検査が云々なんてことをチラリと聞いたので、民泊の届け出は面倒だな、民泊届ける人はほとんどないだろうと思いました。やっぱりね、の記事です。民泊は、一般住宅に宿泊できるから誰でも簡単にできそうの印象を与えておいて、いざ手続きをしようとすると煩雑。これは、 [続きを読む]
  • 使ってみたら便利、ゴムスビー
  • 園芸用に売っている「ゴムスビー」という商品。太いゴムにでっぱりをつけて輪を引っかけるようにしたものです。一個11円くらいするので、ワインぶどう畑で使うには高いと思いましたが、試験的に使ってみました。写真のように使っています。結んだり外したりが簡単にできるので、便利です。これで何年も使えればコスト的にはOKなんだけど。 [続きを読む]
  • ジョージアのワイン
  • お相撲で、すっかり有名になったジョージアのワインを8種類飲みました。ぶどう品種、産地、初めて聞くものばかり。用水路みたいな酒槽で踏み潰したぶどうを素焼きの甕で発酵させる独特の醸造方法。白ブドウも皮ごと、果梗ごと発酵させるので、出来上がったワインは「オレンジワイン」香りは、品種の特性というより醸造方法による香り。きのこ・森に落ちている枝・だし汁・ハーブ・薬品・・・白ブドウでも渋みを感じるのは果梗も入 [続きを読む]
  • 原茂 アジロン・ロゼ 2016
  • アジロン・ダックのワインを詩によんだのは、誰だったか?すっかり忘れてしまったけれど、アジロン・ダックの香りはどんなだろうとずっと思ってた。山梨県の原茂ワインでアジロン・ダックのワインを購入、飲んでみました。 甘〜い キャンディーをなめているような香りです。味は軽快、ほのかな渋みがアクセントで飲みやすい。 [続きを読む]
  • 地味だけど、いい匂い
  • ワインぶどうの花が咲いてます。これは、白ワイン用ケルナーの花。 小さな花が集まっています。白く見えるのが雄しべです。地味だけど、開花すると香りですぐに分かります。優雅な匂いです。ぶどう畑に自生しているハッカの花。花は匂いませんが、葉をちぎると、ハッカのスーとした香り。これもいい匂い。 [続きを読む]