ton ton petti さん プロフィール

  •  
ton ton pettiさん: 雑貨屋『ラスコーの森』昭和アンティーク欧米輸入雑貨
ハンドル名ton ton petti さん
ブログタイトル雑貨屋『ラスコーの森』昭和アンティーク欧米輸入雑貨
ブログURLhttp://sunnyvale3303.blog.fc2.com/
サイト紹介文雑貨屋『ラスコーの森』東広島福富町。昭和アンティークから欧米直輸入品まで。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2012/03/19 15:01

ton ton petti さんのブログ記事

  • ≪夏休み特番1・再会と“るるぶ”キッチン≫
  • ☆ 『ラスコーの森』からお知らせ ☆8月4日(土)  夏休み8月5日(日) 夏休み8月11日(土) 夏休み8月12日(日) 夏休み とさせて頂きます。8月18日(土) より営業再開 致します。宜しくお願いします。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※≪夏休み特番1・再会と“るるぶ”キッチン in 観音マリーナ≫J・E夫妻一家が広島に二泊三日(7/25.26.27)の予定で寄ってくれた。我が国では考えられな [続きを読む]
  • ≪限界が見え始めたのか、成長頼みの空念仏・旅に出る事に!!≫
  • ≪限界が見え始めたのか、成長頼みの空念仏・旅に出る事に!!≫ “Ya“を入力し文字変換してみると、沢山羅列して出てくる。今回は、同じ‘Ya’でも 屋 と 家 。とりわけ ”屋“ にこだわって・・・なるほど なるほど1 それを売買する人や家の意を表す。本屋・菓子屋2 そのような性質の人をいう。使う人、場合によって軽蔑や自嘲の意を込めて用いられることもある。気取り屋・わからず屋・頑張り屋3 役者の屋号や文人の雅号な [続きを読む]
  • 【サァー出発・夏のリヨン】
  • 【サァー出発・夏のリヨン】雑貨店・ラスコーの森に「ルート66」をメインにアメリカ雑貨が入っています????≪アメリカ雑貨≫熊野町・筆の駅ギャラリー美術展にお声を掛けて頂き、絵画・書と力作揃い『M・M・K展:まだまだこれから展』を鑑賞し活力が湧き、数日後、私用で出かけたついでに、ボストン美術館・パリジェンヌ展を見に県立美術館へ、こちらは仏国ファッションから見た女性史、展示作品もさることながら、この度の [続きを読む]
  • ≪パラミタ美術館・第七劇場BelleVille GW旅日記その2≫
  • ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※『ラスコーの森』お休みのお知らせ6月2日(土)、6月3日(日)は、臨時休業とさせていただきますどうぞ よろしくお願いします※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※≪パラミタ美術館・第七劇場BelleVille GW旅日記その2≫ 思い起こしますロッキード事件・リクルート事件、何れも出身大学が中央大学法学部(東京地検)と東京大学、今回は地元 [続きを読む]
  • 【エーゲ海に捧ぐ・パラミタ美術館 その一】
  • 【エーゲ海に捧ぐ・パラミタ美術館 その一】色・波・曲線・強弱、池田万寿夫の世界に相応しく、表題のエーゲ海・エロスが作品に重なり、四日市在住・新進気鋭作陶家の作品を購入する事に。≪三つ巴≫北朝鮮問題で日米韓・米中韓・日中韓、様々な組み合わせが、『我が国主導で・・』なんて表現で度々報道される。中・韓は既に北朝鮮と会談を終え、そして近々米国と北朝鮮との会談があるという、しかし政府発表、報道と、現実には微 [続きを読む]
  • 世界を俯瞰
  • ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※    =お店からのお知らせ=    GW前半は営業いたします。    後半の5月 3・4・5・6日お休みとさせて頂きます。    宜しくお願いします           『ラスコーの森』 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※【世界を俯瞰】よく耳にした“世界を俯瞰”する外交、極東ロシアを含む東アジア・中東アジア・アフリカ・南米・ヨー [続きを読む]
  • ≪球春到来≫
  • ≪球春到来≫ 春の訪れと共に赤の季節がやって来ました。梅の花が春の訪れ間近を知らせ、やがて清楚なその花弁も静かにこぼれ、薄桃色の桜が田園の風景に彩を添え、桜の名所は厳しかった今冬の寒波から解放され、桜と共に人々の身も心も花開きます。三月二十九日、三原の沖合に浮かぶ佐木島、向田地区の『塔の峰千本桜』に春爛漫を求め丘に登り、食事を済ますと島のほぼ中央にある大平山(267.5m)へ瀬戸の島影を楽しみに登る事に [続きを読む]
  • ≪一番人気≫
  • ≪一番人気≫おそらくショパンを凌ぐ一番人気はジム・モリソン【ジム・モリソン 6区画 歌手】アメリカ生まれ、UCLAの映画学科に入学、同級生に巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督(代表作品ゴッドファーザー・ドラキュラ・地獄の黙示録・アウトサイダー・・・)がいたが、ジムは後にバンド「ドアーズ」を結成、優れた才能が花開くも27歳の生涯をパリで閉じる。墓石にあった胸像が盗難に遭い(未発見)、一時は警察の警備対象で [続きを読む]
  • 『ラスコーの森』お休みのお知らせ
  • ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※『ラスコーの森』お休みのお知らせ3月31日(土)、4月1日(日)はお休みさせていただきますよろしくお願いします※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※            東広島市福富町久芳685−12(福富「道の駅」 [続きを読む]
  • ≪トカケの尻尾切≫
  • ≪トカケの尻尾切≫ こちらのトカケの卵、真珠を思わす(微妙に黄色ぽい)白から色ずきはじめ、何やら殻(強く柔らかい膜の様)の中に形が形成されつつある様です。腐葉土の上に置かれた植木鉢を持ち上げると・・・【御覧あれ】話変わって、こよなくトカケを愛するTon Ton Pettiですが、そのトカケの尻尾切りなることが、政官で執行されるという。麻生財務大臣か、はたまた出世街道まっしぐらと思いきや、雲行き怪しくずっこけちゃっ [続きを読む]
  • ≪ボルドーからの一枚・血液サラサラ≫
  • ≪ボルドーからの一枚・血液サラサラ≫ この時期(以前投稿の働き方改革、衣の下の爪がポロリ、ポロリと)大好きな写真を一枚ほど厳選して載せます。雑念が取れ、肩こりが消え、血液サラサラ、血流が良くなります。ボルドー編も機会をみて投稿します。ゆっくりとした時間が流れる、香味な空気感、微風に乗る乾湿潤な会話この街にあって無いもの車がネェー・スマホがネェー・コンビニネェー・マックがネェー・自販機ネェークーラー室 [続きを読む]
  • ≪一足早く、両替商・橋爪家のひな壇飾り≫
  • ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※例年になく厳しかった寒波が、漸く緩み始めた様です。冬休みを戴いておりましたが、再び三月三日(土)より【ラスコーの森】をオープンいたします。十二月からの冬休みまで週末(土・日・祝)のご来店をお待ちしております。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※≪一足早く、両替商・橋爪家のひな壇飾り≫ 二月二十二日関宿にて≪梅見の茶会≫ [続きを読む]
  • ≪働き方改革とキッチン≫
  • ≪働き方改革とキッチン≫ 昨今聞こえ来る“働き方改革” (国家)とやら・・毎度のことですが舌の根が乾かぬうちからもうこれです。忖度とは思いたくないので、本来ならトップページでしょうが平昌オリンピック報道で中国新聞2月14日朝刊二面。根底に富国強兵的であるが故か、響きとは裏腹に何となく疑問と共に嘘っぽく伝わってくるのは何故なのか、勿論、発信者との関係もあろうかとは思うが・・大事なのは『生き方改革』(個人)で [続きを読む]
  • ピアフ、ショパン、モディリアーニ・・・眠れる人々 その①
  • ≪ピアフ、ショパン、モディリアーニ・・・眠れる人々 その①≫この旅で一番の願いはエディット・ピアフの眠る墓苑をを訪ねる事でした。この国の一般的な家庭のDKは小さなテーブル(食卓テーブルであったり、配膳台になったり)と、シンプルで機能的な厨房からなっている。朝食はここで済ませ昼夕食は一番大事な時間、家族揃って別室の食堂で、時間をかけて戴くのが普通かと思う。要は食卓テーブルが大小二卓あります。【こじんまり [続きを読む]
  • ≪福聚海≫
  • ≪福聚海≫平成13年に頂いた御朱印とこの度平成30年1月4日に頂いた御朱印。お歳は召されましたが同じ女性の筆によるものです。二枚の筆影の揺らぎと移ろいに、過ぎ去りし17年の歳月を重ねてしばし眺めていました。梵字に続く『福聚海』“ふくじゅかい”と読むこの言葉は観音経にある“福聚海無量”から引用されたもので、菩薩の慈悲によって遍く福徳が集まることを言うとある。南区からこの地に住まいを移した今も続く行事に、正月 [続きを読む]
  • ≪大聖堂より“メリーX‘mas”≫
  • ≪大聖堂より“メリーX‘mas”≫雪を踏み締めるトナカイの歩調が一気に近ずいてきました。パリに入ってからの様子を後回しにして、ノートルダム寺院を中心に町のX‘masの雰囲気を先にお送りします。【大聖堂前の広場から】 【大聖堂内部】【大聖堂のこの時期ならではの絵柄付き建築年代表・進行状況が理解し易いです】【大聖堂・セーヌ川・観光船】【お馴みの風景】【永遠の愛?】【落ち着いたX‘mas】【窓・ポスター [続きを読む]
  • ≪年の瀬にHOTニューズが・・≫
  • 【冬休みのお知らせ】今年も冬休みを頂いております。平成30年 3月3日 (土) 4日(日)より営業再開しますこの一年多くの方とお会いし、共に語ることが出来ました。有難うございました。  ☆   ☆ ☆   ☆ ☆   ☆ ☆   ☆ ☆   ☆ ☆   ☆ ☆   ☆ ☆   ☆≪年の瀬にHOTニューズが・・≫ 大谷選手のエンジェルス入りが決まったようですね、王貞治、ベーブルース、ランディー・ジョンソン等、 [続きを読む]
  • ≪幸福度≫
  • 【冬休みのお知らせ】今年も冬休みをさせて頂きます。営業は平成29年12月9日(土)10日(日)まで平成30年 3月3日 (土) 4日(日)より営業再開しますこの一年多くの方とお会いし、共に語ることが出来ました。有難うございました。  ☆   ☆≪幸福度≫現職大臣や元大臣がやたら差別言葉を口にし、翌日には撤回し、わけの判らぬ言い訳をしたりと、今に始まったことでは無いが、それでも居座り続けられる今の内閣には呆れかえって [続きを読む]
  • ≪バッタリの数々≫
  • ≪バッタリの数々≫ このところ神戸往来を繰り返していたので、ブログ更新が疎かになっていましたが、広島市の恵比寿講も十一月半ばに迫り、MerryX‘mas、Happy New Yearも一気に近ずいた感がありますので、昨年暮れのパリでのミュージカル「NORTREDAME DE PARIS」、街や家庭のX’masの様子、ショパン、エディット・ピアフ等著名な人の墓参をタイムリーにお送り出来ればと思い、昨年冬のリヨンを出来るだけ頑張って投稿し [続きを読む]
  • ≪大聖堂への道≫
  • ≪大聖堂への道≫ 時間が許せば徒歩で、住まいの裏塀の蔦の絡みを鑑ながら、振り返り眼下の遺産の街区を眺め、なだらかな坂道であったり階段に差し掛かったり歩を進める。何本か大聖堂を目指す道がある。勿論、車で向うこともできるが、趣を変えてケーブル電車を利用するのも一興ですね。人形でおなじみのギニヨール、シネマ館、リヨンの観光土産店やレストラン、スイーツ店、トラブール等多くの観光客が足を運ぶ旧市街地、その世 [続きを読む]
  • ≪ノートルダム・ド・フルビエール大聖堂≫
  • ≪ノートルダム・ド・フルビエール大聖堂≫【ロシアの小話】 消費税が政治課題になる度に思い出す“ロシアの酔っ払い小話”。最初は橋本政権時代の5%消費税、安部一次政権時代の8%消費税、そして今回無理やり解散理由をでっち上げ、ころころ変わる10%消費税の使い道、どうなのかな? と 多くの国民の信用度は総理個人の支持率の低さが物語っていそうです。事件が起きるまでは森友さんも加計さんも家族ぐるみの」お友達だった [続きを読む]
  • ≪住みよい町・リヨン≫
  • ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※雑貨屋『ラスコーの森』10月21日の土曜日をお休みいたします宜しくお願いします※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※≪住みよい町・リヨン≫“住みよい町”上位にランクされるリヨン、その魅力を数回にわたり、広場・通り・施設・街角を巡り迫ってみたいと思います。公共の乗り物はトラム・地下鉄 [続きを読む]
  • ≪ひょんなことから〜≫
  • ≪ひょんなことから〜≫ フェルナンド・シェヴァルが小石に躓いた事からこの偉業は始まったという。ただ一つ彼が人と違うところを探すと、彼は空想好きであった。郵便配達人の彼は3〜40キロの道のりの点在する家々を、ほぼ毎日徒歩で郵便物を配達し、終える頃はほぼ日が落ちていた。慣れ親しんだ小石道の小石に蹴躓いた事から並外れた空想力は想像力へと移行し挑戦をた。生業の郵便配達を続けながらその後33年という途轍もない [続きを読む]
  • ≪社会主義国家≫
  • ≪社会主義国家≫ 時々疑問に感じるときがある。右とか左とか、時にリベラルとか紙面を埋めることがある。今の政権は右だと、それも右端に近いと言う、誕生前、誕生後の暫くはそれも大いに感じたところだ。この政権が誕生する前あれほど当時の政権党を口撃した東シナ海、尖閣諸島はどうなったのか、為すすべも無く状況は既成事実化してないのか?、拉致被害者は救済されたのか、救済に向け一歩でも前進したのか?、いつの間にやら [続きを読む]