かずぞう さん プロフィール

  •  
かずぞうさん: 一人旅・出張で泊まりたいホテルレビュー
ハンドル名かずぞう さん
ブログタイトル一人旅・出張で泊まりたいホテルレビュー
ブログURLhttp://www.take-manual.info/
サイト紹介文日本国内外の泊まってよかったホテルを写真付レポート
自由文ホテルでの過ごし方やあって便利なものもご紹介!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2012/03/19 23:13

かずぞう さんのブログ記事

  • ALPS BOOK CAMPは自然と本のフィスティバル
  • ALPS BOOK CAMPは毎年、長野県大町市にある木崎湖キャンプ場で行われるブックイベント。「湖畔のキャンプ場で本を愉しむフェスティバル。夏の信州、北アルプス山麓へようこそ。」と名付けられたALPS BOOK CAMP 2018は7月21日と22日に行われました。管理人はALPS BOOK CAMPは1回目から知っていたもののスケジュールが合わず、5周年となるALPS BOOK CAMP 2018に初めて行くことができた。最高のロケーションで行われるブックフィステ [続きを読む]
  • 迫力満点!ロック式の七倉ダム
  • 長野県の大町に行くことがあったので、近くにあるロック式ダム(ロックフィルダム)である七倉ダムへ行ってきました。ロックフィルダムはダムの型式の一つで、岩石や土砂を積み上げて建設する型式のダムである。Wikipedia管理人は今まで岩石や土砂を積み上げたダムを見たことがなかったので、一度見てみたいと思ったことがきっかけです。七倉ダムへは大町市の中心部から黒部アルペンルート方面へ向かいます。七倉ダムやロック式ダ [続きを読む]
  • 子どもが走り回る優しい本とパンの店「ひぐらしガーデン」
  • 日暮里にパン屋さんと本屋さんが合体したお店ができたよ!という話を聞いたので足を運んでみました。日暮里駅の北口から出てロータリーとビル群を抜けると住宅地が現れました。そのまま歩き続けるとスーパーの横に「ひぐらしガーデン」がありました。「ひぐらしガーデン」は「ひぐらしベーカリー」と「パン屋の本屋」が1つの建物の中に入った商業施設です。ひぐらしベーカリーとパン屋の本屋の間には中庭があって、子どもたちが遊 [続きを読む]
  • 学生なら行くべき!江戸東京たてもの園の前川國男邸
  • 高校や大学の建築学科の学生であれば「前川國男」と聞いて「誰?」と聞き返す人はいないと思います。前川國男は東京帝国大学(今の東京大学)を卒業後、すぐにパリへ行き、ル・コルビュジエに師事し、帰国後はアントニン・レーモンドの事務所で学んだ人で、数多くの作品、数多くの賞を受賞した人物です。そんな前川國男の自邸が江戸東京たてもの園にて一般公開されています。入園料を支払うことで誰でも見学ができてしまいます。木 [続きを読む]
  • レトロで味のあるステーショナリーカフェkonohi
  • ねむの木こども美術館「どんぐり」から車で15分ほど走ったところにstationery cafe konohi(ステーショナリーカフェ コノヒ)があります。道中は丘を越えるような高低差はありますが、道路幅は広く、信号機もほとんどないため、季節のいい時期は車の窓を全部開けて走ると気持ちがいいです。管理人がステーショナリーカフェkonohiに行ったのは日曜日の午後だったのですが、砂利敷きの駐車場に入ると、ちょうどカフェの時間帯という [続きを読む]
  • 懐かしいのに新しい本屋さんTitle
  • 本が好きな人の多くの人が知っていて、多くの人が行きたいと思っている本屋さんの1つが荻窪にあるTitleかなと思います。多くの人が思い描く街の中の本屋さんを目指したというTitleは、2016年1月10日にオープン。コンセプトは「まったく新しい、けれどなつかしい」というもの。管理人も読んだ店主の辻山さんが書かれた書籍「本屋、はじめました」には、以前勤めていた本屋さんでの出来事、Titleの物件探しから、開店までの日々、開 [続きを読む]
  • 洗練された空間が漂う森岡書店
  • 森岡書店という名前をはじめて知ったのは、足を運んだ古本屋さんで「荒野の古本屋」という本を手に取った時でした。パラパラと中身を読んで購入したこの本を書かれた人こそ森岡書店の店主である森岡督行さんだったです。「荒野の古本屋」を読んでから森岡書店へ行ってみたいと思っていて、今回ようやく行くことができました。そっと街に佇む森岡書店森岡書店 銀座店が入っている鈴木ビル(東京都選定歴史的建造物)は昭和4年に建て [続きを読む]
  • ボタニカルなブックカフェ−ROUTE BOOKS
  • 本と植物に囲まれた空間でひとときを過ごしませんか?というコンセプトのROUTE BOOKS。上野駅近くの路地にあるお店ですが、管理人は浅草から上野へ歩いて向かう途中に立ち寄ることにしました。お店の前には普通では見かけない形をした車が駐まっていて、お店の方が植物を下ろしている最中でした。そんな風景を見ながら店内へ。ボタニカルな雰囲気漂うブックカフェお店の中に入ると、すぐにカフェがありコーヒーを中心にお菓子が沢 [続きを読む]
  • コアなファンが多い?吉祥寺の古本屋さん百年と一日
  • 東京で有名な本屋さんに行ってみたいという思いが管理人にはありました。「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」で有名になった柳下恭平さんが店主をつとめる「かもめブックス」、ビール片手に本が読める本屋さんとしてメディアでも数多く取り上げられた内沼晋太郎が店主をつとめる「本屋B&B」。他にも数多く存在しますが、今回は吉祥寺にある古本屋さん百年に足を運びました。品揃えが抜群な吉祥寺「百年」JR中央線の吉祥寺駅を [続きを読む]
  • 古本市に出店して分かった必要なもの
  • 今までは古本市に足を運んで本を見たり、出店者さんと会話を楽しむ側でしたが、今年初めて近くで開催されている古本市に出展者として参加してみました。春や秋など過ごしやすい時期になると全国各地で一箱古本市が開催されます。一箱古本市は本の量も少なく初めての方でも気軽に出店できますが、管理人が出店したのは一箱古本市ではなく、普通の古本市で最初はビクビクドキドキしていました。初めてですから!今回は古本市に出店す [続きを読む]
  • 広域農道が渋滞!?日本アルプスサラダ街道
  • 松本市の主要道路である国道19号線は慢性的に渋滞しています。松本市中心部ではないのですが、観光客の車、仕事の車、買い物の車など国道19号線に集まってしまい、朝から晩まで1日中渋滞です。管理人は松本に用事がなかったため松本市を通らず、塩尻市から安曇野市や大町市の方へ行く道を探していました。「日本アルプスサラダ街道」は塩尻市から安曇野市へ抜けるルートで「これは使える!」と思っていました。10年以上前に部分的 [続きを読む]
  • 絶品ピザが1000円以下で食べられる!ピッツァ ボルサ
  • 東京の池袋で午前中の仕事を終えたのが午前11:00。池袋駅近くでランチが食べられる店を調べていた時に「ここ美味しそうだな」と思った店がPIZZA BORSA(ピッツァ ボルサ)でした。最初はグーグルマップで店を探していたら口コミ評価が高く、食べログで見ても★が高い店で、現在地から徒歩5分ほどだったので足を運んでみることにしました。お店に到着したのは午前11:15。ピッツァ ボルサは午前11:30オープンで看板はまだ「close」に [続きを読む]
  • お散歩やハイキングに最適!篠ノ井線旧線遊歩道
  • 春や秋の観光に最適な安曇野には美術館めぐり、ガラス工芸体験、美味しい料理、疲れを癒やせる温泉など、沢山のスポットがありますが、ここもいいなと思った場所が「篠ノ井線旧線遊歩道」のウォーキングです。旧国鉄篠ノ井線は明治35年に全通、長野県の南北を結び多くの人や物資を運搬してきました。昭和45年に蒸気機関車が姿を消して電化され、昭和63年に新線が完成した事で86年間の役目を終えました。レンガ積みの漆久保トンネル [続きを読む]
  • 東京観光はコインロッカーを活用する
  • 観光や出張で1泊2日などホテルで宿泊するときに困るのが宿泊するための衣類などを入れた荷物です。朝早くにトランクや大きなカバンを持って新幹線に乗り込み東京駅や品川駅などに到着するまではよいのですが、観光であれば観光場所、出張であれば仕事先にトランクや大きなカバンを持って行くわけにはいきません。よくある方法としては、当日宿泊するホテルに足を運んでチェックインするまでの時間、荷物を預かってもらう方法です。 [続きを読む]
  • 綺麗でサービスレベルが高い!ホテル法華クラブ浅草
  • 東京の浅草周辺で宿泊できるホテルを探していたところ、見つけたホテルがホテル法華クラブ浅草でした。浅草周辺は浅草寺が近いことからホテルは数多く存在し、ホテルのグレードも様々です。今回、管理人はセットでお得!日本旅行の「新幹線+宿泊」セットプランを活用してホテル予約をしました。往復の新幹線代より安い価格で、東京のホテルに宿泊もできてしまうプランで本当にお得でした!数あるホテルの中からホテル法華クラブ浅 [続きを読む]
  • 観光に便利?JR東日本の都区内パス
  • 観光や仕事で移動する時に便利なのが1日乗車券です。1日乗車券はほとんどの鉄道やバス会社で販売されていますが、東京都内を運行する電車や地下鉄、バスにも1日常車検は存在します。ただ他の都市と違い東京ならではのポイントはJR線、東京メトロ線、都営地下鉄線、都バスなど数多くの公営私営の鉄道やバスが混在しているところです。どの1日乗車券を購入するかで使用できる鉄道やバスが変わってきます。東京都内で購入できる1日乗 [続きを読む]
  • お湯は熱い!湯量たっぷり葛温泉高瀬館
  • 夏に行われた長野県大町市で行われたイベントに参加した帰りに「汗を流しがてら温泉に入りたい」と思い、黒部ダム・アルペンルートの手前にある「葛温泉 高瀬館」の日帰り入浴へ行ってきました。大町市や安曇野市にはたくさんの宿泊施設や温泉、スーパー銭湯(温泉)があるのですが、管理人が行った日が土曜日で観光客が多かったこともあり、少しでも人が少ない隠れた名湯に入りたいと思い選びました。葛温泉 高瀬館へは、道路看板 [続きを読む]
  • 新東名高速道路を活用して時間短縮&料金安くする
  • 旅行や仕事で高速道路を利用する時に「高速道路料金」と「移動時間」を気にする方が多いかなと思います。できるだけ早く目的地に着くために高速道路を利用する訳ですし、宿泊費やガソリン代もかかることから、少しでも高速道路料金は安くしたいと考えます。目的地までの移動時間を短くすると同時に高速道路料金を安くするために、管理人が行っている方法は新東名高速道路を積極的に活用するという方法です。新東名高速道路は東名高 [続きを読む]
  • 使い勝手が悪かった9h(ナインアワーズ)
  • 管理人が東京に滞在したときに最高気温36度を超える暑い日で、朝から一日動き回ったことで、体は汗でベタベタになっていました。そんなときにシャワーが浴びられて、少し体を休めて30分でも仮眠できるところはないかな?と考えたときに思いついたところがカプセルホテルの9h ninehours(ナインアワーズ)でした。出張や旅行、あるいは残業。都市の宿泊に必要な機能とはなんでしょうか。古い一日から新しい一日へのリセット。そこに [続きを読む]
  • 真夏の旅行はホテルで簡単に洗濯をしよう
  • 真夏になると37度、38度という最高気温を記録する日が増えています。太陽の光を直接受けるような場所では体中から汗が噴き出し、観光地や街中を動き回っていると飲んだ水分がそのまま汗として出ているんじゃないか?と思ってしまうほどです。1日着た衣類には大量の汗が染み込み、水分を感じるようなベトベトな状態であったり、シトシトの状態であったりすることも少なくありません。汗を多く含んだ衣類をそのまま畳みビニル袋など [続きを読む]
  • 子どもを遊ばせられるNEOPASA静岡上り
  • 新東名高速道路の御殿場JCTから三ヶ日JCT間の開通に伴って、2012年4月にオープンしたNEOPASA静岡。オープンしてから一度も立ち寄ったことがなかったため、「NEOPASA静岡上り」で休憩してみることにしました。管理人が寄ったのは土曜日の11:00頃だったのですが、駐車場に駐まっている車はまばらで人気のサービスエリアという訳ではありませんでした。普通のサービスエリアと言えなくもないけれど・・・駐車場に車を駐めてトイレに向 [続きを読む]
  • 考える人の像は大きかった!静岡県立美術館
  • 過去に何度も静岡県には行ったことはありますが、静岡県立美術館に行ったことがなかったため足を運んでみました。最初に書いておくと、静岡市中心部から車で15分ほどと少し遠く、少し高台にあるため電車よりも車やバスで行くことをおすすめします。事前に調べていたのですが、管理人が静岡県立美術館に行った時はちょうど本館が改修のため休館中(2018年3月1日〜2018年6月30日まで)で、本館棟には入る事ができませんでした。ただ [続きを読む]
  • やっぱり人気だった!D&DEPARTMENT SHIZUOKA by TAITA
  • 日本全国47の都道府県に1か所ずつ、作られる予定の「D&DEPARTMENT」ですが、D&DEPARTMENT SHIZUOKA by TAITAは「D&DEPARTMENT」と現地の企業と共につくったの2つ目の店舗です。静岡店であるSHIZUOKA by TAITAは2008年11月にオープンした店舗ですので、今年で10周年を迎えています。以前にも増して人気のD&DEPARTMENT静岡店管理人がD&DEPARTMENT静岡店に始めて足を運んだのは、オープンして間もない2009年でした。静岡の中心部から [続きを読む]
  • 名古屋の人気店が勢揃い!NEOPASA岡崎上り
  • 新東名高速道路の静岡県から愛知県に渡る区間が2016年2月13日に開通し、それに伴い愛知県岡崎市にNEOPASA岡崎(ネオパーサおかざき)が誕生したので、新東名高速道路を走るついでに寄ってみました。管理人が寄ったのは土曜日の9:30頃だったのですが、NEOPASA岡崎内部は人でいっぱいでした。名古屋の人気店がテナントとして勢揃い!NEOPASA岡崎自体は決して大型のサービスエリアではなく、大型車67台、小型車198台という中規模より [続きを読む]