marrotty さん プロフィール

  •  
marrottyさん: 京都のポーセレンアトリエ、そして庭と犬
ハンドル名marrotty さん
ブログタイトル京都のポーセレンアトリエ、そして庭と犬
ブログURLhttp://marrotty.exblog.jp/
サイト紹介文手描き磁器絵付けアトリエ、子どもアトリエ、小さい庭と牧羊犬との日々など、作品や京都のお出かけの情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2012/03/20 13:32

marrotty さんのブログ記事

  • ボックスアート、順次完成!
  • 靴箱利用の今回の工作は出来上がりは本人次第、納得いくまでやろう!ということで、完成した人、熱い思いを来年度に持ち越しの人といろいろです。昨日完成の、パン屋さん!これ、靴箱ですよ!彼のこだわりは石を敷き詰めた床なんです。靴箱。。ずっと前からこれは使えるなあと思っていました。私自身が何か作りたくて仕方なかった素材でした。その思いが... [続きを読む]
  • 今日が大事なんや
  • 冷蔵庫の掃除をしました。何も「お宝」は出てきませんでした。。。忘れていた何かおいしいもんとか、こんなとこにあったんやあというような賞味期限切れの何かとか。ちょっとがっかり。家族が多かったころは余計なものも多かったな。この頃は物に関しても、気持ちの上でも、「今」に意識を置くようにしている。昨日じゃなく、明日でもなく「今日」昨日はもう過去。明日... [続きを読む]
  • 招き猫出発!
  • ここしばらくクリスマス関連の作品作りに追われていましたが、合間に「招き猫」も描いていました。そして、やっと完成です。この猫ちゃんはあす東京へ旅に出ます。時々画材を購入するお店の「招き猫選手権」という企画に参加です。締め切りギリギリだ〜いってらっしゃい! [続きを読む]
  • もうすぐクリスマスですよ!
  • クリスマスが近づいて来ましたね。クリスマスのお話をしながら絵を描きました。サンタさんですね!?袋にいっぱい、プレゼント。今頃はサンタさんもさぞ忙しく準備中かなあ?そういう話になると、最近は子供たちの方から「真実」の指摘を受けるようになりました。笑私が子供だった頃の遠い話をそっと聞いてくれる場面もあります。勉強が必要ですな。アトリエでもク... [続きを読む]
  • 来年は戌年!
  • マロンです。毎朝の散歩、私が靴を履き、戸締りをしてこの扉を開けるまでこうして待っています。「シッコシ~!」と言えばオシッコをするし、「寝んね〜」と言うと瞼を閉じる。素直過ぎておもしろい。毎日同じことをしてもらえることにマロンは安心を感じている。散歩から帰ったら水道の蛇口を開けてもらって水を飲む。もういいだろうと閉めると「もっと」と、言わないけれど... [続きを読む]
  • 旧三井邸下賀茂別邸へ
  • 陽だまりがとても気持ち良かったです。ここは旧三井家下賀茂別邸、一階のお座敷です。古い建物、強いて言うと社寺仏閣以外の旅館や個人邸宅の明治以降の建物にとても興味があります。というわけで、今年最後のお出かけに秋の特別公開中の三井家別邸を選びました。庭から見た母屋と茶室木造三階建ての三階部分が望楼になっていて木々の緑の向こうに大文字山など東山が望めます。... [続きを読む]
  • 出町はバードサンクチュアリ??
  • 今日はいい天気でした。陽ざしがいっぱいでした。暮れでやること山積ですが、陽ざしに誘われ出かけました。出町にはあのトンビが多数旋回していました。多すぎる!思い出しました。。。トンビの向こうに見える「大文字山」で夏におにぎりを奪われそうになったことを。袖に穴が開いた。河原にいる人は気をつけてください。それにしても、きれいに飛ぶな... [続きを読む]
  • 次の芽
  • 法事で夫の実家に集まりました。両親はもとより、夫のおじ、おば、甥っ子たちとそのお嫁さんに子供たちと総勢20名超。3歳だったかな、「おじいちゃん!」と小さい手が襖を開けて呼ぶ。すると、4、5人が自分が呼ばれたと振り向く。笑。みんなおじいちゃん!世代交代おおばあちゃんの25回忌。きっと目を細めて喜んでおられると思えた。もう葉っぱは散... [続きを読む]
  • 金戒光明寺の紅葉を見に。
  • 先週のことですが、左京区にある金戒光明寺(京都では黒谷さんと呼ぶことが多い)へ行ってきました。山門、秋の特別公開中(12月3日まで)です。だいたい京都の紅葉の身頃がこの期間に集中するので、混雑は必須です。紅葉の一番ええ時を遠くから来てくれはる方々に見てもらうとして、私らはいつでも見られるし、とか言うてると、これがあかんのです。見逃してもう何年。むしろ、よその人の方... [続きを読む]
  • お喋りしながら、
  • 先週に引き続きボックスアートの続きですが、インフルエンザでお休みあり、今日は一人。ゆっくりペースでお喋りしながら今日は紙粘土を使い始め、お店にパンが並び始めました!陳列棚を付けるときののりしろの場所、パンを入れるバスケットなどなど。少しアイディアを提供してあげると一層楽しんで制作してくれます。そして、自分の手で作った経験と自信が次の創作の意欲につながります。私も、... [続きを読む]
  • ボックスアート
  • 開閉式の蓋付きの箱、たとえば靴箱。これを使って箱の中に自分の作りたい「景色」を作っています。まずは色塗りから。縦にしたり横にしたり、まだ制作中ですが、これは宇宙空間。天の川を挟んでひこぼしさんと織姫さんです。二人が会えるように「橋」も付けました。こちらは、「竜宮城」紙に粘土を付けて、ここは作者にとっての一番の見せ場だそうで「よ... [続きを読む]
  • 愚痴
  • こんなこと書いちゃっていいのかなあ、松本で一人晩御飯で食べた信州そばは、今思えば笑えるほどまずかったのです!天ぷらで気持悪くなる以前に、お蕎麦がいけなさ過ぎた。お箸でそばを取ろうにも、固まりあってほどけない。ほどけないので大口開けてほおばったけれど、団子を食べているようでとても蕎麦を食べている気がしなかった。目隠しをしていたらでんぷん団子。風味もなかった。その場では... [続きを読む]
  • 胃腸を冷やさない大切さを実感
  • 今回の一人旅、夕食にホテルの人に「近くで美味しい信州そばのお店」を尋ねて出かけました。あっさりいこう!山かけとかね。が!通された大テーブルの隣のおじさんが美味しそうな天ぷらほおばってる!あれにしよ!滅多に食べない天ぷらを頼んだ。そして、夜中にお腹、気持ち悪くなった。そんなデリケートな胃腸の持ち主ではないはずが、量が多かった... [続きを読む]
  • 何年振りだろう、ひとりホテル泊
  • 松本の朝用事で長野へ行っていました。今回はひとり「鉄旅」でした。きっと寒いだろうと厚着をして出かけた松本は、京都と同じくらいの寒さでした。冬の旅の必携、これ、旅行用加湿器です。小さいながら抜群の性能。ホテルの加湿器プラス、枕元に置くと顔の乾燥、喉の乾燥から守ってくれます。書店で興味ある本に出合ったので、一気に読みました。いい本でした。 [続きを読む]
  • 秋の優しい雨。
  • このところの晴天続きで毎年美しく紅葉するトウカエデは色づく前に地面に落ち始めていました。今日は雨、そして霧の一日。必要な水分を得てにわかに美しく色づいた様に見えます。秋が深まってきました。アジサイの葉も季節の色をまといはじめ、クレマチス「ヴィクトリア」が最後の花を咲かせています。「これ何??」とみんなに聞かれた小さい双葉は「ジキ... [続きを読む]
  • まずはそれから
  • 庭の花が少なくなり、部屋に飾るものが無くなってきました。そこで今年豊作だったレモンでも置いてみました!まだ木になっていますが、使う分だけ取ってきて暫く飾っています。小振りですが、皮が薄く種が少なくほのかに甘味のある美味しいレモンです。アゲハ蝶が卵を産み、その幼虫がモリモリ葉を食べるので、こんなふうに切れ切れの葉っぱ付きのレモン。今日は隅っこで咲... [続きを読む]
  • 来てよし、帰って尚よし!とは?
  • 週末、一週間ほど里帰りしていた娘と孫を見送りに行きました。夫は搭乗始まるころから雨の中デッキに立ち二人が乗る機体を見ている。私は空港内にあるアクタスのセールを覗いていた。旋回して雲に隠れる前に走って行って一緒に手を振った。普通でいこうと思いつつ、毎回かなりのオーバーワーク。ねじ巻きのおもちゃのように動き出したら止まらない。止まらないほど忙しい。「... [続きを読む]
  • 「デカルコマニー」
  • 最近の子供アトリエはデカルコマニー。ケント紙を二つ折りにし、折った片面に絵の具を乗せます。再び二つ折りにして、また広げてサンドイッチした絵の具の形から加筆して絵を完成させます。4年生女子作品偶然できた形から想像力を駆使して絵を完成させます。タイトルも自分で考えます。「陽気な蝶の女王」だそうです!一年生女子「お花とキラキラパーティー」左の絵はクラッカーから飛び出したカラフ... [続きを読む]
  • 亀のコジロー!どこいった〜!
  • 25年以上一緒に暮らしたクサガメ、「コジロー」が居なくなっていた!春夏は外の入れ物で飼っていて、アトリエに来る子供の関心をひいていた。いっしょに遊んだこともある。そろそろ寒くなってきたので家の中に入れようと思っていたところだった。子供たちがまだ小さかった時、大阪の田んぼで見つけた。石鹸くらいの大きさでポケットにも入った。今は片手で持つのがきつくなるくらい成長して... [続きを読む]
  • 自由に!お気軽に!描きたいものを描く。
  • 今日は絵付け初心者の方のレッスンでした。庭にちなんだモチーフを散らした5枚組のパン皿。同じように見えて、実は季節ごとにデザインは変えてあります。出来上がったとき小学生のお子さんがその違いに気がついて食卓が楽しくなることを想像しています。お母さんの手描きのお皿!どこを探したって同じものは無いのですから嬉しいねえ。こちらはお姉さんの5枚組。体験レッ... [続きを読む]
  • 信頼を置くドクターとお別れ
  • 健康診断の結果が返ってきました!封を開けるのこわっ一時期指導寸前の数値になった血糖値は正常値。ただし、コレステロール値は年齢とともにアップ傾向。こういう美しくおしゃれな軽食はダメね!にしむら珈琲のバスケットランチ「いつでも野菜や粘々したものから食べるように!」「運動してください!」「食物繊維をとってください!」長らく担当してもらったドクターの忠告。... [続きを読む]
  • 「くりしぶかわに」
  • 栗の季節です。今年も丹波栗まつりへ。私はアトリエがあり、夫に頼みました。昨年より少しお安く?当たり1500円。1?でいいのに、2?も買ってきました。できれば2Lサイズがよかったのに。。皮をむくのは私なんだし!こう見えて結構あります!圧倒されてこの日は手を付ける気分になれず冷蔵庫へ。3日ほどしていよいよ今日こそと一時間で皮むき、何度も煮てあく抜きを... [続きを読む]
  • ガラスのお皿に絵付け
  • 最近の子供アトリエは、ガラスのお皿への絵付け。自分が使うものを自分がデザインする、それは楽しいことだということが感じてもらえたら嬉しいです。描きたいものを描くということで、いろいろ出てきました!ガラス故に下絵を写すように描けるのですが、距離感がつかめず筆がつぶれて太い線になったりします。それでもあきらめず、窯に入れて焼くまでは描き直せます。どこにもない、自分の手作りが... [続きを読む]
  • 月より団子かな
  • お月さんを眺めての帰り道は、嵐山「渡月橋」を渡り、そこからのお月さん、少し雲が出てきました。羽根のように見えます。お月さん、お月さんと言いながら、月より団子の夜です。満月は明後日とか。その明後日は雨の予報。今夜見られなかった人のために、あすもう一度姿見せてください、お月さん。 [続きを読む]
  • お月さん、きれいやなあ
  • 今夜は十五夜。お月さん、もう見はりましたか?京都、広沢の池に登るお月さんです。子供のころ、暗くなった帰り道をまるく明るいお月さんがどこまでもいっしょに歩いてくれました。今夜のように雲のない夜空は格別の安心感があります。今日一日が終わります。一日の美しい終わりの中でいろいろと思いが巡ります。 [続きを読む]