Ushisann さん プロフィール

  •  
Ushisannさん: のーてんき夫婦のログハウス狂想曲
ハンドル名Ushisann さん
ブログタイトルのーてんき夫婦のログハウス狂想曲
ブログURLhttp://log2771.blog6.fc2.com/
サイト紹介文田舎暮らしをしようと花泉の原野を買い、整地からログハウスのセルフビルドに向けた廃屋での生活日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/03/20 15:49

Ushisann さんのブログ記事

  • 秋もお祭りが
  • 近くの町で「匠の祭典」という祭りがあった主催は東磐職業訓練協会で両磐地域職業訓練センターで開催された今まで一度も行ったことがなかったのと車の日常点検についてレクチャーがあるというので参加した免許を取ってから40年以上運転をしたことがなく何時も助手席でナビゲーターしかやったことがなかったが田舎暮らしには欠かせないのでと運転を始めた奥ちゃまは車のボンネットの開け方すら知らなかった当日会場に時間前に着いた [続きを読む]
  • 水道工事の前に
  • 注文していたはめ殺し用のガラスが届いたかなりの重さなのでAさんに助っ人を頼む押縁を止めて窓が完成バスタブの幅いっぱいの窓なのでお湯に浸かりながら外がよく見え気持ちが良さそうだ浴室の窓は全て入ったが火屋と脱衣所の北側の窓ができていない北側は風が強く特に冬場は開けておけない他の季節もあまり開けることはなさそうなので明かり取りの役目を果たせば良いとガラスではなくアクリルを入れた軽い窓を作る予定水道工事が [続きを読む]
  • ホッとした?
  • なかなか出来ない風呂小屋とは言っても少しづつ進んではいるバスタブも設置したし洗濯機に洗面台も用意出来た浴室内の壁も一応防水塗装は出来たそろそろ水道工事をお願いしようと考えているがその前に太陽熱温水器と貯水タンクをつなぐ銅パイプの敷設をする太陽熱温水器は不凍液を循環させその暖まった不凍液が貯水タンクの水を暖める銅パイプに断熱のカバーを掛け地面に掘った穴に敷設ついでに何かの時用に電気のケーブルも敷設し [続きを読む]
  • 強力な助っ人
  • 朝晩は涼しいというより寒くなってきた後数日で10月だせっせと薪割りはしているがカケヤを振り上げるのでかなり疲れる比較的細い薪は今の薪割り方法で何とかなるのだが正月にたくさんもらってきた薪用の木は太いものがほとんどなので今のままではとても割れるものではない春先から本格的な薪割り機を買わなければと考えていた本格的な薪割り機はエンジン式と電気式と手動式があるエンジン式はかなりのパワーがあるが大きくて重くて [続きを読む]
  • 疲れ休め2
  • 昨晩雨が降ったようだが今日も良いお天気鳴子に来たらよく観光ポスター等にある大深沢橋を見ねばと見晴台へ昔は大深沢橋まで大谷川沿いに遊歩道があったそうだが今は通行止めとのこと見晴台から見る大深沢橋は紅葉の時期はさぞかしと思える紅葉の時期なら大深沢遊歩道を歩くのも良いだろうが今回は端折って見晴台から中山平遊歩道を行く渓谷を上から覗きこむような遊歩道だが木々が生い茂り川はまったく見えないと、川沿いの遊歩道 [続きを読む]
  • 疲れ休め
  • そろそろ胡桃を収穫せねばと胡桃に樹の下に行ってびっくりあれだけ鈴なりだった胡桃がひとつもない!地面に落ちているのかと探すとすっかり実が腐って黒くなった胡桃が落ちていた実は腐らせないと中の殻が取り出せないので調度良いあちこち探したが拾えたのはたった50個程あとはリスなどのごちそうになってしまったらしい水で洗って腐った実を落としたが殻が黒く染まっている殻もしっかり洗いカゴに入れて風通しの良い所に吊るした [続きを読む]
  • ありがたい
  • 先日旧一関街道金沢で大名行列があったこれは約250年前火災で消失した神社が完成しその遷宮の折ご神体を守り大名行列の様式で行進した故事に従い今まで続いている行事だ大名行列と聞いて行ってみたが各家々は軒先や門などに飾りを吊るしている神社の氏子が毛槍などを振り子どもたちが鉄砲隊に扮したりして行列するご神体を大名行列の様式で運ぶのであって殿様の乗った駕籠などがあるわけではなかったまた神輿渡御も合わせて行われ [続きを読む]
  • もう秋?
  • 9月になったばかりなのに真夏とは空気が違うような感じ辺りを見回すと桜の葉がもう紅葉し始めているイチョウも何やら葉が黄色くなってきたような気がする例年ならお彼岸までは暑くて暑くて汗をかきかき作業しているはずだが今年は暑くても風が吹き抜け作業しやすいはたと気がついたストーブ用の薪はどうなっている?薪小屋には冬にもらった薪のうち細いものが積んであるとはいえ比較的細いところばかりなので大した量はない太いも [続きを読む]
  • 秋の気配
  • 押縁ができたはめ殺し窓押縁の外側の塗装が終わり内側を塗装しようと思ったら窓枠の接合部分に隙間があり、パテ埋めをする隙間は広いところは2mmほどあるその隙間にパテを埋め込むのだが表面だけではなく奥まで入れるので結構面倒一度では埋めきれず乾いてからもう一度パテ塗りをする風呂場なので隙間を空けたままでは水が入る面倒だけど必要な作業だはめ殺し窓のパテ塗をしていたらすぐそばで蜂がブンブン飛んでいるアシナガバチ [続きを読む]
  • まだまだ言えない
  • 雨で材料の切り出しが出来ず風呂小屋の天井張りが止まっていたが何とか再開火屋の部分は屋根の傾斜のままの天井になる脱衣所はその傾斜の天井の下に平天井をつけるのでこの部分は天井が二重になり天井と天井の間の狭い三角屋根スペースは何かあった時に点検のため登れるようにする浴室換気扇のダクトを通すなどまだまだ平天井の上でやる作業があるので平天井はごく一部、照明が取りつけられるところまでとする天井張り作業では柱や [続きを読む]
  • 夏祭り
  • 今年は8月に入ってからも夏らしい日が続かないそれでも夏といえば夏祭り一関市内の町や地区でも大小様々な夏祭りが開催される早いところは7月の下旬から祭りが始まり先週は花泉のお祭り「日本一の餅祭り」が開催された今年の開会式では餅まきの餅を4個もゲットした当日はこの夏にしては珍しく結構暑かったが餅つきパフォーマンスが始まると続々と見物人が集まりお目当てのお餅のブースに並ぶ今年の奥ちゃまの一押しは「担々餅」 [続きを読む]
  • 冷夏
  • 7月の中旬過ぎまで暑い日が続いたのだがここのところ日中の気温が30℃いかないというかせいぜい25℃くらいの日が続く梅雨は空けたはずなのに雨も多いおかげで日中はそんなに暑くなく汗まみれになることもなく作業ができるそんなわけで風呂小屋作りも細かい作業が進んでいる脱衣所と浴室の間の扉の枠を入れてみた枠に添わせるように柱などを入れるまた浴室のはめ殺し窓の枠も出来たあとは押縁を固定すればガラスを注文できる釜を置 [続きを読む]
  • 上海雑技団?
  • 渡り廊下の三段目の階段が出来上がったこれで作業中、母屋との行き来が楽になったところで木材を加工していると様々なことがある反っていたりねじれていたり節のところがえぐれていたりと様々真っ直ぐで問題ない木材のほうが圧倒的に少ない今回見つけたのは節のところが抜けてしまう木材一見なんとも無いようだったが持ち上げて加工していると節がポロッと取れてしまい穴が空いてしまった慌てて接着剤を付けて押しこむこういった面 [続きを読む]
  • 進みは遅いが
  • 風呂小屋作りは少しずつだが進んでいる屋根裏の断熱材が全て入った天井と屋根の間の狭いスペースで天井裏に這いつくばっての作業で大変だったがこれで天井板も張れるようになった断熱材は奥ちゃまの仕事だがオトーちゃんは渡り廊下の階段づくり床板三枚を繋いで二段だけできた三段目は床板六枚をつなぐ階段を作りながら外壁張りもする東側の外壁を張りだしたのだがそこで問題が東側は大きなはめ殺しの窓を作るのだがその窓の横梁の [続きを読む]
  • ちょっとは先が
  • 日中はものすごく暑いのだが朝晩は気温がぐっと下がり過ごしやすい風呂小屋作りは渡り廊下の柱が組まれた風呂小屋は母屋より低い位置にあるので渡り廊下は三段の階段になる一段目と二段目は踏み面が24cmだが渡り廊下の距離の関係で三段目は踏み面が40cmほどになってしまった四段にすると段差が15cmなくかえって降りづらいし各段の踏み面を30cmほどにするのも歩きづらいという訳でちょっと変則的だがこれで我慢することにした実はこ [続きを読む]
  • 薪の風呂釜
  • 少しづつしか進まない風呂小屋作りバスタブをセットする準備に入るバスタブは深さが二段階あり浅い方は深い部分より広さがあるまずはバスタブの外側の深い方のみに断熱材を巻くバスタブの壁面はアールがとってありそれに合わせてスタイロホームを巻くのだが硬いスタイロホームをアールに沿わせるのはむずかしい何とか巻いて貼り付けるのに結構時間がかかったここまで出来たところでバスタブを置く場所にセットしてこんどは浅い部分 [続きを読む]
  • 作ってみたが
  • 乾かしておいた山椒は種がはじけてきたのでいよいよ粉山椒を作ってみるただ湿度の高い日が続いたためか乾燥状態が良いとは思えなかったはじけてきた種を摂るのだが実が小さいので結構取るのが面倒だ実の中の半分以上が種のようで種を取ると果肉状のものはほんの少ししかないように見える電動ミルサーがあれば早いのだが家にはないそこで登場手動式ペッパーミル大きめの皿にうらごしをのせるその上に粉が落ちるよう観るを動かすと粉 [続きを読む]
  • 陶器市
  • 新聞に大陶器市のチラシが入っていた怠けぐせというか休みぐせというか遊びたくなったので行ってみることにした場所は北上市の展勝地展勝地は県有数の桜の名所でまだ行ったことはないのだが車で一時間強と近い高速には乗らずナビに従って裏道を走る1時間15分ほどで展勝地に到着かなり広い会場にテントが並び陶器だけではなく漆器や和家具、金物に袋物旨いものを売る店など50店舗ほど出てるだろうか早速店を見て回る21cmサイズのお [続きを読む]
  • 山家荘あれこれ
  • 6月も半ばを過ぎやっと梅雨入り暑い日が続くようになってきた確かこの前草刈りをしたばかりなのにまた雑草がぼうぼうと伸びているこれからは草刈りに明け暮れることになる草刈りをしながらあちこち眺めると何やら赤い実が成っているグミだ今までグミの木があるなんて気が付かなかったまだそんなに大きな木ではないが実が20粒ほど成っている他にもなにかあるのではと見まわると2年ほど前に植えたプラムの木にたった1粒実が成って [続きを読む]
  • 骨休め
  • 6月は奥ちゃまの誕生月**歳を祝って(高齢になると祝うのもねぇ)温泉へ行ったことがない蔵王へと出発蔵王ではお釜を観る予定だここのところ車の運転にも慣れ一人で街まで車で行くこともできるようになった奥ちゃまがまずは高速近くまで運転することになったお天気は曇り天気予報では雨が降るとは言っていなかった車は順調に走り初めて通る道も何のその高速道路はまだ自信がないのでオトーちゃんに交代する高速に乗ると雨が降りだ [続きを読む]
  • 天気に依って作業は変わる
  • 東北はまだ梅雨入りではないが雨の日も多い雨の日のひと仕事和室の入り口には障子を入れようと思っているのだがログを支える通しビスが開口部の真ん中に飛び出ているセトリングでビスは緩むので締める必要がありちょうど和室の入り口にもそのビスがあるというわけだ障子を入れるための枠を作るのだがビスが飛び出ているのはちょっと目障りだ外す訳にはいかないのでナットのすぐ下でビスを切り飛び出ているナットの部分をカバーでき [続きを読む]
  • あっという間
  • なんだか毎日のように忙しいが気がついてみると外壁の色がかなり落ちているそういえばここを塗装したのは3年半前だ忙しいのに今年は外壁の塗装もしなければならないようだ足場を掛けないと上の方は塗装が出来ないが今は風呂小屋づくりで足場は邪魔になるとりあえずはげちょろけになった西側と南側の足場を掛けずに塗れる所を塗ることにする最初に塗装をした時は塗りムラが気になりかなり慎重に二度塗りをしたが今回塗ってみると壁 [続きを読む]
  • かれこれ1年
  • 妹夫婦が山家荘に来てくれた数年ぶりで、前回来たのはまだ家が建つ前だったのであまりの変貌ぶりにあちこち写真を撮っていた泊まるのは風呂場が完成してからと(申し訳ない)ホテルを取ったそうだということで風呂小屋作りを急がねばと作業をする間仕切りの壁は張れるようになったし外壁も張り始めた外壁はログ材と一緒に来たログパネルの余り物余り物なので量は限られている図面を書いて無駄が出ないようにカットする長さを決める [続きを読む]
  • 花盛り
  • 移住仲間のSIさんから桜草が咲いたと連絡を頂いた3日間降り続いた雨が上がったのでSIさんの山荘へ広大な敷地なのにきれいに整備されている山荘の斜面には色々な色の桜草にツツジやマツバギク、ナルコランにマーガレット他にもオダマキやテッセンなどなど百花繚乱ここ数日は知り合いの人たちが桜草を見に訪れるそうだまた東屋が昨年とは別の場所に移っていたり新しい休憩用デッキができていたりなんと囲炉裏を切った東屋まで出 [続きを読む]
  • 強行軍
  • 実は奥ちゃまは歌舞伎が好きであるもう40年近く観ているので年季も入っている先日東京に行く用があったのでそれに合わせて大阪まで歌舞伎を見に行こうと計画をたてた追っかけはやりたくないと思っていて地方公演にはたまーにしか行かないのだが今回久々に行く気になったのだったそしてその計画がちょっとハードなのだ東京に行くにしても新幹線は高いのでもっぱら夜行バス乗り物の揺れですぐに眠たくなってしまう奥ちゃまには時間の [続きを読む]