httrmchtk さん プロフィール

  •  
httrmchtkさん: 服部倫卓のロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪
ハンドル名httrmchtk さん
ブログタイトル服部倫卓のロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪
ブログURLhttp://hattorimichitaka.blog.jp/
サイト紹介文私のホームページ「ロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪」の簡易・ブログ版です。
自由文私のホームページ「ロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪」の簡易・ブログ版です。 より詳細な情報は、PC用のサイト(http://www.hattorimichitaka.com)でご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供500回 / 365日(平均9.6回/週) - 参加 2012/03/21 14:03

httrmchtk さんのブログ記事

  • 米ロ首脳会談に関するマカレンコ氏論評
  •  だいぶ遅れ気味のフォローだが、7月16日にヘルシンキで開催された米ロ首脳会談に関し、評論家のB.マカレンコ氏(上掲写真)がこちらで論評しているので、要旨を整理しておく。◆ ヘルシンキでどちらが勝った、負けたといった論評は意味を失った。双方とも自分の側の利益を追求し、達成できたものもあれば、できなかったものもあった。 サミットは、破談にならなかった。両大統領は共同記者会見を行い、お互いに対する友好的な [続きを読む]
  • スタジアムで茹でとうもろこしを食べるのはロシアだけ?
  •  ちょっと忙しいので、簡単なネタだけで。ロシアのサッカースタジアムは、食べ物にまったく期待できず、名物と言えるようなものも、ほとんど思い当たらない。唯一、もしかしたら、茹でとうもろこしだけは、ロシアのスタジアム名物と言えるかなと、以前から思っていた。上の写真は、まだ新スタが出来る前の時代のゼニト・サンクトペテルブルグのとうもろこし売りである。ただ、ひょっとしたら、ロシアだけでなく、ヨーロッパの他の [続きを読む]
  • ロシア、米国財務省証券の大口保有国リストから消える
  •  こちらの記事によると、米国財務省証券の大口保有国リストの最新版(2018年5月版)で、ロシアがリストから消えたということである。ロシアは4月の時点では米国財務省証券を487億ドル保有し、大口保有国ランキングで22位につけていた。それが、1ヵ月で少なくとも3分の1を手放した模様である。5月版ランキングでは、302億ドルのチリがリストの一番最後の33番目に掲載されており、ロシアの名がないということは、少なくともチ [続きを読む]
  • ベラルーシの各国駐在大使、輸出目標達成しないと召還?
  •  ロシアやベラルーシといった国々は、強力な大統領制によって、官僚に成果主義を強いるような傾向がある。そして、最近は両国とも輸出促進を重視するようになっており、外国にある出先(大使館、通商代表部)にもそれを推進する役割が課せられている。 まあ、成果主義も輸出促進も結構なことだが、貿易なんてものは基本的に商品の競争力によって決まるものであり、個々の経済主体が合理的な決定を下したものの積み重ねが輸出額や [続きを読む]
  • プッシー・ライオットの「ゆるテロ」について考える
  •  W杯決勝戦のプッシー・ライオット乱入事件、最初は良く事情が分からず、「なんか決勝に水を差す残念な出来事が起きちゃったな」くらいに感じただけだったが、事実関係が判明するにつれ、また時間が経過するにつれ、自分の中のモヤモヤがどんどん大きくなってきている。 試合の翌日、プッシー・ライオットの仕業だということを知った時に、私が思ったのは、「今大会でロシアは、テロリストもフーリガンも封じ込めたのに、最後 [続きを読む]
  • W杯スタジアムの総工費
  •  今回のW杯ロシア大会で使用された12スタジアムの総工費を比較するグラフを作成してみた。数字は、今大会での無駄遣いに批判的な論陣を張っているこちらの記事からとった。ただ、ロシア・ルーブルのままでは分かりにくいと思うので、直近の為替レートで日本円に換算して示した。カッコ内に「改築費」と書かれているスタジアムに関しては、既存のスタジアムの建設費は除外し、改築費用だけを記している。他はすべて新規建設である [続きを読む]
  • PCスピーカーを替えてみた
  •  変な話だが、私が音楽を聴いて一番感動するのは、PC上でエクセルのデータ処理をしながら聴く時である。ちゃんとしたオーディオで居住まい正して聴くよりも、PCで作業をしながらの方が、良い感じで没入でき、かえって音楽に集中できる気がするのだ。 したがって、自宅のデスクトップPCのスピーカーが大事になってくる。これまではCreativeというブランドのものを使っていた。しかし、数年使って、だいぶボリュームのガリが出るよ [続きを読む]
  • 週替わり紋章:ヴォルフスブルク
  •  FIFAワールドカップ・ロシア大会のマスコットが、オオカミをモチーフにしたものであることにちなみ、本コーナーでもオオカミの紋章を取り上げてきたが、今回が最終回。最後は、ドイツのヴォルフスブルクを取り上げる。何でも、この都市名はドイツ語で「オオカミの城」を意味しており、ゆえに市章も城の上に立つオオカミを描いたデザインなのだという。最後はW杯開催国のロシアから離れてしまったが、今大会で最大のセンセーショ [続きを読む]
  • W会場キャパと地元クラブ動員力のギャップがエグい
  •  寂しいことに、ロシアW杯はもう終わってしまうけれど、私がこの大会について一番こだわっていたのは、いわゆる大会のレガシー(遺産)の問題だった。なので、地域研究者としての私のW杯ロシア大会研究は、むしろこれから始まるのである。 その作業の一環として、上に見るような図を作成してみた。今回のW杯で会場となった12のスタジアムのうち、モスクワ・ルジニキとソチ・フィシトは、特定のクラブによる使用が想定されてい [続きを読む]
  • ウズベキスタンがユーロ債を起債へ
  •  こちらの記事によると、ウズベキスタンは本年中にソブリン格付けを取得し、同国初となるユーロ債を起債する意向である。T.イシメトフ中銀第一副総裁が発表した。財務省が格付け取得に当たってのコンサルタントを選定しているところである。イシメトフは起債予定額を明らかにしなかったが、以前の情報では2億〜10億ドルといった額が取り沙汰されていた。なお、2018年第1四半期終了時点で、ウズベキスタンの金外貨準備は285億ド [続きを読む]
  • 低下するプーチン政権の支持率
  •  ワールドカップ・ロシア大会が良い感じに盛り上がったので、プーチン政権は順調そのものなのかと勘違いしてしまいそうだけど、実はここに来て異変が生じている。驚異の高さを誇っていたプーチン大統領の支持率が、どこの機関の調査結果を見ても、急激に下がっているのである。 たとえば、全ロシア世論調査センターのこちらの資料を見てみよう。これは、回答者に、自分が信頼する政治家を何人でも挙げてくださいと問うた設問の回 [続きを読む]
  • クロアチア戦を観たロシア国民は69%
  •  既報のとおり、世論調査結果によれば、ロシア国民のうちワールドカップのロシア代表の試合を観たという人は、サウジアラビア戦55%、エジプト戦59%、ウルグアイ戦59、スペイン戦71%と、大会が進むにつれ高まっていった。 そして、こちらによれば、準々決勝のクロアチア戦の数字が出たということである。これによると、クロアチア戦を観たという国民は、69%だったということである。スペイン戦よりも若干低下したことになり、 [続きを読む]
  • 2018年上半期のウクライナ鉄鋼業
  •  こちらのサイトに、2018年上半期(1〜6月期)のウクライナの鉄鋼業生産実績が出ている。なお、ドンバス占領地の生産活動を2017年3月からウクライナ当局が把握できなくなり、2017年2月までのドンバス占領地の数字をカウントするか否かで、前年同期比の伸び率が変わってくる。2018年上半期の銑鉄生産高は1,015万tで、これは2017年1〜2月までの占領地における生産量を考慮すれば前年同期比8%増だが、考慮しなければ14%増 [続きを読む]
  • 前回ブラジル大会での失意の帰国の様子
  •  以前、当ブログに、上掲のような動画を載せたことがある。ロシア代表が前回の2014年FIFAワールドカップ・ブラジル大会でグループステージ惨敗し、失意の帰国を果たした時の様子だ。確か着いたのは早朝であり、人影もまばらな空港で、カペッロ監督や選手もノーガードの状態である。大会で大きなミスを犯し戦犯となりながら、気さくに写真やサインに応じるGKアキンフェエフの姿には、得も言われぬ哀愁が漂っていた。個人的に、こ [続きを読む]
  • ロシア政府が対米報復関税を設定
  •  こちらのサイト、こちらのニュースに見るとおり、米国が3月に鉄鋼およびアルミニウムに独自に関税を導入したことへの対抗措置として、ロシア連邦政府は7月6日付政府決定により、米国産品に対する関税を導入した。なお、ロシアなど5ヵ国から成るユーラシア経済連合は関税同盟なので、本来であれば共通の対外関税を設定しなければならないが、今回の対米関税はロシア一国の措置である。今回の措置で対象となっているのは、建設 [続きを読む]
  • ロシアとウクライナの穀物輸出
  •  穀物輸出などを見る場合に使う農業年度というのは、各年の7月に始まって、翌年の6月に終わる。なので、ちょうど今の時期は、旧年度が終わった時期ということになる。 こちらの記事によると、2017/2018年度のロシアの穀物輸出は5,320万t程度だったと見られる。うち小麦は4,200万tだったと見られる。これは事前の農業省の予測を、わずかに上回る水準である。また、2016/2017年度の輸出実績は3,547万tだったので(うち小麦は2 [続きを読む]
  • 週替わり紋章:ムスチスラヴリ
  •  FIFAワールドカップ・ロシア大会のマスコットが、オオカミをモチーフにしたものであることにちなみ、本コーナーでもオオカミの紋章を取り上げてきたが、すでに申し上げたとおり、ロシアではオオカミをモチーフとした紋章はごく少ないことが判明した。そこで、先週はベラルーシのヴォルコヴイスクを取り上げたが、今回もベラルーシの街ムスチスラヴリ(ベラルーシ語読みではムスツィスラウ)にご登場願う。上掲のとおり、アカオオ [続きを読む]
  • あえて後味の悪い話を
  •  サッカー・ロシア代表、準々決勝で散った。個人的に言えば、ロシア代表は応援していたものの、実力不相応に勝ち上がり、「もう、お腹いっぱいかな」という感じがしてきたのも事実である。開催国チームとしてのノルマは、十二分に果たした。 ところで、私は普段、日常的には欧州サッカーを観ないので、スター揃いのクロアチア代表チームの面々を、それほど良く知らない。むしろ、ヴィダというディフェンダーが、昔ディナモ・キエ [続きを読む]
  • ロシア乗用車販売、付加価値税引き上げの影響は?
  •  ロシアでは、付加価値税の税率を、2019年1月1日から、18%から20%へと引き上げる法改正が進められているところである。これに関連し、こちらの記事によると、ロシア自動車ディーラー協会のO.モセエフ会長が、乗用車販売市場への影響について語った。モセエフ会長いわく、付加価値税の引き上げが販売に影響することは不可避である。現在、消費者は価格に敏感になっており、値上げを埋め合わせるほどの所得増は今のところ見て取 [続きを読む]
  • ウクライナ労働移民の内訳
  •  ウクライナの国外出稼ぎ労働については時々取り上げるが、こちらの記事にはちょっと新味があったので、メモしておくことにする。今般A.レヴァ社会政策相が述べたところによると、ウクライナの労働移民のうち、外国で定職に就いている者が、320万人程度に上る。また、外国で季節労働に従事する向きが、900万人いる、ということである。ウクライナ政府では労働力の国外流出を問題視しており、先日フロイスマン首相は、国内での賃金 [続きを読む]
  • サッカーW杯:さすがにロシア国民もその気になってきた?
  •  全ロシア世論調査センターの調査結果によれば、ロシア国民のうちW杯のロシア代表の試合を観たという向きは、上掲のとおり、大会が進むにつれ拡大していっているようだ。サウジ戦55%、エジプト戦59%、ウルグアイ戦59%だったものが、スペイン戦では71%に跳ね上がったということらしい。「ロシア代表は準決勝に進めますか?」という質問に対して、「はい」と答えていたのは、6月26日には12%にすぎなかったけれど、スペイン戦 [続きを読む]