httrmchtk さん プロフィール

  •  
httrmchtkさん: 服部倫卓のロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪
ハンドル名httrmchtk さん
ブログタイトル服部倫卓のロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪
ブログURLhttp://hattorimichitaka.blog.jp/
サイト紹介文私のホームページ「ロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪」の簡易・ブログ版です。
自由文私のホームページ「ロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪」の簡易・ブログ版です。 より詳細な情報は、PC用のサイト(http://www.hattorimichitaka.com)でご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供512回 / 365日(平均9.8回/週) - 参加 2012/03/21 14:03

httrmchtk さんのブログ記事

  • プーチン大統領、低支持率が定着
  •  ネタがなく、なおかつ多忙なので、以前取り上げたデータを更新するだけでご容赦いただきたい。「全ロシア世論調査センター」では、毎日1000人のロシア国民に電話アンケートを実施し、その中で「貴方の信頼する政治家を挙げてください」ということを問い(複数回答可能)、それを週ごとに集計して発表している。その調査によるロシア国民のプーチンおよびメドヴェージェフへの信頼率のグラフを更新したので、上掲のとおりお目にか [続きを読む]
  • 週替わり紋章:ザーンスタット
  •  ロシア圏からは離れてしまったが、まだ続く、クジラの紋章シリーズ。今回はオランダのザーンスタットという街。ご覧のとおり、紋章の盾を、左右2匹のクジラが支える形となっている。この街は、かつて捕鯨ビジネスで一時代を築いたということであり、それゆえにこのデザインとなっているわけである。かつての捕鯨の街の割には、今日では内陸に位置しているが、たぶん埋立てで国土が拡張された関係だろう。ブログランキングに参加 [続きを読む]
  • 合弁企業AliExpress Russiaを創設へ
  •  これは先週明らかになった、かなり大きな経済ニュース。こちらなどが伝えるところによると、中国系のアリババ・ルグープはロシア資本と合弁企業AliExpress Russiaを創設し、ロシアにおけるネット通販AliExpressの事業を同合弁に委ねることになった。AliExpressだけでなく、B2CのTmallなどもその傘下に入る。AliExpress Russiaの株式比率は、アリババ・ルグープ48%、ロシア通信大手のMegaFonが24%、ロシア・ネットサービス大手 [続きを読む]
  • トルトネフ、東方経済フォーラムのリニューアルを主導
  •  こちらの記事によると、ロシアのトルトネフ副首相・極東連邦管区大統領全権代表は、極東経済フォーラムの方式をリニューアルすることを提唱した。トルトネフがプーチン大統領にその旨を要請したところ、プーチン大統領も了承し、来年2019年から刷新されるということである。具体的には、行事の数を減らすこと、極東開発の重要問題にテーマを絞ること、セッションの結果についてモデレーターがプーチン大統領に報告すること、など [続きを読む]
  • 映画『ヒトラーと戦った22日間』
  •  我々ロシア界隈の人間にとっては、見逃せない映画がこのほど日本でも公開された。ロシアを中心にドイツ、リトアニア、ポーランドも加わって国際制作された作品『ヒトラーと戦った22日間』である。公式HPはこちら。作品の概要を引用させていただくと、 第2次世界大戦下にナチスが建設したアウシュビッツと並ぶ絶滅収容所ソビボルで起こった脱出劇を、実話をベースに描いたドラマ。国籍、貧富などは関係なく、ユダヤ人たちがガ [続きを読む]
  • ルーブルの適正レートは?
  •  日ロ関係が終わったっぽいが、その話題に触れるのは面倒なので無視して別の話をすると、こちらおよびこちらの記事によれば、東方経済フォーラムの席でロシアのオレーシキン経済発展相は、ロシア・ルーブルの適正レートについて発言した。直近では1ドル=69ルーブル程度となっているが、財務省による外貨買入がなく、油価がバレル78ドルという条件では、1ドル=50ルーブル程度が均衡レートであろうと、オレーシキン大臣は述べた [続きを読む]
  • ロシアでポケモンGOが解禁される
  •  こちらの記事によると、このほどロシアでようやくポケモンGOが解禁された。主要国では2016年夏にローンチされていたが、ロシアでは2年遅れでようやくこのゲームにアクセスできるようになった。これまでもロシアのユーザーは非公式サイトでダウンロードして同ゲームを楽しんでいたが、9月11日朝からロシア版のAppStoreおよびGoogle Playで正式にポケモンGOのアプリをダウンロードできるようになった。ただし、本件につき開発元 [続きを読む]
  • 週替わり紋章:モルデ
  •  クジラの紋章シリーズをお届けしているが、ロシア圏のクジラ紋章は、先週までの4ネタで尽きてしまった。そこで、ロシア以外のものも少し。これは、ノルウェーのモルデという街の市章である。ありがたいことに、ウィキペディアに日本語の説明があったので、以下引用させていただく。 (この紋章は)1742年から使用されている。ニシンの入ったたるを追うクジラを表し、市の最初の産業である水産品と木材の輸出を象徴化している。 [続きを読む]
  • ウクライナの愛国ヴァレーニキ
  •  今回のウクライナ出張の夕食の一コマ。ウクライナ国旗色の、黄色と青の愛国ヴァレーニキ。ちょっと青が国旗の青っぽくない気もするが。けばけばしい色合いに反し、中身はジャガイモとカッテージチーズの、割とオーソドックスなヴァレーニキだった。ブログランキングに参加しています1日1回 をお願いします [続きを読む]
  • 軍と言語と信教のウクライナ
  •  今回のウクライナ出張で多く見かけた看板・ポスター。「軍! 言語! 信教! 我々は我が道を行く! 我らウクライナ ペトロ・ポロシェンコ」とある。北朝鮮並みに先軍政治をうたっているのには思わずビビるが、「言語」というのは言うまでもなくもっぱらウクライナ語を指し、また「信教」も宗教一般ではなく暗にキエフ派の正教会を拡大していく決意を示したものであろう。要するに現在の国家路線をさらに不退転に推し進めてい [続きを読む]
  • ウクライナの自治体合同政策
  •  ウクライナにつき、重要でありながら、これまで個人的に見逃しており、今回の現地調査で認識するに至った問題があったので、書き留めておく。 ウクライナは、フランスに似たような感じの政治制度になっており、意外に中央集権的な国である。それを分権化していくというのが以前から懸案になっており、例のドンバス自治付与と直接関係するわけではないが、2014年のユーロマイダン革命後に、EUの技術支援も受けながら、地方分権化 [続きを読む]
  • ユダヤ教徒のウマニへの巡礼
  •  日本人なら思わず旨煮と表記したくなる、ウクライナのウマニという街がある。普段は目立たない小都市だが、実はウクライナのユダヤ人の歴史・文化においては聖地とも言うべき地である。詳しくは、近く刊行される『ウクライナを知るための65章』で赤尾光春さんという専門家が語っているので、ぜひそちらを参照していただきたいが、赤尾さんによると、ユダヤ教敬虔派ハシディズムの義人ブラツラフのラビ・ナフマンの墓がこの街にあ [続きを読む]
  • ジョージア・トビリシからウクライナ・キエフに移動
  •  ジョージアでのきわめて有意義な調査は終わり、4日夕方の便でウクライナ・キエフに移動。しかし、トビリシの空港でウクライナ国際航空にチェックインしようとしたところ、「事前にネットで登録していない客はチェックイン料が15ユーロ」とかいう訳の分からない料金を徴収され、同行の皆さんは憤懣やるかたない様子。キエフのボリスポリ空港に着いたら着いたで、入国審査に長蛇の列ができており、カオスの様相。市内に移動しても [続きを読む]
  • ジョージア外務省で集中的に聞き取り調査
  •  9月3日のジョージア・トビリシでの調査は、主にジョージア外務省にて、アジア局長、対外経済関係副局長、欧州統合局長にそれぞれ1時間ほどお話しを伺うことに費やした。非常に実り多い聞き取り調査となり、実り多すぎて、ちょっとすぐには消化しきれないくらいだった。日本大使館にお邪魔し大使にもお話を伺ったが、4日から日本の河野外相が日本の外務大臣として初めてジョージアを訪問するということで、大変お忙しい中、大 [続きを読む]
  • ジョージア到着
  •  というわけで、ロシアでの調査を終え、昨日の飛行機でロシアのモスクワからジョージアのトビリシに移動。本日から本格的な調査に入ります。写真は昨日の夕食。にしてもロシアと違いライブドアブログに接続できるのが有難い。モスクワのホテルにコンセントのアダプターを忘れてきたっぽい。ブログランキングに参加しています1日1回 をお願いします [続きを読む]
  • 週替わり紋章:コラ
  •  クジラの紋章シリーズ。今回はロシア北極圏、バレンツ海に面したムルマンスク州コラ市の市章。コラ半島、コラ原発などで知られる地名だ。その市章が上掲のようなものであり、どう見ても人面魚にしか見えないが、これがクジラということである。ブログランキングに参加しています1日1回 をお願いします [続きを読む]
  • ウクライナが汎欧州・地中海原産地規則憲章に参加
  •  これは話題としては新しくないのだが、個人的に認識しておらず、見落としていた動きだったので、整理しておく。 こちらの解説などに詳しいが、「汎欧州・地中海原産地規則憲章」なるものが存在する由である。この地域では、EUを軸に多角的なFTAのネットワークが形成されている。ウクライナも、連合協定に伴うDCFTAをEUと結んでいる。ウクライナがEUに無税で商品を輸出するためには、単にメイドインウクライナだけでは駄目で、そ [続きを読む]
  • 目下このブログは裏技を使って更新しています
  •  以前も何度か苦言を呈したように、私のこのブログが入居するライブドアブログは、ロシアでアクセス禁止の対象となっている。別に当ブログがロシア当局から敵視されているということでもあるまいが、とにかくロシアではライブドアブログ全般がアクセス不能な状態になっている。 それで、従来は単にブログの閲覧ができない状態だったのだけれど、ブログの編集画面は普通に開くことができ、ブログの更新は可能だった。ところが、今 [続きを読む]
  • ロシアを14のマクロリージョンに区分する提案
  •  こちらの記事などによると、現在、ロシア政府は「空間的発展戦略」という国土開発のコンセプトを策定中であるが、経済発展省の起草した案によれば、国土を14のマクロリージョンに区分するという方針が打ち出されている。これは、今日すでに存在する連邦管区のような行政区分とは異なり、実際に生じている経済・社会的繋がりを重視するもので、その枠内でのより緊密な関係構築を目指そうという方向性である。草案は9月に内閣に提 [続きを読む]
  • ベロウソフの超過利潤課税案
  •  当ブログではフォローが遅れてしまったが、先日ロシアのベロウソフ大統領補佐官が、冶金、化学部門の大企業は輸出で膨大な超過利潤を得ているので、それらに対する大掛かりな課税を行うべきだと提案する動きがあった。それに関し、『プロフィール』誌のこちらのページに解説・論評記事が掲載されているので、一部を抄訳しておく。◆ 先日、大統領補佐官のベロウソフが、プーチン大統領に提出した書簡の内容が明らかになった。こ [続きを読む]
  • ウクライナ・プレミアリーグにおける国歌演奏
  •  誰も興味がないような話で恐縮である。ウクライナで、サッカー・プレミアリーグの試合を観に行くと、試合前にウクライナ国歌の伴奏が流され、皆でそれを歌うことになっている(ナショナルチームではなく、あくまでもクラブ・レベルの試合である)。もっと言えば、試合中にも、自然発生的に観客席が国歌を歌い始め、そのたびに当方も起立しなければならないので、面倒である。 そんなこんなで、ウクライナ・プレミアリーグにおけ [続きを読む]