ダイヤモンド☆トナカイ さん プロフィール

  •  
ダイヤモンド☆トナカイさん: 鉄道全線完全制覇の旅
ハンドル名ダイヤモンド☆トナカイ さん
ブログタイトル鉄道全線完全制覇の旅
ブログURLhttp://4190koawazay.blog.fc2.com/
サイト紹介文昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2012/03/24 16:13

ダイヤモンド☆トナカイ さんのブログ記事

  • サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版?
  • 私は田沢湖線は特急列車でしか訪問した事がないと思っていたが、よく考えたら客車普通列車も経験していた。現在の田沢湖線の風景をみたらかなり貴重な体験であろう。そんな列車は当然ながら乗客は疎らであった。角館から角館線に乗り換える。いわゆる現在の秋田内陸縦貫鉄道であるが、当時は松葉が終点であった。1日3往復しか設定がないため制覇には一際苦労する。とはいえ、私は制覇すれば済むのだが、地元の利用者はリピートし [続きを読む]
  • サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版30
  • 山形での駅寝の際には触れなかったが、実は山形のベンチで寝ている際に足を叩かれ起こされた。「君、どうしたの?こんなところで。」家出少年に見えたのか。「これこれこういう旅の途中です」みたいな会話をして更にまた寝ようとしたが、どうやら私に興味津々らしくなかなか寝かせてもらえない。よくよく話すとその紳士は駅構内だか駅前だかの飲食店的な場所で働いているらしい。勤務終了後に私を見つけたのであろうか。そして「僕 [続きを読む]
  • サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版?
  • 羽後本荘より秋田で乗りかえ男鹿に向かうが、気分が段々メランコリーになってきた。今夜の宿は夜行列車ではない。計画段階から駅寝の決定していたからだ。既にやれる事はやった。たが、どうしても角館線に乗るのは朝か晩に限られてしまう。私は当時、自身の頭脳をフル回転させても駅寝は避けられなかった。だが、今の私が当時の時刻表を使ったらわずか10分で駅寝をしない方法を見つけ出してしまった!それは前回紹介したが、なん [続きを読む]
  • サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版?
  • 大湊より快速「なつどまり」で野辺地に9時35分に着いた私は秋田方面に向かいたいので青森を目指すつもりであったが、時刻表で確認する限り青森経由だとやたら接続が悪い。そこで私は1982.11.15ダイヤ改正の「ウリもの」をフルに活用する。それは特急「はつかり」で盛岡へ出て更に特急「たざわ」に乗り換え秋田に向かうという事だ。これだと青森経由より一時間以上早く秋田に着く事ができる。しかも「ワイド」の特権を最大限に活 [続きを読む]
  • サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版?
  • 余目から陸羽西線経由で急行「月山」を捕まえたお陰で乗り換え無しで山形に到着。そして福島までの奥羽本線普通列車は旧型客車でのんびり揺られる事になった。「ワイド」を持っているとどうしても急行・特急を利用しないと勿体ない気分になりがちだが、こうして普通列車で本線上を走るのもいい。増してや旧型客車である。旧型客車の車内から撮影した峠駅であるが、スイッチバックしながら走る列車で窓を開け精一杯の撮影であった。 [続きを読む]
  • サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版?
  • さて、私は酒田から陸羽西線の普通列車に乗った。戸籍上は余目が起点であるが、もちろん酒田からの乗客に向けエールを送った措置であろう。お陰でバッチリ着席できて順調に新庄へと向かう。途中、ダイナミック?トナカイが虹を発見し和やかなムードとなるが、夕方の虹とは確か翌日は晴れるみたいな事を聞いた事がある。「いゃ、あめだったかなぁ」「いや、晴れだよ」みたいな会話もあり、ようやく新庄に近づいてきたその時・・・「 [続きを読む]
  • サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版?
  • 荒砥から折返し今泉で乗換え米沢に着いたのが8時丁度であった。折返し米坂線で坂町まで向かう列車は1時間45分待ちの急行「べにばな」である。首都圏では絶対にお目にかかれないローカル急行であり、米坂線を経由するあたりも憎い。米坂線といえば、季節によっていろいろな沿線風景をみせてくれる事は地味に有名で、近年では旅番組などで度々紹介されている。だが、当時の私にしてみたらそんな沿線風景よりも米坂線を制覇する事 [続きを読む]
  • サマーアクションシリーズ 1983年東北の旅 もっと詳しくリメイク版?
  • 大曲で上りの急行「おが」を捕まえた私は、計画では福島で下りの急行「津軽」に乗り山形に戻る予定であった。先述のように急行「おが」はオール20系ということでさながら寝台特急である。ただ、一部の車両ではB寝台を自由席として解放している。もちろん、私は既に事情は知っていたので「自由席」へ。そして私は快適な時を過ごしていたのであった。だが、あまりに快適過ぎて、もし福島を乗り過ごしたらどうしよう・・・という雑念 [続きを読む]
  • サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版⑱
  • 急行「むつ」で21時00分青森に着いた私は事前に定めておいた銭湯に向かった。銭湯は栄えている方の東口ではなく、長い跨線橋を渡った西口にあった。連絡船の桟橋がすぐ近くにありドデカイ連絡船が目の前にいる。出港時間が近づいたのか、物凄い大音量の汽笛が「ボーッ!」となった。私は一瞬跳び跳ねてしまったが、それくらいビックリの大音量。胸元にずしりと低音が響き渡る。そんな風情溢れる港街の片隅に銭湯はあった。番台に座 [続きを読む]
  • サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版⑰
  • 盛岡を出た花輪線普通列車だが、途中の好摩までは戸籍上は東北本線を走る。だが、盛岡を出た瞬間から自覚していたが、夜間を夜行列車で過ごす関係上、その「関係」が山田線に引き続きやってきた。私は望遠レンズを窓枠に置き広角レンズに切り換えたのだが、何と額を望遠レンズにぶつけてしまった。つまり、いつの間にか意識が無くなり睡魔に襲われていたのであった。そして望遠レンズに額をぶつけて目が覚めたというわけだ。眠いと [続きを読む]
  • サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版 ⑮
  • 気づいたら長期連載となってしまった東北の旅紹介であるが、ようやく中盤にたどり着いた感である。ここまで書いていてよくこんな旅をひとりで敢行したなと改めて思った。そしてその要望に応えてくれる切符が当時よくあったなと感心してしまう。逆に私が「ガラスの」十代だったからこそ出来たのではないかなと思ってしまう。とはいえ当時は私も「受験生」であったが・・・私が乗ってきた三陸鉄道の車両が停車中の釜石は2011年に [続きを読む]
  • サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版 ⑭
  • 利府を後にした私は白石に向かう。おや?待てよ。さっきは丸森で今度は利府。次は白石とは・・・仙台を間に挟み行ったり来たりしている。そう、これにはからくりがあった。利府を出たのが21時51分であり仙台付近では上り下りとも使える夜行列車が深夜から未明の時間帯のため「旅籠」となってくれる列車がない。そこで少しでも待ち時間を少なくするため仙台付近を往復するとこで夜行列車の乗車タイミングに合わせようとしたわけだ。 [続きを読む]
  • サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版⑬
  • 槻木で乗換無しで丸森まで行けるのは実に楽で良いが、果たして始発から終点まで乗車したのは何人いたのか・・・角田でかなり下車し、終点の丸森まで乗車していたのはホンの数名だった記憶だ。角田ではかなりの数の雨粒が窓をたたきつけてきたが、丸森でもその状況は変わらず、土砂降りのホームを全力疾走して入場券を買いに駅舎に向かった。何とか執念で入場券を買い列車に戻ったが、折り返しのインターバルが、10分しか無いのと降 [続きを読む]
  • サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版⑪
  • 仙台から仙石線に乗り換えたが、ひとつ気になる事があった。それはさっきから降り続いている雨であるが、列車乗り潰しの旅だから別に駅を降りてから観光地やレジャー施設に行くわけでもない。そう、私の恋人はキオスクと夜行列車であった。当時は「御当地グルメ」みたいなものも今ほど流行ってないイメージであったし、観光などほとんど興味が無かった。だから列車に乗っていれば雨に濡れる心配も無い。だが、何故・・・それは石巻 [続きを読む]
  • サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版⑨
  • 季節運転となった急行「おが」を下車した私は山形では6時7分発の左沢線始発までまたなければならない。本来の予定なら福島で季節運転の夜行急行列車「おが」どうしでのりかえ山形に戻ってくる予定だったが「快適過ぎてもしかしたら寝過ごして上野まで行ってしまうのではないか」と思い深夜の山形で左沢線の始発を待つ事を決断したのであった。今の私なら絶対に福島で深夜の乗り換えをしようと山形をやり過ごすであろうが、当時の [続きを読む]
  • サマーアクションシリーズ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版⑦
  • 臨時急行「おが」はB寝台を自由席として開放するという太っ腹であったが、お陰で逆に興奮してしまい寝れなかった。だが、先述した急行「津軽54号」の車掌の配慮のお陰で新庄に戻ってくる事ができ、予定通り陸羽東線を制覇する。基本的に「駅寝を嫌う」と先述したが、今回の旅では早速「駅寝」を予定に組み込んでいたのが新庄であった。1時20分到着で5時10分発の列車に乗る予定が、新庄到着が4時45分となり駅寝をぜずに [続きを読む]