ダイヤモンド☆トナカイ さん プロフィール

  •  
ダイヤモンド☆トナカイさん: 鉄道全線完全制覇の旅
ハンドル名ダイヤモンド☆トナカイ さん
ブログタイトル鉄道全線完全制覇の旅
ブログURLhttp://4190koawazay.blog.fc2.com/
サイト紹介文昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2012/03/24 16:13

ダイヤモンド☆トナカイ さんのブログ記事

  • サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版①
  • 既に1983年夏の東北の旅はこのブログで散々紹介してきたが、一部を除いてかなり大雑把な記事であった。この東北の旅以外にも紹介したい旅は沢山あるのだが、このブログを立ち上げて以来、私は多くの場面で若き日の自分に対面する時があった。若かったからできた事や、今だから若き日の自分に対しこうアドバイスしたい場面が多々現れた。逆に今の自分が当時を振り返った時昔の自分に教えられる事も沢山あり、ある意味人間ってこ [続きを読む]
  • チャンピオンカーニバル番外編 熊に逢ったらどうするか⑮ 訓子府
  • 国鉄時代は「池北線」であったふるさと銀河線の訓子府は、ふるさと銀河線の中間駅の中では最も利用者が多かったと思われる。事実、北見〜訓子府間は廃止せずに残そうという案もあったと聞く。実際に訓子府を訪れるとその事を納得してしまう街並みであった。そして訓子府駅はその街の中心部に位置し、文字通り「中心」として機能していたであろうが、利用者は学生がほぼ8〜9割くらいを占めていたであろう。その中心たる駅も、現在 [続きを読む]
  • チャンピオンカーニバル⑨ 最果ての地、稚内
  • 宗谷本線の終点であり、そして日本の鉄道路線の最北の地でもある稚内。かねてからゆっくりと訪問したいと思っていたが、今回でその思いが叶ったという事である。できれば国鉄時代に来たかったがその夢は叶わず、現在のスリムになった稚内の訪問となった。今回はレンタカーにての訪問であったが、前回は「スーパー宗谷」での訪問であり、まだ2番線が健在のころであった。生まれ変わった稚内駅舎。国鉄時代よりかなり機能的になった [続きを読む]
  • チャンピオンカーニバル⑧ 南稚内
  • いよいよ宗谷本線を巡る旅も千秋楽に近づいてきた。かつては稚内を名乗ったこの南稚内も天北線が廃止されて以来かなり寂しくなってしまった。市の中心部には隣の稚内より俄然近く、中心部の機能もこちらに集まっている印象である。駅員が配置され、駅舎も国鉄時代からのものであり、やや改装されたものの懐かしい雰囲気を醸し出している。南稚内駅舎。昔ながらの雰囲気と部分的に改装されモダンな雰囲気が同居する。隣の稚内に比べ [続きを読む]
  • チャンピオンカーニバル⑦ 雄大な地の抜海
  • 勇知から抜海へ向かう途中はものすごい雄大な景色でありいかにも北海道らしいスケールであった。牧場の中を一直線に伸びる道路を抜けると一気に「利尻富士」が海の向こうから飛び込んできた。暫く海岸線を走ると「抜海駅」と道路標識が見えてきた。矢印の指す方向にハンドルを切ると抜海駅が現れる。だがそこは、物凄く奇抜な空間であった。例えて言うなら・・・河合奈保子のデビュー曲「大きな森の小さなお家」的な感じであろうか [続きを読む]
  • チャンピオンカーニバル⑥ 憧れの勇知
  • 宗谷本線の末端区間は国鉄時代から「いつかは各駅に行ってみたい!」と憧れていたが、今回の旅でその夢は叶ったかたちである。その間、約35年くらいの月日が流れ世の中の情勢も大きく変化したが、同じ様にレールを取り巻く環境も大きく変わった。「団塊の世代」と呼ばれた日本の高度経済成長時代初期に産まれた人たちは現在年金を貰う立場になり、既に高齢化社会を迎えた。そして、いわゆる少子高齢化の時代を迎え過疎化の地域も目 [続きを読む]
  • チャンピオンカーニバル⑤ 兜を脱いだ兜沼
  • 最近私は「ラーメン道」的な食べ歩きが日常化している。我地元・神奈川ではご存知「家系」がご当地ラーメンとして、また「サンマーメン」も神奈川発という事で県内各地で鎬を削っている。特に家系のでは総本山と呼ばれる某有名店があり、マックスで1800杯をも1日で食されるといわれている猛者が横浜駅前にある。そしてその店主の次男坊が我が家の近所で軒を構え、1日マックス1000杯をも食される「王道の味継承店」としてその味を [続きを読む]
  • チャンピョンカーニバル④ ちょっと芦川に寄り道
  • 最近の記事は私事ばかりで申し訳ないが、皆様「オールナイトフジ」をご存知であろうか?既に30年以上前の番組なので若い方にはわからないかも知れないが、今で言う「AKB」とか「モーニング娘。」とかアイドルをグループで売り出すという先駆的な番組であった。後の「夕やけニャンニャン」につながっていくわけであるが「オールナイターズ」と呼ばれるメンバーは全員が女子大生の素人で、他には片岡鶴太郎やデビューしたばかりの [続きを読む]
  • チャンピオンカーニバル③ 徳満にズームイン?
  • かつては素晴らしい国鉄式の木造駅舎があったが、現在は簡易なプレハブ的待合室に変更された。つい最近の出来事かと思っていたらかれこれ20年近く経っている。そして毎回書いているが、この駅も交換設備が外されて久しい。駅前には国道が隣接するが、とにかく車が猛スピードで目の前を通過していく。のんびり走るローカル鉄道など地元の人にとっては無用の長物なのであろうか。運転本数的にも運転時間帯的にも通勤より通学向きかも [続きを読む]
  • チャンピオンカーニバル② 最北の温泉地・豊富
  • かつては日本最北端の温泉地といわれていた豊富であるが、駅から温泉街へはタクシーか送迎バスなどでないとかなりの距離がある。国鉄時代は幌延と利用者数を争っていたイメージであるが、現在は豊富の方が勝っている。超国鉄式!まだまだあるこういった駅舎は、最近限定されてきた気がするので改築されたりする前に訪問するのが一番!特に改札なんか懐かしい!!ただ、温泉街への玄関口的な駅をイメージすると、城崎や箱根、由布院 [続きを読む]
  • チャンピオンカーニバル① 清々しかった下沼
  • 幌延で一夜を過ごした翌日、私は次の下沼に向かった。私が訪問したのは6月であったが宿にはストーブが置いてあった。北海道の朝は6月でも寒いらしくストーブが必要といわれたが、特にその様な事はなく、清々しい朝を迎える事ができた。こんな道が延々と続く。いかにも北海道らしい風景であるが、さすがに雄大!的なところに下沼駅はある。やはり旅先で頂く朝食は一流レストランで頂く料理とは違った美味しさがある。全く関係ない [続きを読む]
  • エキサイトシリーズ⑩ 幌延はパラダイス
  • エキサイトシリーズもこの幌延で千秋楽となった。今回紹介している旅では旅籠の役割として機能してくれたので、じっくりと駅を観察出来ることとなった。というのも、宿泊施設は駅前の民宿で、駅から徒歩で、いや、駅舎から徒歩で25歩くらいであろう距離である。やはり特急停車駅とあって乗降がそれなりにあった。だが、時間帯によっては無人駅になるなど、昭和の私にはあまり馴染みのない事象なので不思議な感じだ。しかも、この私 [続きを読む]
  • エキサイトシリーズ⑨ 夕日が眩しい上幌延
  • 最近私は「サスペンス」にハマっている。ついこの間まで「浅見光彦シリーズ」を欠かさず観ていたが、途中でキャストの変更があり、慣れるまでに少々時間がかかった。キャストは変わっても役処のシチュエーションは変わらずで、主人公の浅見光彦の身の回りでおきる事件を解決していくストーリーであるが、その浅見光彦は裕福な家に家族と住んでおり、家族とは敬語で会話をするというなんとも変わった設定だ。そして一番のポイントは [続きを読む]
  • エキサイトシリーズ⑧ なぜか南幌延で思い出した事
  • 全く私事で申し訳ないが、私に初めて彼女ができたのは中学3年の時であった。同じクラスの娘であったが、私も人並みに恋をしようと当時は思ったのであろう。同じクラスの仲良かった女の子に相談して告白する一大決心をしたのだ。その女の子と私の好きだった女の子とは特別仲良かったというわけではなかったが、他にどうすればいいのかわからず、いわゆる「キューピッド役」になってもらった。確か音楽室だったか放送室だったかに放 [続きを読む]
  • エキサイトシリーズ⑦ 昔ながらの雄信内
  • かつて流行った「昔の名前で出ています」ではないが、昔の姿で今も健在の雄信内である。交換設備が残され、駅舎も昔ながらの佇まいである。集落から離れ、天塩川を渡った対岸に駅はあるが、付近の風景は大自然一色となっている。そして「昔ながら」という文字通り、駅舎の中も広いが駅構内も広い。だがやはり、駅前に立ち駅舎を目の前にするとものすごく伝わってくることだが、他の貨車駅や昔仮駅だった駅とは2段も3段も格が違う [続きを読む]
  • エキサイトシリーズ⑥ お馴染みの糠南
  • 先日、神奈川県の某FM局のラジオ番組を聴いていたら川崎市長が出演されていた。私は途中から番組を聴いたが、やたら市の様子や情勢など詳しく、細かな工事の費用まで知っていたので最初は誰だかわからず何の専門家がゲストかと思ったら市長だったのだ。私が関心を持ったのが武蔵小杉(「ケイン」でもなければ「ショー」でもない!)の現状報告であった。武蔵小杉といえば近年に横須賀線の駅ができて益々の飛躍の場となっているが、市 [続きを読む]
  • エキサイトシリーズ④ 問寒別で再び宗谷本線に合流
  • 全く関係ない話であるが、皆さまは「吉田類」をご存じであろうか?「俳句愛好会[舟]」の主宰でもあるが、それより私はBS・CSで放送されている「酒場放浪記」での活躍が素晴らしいと思う。というより、おそらくこんな話は実にマニアック的で一般にはあまり浸透していない「地味」なネタであろうが、私はこの「地味」というカテゴリーが実に居心地良い場所とともに私が求めるポジションでもある。以前にこのブログでも何度か触れてい [続きを読む]
  • エキサイトシリーズ③ いざ、松音知
  • 天北線の中で最も現役当時の原型をとどめているであろう松音知。ある資料によると、現在は個人所有の物件となっており「別荘」として第二の人生を送っているらしい。こんな別荘を所有できるなんて、レールファンの私にとってみれば夢のまた夢。「ゴールドラッシュ」などでひと山当てたい気分である。ただ、松音知駅周辺はほとんど民家など見かけず、かつてに比べかなり過疎化が進んだものと思われる。かつてはそれなりに利用者がい [続きを読む]
  • エキサイトシリーズ② 旧・天北線、敏音知の今
  • 全く集落の気配を感じないまま敏音知についた。もちろんここ敏音知周辺も人の気配はない。途中、中頓別は天北線のなかでもそこそこの中間駅で交換設備もあった。そしてなんといってもかつては歌登町営軌道の分岐駅であったのは紛れもない事実であった。道の駅に生まれ変わった敏音知。果たしてこの空間にかつて天北線の姿があったのだろうか。歌登町営軌道といえば、かつては美幸線の未成線と平行する部分もあり、さながら「美幸線 [続きを読む]
  • エキサイトシリーズ① 旧・天北線と宗谷本線を巡る
  • 先の新春ジャイアントシリーズでは2014年の普通列車乗車時と2017年のレンタカーによる訪問時とあわせて紹介したが、これより先の稚内までは特急列車とレンタカーによる訪問での紹介となる。勿論、特急列車は限定された駅しか停車しないため、途中駅はレンタカーによる訪問時の紹介になるが、正直言って、音威子府以北に限らず宗谷本線の、いや、北海道は特に都市から都市までの距離が長く、途中駅は本当に人口希少地帯が多い。そう [続きを読む]
  • 新春ジャイアントシリーズ⑩ 天塩川温泉
  • いよいよこのシリーズも千秋楽を迎えた。私の乗った普通列車稚内行は音威子府で下車する予定となっている。既に音威子府はこのブログで先述しているが、音威子府までわざわざ向かう目的はなにものでもない、常磐軒であった。常磐軒で名物の駅ぞはを堪能し「サロベツ」で札幌まで折り返す・・・何とも単純なスケジュールであった。その模様はこちらで紹介してるので是非御覧いただきたいが、それより私は今回紹介する天塩川温泉の訪 [続きを読む]
  • 新春ジャイアントシリーズ⑨ 気が付けば恩根内
  • 実にいい!恩根内は実に良い駅である!宗谷本線の魅力はこうした駅が連続してあるという事に尽きるが、木造駅舎ファンにしてみたら残念ながら駅舎が改築されてしまった。いわゆる今風の「ナウい」駅舎になり、利用者にしてみたら清潔感あふれる素敵な駅舎であろう。恩根内の駅舎は、宗谷本線の中ではある意味「ナウい」部類になろう。宗谷本線の駅の中ではかなりオシャレチックな雰囲気であるが、恐らく賛否両論。色々意見があって [続きを読む]
  • 新春ジャイアントシリーズ⑨ 紋穂内、ふたたび
  • 私の乗った名寄発稚内行き普通列車は、初冬の彩りを車窓に魅せながら更に北へ向かう。11月というと北海道は既に初冬どころかすっかり銀世界になってしまっている沿線各地であるが、東京方面とは違い列車は定刻通りレールを刻んでいる。2014年訪問時の紋穂内はご覧の通り銀世界。まだ11月だというのにかなりの積雪である。というより、北海道では当たり前の風景かも知れないが、やはり関東人の私には分かっていてもサプライズ [続きを読む]