tsukadom さん プロフィール

  •  
tsukadomさん: 天体写真コレクション/羽刈の里天文台ブログ
ハンドル名tsukadom さん
ブログタイトル天体写真コレクション/羽刈の里天文台ブログ
ブログURLhttp://astro17.blog.fc2.com/
サイト紹介文星雲星団、銀河の画像を中心にホームページとリンクさせて掲載します。
自由文天体写真の中でも散光星雲、銀河などを中心に冷却CCDカメラで撮影しています。ブログ記事は整理して、リンクを張ったホームページに載せていますので、そちらもご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/03/24 22:07

tsukadom さんのブログ記事

  • IC2177 わし星雲をFS-60Cで
  •  南北に2.5度くらいあるので 満月(約0.5度)の 5個分!…と随分大きな星雲です。  FS-60C reduced fL256mm F4.3 Ha,O3: 各々15'x6 計 180分 AOO合成 下はHαです。淡い部分は上や左方向に ハミ出すほど拡がっています。  過去の画像を並べてみました、以下は SKY90/fL407mm です。 以下は TOA/fL830mm です。少しトリミングしています。 欧米では「かもめ」星雲ですが、どう見ても「おおわし」です。にほんブロ [続きを読む]
  • NGC7822とCed214 をFS-60Cで
  •  クエスチョンマークの上半分が何とか納まりました。 両端が少し欠けましたが…  FS-60C reduced fL256mm F4.3  Ha,O3各15'x6  計 180分 AOO合成下はHα画像です。  当初 縦構図で撮りましたが画像処理してみたらダメ…で今回撮り直した次第です。大型星雲でした。 下は昨年fL830mmで撮ったクエスチョンマークのドットです。子ばら星雲と呼ばれることもあるそうです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • Sh2-129 と大王イカを「豆ロク君」で…
  •  先ずは画像から…  FS-60C reduced fL-256mm F4.3   Ha:15'x8 O3:15'x10 & 30'x4  計 390分  AOO合成 OⅢは合計270分露出しましたがAOO合成ではイカんともならず、OⅢ画像を反転してあぶり出しをしてみましたところ、かすか〜に輪郭の一部が出てきました。 (以前にSKY90でトライした結果と同等でした) 右画像で、輪郭を実戦でなぞってみました。輪郭が認められない部分はイカを捉えた画像を参考に点線で描いてい [続きを読む]
  • FS-60Cで くわがた、バブル付近
  •  バブルは明るく、クワガタは逆…なので、バブルを明瞭にするのはとても難しいナ〜と思いました。 FS-60C reduced fL256mm F4.3 Ha:15'x10 O3:15'x8 計 270分  AOO合成 丸〜いバブルはかろうじて識別可能ですが、やはりつぶれ気味となりました。 下はHαです、周囲全体には更に淡〜い星雲がひろがっています。 下はバブルに照準を当てた処理ですが、このほうが自然な感じかナ〜と思います。画像サイズを大 [続きを読む]
  • FS-60Cで北アメリカとペリカン too (続編)
  •  SⅡフィルターで撮れたので、SAO合成画像を前回の記事に続きUPします。   FS-60C reduced fL 256mm F4.3    S2: 15'x6 Ha:15'x4 O3:15'x6  計 240分 SAO合成 黄色っぽいところがSⅡに強く反応した部分です。 また、OⅢがしっかりしていた北米大陸中央部は青っぽくなっています。前回の赤一色に比べ よりコントラストが出ています。 下がSⅡ画像です。山脈状の中南米太平洋岸、ペリカン首筋など [続きを読む]
  • FS-60Cで北アメリカとペリカン
  •  ポピュラーな構図ですが、「豆ロク」君のおかげで初めて実現しました。  FS-60C reduced fL 256mm F4.3   Ha:15'x4 O3:15'x6  計 150分 AOO合成  Hα画像です。淡い部分が見易いです。 OⅢ画像ですが、他の散光星雲に比べ 珍しいくらいよく反応しています。 以下はTOA(fL830mm)でのそれぞれの星雲の高濃度部分です。 (何れも2014年撮影) どちらも参考です。各々それなりに…と言うことでしょ [続きを読む]
  • 国立天文台 三鷹・星と宇宙の日
  •  研究や開発の成果・経過を一般公開するイベントです。 展示+解説を中心に、講演やら普段は未公開の施設でも この日は特別公開してくれる…等々サービスの日です。 太陽観測衛星 「ひので」の主鏡/50cmです。メッキ前の透明状態で軽量化のための裏側からの肉抜き(エグリ)がたくさん見られます。 軽量化に加え 太陽熱影響を避けるための工夫が見られます。 チリ/アンデス山中5000m高地に拡がるアルマ望遠鏡群です。 [続きを読む]
  • FS-60CでIC1848 Soul星雲
  •  豆ロクシリーズ…5です。    FS-60C reduced fL256mm F4.3   Ha, O3 各15' x 6  計 180分  AOO合成 上は「ネビュラスムース」など滑らか化で若干厚化粧気味です。 お隣のハート星雲に比べると淡いせいか滑らかな画像を得るにはより多くの合成枚数が必要のようでした。 下はHαの 6枚合成画像で、スッピンに近い感じになっています。 前線は居座り今月いっぱいは晴れそうもないようで、しばしガマンの日 [続きを読む]
  • FS-60Cで IC405,410 ぎょしゃ座
  •  豆ロク シリーズ - 4です。  FS-60C reduced fL256mm F4.3  Ha:15'x5 O3: 15'x5   計 150分 AOO合成 下はHαの合成画像です。 以下はTOAの fL830mmの同じくAOO合成版です。 囲んだ2匹のおたまじゃくしは、何れもそれなり(?)に写ったように思います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • FS-60Cで IC1396 ケフェウス座
  •  「豆ロク」 シリーズ -3です、これは大きな星雲で少しはみ出しました。 北は右です。   タカハシ FS-60C reduced fL256mm F4.3   Ha, O3, S2 : 各々15'x6   計 270分  SAO 合成 下はAOO合成です。 以下はvdB142付近の「豆ロク」の兄貴分(SKY90)の画像です。 そしてTOAの 画像です。少しトリミングしています。    このところポチリを多く頂きまして有り難うございます。にほんブログ村 ホームペ [続きを読む]
  • FS-60Cによるハート星雲 IC1805 - IC1795
  •  短焦点 「豆ロク」君のおかげで何とか収まりました。 (max拡大で覧ください)  FS-60C  reduced fL/256mm F4.3    Ha: 15'x6  O3: 15'x6  計 180分     AOO合成 下はHα画像です(15’x6枚合成)。 ハート中心部の散開星団(IC1805, メロッテ15)付近はさすがにつぶれ気味です。 上の画像から中央部のみ取り出しトーンカーブ調整したものです。 結構 形が現れて来たように思います。 (シャープ処理 [続きを読む]
  • FS60Cによる網状星雲 -2
  •  何とかカラー化できたので再びアップします。 冒頭からボヤキですが、雲に邪魔され今回はOⅢ画像を3枚撮れただけで画像は少し粗れています。  FS60C reduced fL/256mm F4.3  Ha: 20'x4O3: 20'x3 140分   AOO合成 中央の赤く淡い部分を引き立てたかったので 赤をやや強調しています。そのためかRGB各々の強さが同等になり白くなっている部分が見られるのだろうと思います。 明るさに差があると難しいで [続きを読む]
  • 山梨リニア館見学記
  •  山梨県都留(つる)市にある見学センターに行ってきました。 [高画質で再生]リニアカー[広告] VPS TVなどでおなじみの風景です。 看板はお隣に並ぶ やまなし のPR館と一緒 山梨県立の見学& PRセンター、この右側は御殿場のほうに行く中央高速。 電車…と言うより 浮遊高速移動体…は時々通過するので、不慣れな高速連写を2,3回失敗してやっと捉えることができました。 400km/h 代の後半くらいのようです。 通り過ぎ [続きを読む]
  • タカハシ FS60C による網状星雲
  •  FS60C(fL355mm)にX0.72レデューサー付でfL=256mm/F4.27となります。手持ちとしては最も明るく、写野は大分拡がるのでどんなものか…とやってみました。 月明かりはあるものの久々の撮影でした。 夜更けの短時間のチャンスでしたのでHαの4枚合成のみの白黒画像です。FS60C reduced fL/256mm F4.3 Ha:20'x4 80分 以下は SKY90 fL407mm 画像です。どちらも少しだけトリミングしています。 こんな感じです [続きを読む]
  • 収穫 2題
  • 収穫 1 本屋さんの店頭で出合った本2冊。 いずれも税込で600円代と安く、多くの写真や解説がよかったので紹介します。 太陽、惑星系でも自分にとって新しい事柄が結構ありました。 表紙だけの紹介にしておきます。  宝島社 ↑  笠倉出版社  ↑収穫2 猫のひたいほどの畑をやっていますが、野菜は夏から秋へと舞台が変わっています。   秋なす   秋なすで、水とん又は けんちん汁 … これに 秋刀魚が付くとも [続きを読む]
  • ホームペイジ更新 散開星団と星雲のコンビネーション
  •  HPに散開星団と星雲・銀河のコンビネーションペイジを新設しました。 M38は大きく広がり、その下にNGC1907が続いています。 M29 は左下。ミニプレアデスと呼ばれることもあるとか…。周囲はサドル周辺に広がる星雲の一部です。 チョット分かりにくいですが、右下にIC1311が居ます。星雲はやはりサドル付近です。 やや中央右上がNGC2259です。Xmasツリーの北です。 右下にNGC6871、左下は NGC6883です。はくちょうの首の [続きを読む]
  • Sh2-132 ケフェウス座の散光星雲
  •  周囲の淡〜いエリアを撮れたらナ〜と満月+湿っぽい空で無謀な感じでしたがトライしてみました。  SKY90 fL407mm F4.5 Ha:20'x8 O3:20'x6 計 280分 画像の右下のほうへ広がる淡〜い部分は全然ダメでカブリも補正しきれませんでした。 代りにとても優秀な画像をご紹介しますので訪問してあげてみてください。にほんブログ村 [続きを読む]
  • NGC6914と北部 はくちょう座
  •  青い反射星雲/NGC6914 をアクセントに、その北部は変化が多くかつ比較的明るいので、今年はこの構図で撮ってみました。  SKY90 fL407mm F4.5   Ha:20'x7  L:12'x8 GB:各6'x4(2x2bin)   計 284分 下はfL830mmのほうで昨年撮ったものです(少しトリムUP)。 巨大な若い星々は反射光で塵雲を青く輝かせ、強烈紫外線は赤いHⅡ域を広げています。加えて暗黒帯が絡み合う…とてもにぎやかな領域です。APOD [続きを読む]
  • NGC6888 クレセントをUPで
  •  前回の記事の続きというか、星雲の成り立ち…ウォルフ・ライエ星のすさまじさ…に感動し いずれアップで、と思っていたら梅雨の晴れ間でチャンス到来。 〜が しかしHαを3枚撮ったところで雲に邪魔されてしまいました。 従って3枚合成の白黒画像です。 TOA150 fL830mm F5.5  Ha:20'x3  計 60分  APOD画像には、くらげの頭をスッポリ包むような青く淡〜いガス雲が写し出されていました。OⅢフィルターに反応 [続きを読む]
  • NGC6888 クレセント星雲付近の天体
  •  クレセント星雲は中心にいる ウォルフ・ライエ星 WR136 の恒星風により形成されている星雲とされています。 SKY 90 fL407mm F4.5  Ha:20'x8 O3;20'x6  計 280' AOO合成 周辺には色々な天体が寄り添っています。 左下の散開星団はともかく、右下のNGC6881/バタフライ型の惑星状星雲は小さすぎて識別不能でした。またソープバブル(PN G75.5+1.7)と言って淡〜い淡〜い惑星状星雲が下の黄色で囲んだ中にい [続きを読む]
  • NGC6946 と NGC6939 銀河と散開星団
  •  両者寄り添い、あたかも2ショットでどーぞ と言っているようです。 銀河までは約2,200万光年ですが、散開星団までのデータはあまり無く何千光年…レベルと見られます。  SKY90 fL407mm F4.5   L:12'x12  RGB:各4'x4 (2x2 bin)    計 192'  LRGB 合成 銀河部分をUPし少し手を加えてみました。長焦点向きですが結構暗いので難しくなりそうです。  HⅡ域も点在する綺麗な銀河で 『ミニ回転花火』 と言えそうです。 [続きを読む]
  • IC1311 と周囲の散光星雲 はくちょう座
  •  中央部に見られる小さな星のツブツブ(らしきもの)が IC1311です。 星雲に埋もれるように、また地球から4000光年…と言うこともあってか小口径で捉えるのはチョット難しい対象でした。  SKY90  fL407mm  F4.5  Ha:20'x4  O3:20'x4   計 160'  AOO合成 キットピーク4m鏡の画像は圧巻でしたのでご紹介します。 こちらからどうぞ。(北が左になっています) にほんブログ村ホームペイジ はこちらからど [続きを読む]
  • M 13 をクローズUP
  •  これまで何度も撮った対象ですが、今回は長焦点にして撮ってみました。   TOA150 x1.6 extended fL1760mm  F11.7   L: 5'x6 RGB: 各々5'x4 (no bin)   計 90分 LRGB合成 下はトリムUPしてから少し手を入れたものです。解像度は変わらないので何をやっても関係ないですが、長焦点ではピントやガイド、合成など特に気を使った分 少し差が出たかも知れません。  はくちょう座が昇るまで時間つぶし…と撮っ [続きを読む]
  • M29  はくちょう座 散開星団付近
  •  画像左下のM29散開星団とサドル付近の星雲の濃い部分を入れた構図としました。 星団は幾つかの明るい星が四角く並び『超ミニブレアデス』と言われることもあるようです。  SKY 90  fL407mm F4.5   Ha, O3: 各20'x6   計 240分  AOO合成星数は数十個、メシエさんは発見時(1760年頃) 明るい星が7〜8個、彗星のようにも見えるなどと記録したそうです。(Wikipedia) にほんブログ村HOME PAGE(天体写真コレクション) [続きを読む]
  • NGC2782 やまねこ座の特異銀河 ARP215
  •  銀河同士の合流により生じたとされる淡く大きな腕を持つ特異銀河です。  TOA150 fL830mm F5.5 L:15'x10 +12'x10 RGB: 各4'x4 (2x2 bin) 合計 318分  LRGB 合成 銀河同士の衝突は約2億年前に起こり、衝突で一方は蹴散らされ吸収された。一方距離は約1億光年なので、衝突後1億年後の姿を見ているに過ぎない…と言う解説があります。にほんブログ村 [続きを読む]