シュナウザーKEN さん プロフィール

  •  
シュナウザーKENさん: トリコロール ダイジェスト
ハンドル名シュナウザーKEN さん
ブログタイトルトリコロール ダイジェスト
ブログURLhttp://yfm1986.blog.fc2.com/
サイト紹介文マリノスへの熱い思いを、時にやさしく、時に厳しくぶちまける、そんなブログ。
自由文NO SOCCER、NO LIFE
サッカー&マリノス好き人間。
マリノスを熱く語ります。
たまに代表とかも
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2012/03/24 23:51

シュナウザーKEN さんのブログ記事

  • 総力戦 痺れる勝利
  • 鹿島戦3-2勝利!!渓太の決勝点で突き放し首位撃破。最高!!(OGから訂正されて渓太のゴール良かったね)久々に試合終了までが長く感じた。ホント痺れました。疲れました。やっぱ2-0というのは危険スコア。うちには関係ない話かと思ったけど、あわや逆転喰らう所だったわ。試合内容とスコアの乖離があった場合はマジでやばい。とりあえず鹿島は強かった。3点も取れたけど圧倒されっぱなし。レアンドロ選手をまったく止められな [続きを読む]
  • 14番を背負う意味は重い
  • 14番リーグ連覇をもたらした偉大なるキャプテン奥大介が背負った背番号パス良し、ドリブル良し、FK・PK良し、勝負所に強いホンマ頼りになる男やった。ピッチの中で見せるプレーに憧れた人は自分だけじゃないはず。ペンギンみたいな歩き方、ソックスずるずるスタイルを真似したサッカー少年は全国にいた。最後にリーグ優勝してから10年以上たったが、その功績は亡くなっても色あせることない。今の選手や最近サポーターになった [続きを読む]
  • 勝てた試合 勝たなきゃいけない試合だよ
  • 大宮戦1-1引き分け足が止まった一人少ない残留争いのチームに勝ち越せず。勝てた試合 勝たなきゃいけない試合だよ。試合後ガックリしすぎて目眩がした。ラストの怒涛の攻撃にテンション上がりすぎたことも原因かもしれん。マジ勝ちたかったよシュートは、枠内に飛ばないし、飛んでも正面か相手に当たって外か。綺麗な形にこだわりすぎてる感も。頼みのウーゴは早々に交代。長引くようでなければ良いけど。膝っぽいし心配やな。代 [続きを読む]
  • 町野くん よろしく
  • 履正社からFW町野修斗加入新潟キャンプにも練習生で来てた時から発表ずっと待ってましたよ恵まれた体格を持ち、ボランチ・トップ下もこなす万能型FW高校選抜の試合ぐらいしか見たことはないが強烈なシュートは印象的。履正社には野球のドラフト上位候補の安田くんもいるが、町野もいるぜって所をまずは選手権で見せてくれ。阿部・田原は上手く育てきなかったので、今度こそしっかり育てなければいけない。シティや監督の影響か、良 [続きを読む]
  • 今のままじゃ厳しい
  • あらためてG大阪戦を振り返ると、いつも以上に単騎特攻感が強かった。正直、マルちゃんの出来次第な状態だと思う。あんなことがあったのに、チームの勝利に導くプレーをしてくれたマルちゃんには感謝しているが、この状態は非常に危険オープンな展開にならない限り、マルちゃんの個人技と相手のミス頼みになる。前線でボールをキープして押し上げる時間を作れる選手がいないと…今年は学がゲームメーカー的な役割もすることで対処 [続きを読む]
  • 辛いことが多すぎたけど最後に良いことがあったよ
  • 泣き面に蜂なんて言葉があるが、辛いことばかり続いた9月新井の怪我から始まりアンドリューの逮捕(詳細わかるまでコメントは避ける)シーズン前に味わった悔しさと違い、反骨心も湧かない悲しいニュースばかりそれでも上を向いて戦っていくしかないそんな気持ちを持って臨んだこのG大阪戦に勝てたことがとても嬉しい正直、内容は酷かった。前半からガンバのプレスを前にパスミス連発。まともに前に運べない。学不在が原因かはわ [続きを読む]
  • 苦しい時こそサポーターが頑張る時だ
  • まずは、マルティノスへの差別SNS本当に申し訳ない。バナナ事件があったのに何の反省もない連中がいたことが非常に残念であり悔しい。ネットに広がる人種に対する誹謗中傷・差別本人たちは何の差別意識もない。一人一人がより一層の強い意識を持っていなければ差別は撲滅されない。もう一度見直そう。そして、残念なニュースがもう一つ学 右膝前十字靭帯損傷 全治8か月の大怪我延長120分あっての連戦 疲れもあったのだろう [続きを読む]
  • 完全に優勝争いから脱落
  • 甲府戦2−3で敗れる首位鹿島とは勝ち点差13完全に優勝争いから脱落一縷の望みをかけていたが、もうな…川崎戦以降ルヴァン杯も含め複数失点連発残留争いのチーム相手に3失点とか…あの無失点時代はなんだったんだ。運だけじゃないと信じていたんだけどな。ガックリビルドアップは良くなったはずなのになぁ。ただ、中途半端なテクニックがリスクを呼ぶ状態だとしても、逃げ出してはダメ。やり続けるしかない。絶対変わらなきゃ [続きを読む]
  • 期待のニューフェイス
  • 鹿児島城西高校のCB生駒仁選手加入決定噂もなかったのでうちではないと思っててビックリ高校生は履正社のFW町野くんぐらいかと、てっきり。今年の高校生では東福岡の阿部選手と共に注目されてた世代別代表CB身長185cmで高い身体能力が武器の九州男児 期待はデカい現鹿島の植田を取り損ねたことが長いスパンで考えると痛いなぁとずっと思ってたので、ようやく近いレベルの大器を獲得できたのは大きい。福岡の冨安選手とかエレベー [続きを読む]
  • ウーゴ ウーゴ ウーゴ 
  • まず最初に途中で諦めかけたことを謝りたい。ハットトリックのウーゴに感謝したい。そして、現場に駆け付けたサポーターがうらやましい。まさか2点差をひっくり返す力があるとは。想像以上平日開催で現場にも行けず、金銭的にスカパー未加入だから、ネットでちょこちょこ確認しつつな天皇杯7時30分ごろ試合動いたかなと確認したら、よもやの2失点。サイトのミスかと疑ったが、間違いない情報。スタメンほぼ入れ替えてるとはいえ、 [続きを読む]
  • 逃げ切りじゃない勝ち切り方
  • 柏戦1-1引き分け残り8試合で首位と10差可能性はゼロではないが絶望的に…前半の出来はよかったけどなぁ川崎戦の反省も生かしてたし、柏戦のスタメンが今年のベストだろうね。ようやく学の今シーズン待望の初ゴールも生まれたのに…後半相手がやり方を変えてから上手くいかなくなりトーンダウン途中からかなり押し込まれ、逃げ切れるのも難しいかなと感じてたが、案の定セットプレーで追いつかれた。やり方は別として逃げ切りの采配 [続きを読む]
  • ユースから3人昇格 早くも楽しみ
  • 山田くん 堀くん 西山くん昇格おめでとう!!ユースから3人昇格とは久々。陽介・アーリア・田代以来かなプレミアリーグ苦戦しているけど関係ないのね。山田くんはタイ遠征やルヴァン杯で見せた実力は本物堀くんは期待のウイングでありパワフルキッカー西山くんは意外というか正直知らない。去年も吉尾のこと良く知らなかったけど実際見て納得したし、選んだ目に狂いはないはず。現時点での知名度はあてにならん。バルサの下部組 [続きを読む]
  • 頑張れ アマジュン
  • マリノスが負けると聞こえてくるアマジュンへの不満批判されるだけの地位まで来たのかという思いもあるが、アマジュンの頑張りを全否定されるのは悔しい。まだまだ物足りないというのは確かだけど、良くやってくれてると個人的には思うんだけどね攻守に良く走り、精度の高いパスを繋ぎ、ゴールも流れの中から決めている。監督がトップ下に何を求めているのか。そこがずれているから不満が出るのかな。テクニックならバブだけど、チ [続きを読む]
  • 隠しきれず 見逃してもらえず
  • 川崎戦0-3完敗力の差歴然耐える時間で失点し、追いかける展開でミスから追加点奪われてたら勝てるわけない。下位相手に騙し騙しやれてたことが、川崎相手だと隠しきれなかった。決定的ミスはこれまでも散見されてた。相手の決定力に助けられてただけ。川崎は見逃してくれなかった。そして、理由は個人のせいだけじゃない。プレス、切り替えの速さ、技術といった部分での差から誘発されたミス。去年までの川崎相手では感じなかった [続きを読む]
  • 勝負はここから
  • ようやくW杯ウィーク終了マリノスにあんま関係がないけど、本大会出場を決めたのは日本サッカー界的には良かったただ、今の代表はチームとしての特別な何かはない。偶然ハマるメンバー構成ができるまで時間かかる。似てるマリノスを見ても思う。扇原もチャンスあるかも。一方、オーストラリアがプレーオフへミロシュが抜けるのは痛いうちに韓国代表いないから、韓国がプレーオフに回ってくれれば、おいしかったのになぁ。まぁ韓国 [続きを読む]
  • シブトク つよく 完封勝利
  • 東京戦1-0勝利!!暫定2位浮上このカードといえばお馴染みの1点を争うゲーム展開世間では塩ゲームと呼ばれるようだが、関係ない。歴代脈々と受け継がれる守備力があるからこそできる。今年も大幅に最終ラインは入れ替わったってもそこは変わらず。これで5試合連続完封。安定してJ1で戦えるのもこの守備があるから。やれるもんなら、やってみろ。まぁ、高萩選手が1対1になった場面はさすがに失点を覚悟したし、中島選手のポスト [続きを読む]
  • 下向く必要性はない
  • 0-0引き分け監督解任ブーストでまたしても連勝止められる正直、今の実力や最近の試合内容で、そうそう勝ち続けられるわけがない。勘違いせず謙虚に戦っていきましょう。別に悪くはなかったので、決して下向く必要はないここ数試合の中で一番守備は安定してたし、ピッチ条件悪くピリッとしなかった攻撃も進むべき方向性に沿うスタイルは見せた。キャプテンが元気なかったのが気がかりだが…とりあえず、孝行さん率いる神戸は意外と [続きを読む]
  • 薄塩味 夏場のJリーグらしいが
  • 鳥栖戦1-0勝利3連勝とは言え、結構きわどい勝ち方上位行く時、大体こんな感じを積み重ねていくもんではあるが…勝つ時はなんやかんやで勝つし、勝てん時は何やっても勝てん。勝っている間が修正しやすいと思いたい。正直、試合内容は薄塩味守備陣が踏ん張ったとは言えるけど。子供たちの夏休みの印象に残るには薄すぎ。まぁ夏場のJリーグにはありがちな展開。早い段階で先制したことでこちらは無理して攻めないし、鳥栖もガス欠嫌 [続きを読む]
  • 相手のミスに助けられた形だが
  • 札幌2-0勝利!!2連勝そして11戦負け無し。ついに3位浮上勝ち点40に到達したし残留確定ざまぁ見さらせというのはまだまだ早い。シーズン前の悔しさを晴らしていくのはこれからじゃとは言え、きょうは運の良い勝ちやった。2得点とも相手Gkのミス(2点目は特に)やし、内容も今ひとつ。退場して10人になって楽させてもろうたし。引き分けた試合の方が出来良かったぐらい。久々スタメンのウーゴや喜田が特別良かったわけじゃない。途 [続きを読む]
  • 戦力のスリム化
  • まずは天皇杯。次の相手は広島に決まった。監督交代があったが、相性そのものは悪くない。ルヴァン杯の借りを返したい。あの時より、扇原・山中の新戦力が中心選手としてプラスαをチームに与えることで強くなった。次は勝つぞ 絶対に。とりあえず、扇原についてはこのブログでも多々触れているので今回は割愛するが、山中も期待以上。攻撃力があるのはわかってたが、とにかく手札が豊富。だから学でもマルちゃんでも吉尾でも上手 [続きを読む]
  • ドロー沼脱出成功
  • 新潟戦2−0勝利!!前半戦痛い引き分けを喰らった相手に手堅く勝利をもぎ取る。下位相手のドロー沼からようやく抜け出す2試合連発のマルちゃんにアマジュン。特にアマジュンはゴラッソが続く。やっぱり、アマジュンはトップ下の方がいいね。ボランチだと何かもう一つ。きょうもあんまし…可能性の一つとしてありかと思っていたが、もうないかな。というか扇原はなんでベンチ?前半今一つだったのは前節の反省活かしてスローに入 [続きを読む]
  • 月日が経つのも早い 
  • 8月4日を迎えた。偉大なる背番号3が天国に旅立って6年。気が付けば、あの時のマツの年齢に近づいてきた。マリノスで共にプレーした経験のある選手もずいぶんと少なくなった。マツのことを慕っていた後輩もベテランと呼ばれる年齢に。つい先日もナオが今シーズン限りでの引退を発表した。ナオは自分がマリノス熱が再燃した頃にユースから昇格した選手。在籍2年半ほどで、由紀彦と交換トレードみたいな形でFC東京へ去ったが、個 [続きを読む]
  • 勝たなければいけない試合
  • 清水戦2−2引き分け勝たなければいけない試合だった。セットプレーから失点したとはいえ、今シーズン最高の前半といっていいぐらい。清水の右サイドをズタズタに引き裂いた複数が絡み合う攻撃。そして、ケイマンも周りを上手くいかし、攻撃の幅を広げる。合宿の効果は見えた。ただ、前半終了間際のPK失敗が…決まって入れば楽だったのにといった気持ちが時間が増すほどに焦りを生む。「キャプテンに決めてほしい」本人だけでなくマ [続きを読む]
  • 仲川 アビスパへ
  • 仲川アビスパへレンタル移籍…練習試合大活躍してたから後半戦期待してたんだけどな。残念監督の求めるサッカーとプレースタイルがあわなかったわけじゃないし、監督がベテラン重視だったわけでもない。身長もあるかもだが、単純に怪我多すぎて監督の信頼得られなかった。はっきり言ってFWの層は薄い今年4人とも万全な状態一度もなかったわけだし。むしろ、アビスパの方が層厚いでしょ。ウェリントン選手、城後選手、石津くん、ポ [続きを読む]
  • 後半戦に向けた展望
  • 暫定とはいえ、首位と勝ち点差8に差が広がった首位C大阪は浦和相手に4-2後半馬鹿ゲームにすることなくゲームを終わらせたことに恐怖感を覚える。そんなC大阪を追うのが鹿島・川崎・柏・G大阪、そしてマリノス。この辺に優勝争いは絞られた感じ。川崎を除き、1stで負けたチームばかりが上位になったのは偶然ではないだろう。後半戦最初は清水・新潟・札幌・鳥栖・神戸・東京と上位と直接対決はない。嫌なイメージのチームは少ないし [続きを読む]