dan325 さん プロフィール

  •  
dan325さん: 料理のできないダンナのブログ
ハンドル名dan325 さん
ブログタイトル料理のできないダンナのブログ
ブログURLhttp://thinkingtime.jugem.jp/
サイト紹介文数年前に愛する妻と死別しました。妻の死を通じて考えることと料理へのチャレンジを綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/03/30 20:12

dan325 さんのブログ記事

  • Who am I? No.3
  • もう何も分からないようになってどのくらいの時間が過ぎたんだ。 自分が何者か、自分が誰なのか。 考えることさえも拒否したくなるようなこの世界に、いったいいつまで自分は生きなくて...続きを読む >> [続きを読む]
  • Who am I? No.2
  • クソみたいな人生は、非常にも色々なものを強いてくる。 ヘラヘラした表情とだらしのない態度もそうだ。 それらを持ってダラダラと過ごす無為の日々。その中にずっと怒りを溜め込み、吐...続きを読む >> [続きを読む]
  • Who am I ?
  • 唐突に妻が死んだ。 妻の存在と紐づいていた自分のアイデンティティは、崩壊した。 そこからすべての歯車が狂いだす。 うまく行っていたことがうまく行かなくなり、楽しかった...続きを読む >> [続きを読む]
  • 今を懸命に生きる
  • 不安や恐怖というのは、誰の心にも巣くうもので、特に死別体験後というのは、こういった感情が100%支配しているといっても良いくらいの状態になります。 愛する人がいない不安感、すべてのことに自分だけで対処しなければならない不...続きを読む >> [続きを読む]
  • 霊感
  • 死別してからというもの、スピリチュアルに傾倒しました。 別に怪しいツボを買ったわけではありませんが、元々好きだったのと、死別体験によってそれが加速されたというのは実感としてあります。 とはいっ...続きを読む >> [続きを読む]
  • 話せることは話す
  • 先日ある方に、「奥様が亡くなられたことを、(私に)しっかりと話されていたのでとてもビックリしました」と言われました。 この方は、親しくさせていただいている方で、死別後 2年ほどのころに、妻と死別したとい...続きを読む >> [続きを読む]
  • あたたかな
  • 人のぬくもり。人のあたたかさ。 愛する人に触れるとき、心があたたかくなります。 愛する人と同じ空間にいるとき、心がじわっとあたたかくなります。 誰でもいい...続きを読む >> [続きを読む]
  • 予期悲嘆
  • ここ最近、ブログ記事を更新できずにすみません。 ここ1か月ほど、自分の友人の友人が深刻な状況になっていまして、何も手が付かずという感じです。同じ40代でガンのステージ4 です。 続きを読む >> [続きを読む]
  • あなたの手のひら
  • お久しぶりになってしまいました。 先日、たまたま手に取った本の中で見つけた詩がとても深く、素敵だったのでご紹介します。(調べたら結構有名なんですね) 星野富弘さんという方の「あなた...続きを読む >> [続きを読む]
  • 忘れたわけじゃないけれど
  • ふいに襲ってくる哀しみというのは、何年経っても消えませんが、頻度は少なくなり、平常心を保つようになってくると、「壮絶な死別体験」から随分離れてしまったのだなと思うこともあります。 (イヤだけど)ないものねだり。...続きを読む >> [続きを読む]
  • 自分を責めないと
  • 「罪悪感」や「後悔」は、死別体験をすれば100%と言っていいほど遺族が持つ感情です。 「もっとこうすればよかったのでは」「あの時、声をかけていれば」「どうして返事しなかったんだろう」「最後...続きを読む >> [続きを読む]
  • 連休は特別
  • 去年も書いていますが、死別直後の最初の1年から、連休は地獄ですよね。 「なんで休みなんてあるのか」と思うことしばしば。 町には幸せそうな家族やカップルしか存在しないかのよう。続きを読む >> [続きを読む]
  • あなた
  • 15年前、あなたと初めて出会った。 12年前、あなたと結婚した。そして価値観が大きく変わった。大切なものが増えた。 10年前、あなたとの絆がより深く、あなたへの愛情がさらに深まっていく感覚を覚えた。...続きを読む >> [続きを読む]