eighth-floor さん プロフィール

  •  
eighth-floorさん: Eighth Floor blog
ハンドル名eighth-floor さん
ブログタイトルEighth Floor blog
ブログURLhttp://nodys.exblog.jp/
サイト紹介文JAPAN MADE 'GENUINE HIPHOP DENIM WEAR' Eighth Floorの新作情報やスタッフの日常など
自由文愛車1966yシボレーノバワゴンの進化(退化?)の状況を紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2012/03/31 13:50

eighth-floor さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • What do you mean?
  • コングラッチュレイション決して無理はせず、自分の限界を知り、退き方を知り、大変とは言いつつ、まあ、まあ、、、と思っていたらドッコイ全然違うユーオールウェイズドゥーユアベストソーユーガルイットそして自分の今に目を向けると、その内股加減、ひとつも立ち向かってない、腰の引けた何とも情けない、そんな今他の誰でもない貴方の頑張り抜いた末の今は何より自分の起爆剤になった、そこに今... [続きを読む]
  • ような気がする話
  • 今回の震災被害は甚大。そしてまた飛び交う、我先にと競り合うかのごとくに。組織や統制秩序は乱れ始め、責任の所在を血眼になって探し始め、動きたくとも動けず、動くべからずとも動く。その様をSNSやなんかで見せつけられ、やがて見なくなる、正直気分が悪い、見ないことで惑わされず真摯に思い、やるべきことが見つけられる、ような気がする。    [続きを読む]
  • ホッとした話
  • ひとつ、自分の中でホッとした、安心したことがあった。色々と物事は変わる、人も変わる、心も変わる。でも、変わらないものもある。クサイ話「愛」というやつがそれ、これは本物のそれはちょっとやそっとで変わらない。それが自分に当てはめてそうだったので少しホッとした。一緒に暮らす家族、離れて暮らす家族。いつも幸せを願い、先を案じて心配もする。欠けることのない、分けることのない、それぞれに向ける最大の... [続きを読む]
  • 芯彫 シンボル
  • 俺のシンボル。いわゆる識別IDみたいなもん。型にはまるな。そう、自分のROOTSを忘れるな。明らかに迷ってる暇はない。着地点を決めてしまえ。そこからの逆追いのイメージで。たまたま聞いた、聞けた話。やっぱ荒業「あらわざ」やで、と。たしかにそう、都合よく解釈しよう。もちろん趣味も、そして生業も。  [続きを読む]
  • とっておきの方法
  • これもまた経験を基に記すもの。毎週末や祝日など休みの日ごとに地の底に落とされるような気持ちで生きていた頃、以前に知人(某彫師)から授かった「望みを実現させる方法」を実行してみた。それは、寝床に願いを書いた紙を貼る、それだけ。確か3つ書いた。後の今気付く、全部実現している。さあ、次はあなたの番。 [続きを読む]
  • トレイン
  • 今日YouTubeで3回観た。ケツメイシのトレイン。2008年頃かなー、春やったか何季やったか覚えてない、ある現場でボロのアクティの中で昼寝しながらこの曲聞いていたら、何でか分からんけど俺涙流してた。何に対してか、多分自分の不甲斐なさが悔しくてかな、涙流してましたわ、新築現場の美装の休憩時間に。思い出したところでどうにもならん事なんやろうけど、忘れたらあかんことってあるんかもな。あの頃の... [続きを読む]
  • 坊を風呂に入れるとき
  • 生後2ヶ月の坊を風呂に入れるのが俺の役目。坊を風呂に入れるとき、坊の顔を見ながらいつも思い出す。多花楽、たから。たからがこんなだったとき、俺はこうやって風呂に入れてやってたっけな?何回か入れたような、入れたことなどなかったような。馬鹿な男だった、ホント馬鹿だった。あの頃のたからにはもう二度と会えない、俺は確かに後悔している。なぜあの頃の俺がそんなだったのか、自分なりの身勝手な理... [続きを読む]
  • その意味とは
  • どんな意味があるのか、俺にも分からない、おそらく他の誰にも分からない、たぶん気付けるのは貴方だけ。その時は分からなくても後から気付けばそこから変わり始める、貴方も貴方の環境も、必ず変わる。ちなみに自分の経験から、その変化点はある1日のある出来事から、それを境に次々と気付きが始まって変化が始まった、家路に向かう電車の中でどんどん気付きが溢れてきて、電車を降りる頃にはもう別人みたく考えが変わって... [続きを読む]
  • サタデーナイトウィスパー
  • 最近とてもくだらないテレビドラマを知った、歳の差婚の話で男の方の歳が彼女の父親と同い年という話、そんなバカな話いちいちドラマにしてテレビで流すなよとささやきたい。男女の恋愛の歳の差バリアフリーはよく分からないけど気持ち一つでなるようになれば良いと思うが、結婚となると話は別、まして新たな家族をもうけたいと考えるならこれ真剣に考えるべき。こんなくだらないドラマが堂々と放送されるようになる前に、... [続きを読む]
  • 真鍮チェーン
  • 今週、通販で真鍮のチェーンを買いコーナンでマルカンと引っ掛ける金具を買って自作のウォレットチェーン的なモノを作ってみた。手の込んだ真鍮のチェーンは割と良い値段がするけれども、このチェーンは革細工の付属品として切り売りされていて迷わずに買える値段だった。ただ、たしかに真鍮なんだろうけれども輝きが素材感が何とも安っぽかった。しばし悩んだ末、手持ちのピカールで磨いてみたらなんともピカピカにひかー... [続きを読む]
  • モダーン・ラブ
  • 確か小学校の5年6年くらいだったかな、要するにほんまもんのガキんちょだった頃、俺の中に一人のヒーローがいた。デヴィッド・ボウイだ。まじかえ!と思うかもしれないけどそれはこういうことだった。その当時、テレビである映画を観た。「戦場のメリークリスマス」におけるミスターローレンスa.k.aデヴィッド・ボウイ、変わり者だったのか否か当時のOHから観たミスターローレンスはその死に様までが最高にかっこよ... [続きを読む]
  • 久々のムービー
  • 90年代に20代を謳歌した我々ならばこのN.W.Aのヒストリーは見逃せない。ということでやっぱり見に行った、正月休みに尼崎キューズモールの映画館。席はガラガラ、、、なぜ?血がたぎるだろうこの映画?むしろなぜ見ない?ヒップホップは嫌いかい?アーリーナインティーズ、上映からちょっと遅れて観た「ボーイズンザフッド」。ローライダーを初めて見て衝撃、ドウボーイの愛車タッチオフゴールド、63イン... [続きを読む]
  • 今踏ん張ってる人へのエール
  • やってもやっても作り笑顔しかできない時もある。貴方へ、あえて断言。「生きてく上で起きる全てのことに意味がある」もちろん今もそう。この意味とは笑顔に至るまでの道のりのこと。道のりには気付きが伴い、自分になかったもの欠けていた大事なことに気付き自分が変化する。心底向き合い、真面目に取り組んでいる貴方は絶対に変わる、続いて貴方の運命も変わる。作らず笑う日が必ず来る。霊的なあるいは占いまがいの「嘘」... [続きを読む]
  • 2016謹賀新年
  • 喪中ですが、謹賀新年。元旦からしてこれ、目標を目指し道半ばの状態。言わずもがな昨年は自身にとって激動の年、そして今年はそれを上回るほど激動であろうことが既に見えている。必死で人並みを目指そうとはするものの振り返るとそのシュプールは右へ左へ大きく振れ、リカバリーを繰り返し何とかコースアウトせず来れているようで。まさにこの振れ幅のデカさが自身の個性そのものなのかな?と思うようにもなり... [続きを読む]
  • 過去の記事 …