ピグマリオン学育研究所所長 伊藤恭 さん プロフィール

  •  
ピグマリオン学育研究所所長 伊藤恭さん: ピグマリオン学育研究所所長 伊藤恭の幼児教育ブログ
ハンドル名ピグマリオン学育研究所所長 伊藤恭 さん
ブログタイトルピグマリオン学育研究所所長 伊藤恭の幼児教育ブログ
ブログURLhttp://www.pygmalion.co.jp/blog/
サイト紹介文幼児教室ピグマリオン学育研究所所長 伊藤恭の幼児教育ブログです。
自由文ピグマリオン学育研究所のホームページはこちらです http://www.pygmalion.co.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2012/04/01 08:43

ピグマリオン学育研究所所長 伊藤恭 さんのブログ記事

  • 自立できない、保護者同伴拒否の幼児教室①
  • 小学校受験教室にしろ、保護者同伴でない個人指導幼児教室にしろなんで、こんなにも、知的にも、精神的にも、自立できない子どもを作ってしまうのだろうか?自分で考えること無しで、覚えたり、暗記したり、テクニックを教えてもらったりでは、知的にも、精神的にも、依頼することが多いので、自立できないのは当たり前だ。保護者は、我が子の教育に参加せず、我が子の知性作りは他人任せでは、子どもの立場を 考えてみればわかる [続きを読む]
  • 2〜3歳児の能力の特徴
  • 刺激に対して、最大適応しようという時期は、刺激をそのまま、受け入れやすい時期です。つまり、暗記や記憶によって、知識を、積極的に吸収する時期です。30年も昔のことを思い出します。出会った当初は、3歳児のM君。抜群の記憶力の持ち主で、1日、100文字の漢字なども、簡単に覚えてしまいました。日本の県名。世界中の国旗なども、動植物の名前もすぐに覚えてしまう子どもでした。演劇もやっていて、小1の時には、加藤剛さん主 [続きを読む]
  • 本日の年少下下のレッスン②
  • 数論理能力の育成は、1〜3の刺激。親子カードで、1〜3の刺激。カエルピョンピョンで、指先の調整能力の育成と1〜3の刺激。カラービルで、1〜3の刺激。ヌマーカステンの白玉、花はじき、ウッディブロックで、1〜3の刺激。大小判断。身辺教養カードでチェック。小さい子どもの指導は、刺激を与えことが、まず、大切になります。 [続きを読む]
  • 本日の年少下下のレッスン①
  • 久しぶりに、満2歳児の年少下下の女の子のレッスンをおこないました。指先の調整能力のチェックは、花はじきのひも通し。 拇指対向のチェック。ぬりえで、手首のかえりのチェック。手首から先が、手だから。空間把握能力のチェック。一番簡単な点描写の指導の仕方を保護者にレクチャー。図形形態能力のチェック。補助線のある12種類の図形の同定。これは、だいたいできたので、保護者が、大変びっくりしました。 [続きを読む]
  • 小学校受験で、ヤル気を無くした、新小1たち。
  • 今日も、小学校受験勉強で、気力をなくし、難しいと言って、何もしたく無いと不貞腐れた男の子を、指導しました。本当に、この子達は、かわいそうだと思います。間違うことを非常に嫌がるのです。だから、今までに聞いたことがない難しいからしない。という、言葉を初めて聞きました。小さい子どもは、間違うものです。間違いだらけでいっこうに構わないのです。間違ってはいけないと、健気にも頑張って、小学校入学前に疲れ果てさ [続きを読む]
  • 1000冊近くのオリジナル教材が、高い知性育てを下支えします
  • 哲学やカリキュラムがあっても、しっかりとしたオリジナル教材がなかったらそれは、絵に描いた餅でしかありません。市販教材や塾用教材を使用するだけでは、知識と解答テクニックの習得にしか役立たないでしょう。一生役立つ、学ぶ力、学び続ける意欲、頑張る力が知識と技術を駆使する力が育つには、指導者の哲学と教材の中身が対応した、オリジナル教材が必要です。50年近い生徒指導の経験の中で、甘露の様に磨き上げた1000冊近く [続きを読む]
  • 小学校入学準備コースって、何ですか?
  • 保護者の不安に乗じて、小学校入学準備コースを開講している幼児教室があるらしいです。小学校入学準備コースで、何を学ぶんですか?小学校入学のために何かしておかなくてはならないものなどありません。もしあるならば、ピグマリオン教育のように、小学校教育にもビクともしない知力を育てておくことであって、小学校で学ぶことの先取りなどは、言語道断です。小学校入学準備コースって、どんな内容で、どんな理由と目的があるコ [続きを読む]
  • 再び、プログラミング教育を考える。
  • ロボットプログラミング教室が、プラモデルのように与えられた部品の組み立てと、決めらた動作の習得に終わるなら、計算や漢字を覚える程度のお遊びとなり、本質的な思考力を育てることはありません。まして、そのような、知識と技術の前提である、知性と人間性作りがない教育、知性と人間性作りに導けない教育は、幼児や小学校低学年には不向きであると言えます。今、流行りのプログラミング教育の関係者と、この間、たくさん出会 [続きを読む]
  • 土曜日、午後3時の年少クラスは、楽しみ①
  • 土曜日、午後3時の年少クラスは、女の子1人。男の子3人のクラス。もっとも、進んでいる男の人は、4ケタの加減暗算もできますが、全員、まだ、習っていない、2ケタのひき算をさせてみました。数論理は、簡単なので、3次元把握能力や思考力を育てて、幼児のうちに、全員、小3以上の能力を育てたいと、考えています。 [続きを読む]
  • 東京型のピグマリオン特別幼児教室。ピグリ英才教室①
  • 東京では、小学校受験教育が、幼児教育と混同されて、小学校受験対策教室が、幼児教育の主流だと聞いています。私の考えでは、小学校に合格するための教育など、何の意味があるか?わからないのですが、東京の幼児と保護者のために、スーパーピグマリオン教室と区別した、小学校受験対策も含む、スーパーピグマリオン幼児教室として、ピグリ英才教室とピグリ英才家庭教師センターを本格的に、始動するようにします。4月からの予定 [続きを読む]
  • 教えようとしないで、学ばせ創造させてください①
  • 教えるとか、教えてもらうことが、教育の全てではない。学ばせて、創造できる能力を、保護者と一緒に子ども自身が自己教育できるように育てていくのが、幼児教室の使命です。一対一の個別指導では、保護者同伴でも、教師が教える機会が増えます。そうすると、子どもが考える時間が、学び創造する時間が少なくなります。考えている時間が長いと、保護者が横から口を出して、あれこれ指示したりもします。親もイライラするので、自立 [続きを読む]
  • 子育ては、楽しんでするものですよ①
  • 眉間にシワを寄せて、面倒臭さそうに子どもの側にいる保護者。果ては、仕事が忙しいとか、他の理由をつけて、教師や教室に子どもを押し付けて、子どものためだと称して、幼児教室に送るだけの保護者。幼児教室の中には、自立のためだと称して、積極的に保護者を同伴させないところもあるらしい。そのような幼児教室は、存在の意味がない。子育ては、保護者の人生を豊かにし、喜びに満ちたものにし、意味と意義をもたらすものですよ [続きを読む]
  • 小学校受験をした新小1①
  • 小学校受験をした、新小1の新入生の指導をしました。今まで、一度もやったことがない、20までのたし算、ひき算の全てを、60分でできるようになりました。5+7、6+7、9+3、8+4、13+3型のたし算と12-5、16-3、12-3、12-9、12-8、16-13型のひき算を、10進法を理解することで、処理する方法で、60分でやり遂げました。数える癖があるので、指がピクピク動くこともありましたが、性格がよいので、頑張りました。しかし、年少児でもできる [続きを読む]
  • 小学校受験教育で、低い能力が育ってしまった子ども達②
  • 小学校受験教育は、小学校に入学するための教育です。小学校生活を豊かにしたり楽しくしたり、するのが目的になっていません。小学校に合格するに必要な能力だけを強制的に教え込んで、子ども達の思考力を低レベルに育て上げるのが、小学校受験教育なのです。何らかの理由で、目的の小学校に合格する必要がある場合もあるでしょう。小学校受験に反対しているのでは、ありません。それよりか、私立、公立、国立のどの小学校へ行くの [続きを読む]
  • 小学校受験教育で、低い能力が育ってしまった子どもたち①
  • 小学校受験教育によって、低い能力が育ってしまった子どもたちが、数人、入会してくれました。この子ども達に高い能力を育てるための指導を始めます。どうすれば、効果があるかを、リアルタイムで、記録していきます。小学校受験対策で、行動観察と言うのがありますが、小学校受験教育を受けた子どもには、行動観察が必要だとよくわかりました。ピグマリオン教育を受けて、1万までの加減暗算や小3レベルの思考力が育っている子ども [続きを読む]
  • 教育の目的とは?①
  • 素晴らしい、素敵な人生を生きていくために、教育はあります。だから、素晴らしい人生とは何か?素敵な人生とは何か?が、問題になってきます。素晴らしさや、素敵さが、違えば、生き方が変わってきて、当然です。文化や価値観が違えば、生き方が変わってしまうと言うことです。ただ、文明と言う言葉があります。文明は、文化や各人の価値観を無視して、人類全体の生き方を決定します。農耕牧畜文明第一次産業革命文明、第二次産業 [続きを読む]
  • P&R幼児教室は、やっぱり、凄いかも?
  • 以前、小3の卒業生で、素晴らしいお手紙をくれた年少下から、通ってくれた女の子のお母様に、偶然、先日、逢う機会がありました。その時、算数は、ピグマリオン教育のおかげで、困った事がなかったが、国語がもう一つだった。ところが、論理エンジン国語を学んだら、国語が、公開模擬テストで1番になったと教えてくれました。ピグマリオンと論理エンジン。この両方がコラボの、P&R教室は、幼児から小学校低学年教育に、革命を起こ [続きを読む]