ピグマリオン学育研究所所長 伊藤恭 さん プロフィール

  •  
ピグマリオン学育研究所所長 伊藤恭さん: ピグマリオン学育研究所所長 伊藤恭の幼児教育ブログ
ハンドル名ピグマリオン学育研究所所長 伊藤恭 さん
ブログタイトルピグマリオン学育研究所所長 伊藤恭の幼児教育ブログ
ブログURLhttp://www.pygmalion.co.jp/blog/
サイト紹介文幼児教室ピグマリオン学育研究所所長 伊藤恭の幼児教育ブログです。
自由文ピグマリオン学育研究所のホームページはこちらです http://www.pygmalion.co.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供928回 / 365日(平均17.8回/週) - 参加 2012/04/01 08:43

ピグマリオン学育研究所所長 伊藤恭 さんのブログ記事

  • 今日は、千里中央教室のレッスン。
  • 12時からの年中児。1時からの年少下児。3時からの年少児。4時からの年長児。5時からの小2クラス。和泉市や、彦根市や、宝塚市や、八尾市など、他方面から、通ってくださって我が子を素敵な子どもにしようと思ってくださって、本当にありがとうございます。小2クラスの一人は、小1生なんですが、浜学園の全国公開模擬テストで、常に1番をとる生徒です。時々、小2のテストでも1番をとることがあります。この子は、大きくなったら、衆 [続きを読む]
  • 肉体作りも、脳創りも同じ。スパイラルではなく、垂直で。
  • 久しぶりにライザップでトレーニング。ライザップに入会して、5年が経ちました。今は、三代目のトレーナーですが、なかなかの勉強家で、いろいろと学ぶことが多い若者です。高2から、運動、肉体作りの理論を研究し始めて、大学も、立命館大のその方面の学科に入学し、卒業して、ずっと、勉強しているらしく、外国の理論も良く知っています。日本の理論が立ち遅れていることを嘆いています。彼と今日話していて、学校や塾で行なって [続きを読む]
  • 今年もあとわずか①
  • 今年は、いろいろと実り多き年でした。①東京への本格的進出。②ピグマリオンぷちの全国展開開始。③ピグマリオンサイエンス教室の開始。④ピグマリオンアカデミー数学教室の創設。⑤ベビーピグマリオンの製作開始。⑥ピグマリオン電子工作教室の開始。⑦在大阪スリランカ名誉総領事館の創設。 在大阪スリランカ名誉総領事に就任。⑧中国深圳の英語教室との提携話⑨台湾で李登輝元総統と会う。⑩谷町九丁目教室、六甲教室、 四ツ谷 [続きを読む]
  • 四ツ谷の年中児。
  • 入会して、8ヶ月目の年中児。入会当初、机の下に入ったり、じっとしていなかったりが、嘘のようです。お母さんもお父さんも他の人もビックリの成長です。2倍、3倍問題も、初めてなのにすぐにマスター。今日は初めて、4ケタに挑戦。2486+4529の問題に挑戦しました。初めての問題ですが、年中児でマスターする事は、なかなかできるものではありません。でも、1ヶ月もたたないうちに、7512-4675もできるようになるでしょう。 [続きを読む]
  • まだ見ぬ、孫の孫に、愛を届けよう。
  • 私が、理事長を務める、社団法人フューチャーデザインと創造的協会は、5代あとの子孫が、同時に未来のための現在を考える協会です。未来のために今何をしないといけないのか?時間軸と空間軸を広くとって、考え行動している協会です。この間は、高校生に対して、起業についてのイベントをおこないました。また、近々、開成高校から東大に1番で合格した大学教授を含めた工科大学の教授たちが、本物のプログラミング教育法を発表する [続きを読む]
  • 四ツ谷教室の年少児。入会2カ月で。
  • まだ、入会して2カ月の年少さん。ヌマーカステンで、20までの数の認識と加減暗算をほぼできたので、100までの数の認識と、30+20、30+4からはじめました。他に、水面の姿、つまり、上下逆転点描写やちぎり絵も始めました。出しゃばらないお母様、意欲的で素直な性格の年少さんなら、年少児で100までの加減暗算は、他の指先、図形、空間、思考能力を高くしながら、だいたい可能です。それに対して、年中、年長、小1であっても、幼稚 [続きを読む]
  • 下流、貧困、低欲望社会の日本は、脆く崩れ腐敗するのか?
  • 下流社会の日本と、上海の中国人は、言っているらしい。中国人の高圧的な態度は、日本を蔑視していることが、前提のようである。貧困で低欲望になって、生きる意欲を無くした奴隷のような日本人をシンガポールのマレー人の様に思い、従順な家畜の様に考えて、いつでも料理できると思っているものも一部いるようだ。下流で、貧困で、低欲望は、低脳が作り出した結果である。これは、全く、学校や学習塾の教育の結果である。高い知性 [続きを読む]