Lim指数 さん プロフィール

  •  
Lim指数さん: Lim指数〜G1専門
ハンドル名Lim指数 さん
ブログタイトルLim指数〜G1専門
ブログURLhttps://ameblo.jp/lastwide/
サイト紹介文秋季G1〜12番勝負
自由文縦横無尽の分析
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2012/04/01 22:30

Lim指数 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2016ダービー
  • ダービー見解1勝ち馬について皐月賞組VS別路線は23:7(過去30年)だった。別路線組の戦歴では7頭中全てが2番人気以内の支持。能力評価の面から、勝ち負けも重要だが前走能力が抜けていると判断されないとダービーでは苦しい。スマートオーディンは前走アグネスフォルテ(9戦1勝馬)にギリギリ勝つ程度では今回のメンバーでは厳しい見解。青葉賞馬のヴァンキッシュランも500万を勝ち上がったばかりの馬が2着に来ることを考えれば [続きを読む]
  • 3-8 天皇賞春 総括(2)
  • 1990年以降阪神開催を除いて5つのクリアしたタイプ馬は134頭。その成績は、(25,15,17,77)単率19%、単回収率312%複率43%、複回収率157%勝ち馬に関しては、サクラローレルを除き全て該当する。上記のデータについて、15番から外の馬の成績は、(1,3,0,13)単率6%唯一の1頭は、1991年メジロマックイーンの15番ゲート。この馬は連覇しているが、最初の制覇時に絶望的な15番となった。タイプはAとE。どちらも圧倒的な力で勝ち [続きを読む]
  • 3-7 天皇賞春 総括(1)
  • これまでの分析で1強レースとしたが、改めてまとめてみる。天皇賞春の勝ち馬パターンは5つ。4歳から6歳馬迄。A:菊花賞好走・高評価履歴ここでの好走・高評化履歴の定義は、1〜3着もしくは上がり順1〜3位、人気1〜3のいずれか一つでも満たした馬をAタイプとする。B:天皇賞秋連対履歴のある馬C:天皇賞春で上り最速の履歴がある馬(5歳か6歳)D:日経賞連対且つ上り2番手以内E:前走阪神大賞典を58K以上で勝利する。1990年 [続きを読む]
  • 3-6 菊花賞馬2頭の評価
  • これまでの分析で残った馬は菊花賞馬2頭と昨年の2着馬の3頭。この3頭から絞り込みたい。キタサンブラック菊花賞は好枠を引き、好位でじっと脚をため、最後差し切る競馬をした。このレースでの同馬の見どころは3角から4角で次々と外から捲られ順位を落とすがじっと動かず脚を溜め続けた点に尽きるだろう。インでじっとし、ここぞの最後の直線で最内をすり抜け末脚を爆発させた。あれだけ完璧にのりながら、最後2着馬に肉薄されたと [続きを読む]
  • 3-5 天皇賞春と外枠
  • 天皇賞春は外枠が、かなり不利なのは良く知られている。ゲートが開いてから登りの坂を経て3角に入るのでインを取らないといきなり外々の距離ロスがひどい。かといって下げれば、前々有利のこのレースでは致命的な不利となる。無理してインを取ろうとダッシュすると,登りなのでスタミナ消費が激しい。以上の理由から外枠は不利となる。特に今回は高速馬場の可能性が高い。後ろに位置取りすること自体が万事休すとなる。今回出走の [続きを読む]
  • 3-4 穴馬の条件
  • 菊花賞と日経賞での履歴内容過去29年間で二けた人気以上の勝利馬は以下の4頭ビートブラック 菊花賞  3着マイネルキッツ 日経賞2着上り2位スズカマンボ 菊花賞上り3位イングランディーレ日経賞1着上り1着いつ出たかは関係なく、菊花賞に出走し、3着以内か上り3番まで、日経賞組は2着以内且つ上り2番手以内が穴馬が好走する条件。天皇賞春の適性=菊花賞で好走=日経賞の好走そして適性さえ満たしていれば、前走大敗しようが全く関 [続きを読む]
  • 3-3 2012年ビートブラック激走の理由
  • このレースは京都芝3200m。ビートブラックの激走に特別な理由はない。このレースとほぼ同じ条件が菊花賞3000m。ビートブラックは菊花賞で0.2秒差3着の勝ち負けを演じていたとおり、この舞台は適性が合っていた。前走3番人気以降の低評価で、4着以下馬。但し過去、菊花賞3着以内を除いた馬の成績は、(0,4,5,151)単勝率0%、複勝率6%今回該当馬は、カレンミロティックトーセンレーヴアルバートマイネルメダリスト [続きを読む]
  • 3-2 人気指数
  • 直近10走の人気平均値は実力のバロメーターこの数字が6.1以上の馬の過去29年の成績は、(0,3,4,108) 単勝率0%、複勝率7% まず勝つのは難しい。今回該当馬は、カレンミロティックトーセンレーヴアドマイヤデウスマイネルメダリスト [続きを読む]
  • 第3戦 天皇賞春
  • 3-1 このレースは58Kで3200mを走る、最も過酷な条件のG1。前走55K以下のぬるま湯の斤量で走った馬の好走は難しい。前走55K以下の馬の成績は、(0,3,1,58)単勝率0%、複勝率7%今回該当馬は、シュヴァルグラントゥインクルタンタアレグリアファントムライトシュヴァルグランのような主要な前哨戦で勝ったタイプの馬でも、斤量が軽ければ過去ほぼ全ての馬が馬群に沈んでいった。この馬の1着は厳しい。 [続きを読む]
  • 2-3 皐月賞の本命
  • 皐月賞でこれまで勝った馬は、上記主要3レースを使った馬か、他路線は本番で5番人気以内の馬。これまでの分析で残った馬は、アドマイヤダイオウナムラシングンロードクエストこれらの馬は条件を全て満たす。今回珍しいのは、主要3レースの単1倍台がそろって出走してきたこと。ステップレース単1倍の馬は本番での好走確率は高い。比較すると、若葉S組の単1倍(アドマイヤダイオウ)(1,4,2,2)単勝率 11% 単回収率 23%複勝率 78% [続きを読む]
  • 2-2 絞り込みデータ
  • 2-2-1スプリングSで4着以下に完全に負けた馬。(0,3,1,84)単勝率 0% 単回収率 0%複勝率 5% 複回収率 44%今回該当馬ミッキーロケットドレッドノータスアドマイヤモラール2-2-26番人気以降で若葉S、弥生賞、スプリングS組以外 (0,2,1,122)単勝率 0% 単回収率 0%複勝率 2% 複回収率 16%今回該当馬ジョルジュサンクミライヘノツバサウムブルフトーアライジンプロフェットディーマジェスティ2-2-3前走1.0秒以上負け(0,3,4,98 [続きを読む]
  • 第2戦 皐月賞
  • 2-1 (1着馬)数多くの人気馬が負けたデータ皐月賞で2月25日以前に生まれた馬は勝てない。 (0,3,3,55) 単勝率 0% 単回収率 0% 複勝率 10% 複回収率 23%母数は少ないが人気馬が勝てないデータ。1番人気馬アドマイヤオーラ アドマイヤムーン コスモバルク ダイシンフブキ 2番人気馬エピファネイア ワールドエース リーチザクラウン ブラックシェル フサイチホウオー イブキマイカグラ3番人気馬コ [続きを読む]
  • 第1戦 桜花賞
  • 1.ディープインパクト産駒451K以上 (4,1,0,0)450K以下 (0,2,1,8) 今回全ての馬が450を切る可能性が高い。キャンディバローズブランボヌールレッドアヴァンセシンハライト ラベンダーヴァレイ2.前走7番人気以降(0,3,6,136) 単勝率0% 複勝率6%今回該当馬ソルヴェイグアッラサルーテカトルラポールラベンダーヴァレイアドマイヤリード3.直近2走マイル以外 (0,3,9,118) 単勝率0% 複勝率9%今回該当馬 ソ [続きを読む]
  • 過去の記事 …