dede さん プロフィール

  •  
dedeさん: 聖法時代到来
ハンドル名dede さん
ブログタイトル聖法時代到来
ブログURLhttps://ameblo.jp/hk569/
サイト紹介文御言は神様であり、光であり、愛であり、救世主であります。真の愛をお届けします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 345日(平均2.0回/週) - 参加 2012/04/02 13:42

dede さんのブログ記事

  • 長くなった冬休み
  • 子供たちは冬休みの真っ最中。 とは言ってもこの休みは3月に新学期が始まるまでの2か月間も続く。 去年までは冬休みは1か月か1か月半くらいあって、1,2週間学校に行って卒業式や終業式を迎え、また春休みというパターンだったのに、このあってもなくてもいい最後の1,2週間がなくなってしまったというわけです。(学校によって自由に決められるようです) 日本のように3学期制ではなく2学期制なので、子供たちにも休みの途中に学 [続きを読む]
  • 韓国の地からの発信
  • 昨日朝からNHKのあさイチを見てました。 韓国にいると日本のテレビ放送はNHKしかないので、と言っても今はネットなどを利用して見ようと思えば民法のテレビも見れるのかもしれませんが、ズボラな私はもうそんなことは面倒でなかなかしませんので、ひたすらNHKのみを見ることになっています。 とは言っても、あさイチもそんなに真剣に見ることはほとんどなくただ流れていることが多いのですが、昨日はプレミアムトークのゲストに村 [続きを読む]
  • 軍隊の今
  • 昨日近所の美容室に髪を切りに行ってきました。 韓国も美容室は大変多く、うちの周りにも歩いて5分圏内に10件は超えるほどあると思います。田舎町の美容室ですから、どこに行っても値段も比較的安く、何か所か行ったことはありますが、数年前に夫からの紹介で行くようになった美容室の美容師さんと年代も近く、子供の年齢も近く、気心が知れるようになってから浮気をせずにずっと通っています。 子供の進路のこととか話すことがよ [続きを読む]
  • 日本に甘えている韓国?
  • 日韓問題がこじれにこじれている昨今ですが、これから韓国はどうなっていくのでしょうか?私は韓国に住んでいるし、子供たちもこれからほぼみんな韓国籍を選択していくだろうけど、それでも私はやっぱり韓国人にはなれないなあと思ってます。 もしかしたら日本に住んでいる在日韓国、朝鮮人と言われる方たちもそうなのかもしれませんね。今はもう3世、4世までいる時代ですが、朝鮮民族としての誇りを彼らも彼らなりに持っているの [続きを読む]
  • ゴミだらけの町
  • 昨日、たまたまテレビを見ていたら韓国の国歌である愛国歌を作曲された方が紹介されていた。旅番組の中での一場面だったが、スペインのある町を旅しながらそこに今でも暮らしているその作曲家の娘さんと出会って感動するみたいなプログラム構成だった。 私としてはやっぱり韓国人でないので、異国の地で愛国歌が流れてきても感動も何もなかったが、スペインの海の見える丘に建てられたお庭の広い家に住まわれている娘さん(もうお [続きを読む]
  • 性格の不一致
  • 昨日から次女(中2)が日本に遊びに行きました。日本に留学中の長女がチケットを購入して呼んでくれたのです。 というとすごく聞こえはいいけど、長女には韓国に結婚まで約束した彼氏がいて、彼が遊びに来るというので妹も呼んだという感じです。 次女が最初「オンニ(お姉ちゃん)が日本に遊びに来ないか」って言ってると私に伝えてきました。一人で行くものと思っていたのに、ある時彼氏も一緒だということが発覚。 とは言っても [続きを読む]
  • あっちに行ったりこっちに行ったり
  • 私生活でちょっと忙しくて、数か月ブログ更新をしていなかったのですが、新年を迎えて、またいろいろ思うことを書こうかなという気楽な気持ちで書かせてもらっています。 以前はどうしても他のブロガーさんのブログと比べてしまって、ハチャメチャで話題があっちに行ったりこっちに行ったりする自分のブログに対して自信が持てなかったり、コメントが頂けたりするとそれがどんなものであっても、読んでくれている人がいるというこ [続きを読む]
  • 信仰からの卒業
  • 韓国に住んでいると何かにつけて日本批判をする報道や書籍(うちには児童書しかありませんが)を目にしない日がないというほどである。そのたびに傷つく自分の心を発見するとき、つくづく自分は日本人だと思う。 私の現在の立場は元統一教会員。元であるからかつては統一教会員であり、その教理を信じて信仰していた者である。私の中では、騙されたというよりは、すべての宗教というものから卒業したという感覚の方が近いかもしれ [続きを読む]
  • 日本人としての自覚
  • 日本にいると自分を日本人だと自覚することはほとんどない。しかし、一歩日本の外に出ると、その環境や人々との感覚の違いから自分がつくづく日本人であるということを実感するように思う。 私は高校を卒業し、何を思ったかアメリカに渡った。背後に何か私をそのように導く見えない力があったのだと思う。運命とでもいうのだろうか? 何にも考えていないただの学生だった私が、日本を外の世界から見てみたいと思ったことを記憶して [続きを読む]
  • 韓国で迎えるお正月
  • 韓国での新年は新年を迎えたという感じがしません。 なぜなら旧暦の1月1日が名節だからです。日本でも地域によっては旧暦でお祝いするところもあるのかもしれませんが、東京育ちの私にとってはそんな感覚はありません。 1月1日は韓国でもいちよう祭日ですが、普段とそんなに変わりません。トックク(韓国式お雑煮)もお正月の食べ物ですが、本来は旧正月に食べるはずが、なんかごちゃごちゃになって新正月にも食べたりします。ちな [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • 皆様明けましておめでとうございます。 しばらくブログ更新もできずにご無沙汰しております。 娘が日本でアルバイトしている韓国の化粧品会社の翻訳などのお手伝いをしたりしてとても忙しく過ごしておりました。もちろん夫のやっている宅配の仕事もしながらでした。 最近は韓国は寒くて、もともと夏生まれの私にとってはただでさえ寒さに弱いのに昼間でも零下が続く韓国の冬は身に堪えます。 体だけではなく心も穏やかに過ごしたい [続きを読む]
  • 物思いにふけって
  • 秋晴れの日が続いてます。 宅配の仕事をしながら、ふと空を見上げると真っ青な空が広がって、なんて気持ちいいんだろうなんて思ってます。 今が仕事するには一番いい季節。 それなのに、宅配の荷物は米やトウガラシ、サツマイモなど、農作物が増えてきて、重い荷物は体の頑丈な夫が配達するけど、普段より時間もかかって、昼食をとる暇もなくて、夫も口には出さなくても結構体にこたえてるのか、ただでさえ気が短いのに、私の一言 [続きを読む]
  • 秋夕連休
  • 皆様、秋夕の連休は無事過ごされたでしょうか? 今年の春に本家にいらっしゃったヒョンニム(夫の兄嫁)が亡くなり、本家は空き家となり、今年から名節のチャレ(茶禮)は2番目のお兄さんの家で行うことになりました。 お兄さんの家はテジョン(大田)で初めてテジョンに行ってきました。 田舎(ウルチン)に帰るよりは断然時間がかからず、渋滞にも巻き込まれず比較的楽な帰省となったにも関わらず、なぜかお兄さんの家に着いたぐ [続きを読む]
  • 宅配
  • 韓国での一番の名節秋夕を目の前にして、我が夫の仕事である宅配配達員はその忙しさが半端じゃないほどになる。 毎年、倒れる人や配送しきれなくて、生ものの賠償で数十万ウォンを払う羽目になる人、いろいろ出てきてしまう。 そんな忙しい時期にこうやってブログなんてやってる時間あるのと思われるかもしれないけど、ターミナルにくるトラックも宅配物の異様な多さに遅延が続き、まだ配達を始めることができないのである。 そん [続きを読む]
  • 部活
  • とりとめもないことを書いている。 高校時代、部活、私の場合バスケットボール部に所属したわけだが、高校に入学するまでバスケットボールをやってみたいなんて思いは全くなく、どちらかというと当時女子バレーがワールドカップなどで大活躍していて、その試合を見ながらやってみたいなと思っていた中学生だった。 バスケットのようなハードな持久力を要するスポーツに自信がなかったかもしれないし、腕の力が弱くパスやドリブルと [続きを読む]
  • 自分の生い立ち
  • 心穏やかな日々を送りたい、そんな思いがあります。 あまりに自分自身を自虐してきたせいでしょうか? 自分自身を見つめてみると、幼いころはとても恥ずかしがりやの引っ込みじあん。 自分の思っていることを人にはっきり言うことができなかった子供でした。 母親は自分が貧しいだけでなく、血のつながらない兄弟たちと過ごす中で、いじめられ、親の愛情も十分に受けられずに育ってますから、私や弟を恥ずかしい思いをさせないよう [続きを読む]
  • カルト宗教
  • 昨日中学2年生の次女が、ユーチューブを見ていたらとても悲しいと話してきた。 私は仕事から帰ってきて、昼食も取れずに夕方5時くらいになってしまっていたので、まずは何かお腹にものを入れなければなんて思って、適当に受け答えをしていた。 とあるカルト宗教の話だった。 修行のためにジャングルの中で村を作って暮らしていたが、そこを取材に訪れた人に、ある信者が実は脱出したいという旨を話し、脱出することになった。 と [続きを読む]
  • 日本人として何を伝えていけるだろうか?
  • 土曜日はアジアゲームに韓日戦が集中してましたね。 その締めくくりとして8時からのサッカー韓日戦。 その時間、韓国国民の半分以上はテレビ観戦していたみたいです。 うちでも、その状況は一緒です。 ちょうど息子が久しぶりに帰ってきて、「今夜はチキンを食べながらサッカーの韓日戦を観戦する」と夜7時過ぎ頃から、チキンの配達を頼むために電話注文してました。 その時間は注文が殺到して配達も遅れるだとうとのことで、あ [続きを読む]
  • 熱帯夜が過ぎて
  • 今日は朝からしとしとと雨が降っています。長かった厚い夏が過ぎ去ろうとしていますね。 本当に暑かった。 ここ韓国でも熱帯夜が1か月も続き、最高記録を更新したと暑さに弱い夫が申しておりました。 うちには居間にはエアコンがなく、引っ越してきたとき、夫は明け方から午前中に仕事をしていたので、夕方には寝るという生活でした。 それで、熱帯夜でなくても、夕方は一番部屋の中が暑い時間で、さらに暑さに弱い夫は寝られない [続きを読む]
  • 子供たちに残すものとして
  • 自分の中のものをこうやって文章にすることで目に見える形にする。 そうするとなんか心がすっきりする。 昔はそういう作業を日記という形で書いたりしていた。 日記はとても個人的なもので、自分の心に語り掛けることによって、自分を慰めたり、怒りを鎮めたり、いろんな意味で心を落ち着かせえることができた。 でも、それを親に見られたりして、なんで人の日記見るのなんて親に対する不信感を持ったり、そんなこともあった。 今 [続きを読む]
  • 長女の夏休み
  • 長女が夏休みで韓国に戻ってきました。(日本の専門学校に留学中) せっかくの休みで、私だったら日本の地方とか旅行したらいいのになんて思いましたが、娘にとってはここ韓国がふるさとで、友達もいておいしいものも食べれて楽しく遊べる場所なんだなと思います。 日本人の友達はできなくて、同じ学校の韓国人留学生はみんな年上のオンニしかいなくて、それでも時々一緒に遊んだりするみたいですが、気を許すところまではできない [続きを読む]
  • 暑いですね。
  • 毎日死ぬほど暑いですね。 皆さんお元気でお過ごしでしょうか? 私は今日も炎天下の中、宅配の仕事を無事終えてまいりました。 夫はただでさえ暑さに弱い体質で、さすがにかなりこたえているようですが、何とかがんばっています。 それでも昨日は二人でちょっと遅くまで配送してまして、終わってから外食して家に帰りました。 夫は最近は便利さからクレジットカード決済しているのですが、そのカードをちゃんとしまうのをうっかり [続きを読む]
  • 韓国人は神様の心情に一番近い民族?
  • 私にとって韓国とは? 私が韓国にやってきた20数年前はまだ韓流もK-POPもなかったころ、ただ教祖から韓国人は神様の心情に一番近い民族という教えを受けて、それを本当に信じていた。 私は教会に入信してからも、ずっと勤労青年(仕事をし続け)で祝福を受け、いよいよ家庭出発するために韓国に渡ってくる寸前まで仕事を続けていた。 とあるNGO団体の日本事務所で国際部という部署だったが、私は言われることもなく、何となく仕事を [続きを読む]
  • 久々の翻訳のしごと
  • 宅配の仕事中に日本にいる娘から、「翻訳の仕事を頼まれたが時間がなくてできない、オンマが代わりにできないか」と連絡があった。 「家に帰るのは午後4時半ころ、それ以降でいいなら時間はあるけど」と返信すると さっそくお願いされた。 翻訳なんてすごい久しぶりで、化粧品の商品説明だったけど、カカオトークできたファイルをPCに取り込むことからどうやっていいのかわからないかった。 幸い中2の次女が家に帰ってきていて [続きを読む]
  • いい加減に生きよう
  • マインドコントロールが何なのか? マインドコントロールを受けてしまった当事者は自分がマインドコントロールされているなんて夢にも思っていなかった。 今も信者たちは自分たちがマインドコントロールされているとは気づいていない。 自らの意思で考え行動している。 そして自分は神様から選ばれた存在なのだと認識している。 少なくとも過去の私はそうだった。 https://news.yahoo.co.jp/byline/usuimafumi/20180709-00088618 [続きを読む]