弁護士江木大輔 さん プロフィール

  •  
弁護士江木大輔さん: 弁護士江木大輔のブログ
ハンドル名弁護士江木大輔 さん
ブログタイトル弁護士江木大輔のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/egidaisuke
サイト紹介文東京都千代田区で弁護士をしている江木大輔のブログです。裁判や法律など日々感じたことをつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供203回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2012/04/03 21:20

弁護士江木大輔 さんのブログ記事

  • 河村市長「クレーンで障害者を天守閣に」 名古屋城問題
  • https://www.asahi.com/articles/ASL5L67BQL5LOIPE02X.html 名古屋城木造新天守にエレベーターを設置しないという名古屋市の方針に反対する障害者らが21日、市役所前で抗議集会を開いた。視覚や聴覚に障害がある人を含む約150人が参加し、代表者が抗議文を河村たかし市長に提出した。 河村氏はこの日の記者会見で、クレーン車を使った新技術を応用して障害者を新天守低層階まで運び上げる案を示した。「なるべく上まで上が [続きを読む]
  • 国より厳しい都の受動喫煙対策、飲食業界は反発
  • http://www.yomiuri.co.jp/national/20180502-OYT1T50004.html 東京都が先月発表した受動喫煙対策を強化する条例案骨子には、国の法案よりも厳しい規制が盛り込まれた。 都は2020年東京五輪・パラリンピックの開催都市として「五輪水準に近づいた」とする。ただし、飲食業界からは反発、区市町村からは困惑の声が上がり、実効性の担保などの課題も残っている。(5月2日読売新聞オンラインから一部引用) 国の法令により [続きを読む]
  • 弁護士業務と元号
  • https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180430/k10011423461000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_061 天皇陛下の退位と、皇太子さまの即位に伴って元号が改められる「改元」まであと1年となり、各地の自治体は、文書やシステムといった分野で改元を見据えた対応に乗り出しています。政府は、皇太子さまが即位される来年5月1日、元号を改める「改元」を行う方針です。書類などの元号の修正を想定した準備が、「は [続きを読む]
  • PHS、2020年7月末に実質的に終了 23年の歴史に幕
  • http://ascii.jp/elem/000/001/666/1666382/ Y!mobile(ソフトバンク)は、ガスメーターなどのM2M向けを除く、PHSのすべての料金プランのサービスを2020年7月末をもって終了する。1995年7月にNTTパーソナル/DDIポケットによってサービスを開始したPHSは、実質的に幕を閉じることになる。なお、一般向けの新規契約/機種変更などはすでに2018年3月末に受付が終了されている。 (4月19日ASCII.jpから一部引用) 19 [続きを読む]
  • テレ朝「音声でセクハラ確認」…女性記者が録音
  • http://www.yomiuri.co.jp/national/20180418-OYT1T50122.html テレビ朝日によると、女性記者は1年半ほど前から数回、取材目的で福田氏と2人で会食。そのたびにセクハラ発言があったことから録音を始め、今月4日の会食時も録音した。上司にセクハラの事実を報道すべきだと相談したが、上司は二次被害などを懸念して「報道は難しい」と話した。このため、記者は「次官という社会的に責任の重い立場にある人物による不適切な行 [続きを読む]
  • “不合格”続出 第三者委員会って名ばかり?
  • https://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2018_0413.html?utm_int=news_contents_tokushu_003 「第三者委員会」は、10数年前から、不祥事を起こした企業が原因の究明と再発防止に向けて設けるようになりました。 しかし、その第三者がまとめる報告書の中には、企業のいわば「言いなり」で「お手盛り」とも言えるものが後を絶たなかったと言います。 久保利弁護士らは「実態を伴わない“名ばかり第三者委員会”は、逆に企 [続きを読む]
  • 備中松山城・鬼ノ城
  • 岡山に用事があり,そのついでに備中松山城と鬼ノ城を訪ねました。  備中松山城は岡山からレンタカーで1時間半ほどだったでしょうか,お城の頂上までは自動車で行くことはできず,途中の駐車場で停めて,そこからは10分おきくらいで運行されているマイクロバスに乗ります。 マイクロバスを降りてから,さらに徒歩で20分程度かけて登らなければなりません。さすがは日本一高い山城と言われているだけのことはあります。 [続きを読む]
  • 特別指導を「プレゼント」と発言…労働局長会見
  • http://www.yomiuri.co.jp/national/20180405-OYT1T50092.html 勝田氏は昨年12月1日の記者会見で「次回はプレゼントがある」と発言。同26日の会見で、記者から「プレゼントの中身は」と問われると、勝田氏は「プレゼントもう行く? じゃ、やろっか」「プレゼントっていうほどいい話じゃないんですけど」と述べ、野村不動産に裁量労働制の違法適用で特別指導したことを発表した。(4月5日読売新聞オンラインから一部引用 [続きを読む]
  • 救命処置の女性に「土俵下りて」、相撲協会謝罪
  • http://www.yomiuri.co.jp/national/20180404-OYT1T50190.html 市民らでつくる実行委員会などによると、4日午後2時過ぎ、多々見市長はあいさつ中、突然あおむけに倒れた。女性数人が土俵に上がり、救急隊員が駆け付けるまで、心臓マッサージなどの応急処置を実施した。場内では「女性の方は土俵から下りてください」とのアナウンスが何度か流れたという。多々見市長は病院に搬送されたが、意識はあり、会話もできる状態だとい [続きを読む]
  • “管理不全”マンション6割の衝撃
  • https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2018_0403.html?utm_int=news_contents_tokushu_002 住民による管理組合が機能せず、修繕工事など適切な管理が行われていない”管理不全”となったマンションは、老朽化が進むと劣化した外壁がはがれ落ちるなど危険があります。また、国の指針ではおおむね築12年ごとに必要とされる大規模修繕工事を10%余りのマンションが一度も行っておらず、さらに大規模修繕の計画が作られてい [続きを読む]
  • 日通の元契約社員が雇用確認求め提訴 不当な雇い止めと主張
  • https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180402/k10011388581000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_036 日本通運で働いていた都内の40歳の女性は、1年ごとに契約を更新していましたが、書類には「5年を超えて更新しない」という文言があり、その期限となる先月末で契約が終わりました。訴えによりますと、この文言は3年前に契約書に盛り込まれましたが、会社からは「書式が変わっただけだ」などと説明を受けてい [続きを読む]
  • 別の裁判官が判決文に署名…控訴審判決を破棄
  • http://www.yomiuri.co.jp/national/20180330-OYT1T50099.html 判決などによると、遺産相続を巡る裁判の控訴審で、同高裁の判決文に署名した3人の裁判官のうち1人は、同じ裁判部に所属していたが、審理に関与していなかった。民事訴訟法は審理に関与した裁判官が判決文に署名すると定めており、同小法廷は「高裁判決は違法だ」と指摘した。同高裁は「裁判官の不注意で誠に遺憾」としている。(3月30日読売新聞オンラインか [続きを読む]
  • 違約金条項の定めがある賃貸借契約と会社分割がされた場合の効力
  • 金融・商事判例1537号で紹介された事例です(最高裁平成29年12月19日決定)。 本件は,賃貸人から建物を賃借して老人ホームの運営事業を行っていた賃借人が,会社分割により当該事業を別会社に承継させましたが,賃貸人は,賃貸借契約書に規定されていた「賃貸人を実質的に変更させたとき」に該当するとして契約の解除を主張し,さらに,契約開始から15年未満で契約が解除されたときは15年年分の賃料から既払金を差 [続きを読む]
  • 阿波おどりで赤字の徳島市観光協会 破産開始決定
  • https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180329/k10011384331000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_069 市は、累積赤字を早急に解消する必要があるとして、金融機関から観光協会の債権を譲り受けたうえで、今月1日、観光協会の破産手続きの開始を徳島地方裁判所に申し立てていました。これに対し、観光協会は、もう1つの主催者の徳島新聞社が負債の半額を負担し、観光協会が黒字の事業の運営に専念すれば累積赤字は [続きを読む]
  • 銀行のミスで10万円が100万円に…返金せず有罪判決
  • https://www.asahi.com/articles/ASL3W4DZPL3WPTIL00Y.html 10万円を千円札に両替した際、銀行のミスで1万円札100枚を渡されたのに返還しなかったとして、占有離脱物横領罪に問われた大阪府東大阪市の男性被告(31)の判決が27日、大阪地裁であった。西野吾一裁判官は「行員の不注意によって誘発された偶発的犯行」と述べ、懲役1年執行猶予2年(求刑懲役1年)を言い渡した。(3月27日朝日新聞デジタルから一部引 [続きを読む]
  • 佐川氏 宣誓し署名
  • https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180327/k10011380071000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_100 佐川 前国税庁長官の証人喚問が先ほど午前9時半から、参議院予算委員会で始まりました。冒頭、金子委員長が佐川氏本人であることを確認した後、佐川氏が、「良心に従って真実を述べ、何事も隠さず、また、何事も付け加えないことを誓います」と宣誓し、宣誓書に署名、なつ印しました。(3月27日NHKニュー [続きを読む]
  • ワンセグ携帯でも受信契約義務、NHK逆転勝訴
  • http://www.yomiuri.co.jp/national/20180326-OYT1T50048.html 判決によると、原告の男性は自宅にテレビがなく、ワンセグ機能付き携帯電話を所有。放送法はNHK放送の受信設備を設置した人に受信契約の締結を義務付けている。1審判決は放送法の「設置」に携帯電話は含まれず、所有者に契約義務がないと判断したが、この日の判決は「『設置』には『携帯』の意味も含まれ、原告には受信契約の締結義務がある」と結論付けた。(3 [続きを読む]