フィガロ さん プロフィール

  •  
フィガロさん: 音風景/黄昏の後先
ハンドル名フィガロ さん
ブログタイトル音風景/黄昏の後先
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/figaro1791/
サイト紹介文夕空の月や星など黄昏時の風景の写真集です。季節の野鳥や天体写真、クラシック音楽の紹介もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2012/04/05 02:19

フィガロ さんのブログ記事

  • 秋の里山ノビタキ 2017 (4)
  • 9月末の里山ノビタキです。背景にも秋色が目立つようになってきました。ノビタキ♂の羽色がどんどん綺麗になっていくので久しぶりにデジスコで大きく写してみました。電池の充電からドットサイトの電池交換やらかなり面倒でしたが、やはりデジスコは面白いです。デジスコのカメラのメディアを確認したら2年前の「赤そばノビタキ」やカワセミがそのまま残っていたのにはびっくりしました。最初の3枚がデジスコ撮影です。このシリー [続きを読む]
  • お散歩カワセミ
  • マルチーズのウランちゃんとの散歩の余禄です。公園の池を1周する間にカワセミを発見。 現れる時間帯も毎回ほぼ同じです。そこで今回はカメラを持参して撮影することにしました。片手にウランちゃんのリードを持っているのでちょっと苦労しました。カワセミは雪景色の撮影機会があったら散歩ついでではなくて本格的な撮影をしたいですね。この池の主のコブハクチョウとのツーショット。まだ若い男の子です。 [続きを読む]
  • 秋の里山ノビタキ 2017 (3)
  • 2017年9月下旬、本格的な秋を迎えた里山のノビタキです。稲刈りの終わった田んぼにはわらぼっこが並んでいます。これから秋の花々が次々と咲いてきますね。早朝か夕方に出かけて撮影しているので、秋の日差しがより優しく感じます。赤いのはイヌタデの実(赤まんま)。 田んぼの畔が真っ赤になっています。蕎麦の花は終わって黒い実を付けています。猫じゃらしは逆光がキレイ・・・ススキも秋らしくキレイになってきました。 [続きを読む]
  • 10月11日の月
  • 昼間は秋晴れ、夕方から夜明けまでは曇りという天候が続いています。秋の空の特徴ですが、過去の記録と比較しても今年は少しやり過ぎのような気がしますね。貴重な晴れ間のお月さまです。例によってシーイングには構わずに撮影しました、撮影すること自体が結構楽しいのです。10月11日の月(月齢 21.3)2017.10.11 01:02 μ‐210+μフラットナー・レデューサー(1960mm) EOS 8000D 1/30秒X2合成 ISO100 南部のクレータ群あ [続きを読む]
  • 秋の里山ノビタキ 2017 (2)
  • 2017年9月中旬過ぎのノビタキです。蕎麦の花がちょうどキレイな畑を探しての撮影です。 この辺りは田んぼと蕎麦畑がパッチワークのように入り組んでいます。里では稲刈りが本格化してきたので、農作業の邪魔をしないように撮影は早朝か夕方になります。色温度の調整が難しいところですね。 [続きを読む]
  • 久しぶり屋上星野写真
  • 「赤そばの里」での観察会の夜は久々に透明度が良かったのです。ただちょっと疲れたので、月の沈むのを待って郊外に遠征という気にはなれなくて屋上で星野撮影をしました。試写の結果をモニター画面で見て露出オーバーと判断する悪い癖が出ています。暗いところで見るとやたらと画面が明るいんですよね。結果として露出不足で画像処理に苦労したのもいつもの通りでした。プレアデス、ヒアデス、カリフォルニア星雲2017.10.01 01: [続きを読む]
  • 秋の里山ノビタキ 2017 (1)
  • 2017年9月8日〜18日の里山です。 あちこちにパラパラと出現するようになりました。まだ蕎麦の花がキレイに残っています。例年は、白い花が枯れ始めて黒い実が目立つようになってからノビタキがやって来るのでいつもやきもきさせられるんですよね。まだ稲刈りが始まっていません。秋の花もこれからですね。 [続きを読む]
  • 秋の里山ノビタキ 2017 予告編
  • 今年は高原から早めに南に帰り始めたようです。里山での初撮影は9月8日と、いつもより1週間くらい早いですね。自宅から5分でノビタキに会える環境です。この1か月間で随分たくさん撮影したのでタイムリーな処理が出来ません。すべて車で20分以内の場所で撮影しました。この後、大好きなノビタキを何回かに分けて順次アップしていきます。秋祭りのノビタキ寒肌い日が続いた後の秋晴れの午後です。地区のお祭りでしょうか、1羽のノビ [続きを読む]
  • 9月26日の月
  • 10日も前の月です。 あまり自慢できる画像ではないのですが、最近の天候を考えると月・星の記事の更新はしばらくなさそうなのでアップしておきます。この後に月が見られたのは星の会の観察会が開かれた9月30日だけで、その日もあきれるほどのシーイングの酷さでした。9月26日の月(月齢 6.2)2017.09.26 18:26 μ‐210+μフラットナー・レデューサー(1960mm) EOS 8000D 1/30秒 ISO200南部のクレータ群2017.09.26 18:47 [続きを読む]
  • 月夜のルビー
  • 「赤そば祭り」の観察会終了後、星の会有志で「赤そばの里」に星景撮影に出かけました。ここの赤そばの品種は高嶺ルビーというんだそうです。 月光に照らされた微妙な色彩が美しいです。透明度が良くて思いのほか星が写りましたが、月が大きいので天の川は厳しかったですね。以下EOS 6D、レンズはニコンの12‐24ズームF2.8で固定撮影。カペラが昇って来ました。上下に2枚、パノラマ合成してみました。山の紅葉はまだまだ先のよう [続きを読む]
  • 赤そば祭りで星空観察会
  • 9月30日(土)待望の秋晴れの日に「すばる星の会」が開催されました。蓑輪町の有名な観光地「赤そばの里」で開かれた「赤そば祭り」での観察会です。観察会の前にお祭りの雰囲気を満喫です。17時前に「赤そばの里」を散歩、会場でお蕎麦をご馳走になったり、著名な美人シンガーによる星にちなんだ歌のコンサートに招待されたりと楽しく盛り上がりました。イベント紹介の蓑輪町ホームページ。 13日にも観察会が予定されています。 [続きを読む]
  • 最近のウランちゃん
  • マルチーズのウランちゃんが我が家にやって来て半年になります。体重が1キロもなかったのに9月初めには3.6キロに増えてしまい、ダイエット食に切り替えました。トイレの失敗が無くなったので夜もケージは開けっ放しで、ダイニング・キッチンを自由に歩き回っています。ただし、噛みついたり無駄吠えをしたときはケージで禁固刑です。我が家では「ケージ罰」と呼んでいますがこれがなかなか改善されない。雨の日以外は必ず散歩に出 [続きを読む]
  • 9月9日、13日、25日の月
  • やっと月に出会えた今夜はすでに五ケ月。9月に撮影できたのは5日間くらいでしょうか。シーイングは改善の気配無く、消去しなかったのは3日間だけです。9月9日の月(月齢17.9)2017.09.09 01:26〜 μ‐210+μフラットナー・レデューサー(1960mm) EOS 8000D 1/80秒 ISO100南北2枚合成9月13日の月(月齢21.9)2017.09.13 01:32〜 μ‐210+μフラットナー・レデューサー(1960mm) EOS 8000D 1/30秒 ISO1009月25日の月 [続きを読む]
  • さらば高原ノビタキ(1)
  • 大きな災害をもたらした台風18号が去って秋らしい空模様が戻ってきました。先週からウランちゃんの散歩コースをノビタキの通過コースに合わせるように変更しました。散歩の途中で出会う里山ノビタキの数が少しづつ増えています。しかし秋の高原の風情も捨てがたいので、9月に出かけて撮影した写真を整理してアップしておきます。秋の高原ノビタキは優しい花との競演です。アザミに似た花ですがタムラソウといいます。 オミナエシ [続きを読む]
  • 久しぶりに星の会
  • やっとこさ社会復帰が果たせたと実感しました。約1年ぶりに「すばる星の会」の観察会にスタッフとして参加できたのです。正式には「伊那谷星空観望会」、9月3日伊那市立東小学校の校庭での開催。大手地域紙2紙で告知されていたので大勢の参加が期待できました。この日は午後まで青空が広がり、今夜は間違いなく観察会が開けると誰もが考えていました。天候不順で観察会中止が続いていただけに、スタッフは張り切っていつもよりずっ [続きを読む]
  • 諏訪湖の新作花火大会
  • この夏の天候不順で、恒例の花火大会が各地で中止に追い込まれることが多かったようです。ここ諏訪湖の本大会(8月15日)も雨の中での開催で、煙に包まれた花火が不評でした。さて、少し前までは知られていなかった9月第1土曜日の新作花火大会ですが、年を追って人気が出てきて、特に今年は晴天が見込まれてかなりの人出がありました。でも本音を言えば「新作」よりもオーソドックスな定番の花火の方が好きです・・・晴れて少し風 [続きを読む]
  • さよなら クロツグミ
  • 夏真っ盛り、子連れのクロツグミを見るのが例年の楽しみでしたが、今季は天候不順で出かけるのをためらっているといつの間にか声だけになり、先月中旬には姿も見かけなくなってしまいました。これが2017年最後の写真になりそうです。可愛い幼鳥の写真が撮れなかったのが残念・・・ [続きを読む]
  • μ‐210でM57とM22
  • 今度は台風15号の接近とまだまだ悪天候が続いています。たまに晴れ間があっても星野撮影ができるほどの透明度には程遠く、月や惑星を見ればめちゃくちゃなシーイングという流れは変わりません。シーイングが悪くて月の撮影をあきらめた日に思いついて星団・星雲を撮影してみました。肉眼で3等星くらいしか見えなかったので、視野角と追尾可能かどうかの確認にとどまりました。この程度の長焦点になるとやはりシーイングの影響を受 [続きを読む]
  • 想い出のロックン・ローラー  ジェーン・バーキン
  • 久しぶりの音楽ネタです。前回はなんと1年前、「ブラジル風バッハ」でした。 リオ五輪の真っ最中でしたね。 たった1年がずっと前のような気がします。今回はジェーン・バーキンが6年ぶりの来日ということでCDを引っ張り出して聴いてみました。美人でもなく、スタイルが良いでもなく、歌が上手いとも思わないのですが、なぜか人を惹きつける魅力がある人です。そうそう、エルメスのバッグ「バーキン」が作られた時のエピソードも [続きを読む]
  • ノビタキ晩夏
  • 雨ばかりで夏も終わりそうです。やっと雨の恐れのなかった週末に高原ノビタキを撮影に出かけました。案の定、ヤナギランは終盤でしたが、てっぺんにわずかに残った花の上にとまったノビタキをかろうじて写すことができました。今は換羽期で成鳥はちょっと可哀そうな状況なので、モデルは若鳥が中心です。ヤマウドの実が熟し始めています。この実を食べ終わったら南に向かって旅立ちの季節です。そのころには冬羽に変わっているので [続きを読む]
  • 8月9日の月面 やや拡大撮影
  • 梅雨明け後も夜は全く晴れないです。たまたま8月9日は雲が多いながらも時々顔を見せる月がずいぶん明るく感じました。そこで晴れることを期待してちょっと粘ってみます。相変わらずシーイングはいまいちでしたが、明るい月面を弱拡大撮影もしてみました。8月9日の月( 月齢 17.1 )2017.08.09 22:50〜 μ‐210直焦点 (2415mm) EOS 8000D 1/100秒 ISO100 2枚をパノラマ合成欠け際の大クレータ群2017.08.09 22:58〜 μ‐210 [続きを読む]
  • ヨシゴイ 2017年
  • 瓢湖シリーズの最後はやっぱりヨシゴイで閉めます。信州の地元では探さないと会えない鳥ですが、ここでは普通に出会えます。今年は天候の関係で撮影枚数が少なかったのが残念ですが、蓮の花の中を飛び回る愛嬌のある姿に癒されました。 [続きを読む]
  • 8月6日の月
  • 迷走した台風5号もようやく峠を越えたみたいです。予報によれば「台風一過」の青空は今回も期待できそうにありません。あの抜けるような青空を見たのはいつのことだったでしょうか・・・ずいぶん久しぶりに月を見ました。薄い雲を通して時折り姿を現す月が懐かしくて?シーイングは全く考慮しないで撮影しました。8月6日の月( 月齢 14.2 )2017.08.06 23:25  μ‐210直焦点 (2415mm) EOS 6D 1/80秒 ISO100  [続きを読む]
  • 瓢湖の白い鳥
  • 夏はヨシゴイ、冬は白鳥で有名な瓢湖ですが、実は北に帰らなかった白鳥が夏でもいるのです。コハクチョウ以外にも白い鳥たちがいたのでまとめてアップします。遠くにポツンとアマサギが・・・これはコサギ左ゴイサギ、右ダイサギ。 真ん中はカルガモでした。 [続きを読む]