ニューロード さん プロフィール

  •  
ニューロードさん: 泊まりたいアジア
ハンドル名ニューロード さん
ブログタイトル泊まりたいアジア
ブログURLhttp://tomarithai.com/blog/
サイト紹介文バンコク、ホーチミン、香港、KLなどの旅行記。観光・ホテル・航空会社・グルメ・マッサージ情報満載。
自由文特にバンコクは高級ホテルから安ホテルまで130軒以上のホテル・サービスアパートに宿泊経験があり、宿泊記・レビューも充実しています。
http://tomarithai.com/hotel_review.htm
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供274回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2012/04/08 13:44

ニューロード さんのブログ記事

  • クラクラバスでウブドへ バリ島
  • バリ2日目、昨年と同様に1日チャターカーでバリ島観光をしようかとも考えていたのですが、今回はウブドに集中することにしました。 サヌールからウブドまでは結構な距離があり、メータータクシーで往復したら、料金的にはチャーターカー8時間と大差なさそう? ネットで調べると、プラマツアー(Perama Tour)という会社がシャトルバスを運行しており、料金は片道5万ルピア。 また日系のクラクラバス(Kura-Kura Bus)もウブド線が [続きを読む]
  • 関公廟(関帝廟) バリ島・デンパサール
  • ホテルにチェックイン&両替も済ませ、一息といったところですが、これからデンパサールの2ヶ所に行こうと思います。 移動で疲れているのですが、明日は一日ウブドに行くので時間ないしね。 まずはタクシーで関公廟(関帝廟)へ。 最近、中国寺院に興味があるんですよね。仏教寺院ではなく道教寺院。 タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシアで行っているのですが、香港や台湾だと興味が失せます。シンガポールも微妙なところ。 [続きを読む]
  • バリ島 サヌール南部の両替所
  • ホテルまでのタクシー代くらいはルピア現金を持っていたので、わざわざレートの悪いデンパサール空港では両替はしませんでした。 ホテルにチェックイン後、まずは両替所へ行きます。 サヌールのメインストリート、ダナウタンブリンガン通りに行けば両替屋なんていくらでもあるのですが、ホテルのあるサヌール南部には余りなさそうです。 事前にチェックしていたダナウポソ通りのディルガハユ(Dirgahayu)に行きます。 デルガハユ [続きを読む]
  • タクス サヌール ホテル バリ 旅行記・口コミ・評判
  • バリ島ではまずタクスサヌールホテル(Taksu Sanur Hotel)に2泊しました。 ジュニアスイートという部屋を予約し、料金は1泊税・サ込、朝食なしで5,552円(約49ドル)でした。 昨年、近くのメルキュールリゾートサヌールに泊まった時に良さそうだなあと目を付けていたのです。 ロケーションはサヌールビーチの南部、ダナウポソ通りからジャラン スダマラを少し入ったところ。 サヌールの繁華街・ダナウタンブリンガン通りのように [続きを読む]
  • 香港空港でのトランジット・乗り継ぎ 所要時間
  • チェンマイからのキャセイドラゴン航空機で香港に到着しました。 これから東京成田行きのキャセイパシフィック航空便に乗り継ぎます。 どこの空港でも乗り換える場合は同じですが、降機したら「トランスファー(Transfer)」のサインに従って歩いて行きます。 あれっ?もしかして・・・ バスゲートに到着しました。 ということは本館のターミナル1ではなく、離れ小島になっているノースサテライトコンコースに着いたってことです [続きを読む]
  • コーラル エグゼクティブ ラウンジ チェンマイ空港国際線
  • 旅の〆のマッサージですっきりし、香港経由で東京に戻ります。 荷物を取りにホテルへ戻ったところで、出発時刻から2時間を切っています。 ちょっと急がないと・・・ 100バーツとまあまあの料金で行ってくれる赤バス(ソンテウ)がすぐに捕まり、チェンマイ空港までも思っていたほど時間は掛かりませんでした。 チェックイン、出国審査もすぐに終わり、出発までまだ1時間15分くらいはあります。 チェンマイ空港の国際線には、プラ [続きを読む]
  • ラミン ティーハウス by サイアムセラドンでランチ チェンマイ
  • 昼食はどこにしようかな・・・ さっきのチャイナタウンというかワローロット市場の周りで食べようと思っていたのですが、ピンとくる店がなかったんですよね。 チェンマイ最後の食事だしなあ。 昼食の後、ターペー門近くで2時間マッサージを受けて、ホテルで荷物をピックアップし、空港へという予定。 ターペー通りを歩いていると、古いコロニアルスタイルの建物が目に入ります。 サイアムセラドンのショールームがあるなあと昨日 [続きを読む]
  • チェンマイの中華街 武廟(関帝廟) モン族市場
  • 続いてワローロット市場脇のクアンメーン通りです。 この通りはトローク ラオチョウ(老祖巷)とも呼ばれ、清邁唐人街、まさにチェンマイのチャイナタウンとされている所です。 武廟があります。タイ語でサーン チャオ クアン ユー、つまり関羽を祀る関帝廟です。 協天上帝というのも関聖帝君(関羽)のことです。 もうお一方の「清道祖師」は聞いたこともないけど・・・ 頭に付けている冠みたいなのに、三人の姿が描かれており、 [続きを読む]
  • マカラとトゥアモーム 仏教寺院にいる不思議な生物 チェンマイ
  • 今回のチェンマイ旅では片っ端からお寺を巡ってみました。 目的はマカラを見つけることです。 マカラ(摩伽羅魚)はインド神話のヴァルナ神の乗り物とされる怪魚・海獣で、ワニがモデルになっていると言われていますが、イルカ、サメ、象のような姿で表現されることもあります。 水の中に棲み、水を操る神とされていて、鯱(シャチホコ)もマカラが原形と言われています。屋根の上に設置される鯱・鴟尾の類は火事除けとされていま [続きを読む]
  • ワットマハーワンでトークセンマッサージ チェンマイ
  • チェンマイ初日に、ワットシースパンで30分だけトークセンマッサージをしたのですが、何か中途半端な気分が残ってしまいました。 昨日歩いている時に、ワットマハワンでもトークセンをやっているのを発見したので、やってきました。 ランプーンのワットマハーワンは有名ですが、チェンマイのワットマハーワンはあまり知名度は高くないかな。 ターペー通り沿いにマッサージ店の宣伝が出ています。アロカヤー ヌアット ペン タイ( [続きを読む]
  • ワットブッパラム チェンマイ・ターペー通り
  • チェンマイ最終日となりました。この日の夕方の便で香港経由日本へ帰国します。 まずはホテル前にあるワットブッパーラームへ行ってみます。 チェンマイのお寺は大半が入場料無料ですが、ここは20バーツ徴収されます。チケットにはForeigner Visitingと書いてあったので、外国人だけかな? ワットチェディルアンも昨年から有料になったようですし、急増する外国人観光客(主に中国人)により、色々コストが掛かるようになってきて [続きを読む]
  • チェンマイ門の屋台でナムギアオ
  • ドリアンビュッフェでドリアンをはじめフルーツを死ぬほど食べたので、もうお腹いっぱいなのですが、果物だけだと何か物足りません。 ということで、チェンマイ門周辺でやっている屋台街にやって来ました。 昨日の夕方、街歩きをしている時に屋台街があるのを見つけ目を付けていました。 先ずは餃子いってみよう。 6個入りで40バーツ。 食べるテーブルはないので、その場で立ち食い。皮はカリッとして良かったのですが、中の餡 [続きを読む]
  • チェンマイ・シンクパークでドリアンビュッフェ
  • 夜はニマンヘミン通りのシンクパークでやっているドリアンビュッフェに行こうと思います。 チェンマイ空港の受託手荷物を受け取るターンテーブルのところに宣伝があったんですよ。 確か主催は商務省国内貿易局(DIT)だったと思います。 ホテルから赤バス(ソンテウ)に乗り、リンカム交差点に到着。 まずはMAYA(メーヤー)ショッピングセンターで下着のパンツを探します。 無事パンツも買えまして、道を渡ってシンクパークへ。 [続きを読む]
  • 水尾聖娘廟 清邁海南會館 チェンマイ
  • 昼食の後は水尾聖娘廟兼チェンマイ海南會舘に行きます。 最近、中国寺院(道教寺院)によく行っているのですが、その中でも海南系が気になるのです。 バンコクでは昭應廟に以前行ったことがありますし、今回の旅でもホーチミンシティの瓊府會館(海南天后廟)、バンコクの水尾聖娘廟に行きました。 そう言えば、今朝は海南チキンライス(カオマンガイ)も食べていました。 タイの華人は潮州系が過半を占めており、次に客家系で第3 [続きを読む]
  • カオソーイ イスラム チェンマイ
  • ホテルにチェックイン後、まずは昼食。 チェンマイなどタイ北部の名物料理の一つ、カオソーイを食べようと思います。 ナイトバザールが開催されるチャンクラン通りから少し入ったところにあるカオソーイ イスラムというお店。ホテルから歩いて行ける距離です。 路地に入りますと、イスラム教のモスク「王和清真寺(バーン・ホー=ホー族の家)」があります。 この路地はイスラム教の教義に則ったハラル料理の食堂も目立ちます。 [続きを読む]
  • バン チャン トン ホテル チェンマイ 旅行記・口コミ・評判
  • チェンマイ2日目はバーン チャーン トーン(Ban Chang Tong)に宿泊しました。タイ語で金の象の家という意味です。 デラックスという部屋を予約し、料金は1泊税・サ・朝食込で2,400バーツ(7,628円)。 私が泊まったのは雨季の7月ですが、11〜4月の乾季になると2割くらいは高くなると思います。 立地はターペー門とナワラット橋を結ぶターペー通り沿い、ワットブッパーラームの前にあります。 ターペー門まで徒歩7〜8分、ナイトバ [続きを読む]