ニューロード さん プロフィール

  •  
ニューロードさん: 泊まりたいアジア
ハンドル名ニューロード さん
ブログタイトル泊まりたいアジア
ブログURLhttp://tomarithai.com/blog/
サイト紹介文バンコク、ホーチミン、香港、KLなどの旅行記。観光・ホテル・航空会社・グルメ・マッサージ情報満載。
自由文特にバンコクは高級ホテルから安ホテルまで140軒以上のホテル・サービスアパートに宿泊経験があり、宿泊記・レビューも充実しています。
http://tomarithai.com/hotel_review.htm
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供262回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2012/04/08 13:44

ニューロード さんのブログ記事

  • 包公宮 包青天を祀るトランの中国寺院 
  • カンタンからトランに戻って来まして、トランタウン観光の続きです。 また中国寺院(道教寺院)に行きます。 これから行く包公宮はトラン駅の裏手にあるのですが、駅・線路の向こう側には、北or南どららから行くにも数百メートル歩いて回り込まないと行けません。 日差しが強く、かなり暑くなってきたので、きついです。 途中に出てきた仏教寺院のワット マットニムプーム。 プラ・サンカチャーイです。なんか「金くれ」って言わ [続きを読む]
  • かつては栄えていたカンタンの古い街並み トラン県
  • 昼食を終えたところで、トランへ帰る列車の出発までまだ40分ほど時間があるので、街歩きをしてみます。 カンタンはトラン川の河口に開けた港町で、かつてはここがトランの中心でした。 しかし洪水が多いということで、トランの中心は現在のトランタウンに移された歴史があります。 ですので、トランの町の守護神を祀る柱、ラックムアン(市の柱)はカンタン郡内にあります。 またトラン沖に浮かぶムック島、クラダン島、リボン島 [続きを読む]
  • 豪華なあんかけ麺 ラートナー スーパー トラン県カンタン
  • カンタンに来たならこれを食うべしみたいな名物料理が「ラートナー・スーパー」です。 ラートナーはあんかけ麺ですが、ラートナー スーパーとは何ぞや? 私も今一つ定義が分からないのですが、「スーパー」と付いているだけに、通常より豪華な具が乗っているラートナーなのかな。 カンタンではロークンとコーキアというレストランがラートナースーパーで有名らしく、2軒はすぐ近くで営業しています。 特に理由もなく、バイクタク [続きを読む]
  • タイ国鉄でレトロな駅舎のカンタン駅へ
  • トランタウンの街歩きをいったん終了し、ホテルに戻ってチェックアウトします。 この後は、トランから10:36発の167番快速列車に乗ってカンタン(Kantang)という町に行きます。 脱線・遅延など評判のよろしくないタイ国鉄なので、実際は何時に来るかなあ。駅でずっと待つのも嫌だし。 この列車は前日の18:30にバンコク・フアランポーン駅発、16時間も掛けて来るのに遅れないはずがないですよね。 それでも15分前には駅に行きまし [続きを読む]
  • トランタウンの古い街並みと剣獅
  • トランは華人の多い街としても知られています。 プーケットと同じく、錫鉱山の労働者として福建系を中心に多くの華人がマレーシア・ペナンから移住して来ました。 名物料理のムーヤーン(豚のロースト)などの焼味は広東系が得意ですから、広東系華人も結構いるようです。 また1914年にタイ国鉄の開通によりバンコクと繋がったことで、タイ華人の過半を占める潮州系も流入してきた歴史があります。 私は古いショップハウス(町家 [続きを読む]
  • トランのナイトマーケット
  • トランに到着後、シートランホテルにチェックイン出来たのが20時頃、すぐにナイトマーケットへ夕食に向かいます。 トラン市内(トランタウン)には2ヶ所のナイトマーケットがあるようです。 一つがこれから行くタラート・センターポイント(タラート・タノン・ルーンロムとも呼ばれます)。タイ語でタラートは市場、タノンは道路・通りの意味です。 もう一つがトラン駅前の広場で週末の金土日のみ開催されるタラート・チャーンチ [続きを読む]
  • シートランホテル トラン市内 旅行記・口コミ・評判
  • トランタウンではシートランホテル(Sri Trang Hotel)に宿泊しました。シートランはなく、スリ トラン ホテルと書いているサイトが大半だと思います。 スタンダード・シングルルームという部屋を予約、料金は1泊税・サ込、朝食なしで2,093円(620バーツ)。 地方都市ですので、郊外の一部のリゾートは別にして市内中心部にたいしたホテルはありません。街で一番大規模なのがタムリン タナ ホテル。 私はこちらのバーン ブッサバ [続きを読む]
  • バンコク・ドンムアン空港 手荷物預かり所移転
  • 台北からバンコク・ドンムアン空港に到着したのですが、そのままタイ南部のトランへ向かいます。 トランは1泊だけだし、行動するのに邪魔になるのでスーツケースは空港内のラゲッジストレージサービスに預けて行こうと思います。 ドンムアン空港の手荷物預かり所は、ターミナル1(国際線ターミナル)の到着階1階と出発階3階にあるということだったのですが、見当たりません。 インフォメーションカウンターで聞いてみると、ターミ [続きを読む]
  • ノックスクート 台北・バンコク線XW181 旅行記・口コミ・評判
  • 高雄→台南→台北と周って来て、ここで台湾とは別れ、タイ・バンコクへ向かいます。 利用したのはノックスクートXW181便。朝9:40発なので、ホテルを6:30頃にチェックアウト、MRT桃園機場捷運で桃園空港・ターミナル1に到着。 出発の約2時間前でしたが、少し行列になっていました。 出発の3時間前にチェックインカウンターがオープン、1時間前に締め切りとなります。チェックイン業務はエバー航空の職員が請け負っていました。 意 [続きを読む]
  • 老牌牛肉拉麺大王で牛肉麺 台北・城中市場
  • ホテルにチェックインして、近くの老牌牛肉拉麵大王へ夕食第一弾に行きます。 この日は夕食の後、夜市にも行き、計2回食べようと考えていました。 1月で小雨が降っているので、台北といえどもかなり肌寒いです。 しかも小雨だったのが、本格的に降り出してきた。急がないと。 漢口街一段から細い路地を入って行きます。重慶南路から漢口街で右折し、左手に最初に出てきた路地、マッサージ店と工事現場の間でした。 こんな先に本 [続きを読む]
  • ホテルリラックスV リラックス5 台北 旅行記・口コミ・評判
  • 台北ではホテルリラックスV(旅楽序精品旅館5館)に宿泊しました。 スタンダードダブルルームという部屋を予約、料金は1泊税・サ込、朝食なしで6,127円(約1,673元)。 翌日朝早く桃園空港へ向かうので、台北駅の近くで安めのホテルにしました。 ロケーションは台北駅の南西、Z10出口から徒歩2分、以前泊まったことがあるシ―ユーホテル(現 サンライズビジネスホテル)の2軒隣です。 Z10出口から数メートルは屋根がないですが、 [続きを読む]
  • 台湾高鐵 台湾新幹線で乗り間違い チケットはどうなる?
  • 台南は1泊だけだったので、時間的に充分とは言えませんでしたが、いつかまた来ようと再訪を決意し、台北へ向かいます。 台北へは台湾高鐵(台湾新幹線/HSR)を利用するのですが、チケットはKKdayというサイトにて20%オフで購入しました。 台湾高鐵のウェブサイトでも28日前から購入出来まして、乗車5日前迄の早期割引ですと10/20/35%割引があります。 但し、全ての列車が割引になるわけではないですし、運良く35%割引があったとし [続きを読む]
  • 森茂碗粿でワーグイ 台南の名物料理
  • ホテルをチェックアウトし、台北に向かうのですが、その前に荷物を預けて昼食にします。 これが台南最後の食事なので、やはり名物料理の蝦仁飯を食べたいんですよね。 集品蝦仁飯と矮仔成蝦仁飯が有名なのですが、どちらも立地的に少し遠いので却下、昨晩赤嵌楼の近くで発見した「明卿」も評判良さそうなので、こちらにします。 店に着いたら、開いていませんでした。なんと月曜日は定休日。 仕方ないので、これまた台南名物の一 [続きを読む]
  • 周氏蝦捲でエビ巻 台南の名物料理
  • 安平では周氏蝦捲でエビ巻きを食べる予定です。 街歩きの後、開店時間の9:30になったので、お店に向かっていると、前に10人位の団体が歩いています。 彼・彼女らも開店時間を狙って周氏蝦捲に行くのか? 先に行かれたら時間が掛かりそうで嫌だなあと思い、速足で抜いていきます。 よしよし。 ただ私の努力は全く意味なしで、彼・彼女らが周氏蝦捲に入ってくることはありませんでした。 やって来たのは延平老街にも近い、安平路に [続きを読む]
  • 台南・安平のノスタルジックな街並みと剣獅
  • 台南は1泊だけで台北に移動するのですが、今日の予定はどうしようかな。 安平区に行くのは決めているのですが・・・ 朝早めに出て安平へ行き、昼前に帰ってきて、ホテルをチェックアウトするか、ゆっくり朝10時頃にチェックアウトしてから安平に行くか。 結局、朝7時頃ホテルを出て、バスで安平に向かいました。 台南駅から2番のバスに乗り、安平古堡(安北路)の一つ手前のバス停「フィッシャーマンビレッジ(漁民村)」で降りま [続きを読む]
  • 本物?度小月担仔麺 擔仔麵 台南
  • 台南では名物料理の一つ、擔仔麵(担仔麺)も食べたいと思っていました。 一番の有名店「度小月」は台北・永康街の支店で食べた印象があまり良くなかったのですが、発祥の地である台南では違うかも?なんて期待もありました。 どうせなら本店で食べたいと思っていましたが、ホテルからはちょっと歩くんですよね。 もういいかと思っていたのですが、赤崁樓のすぐそばに支店を発見。 歩くのも疲れたし、わざわざタクシーに乗ってい [続きを読む]
  • 夜の神農街を散歩 台南観光
  • 赤嵌樓の次は神農街まで歩いていきます。 神農街の名前は、突き当りにある薬王廟に祀られている医薬と農業の神様「神農大帝(薬王大帝)」が由来となっています。日本統治時代は北勢街と呼ばれていました。 海安路の神農街入口に到着しました。 インスタ映えする有名な観光スポットなので、さすがに観光客が結構いますな。 古い町家(ショップハウス)が立ち並び、レトロ・ノスタルジックな雰囲気と形容されますが、築200年という [続きを読む]