106 さん プロフィール

  •  
106さん: 撮るだけ撮ったら腹ごしらえ
ハンドル名106 さん
ブログタイトル撮るだけ撮ったら腹ごしらえ
ブログURLhttp://106season2.blog15.fc2.com/
サイト紹介文建物マニアの建築散歩や美味しかったものを写真で紹介してます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供271回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2012/04/07 19:30

106 さんのブログ記事

  • 杉並建築散歩
  • 荻窪から北西に移動。現地に着くまで現存するのか、期待と不安が入り乱れるお隣が更地になっていたが、この家は健在で一安心更に進むとビストロ・オヂ(末光邸)近年までレストランとして営業していました南下してS邸K邸これは遠藤新の設計か?と思ったら違うそうですこの辺りは古くていい住宅が多く残っているもしかしたら新しいのかな?バスで駅まで移動見学会以来図書館のカフェで小休止して再稼働洋館付き住宅?南阿佐ヶ谷方面 [続きを読む]
  • 代々木上原建築散歩#03
  • 便宜上、代々木上原建築散歩としましたが、最初に紹介するのは豪徳寺の家下見板張りに、何度もペンキを塗り直して大切に使ってるのが伝わります東北沢に移動。最初に訪ねた家は建て替えられてましたこの写真では分からないが、玄関周りが趣あっていい以前に紹介した家も健在こちらも以前紹介した家。今回立ち寄りませんでしたが、健在である事を祈るこんな家に遭遇すると、周囲にまだまだありそうでならない今回、最も見たかった旧 [続きを読む]
  • 豊島区立鈴木信太郎記念館
  • 傾斜地にあって、見上げなければ家がある事に気づかずに通り過ぎてしまう東大教授であった鈴木信太郎邸が、記念館としてオープンしたオープンほやほやで無料。今なら、ほぼ貸し切り撮り放題旧朝香宮邸のものより広い書斎自身でデザインしたステンドグラスが、5枚はめ込まれています。 [続きを読む]
  • 東京都庭園美術館 アールデコの館 #05
  • 撮影自由なので、ついつい行ってしまいました実に3年半ぶり美しいモザイクタイル普通は保護のために何か敷いたりするのだけど、ここは剥き出しなのが凄い同じ写真ばかりだが、アップしておく改修後は非公開になっていた3階部分消防法がネックになっていたらしく、人数制限付きですが、以前のように見学可能になりました会期は6月12日まで和館も見逃しなく [続きを読む]
  • 京都駅
  • 帰りの新幹線までは中途半端に時間があって、駅内探索とした一番上かな〜と思った場所から、まだ上があって、予想してたよりかなり大きいそれなりに展望を楽しめる山田守の京都タワー武田五一の関西電力京都支店屋上庭園時間潰しにしては疲れました [続きを読む]
  • 大山崎ツアー
  • 集合時刻には時間があったので、駅周辺を探索銅板建築があるなんて洋館付き住宅でしょうか初めて大山崎に来た時も気になった洋館ツアーは定刻にスタートまずは国宝妙喜庵(待庵)。正直暗くて、あまりよく見えない ^^; (撮影禁止)府境の小川側道を歩く。案内されないと、まず歩く事はないルート昨年見学した聴竹居通常非公開の閑室で昼食宝積寺にある秀吉出世石宝積寺閻魔堂の前列2体は、ボストン美術館で展示された事もあるそ [続きを読む]
  • 辻商店
  • こちらも昨年見てますが、側面は見てなかったちょっと意外商品の展示販売もしていて、営業時間なら気軽に入れます撮影は遠慮しましたが、期待を裏切らない内装でした [続きを読む]
  • 京都芸術センター
  • 廃校になった明倫小学校の校舎が転用されてます昨年も前を通ってますが、早朝にて入れませんでした講堂和室「明倫」かつての小学校に、こんな部屋があった事に驚いたが、78畳の畳敷き格天井の大広間まであるそんな事は知らずに帰ってしまったエナジーチャージ人気店だったみたいで、ちょっと遅かったら入れなかったもう少し見て帰る事にした校内にあるスロープはまるで星薬科大学だこんないい校舎なら、転用してでも残す事に納得 [続きを読む]
  • 紫織庵 川崎家住宅
  • 去年たまたま見つけたものの休館日そして今回も、たまたま通って去年のあそこか?とでも入館料800円と割と高いので躊躇する何か呼び寄せるものを感じた入って右手に現れた洋室何と洋館部分の設計は武田五一客は私だけで貸し切りだったので、色々と説明していただいた茶室そして2階の洋室勿論ほとんどが和室なのだが、見逃しがちなのが大きな窓ガラス当時高価な歪んだガラスが、ふんだんに使われている祇園祭の山鉾巡行を見るた [続きを読む]
  • 京都府庁旧本館#02
  • 一旦はスルーして中庭に出たものの、階段は見ておきたい観桜祭で人が多くて、館内の撮影には不向きかと思ってましたが支障が出るほどの混みようでは無かったでも、正庁はイベント会場となっていてチラ見しただけ他は普通に見れました。これは旧知事室旧議場天候に恵まれたけど、ちょっと暑かったかな [続きを読む]
  • 京都府庁旧本館
  • 何度か京都へは行ってるのですが、なかなか公開日に日程調整できてなかったたまたまですが、観桜祭中庭中央のしだれ桜は、見頃を過ぎてました他にも桜はあったわけで、それなりに楽しめた桜はオマケであって、じっくり見て廻る [続きを読む]
  • 京都建築散歩#08
  • 今年初の京都、最初の目的地が見えましたまさかの改修工事中4/4から営業だそうです。残念次の予定地へ向かう入れなかったら、ここにしようと思っていた喫茶店どう見ても、やってませんね途方に暮れて歩く知らない物件に遭遇するもダメージは大きいこの日のメインに近づいて、止む終えず蕎麦屋で昼食 [続きを読む]
  • 湘南茅ヶ崎の家
  • 1967年、吉村順三ゴルフクラブのゲストハウスとして竣工した建物が残っている今は個人邸として相応しい人が住んでる何年か前に、別件の見学会でゲスト講演した人だ自邸の事は何も言ってなかったので、当時は気に留めてなかった中に入れるでも無く、場所も場所ですが、勢いで来てしまった気になる中の様子はこちらのサイトで見る事が出来ますCMにも使われています [続きを読む]
  • 北鎌倉 宝庵
  • 北鎌倉の浄智寺へは何度か行ってますが、その先が今回の目的地これが入口山口文象設計の茶室「常安軒」中に入るには予約が必要なので、利用客の入れ替わりの際にチラ見そして隣にある茶室「夢窓庵」は、吉野太夫の茶席、高台寺遺芳庵(京都)の左右反転コピーこちらもチラ見イベントや利用料金はこちらのサイトで確認できます浄智寺ぐらいは寄っても良かったのですが、鎌倉はここだけ見て帰りました [続きを読む]
  • 蟻鱒鳶ル#03
  • 見学会から1年ぶりの訪問1階の床も制作途中今まで気がつかなかったのが「あり?とんびる」と書かれてますここは再開発地区。周囲の建物も解体準備作業中でした完成前に曳家する事になりそうです [続きを読む]
  • 文房堂ビル
  • この手の都内の建物は、制覇したつもりでした入りたい喫茶がこの辺にあるはずなんだけど、、、ここの2階だったと後で気付くまあ予定してた古本屋は休業日だったので、またの機会に入ってみるとする [続きを読む]
  • 台東区 鶴の湯
  • 目的の場所に近づいたら、み〜っけとばかりに写真を撮りだした絶滅危惧の銭湯。現役で残ってるのは、それなりに魅力があるからだと思う鶴の湯って名の銭湯は多いみたいで、これは台東区の鶴の湯近くには看板建築もありましたまだありそうでも脱線はそこそこに廃墟の写真展う〜ん、魅力はありますが私には生きた建築ほど萌えなかった [続きを読む]
  • 本郷建築散歩
  • ここ本郷に旧東京市営真砂町住宅が残ってるというまだ歩いた事のない路地へと進む近年の住宅もある中、それとは明らかに違うそして、もう一軒残ってるのは、この2軒のみ裏側に回ってみる。かなり起伏の激しい土地だこの辺りは金田一京助、春彦、樋口一葉旧居跡本郷は著名人の旧居跡が多いが、何も残ってない適当に歩いていたら、秩父セメント創業者の旧諸井恒平邸へ出た今回は寄らなかったが、隣の文京ふるさと歴史館も見所の一つ [続きを読む]