トモコ さん プロフィール

  •  
トモコさん: 増酉戌亥
ハンドル名トモコ さん
ブログタイトル増酉戌亥
ブログURLhttp://feltriinui.cocolog-nifty.com
サイト紹介文フェルト作家・トモコのブログ。 布のフェルトでイラスト、似顔絵、絵本、小物など手広く作ってます。
自由文新米フェルト作家です。
といっても他の方とはひと味違う、昔なつかしい布のフェルトを使って絵日記やフェルトまんだらなどを描いています。
旅行と酒、大相撲観戦が趣味の私のサイト、「かわいい」「オシャレ」「メルヘン」などとは無縁の世界で彩られていますが、みなさまにクスリ、と笑っていただけたら幸せです。今は「いっぱい遊んで、いっぱい描く」
をスローガンにがんばっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/04/08 12:09

トモコ さんのブログ記事

  • 寂しいお知らせ
  • 拙ブログ「増酉戌亥」、PC版のトップページを大の字で飾ってくれているのが甥っ子・こうたのペットであるキンクマハムスター:ハム太郎(を模倣して私が作った握りキンクマ人形)。私の愛してやまぬハム太郎が今朝、永眠いたしました。2年前、大阪・難波のペットショップへ赴ききなこもちのような風貌、目をつむりながらえさをパクつくいやしさにひとめぼれ、彼を奈良に連れ帰ったのは何を隠そうこの私。老衰とはいえ、寂しくて悲 [続きを読む]
  • フェルト賀状 「ワンワワン!」
  • みなさま、明けましておめでとうございます。2018年が晴れ晴れと始まりました。昨年は干支の酉にあやかり高い空へと大きく飛翔するはずがなんのなんの、意を決して飛び立ったもののぬかるみに着地、もがもがもがいているうちに羽も体も泥まみれ、失意のまま終わった一年。・・・しかし。酉年も終わり、尾長のように尾を引くつもりはさらさらなし。干支にあやかりついで、私・負け犬トモコが気分一新、来たる2018年に希望と [続きを読む]
  • フェルトはん 「追われ追われて」
  • ややや。あと10日あまりで今年も終わりじゃないですか!年末恒例の「今年の漢字」。2017年を表わす一文字は「北」に決定したそうですが、みなさま個人の「今年の一文字」はいかがでしたでしょうか?僭越ながら私・トモコ、年の前半は6月のフランス・イタリア旅行にむけシャンパーニュについて猛勉強したりラジオのフランス語講座を聞き始めたり、そして旅そのものはハプニングに見舞われつつも最高に最高に最高に楽しい旅と [続きを読む]
  • 遊刊 ホメイニ 第14号 「白バラ牛乳」
  • ありゃま。気がつけば前回の更新から早や20日、その間暴力沙汰の横綱・日馬富士は責任を取って引退、M-1グランプリではとろサーモンが優勝、「THE W」女芸人№1決定戦の初代クイーンに輝いたのはゆりやんレトリィバァ、野村沙知代氏 逝去などなど大小さまざまのニュースが世間を賑わしておりました。好角家及びお笑い好きの私・トモコ、常ならばネタの大量放出にウハウハ、すかさず作品を制作、ここで発表しているはずが沈黙 [続きを読む]
  • 遊刊 ホメイニ 第13号 「監獄のお姫さま」
  • 一年を締めくくる大相撲 九州場所。序盤 さあこれから、という時に発覚した日馬富士暴行事件。鳥取県警による事情聴取、そして貴乃花親方の聴取拒否と事態は二転三転、(エーイ、そんな波瀾は望んでな〜い!)好角家が望むのはあくまで土俵上の波瀾。かと思えば横綱・稀勢の里は5つも金星を献上した後休場、さらには単独首位の横綱・白鵬が初黒星で軍配にいちゃもんつけるという土俵上でも横綱らしからぬチンケな騒動が勃発。( [続きを読む]
  • 遊刊 ホメイニ 第12号 「MiSURA」
  • ごぶさたでございます。秋もいよいよ深まり澄んだ空の下には稲刈りの済んだ田んぼ、色づいた木々、尻尾を回し回し辺りを巡視中のモズ。(ア〜、どっか行きたい!) 旅情を刺激されますねえ。ブログ更新が滞っていたのは欲望にまかせあちらこちらへ旅していたからかというとなにがなにが。私、日々の労働と雑務に追われ疲弊しきっておりました。(やってられっか!) 恨みつらみの毎日。でもしかし。いや待てよ。つらい時こそ心に余 [続きを読む]
  • フェルトまんだら 「台風襲来!鳥取・岩井温泉」 その8
  • 午後7時。市内で働くひろこ叔母とスーパーのイオンで待ち合わせ、晩は智頭町の祖母の家に泊めてもらう予定です。晩酌のアテを買おうと食料品売場をうろつきましたが台風のせいで鳥取での楽しみのゆでイカ、豆腐ぢくわなど目ぼしいものは何もなし。仕方なく助六にしんこ巻き、お寿司をしょぼしょぼと買い(海の幸、ゼロ! なんでやねん)さっさと家に帰ることにしました。*ちなみに鳥取市のイオン、酒売り場が大変広く、品揃えも [続きを読む]
  • フェルトまんだら 「台風襲来!鳥取・岩井温泉」 その7
  • ほろ酔いで中島酒店を出るとポツリポツリと降り出した雨。台風め、いよいよ来なすったか。定刻に来たバスに乗り岩美駅で下車するとな、な、なんと。JR山陰本線の列車はすでに全便運休。ヒエ〜!慌てふためき本日二度目の観光案内所に駆け込んだところ30分後のバスで鳥取駅まで行けることがわかりひと安心。・・・それはそれでよかったものの。いかにもの観光客が駅で下車すれば列車に乗ることぐらい誰でも分かる。JR運休の情報は [続きを読む]
  • フェルトまんだら 「台風襲来!鳥取・岩井温泉」 その6
  • あ〜、いい湯でした。これで疲労回復、便秘解消、ヒステリーも治まってポンコツからようやく真人間に戻れたかんじ。美しい庭園を眺めながら珈琲をいただき外へ出るとどんくさい台風め、今だ四国あたりでのろのろしていてこちらでは雨風ともに問題なし。せっかくなのでバスが出るまでの小一時間、辺りをうろついてみることにしました。まず立ち寄ったのは共同浴場である「ゆかむり温泉」。駐車場に展示された歴史絵巻や彫刻などを見 [続きを読む]
  • フェルトまんだら 「台風襲来!鳥取・岩井温泉」 その5
  • 奇習「湯かむり」で知られる岩井温泉。ところで 「湯かむり」とは何ぞや?お答えしましょう。「湯かむり」とは、頭に手ぬぐいをのせ柄杓で湯をかぶる岩井温泉独特の風習。湯治の退屈をなぐさめるためとも少しでも長く湯に浸かり効能にあやかるためともいわれますがこれに欠かせないのが 「湯かむり唄」。「岩井八景づくし」「芸題づくし」「忠臣蔵づくし」などがありいずれも数え唄で長いものはなんと100番まであるそうな。効能 [続きを読む]
  • フェルトまんだら 「台風襲来!鳥取・岩井温泉」 その4
  • 山陰最古の湯・岩井温泉。その起源は平安時代にまで遡り・・・関白の孫・藤原冬久が旅の途中ひどい皮膚病にかかり苦しんでいたところ薬師如来に似た女人と遭遇、女人に教わるまま湧き出る湯を浴びたところたちまち元の美しい肌に戻ったそうな。その後岩井の里に住み着いた冬久はあちこちに温泉を掘り、病に悩む人々を救ったそうな。ハア、なんちゅうめげらしい。というのが岩井温泉のはじまり。そしてここ岩井屋は鳥取では隋一の「 [続きを読む]
  • フェルトまんだら 「台風襲来!鳥取・岩井温泉」 その3
  • 午前11時40分、岩美駅到着。最高の展開に気分上々、駅前の観光案内所で情報を集めほっとひと息ついたところで気がついた。(ハッ、カメラを忘れた!)初めて訪ねる岩井温泉、浴場の撮影は無理でもやっぱり写真は撮りたいもの。あああ〜、バカバカ。私のバカ!一気にしょげかえっているとん?これは? カバンの底から見覚えのあるポーチ。(アッ、カメラがあった!)気分は再び有頂天、朝から焦ったり喜んだり怒ったり、まだ雨 [続きを読む]
  • フェルトまんだら 「台風襲来!鳥取・岩井温泉」 その2
  • どんより静まりきった日曜日。午前8時、日本交通高速バス鳥取行きはJR難波駅を予定通り発車いたしました。それにしても。奈良の最寄駅から難波へ向かう電車も阪神高速、中国自動車道もガ〜ラガラったらガ〜ラガラ。ま、そりゃそうか。台風が来るとわかっていてUSJに、ゴルフに、河原へ芋煮会に行くパッパラパーがどこにいる?かくして連休を実家で過ごそうと帰省中の鳥取人とパーはパーでもズブ濡れ上等、確信犯・トモコを乗せた [続きを読む]
  • フェルトまんだら 「台風襲来!鳥取・岩井温泉」 その1
  • まだ記憶に新しい台風18号。よりにもよって9月の三連休めがけて日本上陸、各地に大雨を降らせ大きな被害をもたらした憎いあんちきしょう。(三連休にはあれもしたいこれもしたい)あれこれ夢想していたのに台風のせいで台無し、予定が狂ってイライラした方も多かったのではないでしょうか。実は私もその一人。めざすは奇習「湯かむり」で知られる鳥取県は岩井温泉。数年前に存在を知りずっと憧れていたかの地、爽やかな秋空の下 [続きを読む]
  • フェルトまんが 「はるうさん」
  • 大相撲秋場所。白鵬、鶴竜、稀勢の里の三横綱はじめ?安、宇良、碧山、おお照ノ富士よ、お前もかということで(大関陥落、お気の毒です)7人の横綱・大関のうち5人が休場。全然盛り上がらないんだろうなあ、見る気もしないと思いきや連日の満員御礼。ありがたや、相撲ブームという感じですね。こんなチャンスは二度とない、単独でトップを走る大関・豪栄道にはがっちり二度目の優勝を決めてほしいものです。さて先週の連休、日々 [続きを読む]
  • フェルト日記 「帰ってきたよ!」
  • 連休&台風真っ只中の列島のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。本日私、飲酒感想フェルト絵師・トモコがお送りしますのは飲んだお酒から浮かんだイメージを独断と偏見でフェルト絵に仕立てた「飲酒感想フェルト絵」。開けましたるシャンパンは「MAILLY GRAND CRU (マイィ・グラン・クリュ)」のブリュット・レゼルヴです。ここでウンチクをひとつ。シャンパンのラベルをじっくり見ると下のほうにコチョコチョ並ぶアルファベッ [続きを読む]
  • フェルトはん 「弾岩?弾顔?」
  • やりました!桐生 祥秀選手、男子100メートル走で日本人初の9秒台!いやあ、やってくれましたね。ライバルの多田、サニブラウン、ケンブリッジ選手らが記録を伸ばすなか一番9秒台に遠いダークホース的存在だと思っていた彼の大快挙、いや、失礼いたしました。ご本人のおっしゃるとおり「9秒台で走って初めて世界のトップ選手たちと勝負できるスタートラインに立てた。」ここからが本当の勝負、桐生選手のみならず彼に刺激を [続きを読む]