トモコ さん プロフィール

  •  
トモコさん: 増酉戌亥
ハンドル名トモコ さん
ブログタイトル増酉戌亥
ブログURLhttp://feltriinui.cocolog-nifty.com
サイト紹介文フェルト作家・トモコのブログ。 布のフェルトでイラスト、似顔絵、絵本、小物など手広く作ってます。
自由文新米フェルト作家です。
といっても他の方とはひと味違う、昔なつかしい布のフェルトを使って絵日記やフェルトまんだらなどを描いています。
旅行と酒、大相撲観戦が趣味の私のサイト、「かわいい」「オシャレ」「メルヘン」などとは無縁の世界で彩られていますが、みなさまにクスリ、と笑っていただけたら幸せです。今は「いっぱい遊んで、いっぱい描く」
をスローガンにがんばっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2012/04/08 12:09

トモコ さんのブログ記事

  • フェルトまんだら 「台風襲来!鳥取・岩井温泉」 その4
  • 山陰最古の湯・岩井温泉。その起源は平安時代にまで遡り・・・関白の孫・藤原冬久が旅の途中ひどい皮膚病にかかり苦しんでいたところ薬師如来に似た女人と遭遇、女人に教わるまま湧き出る湯を浴びたところたちまち元の美しい肌に戻ったそうな。その後岩井の里に住み着いた冬久はあちこちに温泉を掘り、病に悩む人々を救ったそうな。ハア、なんちゅうめげらしい。というのが岩井温泉のはじまり。そしてここ岩井屋は鳥取では隋一の「 [続きを読む]
  • フェルトまんだら 「台風襲来!鳥取・岩井温泉」 その3
  • 午前11時40分、岩美駅到着。最高の展開に気分上々、駅前の観光案内所で情報を集めほっとひと息ついたところで気がついた。(ハッ、カメラを忘れた!)初めて訪ねる岩井温泉、浴場の撮影は無理でもやっぱり写真は撮りたいもの。あああ〜、バカバカ。私のバカ!一気にしょげかえっているとん?これは? カバンの底から見覚えのあるポーチ。(アッ、カメラがあった!)気分は再び有頂天、朝から焦ったり喜んだり怒ったり、まだ雨 [続きを読む]
  • フェルトまんだら 「台風襲来!鳥取・岩井温泉」 その2
  • どんより静まりきった日曜日。午前8時、日本交通高速バス鳥取行きはJR難波駅を予定通り発車いたしました。それにしても。奈良の最寄駅から難波へ向かう電車も阪神高速、中国自動車道もガ〜ラガラったらガ〜ラガラ。ま、そりゃそうか。台風が来るとわかっていてUSJに、ゴルフに、河原へ芋煮会に行くパッパラパーがどこにいる?かくして連休を実家で過ごそうと帰省中の鳥取人とパーはパーでもズブ濡れ上等、確信犯・トモコを乗せた [続きを読む]
  • フェルトまんだら 「台風襲来!鳥取・岩井温泉」 その1
  • まだ記憶に新しい台風18号。よりにもよって9月の三連休めがけて日本上陸、各地に大雨を降らせ大きな被害をもたらした憎いあんちきしょう。(三連休にはあれもしたいこれもしたい)あれこれ夢想していたのに台風のせいで台無し、予定が狂ってイライラした方も多かったのではないでしょうか。実は私もその一人。めざすは奇習「湯かむり」で知られる鳥取県は岩井温泉。数年前に存在を知りずっと憧れていたかの地、爽やかな秋空の下 [続きを読む]
  • フェルトまんが 「はるうさん」
  • 大相撲秋場所。白鵬、鶴竜、稀勢の里の三横綱はじめ?安、宇良、碧山、おお照ノ富士よ、お前もかということで(大関陥落、お気の毒です)7人の横綱・大関のうち5人が休場。全然盛り上がらないんだろうなあ、見る気もしないと思いきや連日の満員御礼。ありがたや、相撲ブームという感じですね。こんなチャンスは二度とない、単独でトップを走る大関・豪栄道にはがっちり二度目の優勝を決めてほしいものです。さて先週の連休、日々 [続きを読む]
  • フェルト日記 「帰ってきたよ!」
  • 連休&台風真っ只中の列島のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。本日私、飲酒感想フェルト絵師・トモコがお送りしますのは飲んだお酒から浮かんだイメージを独断と偏見でフェルト絵に仕立てた「飲酒感想フェルト絵」。開けましたるシャンパンは「MAILLY GRAND CRU (マイィ・グラン・クリュ)」のブリュット・レゼルヴです。ここでウンチクをひとつ。シャンパンのラベルをじっくり見ると下のほうにコチョコチョ並ぶアルファベッ [続きを読む]
  • フェルトはん 「弾岩?弾顔?」
  • やりました!桐生 祥秀選手、男子100メートル走で日本人初の9秒台!いやあ、やってくれましたね。ライバルの多田、サニブラウン、ケンブリッジ選手らが記録を伸ばすなか一番9秒台に遠いダークホース的存在だと思っていた彼の大快挙、いや、失礼いたしました。ご本人のおっしゃるとおり「9秒台で走って初めて世界のトップ選手たちと勝負できるスタートラインに立てた。」ここからが本当の勝負、桐生選手のみならず彼に刺激を [続きを読む]