匿名 さん プロフィール

  •  
匿名さん: 消しゴムを拾って
ハンドル名匿名 さん
ブログタイトル消しゴムを拾って
ブログURLhttps://ameblo.jp/takayasuhiro/
サイト紹介文高校・大学・そして社会人へ……。生活などについて書いてあるだけです。
自由文過去に扱ったことのあるのは、ノベルゲーム。そして、手話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供236回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2012/04/09 09:33

匿名 さんのブログ記事

  • このブログの終わりに
  • 2013年くらいだっただろうか、このブログを始めたのは。個人のブログなんていうのをインターネット上に更新していっても観覧者といったものは基本的につかないものだと思っていた。しかしながら、5年間を通すと数人の方からのコメントがあったのも驚きだった。 未熟というよりは世間を、人間を何も知らない頃の僕の記録。そして青春時代を殆ど無駄に過ごした僕の記録。 そして大学生になって最後に苦しんだ記録。馬鹿だなぁ。振 [続きを読む]
  • 春の切り替わり
  • 2月の末。2月の27日に、季節は春へと移り変わった。未だに風が吹くと肌寒いような感覚はあるけれど、太陽が出れば温かい日差しが射してくる。なるほど、寒いというのはどうやら2月いっぱいまでで終了するらしい。僕は相変わらずスキルも伸びず、技術も伸びず、学習も思うように進まない自分に苛立つ日々を送っている。 どうやれば器用に生きられるのだろうか、などと考えてもそんなものは大部分が才能といわれるところである [続きを読む]
  • 思い出の整理
  • 三月にもうすぐなる。大阪に居る期間としてはもう一カ月も残っていない。そして、大学に在籍している期間としては一ヵ月どころか更に短いはずだ。 思い出も沢山出来たし、それを形にした思い出の品者達も沢山ある。それらを整理した。 東京に持っていくべきかどうか。過去は振り替えらない、どころか、僕はもっと振り返るタイプである。やはり全部持っていこうか。1kのあの部屋にそんなに入るのかは不安だけれど。 [続きを読む]
  • 仮面ライダーアマゾンズ 変身するとは
  • ひょんなことからアマゾンのプライム会員に舞い戻り少しながら暇つぶしに映画を見ようとしていた時にこの作品に出合った。 これは昭和の仮面ライダーアマゾンをリブートしたものらしい。食人という、人類三大タブーがテーマになっており、主人公やその人間関係を織りなす人物が非常に魅力的な作品だった。どんなに高尚な作品と言われてようと、どれだけ大人向けだといわれてようと、どれだけ評判が好かろうと、悪かろうと、自分 [続きを読む]
  • 苛立ち
  • 友達がいないのは協調性のない証拠なんだと思う。イジメられる人間には虐められるだけの理由があるという言葉を昔僕は良く分からなかった。 正直虐められはした。日本でも現在虐められる子供とイジメる子供の関係図は変わっていないだろう。僕が現在22歳になっているという事は、10年遡っても12歳だ。だから、もうその頃の僕は手遅れだった。 イジメられる人間には虐められるだけの理由がある。理由とまではいかなくても、もし [続きを読む]
  • タイピングスキル
  • タイピングスキル 僕が就職する会社は普通のIT会社だ。就職活動する時点で、僕は自分が就職する会社はIT会社だと定めていた。それがなぜなのかはさておき、就職したあと部署によってやる内容はばらばらだが、実際IT会社に就職するに際して準備しておかないといけない……というか基盤となるスキルはタイピングスキルなのではないだろうか。 これまで何度もタイピングに関しては修正を重ねてきた。中学生時代は人差し指でタイピ [続きを読む]
  • 動画スキル 2018年2月16日
  • 朝三時ごろに目が覚めた。確かにこの日は早く起きなくてはならなかったが、それでも三時に起きる必要はなかった。いつもならば布団の中でもう少し眠っても良かったのだろうが、脚に激痛が走った。同時にビリビリビリと衣服を引き裂くような音が鳴った。脚が痛い。 感覚としては針金に引っかかったような感覚。脚は明確な痛みをもって僕にうったえかけてきた。 「布団の中に何かが居る」 僕は足が引き裂かれたその部分へと手を伸ばし [続きを読む]
  • 後輩たち 2018年2月13日
  • 卒業論文を提出したのはかなり前の話になる。ゼミ生は三人で、先生と一対一で面談し、卒業論文を完成させた。一年間を通して相談した結果の大作?だったが、意外にも提出はあっさりしていた。それから一か月ほど経ったこの2月13日。卒業論文の諮問というのが存在する。諮問とは、卒業論文を読んだうえで、先生2人と面談することである。それが卒業論文認証までの最後の関門となるわけだ。 僕は控室で待機していた。流石に一ヵ月 [続きを読む]
  • カラオケ大会 2018年2月11日
  • カラオケというのはあんまり得意ではない。なんでだろうか。たぶんこれは経験値に関係しているのだと思われる。僕は学生時代カラオケに行った経験が数えるほどしかなかった。 幼少の頃に言ったことはあったが、その幼少時の僕は曲の2番?Bメロが流れると分からなくなるのでカラオケで中途半端なまま曲の終了をしなけばならないのだ。それはいやだった。 中学に入ってから安物の音楽プレーヤーをクラスメイトからもらい受けた。そ [続きを読む]
  • 新しいブログ
  • 高校生から大学4年生までを書き連ねてきた。書き連ねてきたが、そろそろこのブログから引っ越したいと思う。理由としてはちょっと公開しづらいことと、社会人としてまた心機一転するためである。 そして、昨日新しいブログを開設した。アメーバブログからライブドアブログに変えてみた。なるほど。中々こちらも自由は効くようだし、編集もしやすい。 ここからまた、人生を刻んでいけるだろうか。学生時代とは違って、終わり [続きを読む]
  • ラブホテルについて
  • 今日この頃、ラブホテルについて調べる機会があった。ここにもメモ書きのような感覚で書き残しておくとする。 まずあるサイトによると大学生でラブホテルを利用したことのある男性は30%くらいらしい。そして、またあるサイトによると高校生までにラブホテルを利用したことのある女性は70%くらいらしい。変な話だ。 そして、僕はラブホテルに行ったことは無い。かつてない。女性の知り合いを通して話だけは聞いたことがあったが、 [続きを読む]
  • 来年度からのお金について
  • 来年度からのお金について今日なんとなく計算した。僕の入る企業は正直そこまで大きい企業というわけではない。だから僕はいわゆる普通のサラリーマンになるわけだ。自分がサラリーマンなどという響きを背負った存在になることに未だに現実感はない。普通のサラリーマンの手取りは17万円前後と言われている。僕はまさにそれに当てはまるようだった。 給料はもろもろ惹かれた状態で僕の手元に入ってくるのだ。それは手取りであ [続きを読む]
  • 手話おもしろゼミナール
  • 「手話おもしろゼミナール」みんなの手話で2015年度くらいから出来たコーナー……だったような気がする。那須さんが素敵な手話で色んな手話にまつわる知識について解説してくれる。三宅さんも納得した感じに良い感じの事を言ってくれる。実際手話単語や表現を学んで会話だけ出来る、という人にとっても、中々に面白いコーナーである。2017年放送のものを見ながら打った。漏れや省略部分はあるが、そこは無賃の趣味の範囲なのでお許 [続きを読む]
  • きっと成長したんじゃないかと思える
  • ネガティブな時には少しでもポジティブになれたらなと思う。あまり1つのことを僕は続けたことはないが、それでも少しの経験上、始めたことは続けた方が間違いなく良い。ゲームとか、正直その媒体上でしか効果を発揮できないようなものはどうかわからないが、筋トレとか日記とか、振り返ればなにか蓄積するものがあるものはとてもいいと思う。「継続は力なり」これだけは数あることわざの中でも信じている。 このブログはなん [続きを読む]
  • 能力がない人間
  • それは昔からだったのか、いつからかは分からないけれど自分にすっかり自信が無くなってしまったのはまさに自分が「能力がない人間」だと気づいてしまったからだろうと思う。 昔の僕はそれこそ、幼稚園くらいのときまでは集団の中に入らなかったけれど、運動会があったり、子供で集まったりをするたびに発達が遅い事を指摘されたり、駆けっこで全く勝てなかったりした。地域で必ずどっぢボールクラブに入らなくてはならなかっ [続きを読む]
  • どんどん進む月日 2/6
  • 昨日の予定は会議だけだった。滞っていた会社からのスクーリング課題にもようやっと手を付ける。この内容は思えば高校の数学で手を出して半ばあきらめた内容だったがゆえになんとか良く進めることが出来たが加法となると少し理解が追いつかない。なんでこんなに勉強効率が落ちてしまっているのか。僕はどっちかというとこういう分野の方が得意だったような気がするが、最近は簡単んでまとめたり話したり身振りだったり、本能 [続きを読む]
  • 久しぶりだけども 2/5
  • 一月末からあわただしい日々を送ってきた僕だったが栃木から帰ってきてようやっと少しばかり、余裕のある日々が戻りつつある。 そんなわけで今日は久しぶりに大学の手話サークルに参加した。人数は驚くほど少なかった。それはリマインドをしてなかったから変則的な活動時間に部員がついていけなかったのではないか、と予想しているが……。 あっという間に一日は終わってしまった。今日はそれしかしていないのに、気付いたら [続きを読む]
  • 栃木県鬼怒川温泉その2 2/4
  • 僕は朝五時に目が覚めた。意図していたわけではないけれど、前日夜の会話で 「五時くらいに起こしてくれ」 と言われていたからだろうか。僕は危機感を感じているときに早く起きる体質だったが最近は自身が無くなっていたので、良い傾向である。 ただ、「起こしてくれ」と言った男自体が起こしても起きなかったので僕はひとりで温泉に行くことにした。鬼怒川温泉、人生初の鬼怒川温泉である。 因みに旅館「あさや」の鬼怒川温泉 [続きを読む]
  • 栃木県鬼怒川温泉 2/3
  • 定期的に覚醒したり覚醒しなかったりした。僕は何度も起きた。そして寝た。東京の片隅にある彼のアパートはとある企業の社宅であるが、あんまり豪華とは言えずどちらというと控えめだった。そして空調はあんまり聞いていなかったので寒かったのである。 人間は寝ると、時折身体が熱くなったりもするものだが、あれはどういった現象なのだろうか。こんなときにこそ熱くなってほしいものであるが……。 起床し、準備を済ませて、も [続きを読む]
  • 東京 2/2
  • 東京に住宅探しに来てから2日目。1日目の夜は父親の会社の事務所の鍵を車の左タイヤから拝借して、そのカギで見知らぬマンションに入って位置やを過ごした。全く知らない部屋ではあったが、過ごし心地は悪くない。1Kマンションとはいっても僕の生活するスペースとして恐らく申し分ない程度の広さということなのだろう。 朝起きてみると3時だった。あまり寝付けなかった。しかしながら寝心地自体は悪くない。僕は関東かつ、今自 [続きを読む]
  • 家を探してやってきたこの土地へ 2/1
  • またこの場所にやってきた。東京。相変わらずなぜかエスカレーターの乗る場所が左右逆で、電車の乗り方に自信がなくなるような人々がごったがえした土地である。 またしてもここに来たのは家を探しに来たからだ。ここまでやって卒業できなかったらどうしよう。後戻りはもうできないところまで来てしまった。どうか、卒業できますように……などということを願う時点で間違っているのだが。何とかするしかない。 思えば最近博 [続きを読む]
  • 引っ越し
  • 学生を終えるにあたって、引っ越しをするが、ブログごと引っ越そうと考えている。これからは社会人、色々と変わることも出てくるだろう。消すようなことはしないが、新たにリスタートしたいから、ブログごと引っ越すのだ。『消しゴムを拾って』は『さよならを教えて』の音の感じを拾って適当につけた名前だった。今度はどんな名前にしよう。薄暗いけど、少し希望が持てるような名前が良いな。 [続きを読む]
  • サークルにおける手話表現の違和感 1/28
  • 毎月の手話サークル運営も終わりが近づいている。僕の運営しているサークルでは毎回レベル別講座なるものがあり、参加者の学びたいレベルに合わせて、参加できる講座を選択できるシステムがとられている。 種類は三種類だ。レベル①か、レベル②か、レベル③。今回僕が担当したのはレベル②だった。進行速度は比較的遅く、情報保障もしながら進むタイプの講座である。 取り扱ったのはろう者の手話特有表現。NHK「みんなの手話 [続きを読む]
  • 僕の人生は
  • 僕の人生は七転八倒。恵まれた家庭に居たはずなのだが、少なくとも財政的に恵まれた家庭に居たはずなのだが、どうしても僕という人間が愚かなせいで、僕という人間の人生に迷惑をかけている。 僕という人間の人生は間違いなく自分のものなのだが、それを判断してきたのは僕なのであり、瞬間瞬間の責任は僕にある。 これまで愚かな選択たちの責任はその時々の僕にあり、それはすなわちその選択たちの総体が僕を形作っている。 [続きを読む]