ゼロ旅人 さん プロフィール

  •  
ゼロ旅人さん: 峠へ
ハンドル名ゼロ旅人 さん
ブログタイトル峠へ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/shigemi-fukuda
サイト紹介文峠であつくはしったきおくです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/04/08 23:39

ゼロ旅人 さんのブログ記事

  • 艦上戦に似たり。
  • 峠での戦闘は艦上戦に似た闘いであったよう。旧式の戦闘機で迎え撃つは新型の装備を備えた一級品。こちらはABSを効かせるのはつま先ひとつです。ひとまとめに30機を撃墜した日もありました。空母に着艦するころにはもうふらふらです。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 台風でも登る
  • 台風がくるというさなかでも峠に登りました。当然、誰もいないとおもったら、何台か登ってきていました。いれかわりたちかわり、少数のクルマが来ては下っていきました。駐車場で立ち話をすることもなくギャラリーもなく、自動販売機で缶コーヒーを買って、何本か滑って帰りました。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • クロ弾号
  • 黒い弾丸ことクロ弾号です。近年、老子の教えで道について学んでおります。峠の道については、剣の道と通じるがごとくその道を極めるためには、相当な精神力と覚悟がいります。火の玉のごとくペンライトを窓からかざしながらドリフトを決めるという芸当はLAPくんぐらいでしょう。ペンライトがなければ86の4台くらいでワンメイクレースをしているのをまじかでみました。当然くだりです。そのくだりは連続急カーブで5つくらい連 [続きを読む]
  • フルバケットシート
  • クルマにフルバケットシートを装着して4点ベルト締り、フルフェイスのヘルメットとレーシング用のグローブをして大学の駐車場に入っていくと行く人々から見られて、女子からドライブに連れてってくださいと言われても峠にいくことはありません。海岸線をながしたあとはレストランでチョコパフェを食べます。砂浜でゆっくりと夕日を眺めてから帰路につきました。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 激アツの一騎打ち
  • 峠においてもストリートにおいても一騎打ちというと最近、張飛と呂布の激アツの一騎打ちを思い出します。はじめてのバトルはスターレット(フルノーマル)VSマーチでの海岸線バトルでした。山での第二戦としてはスターレット(フルチューン)VSスカイラインRSターボで五分五分の激アツ一騎打ちでしたね。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • パワースライド
  • 4ピニのデフが入ったので雨の日に喜びいさんで、山にのぼります。あえて、フロントのタイヤはポテンザでリアはファルケンでした。コーナーでアクセルを入れると具合がよく曲がってくれます。パワースライドというやつです。えんじんも86と同じ140馬力なので、マンセルわざです。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 今日も峠へのぼる
  • 今日も峠へのぼります。そんな毎日を過ごした日々は、いわゆる自己研磨であり、走りを極めるマスターするためのマスターによる、マスターのための修練でした。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • ギャグはからっきしの3級品
  • 峠へ出向いて3年の月日がたちほぼほぼ、ドライビングのテクも一級品に近づいてきた今日この頃電動シートも一級品にしました。ただ残念なのはギャグがからっきしの3級品だったということです。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • チューニング
  • 私のチューニングをしていたころは大学のチャペルでおんていを調整するチューニングをおこなっていました。また峠では足回りの調整やタイヤのグリップの調整など、スペアタイヤと入れ替えたりと大忙しの毎日でした。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 2TGカリーナ
  • 雪山で2TGのカリーナでスタッドレスをはかせ走りに行った日にはFRにしてバランスよく面白く楽しい走りができました。サスとショックはかたくないほうがいいですね。かたいとカウンターおつりがたいへんで止まりません。ノーマルタイヤだと何度もスピンしましたが、それもありません。おもえば最高の一台でした。土屋くんが雪道で100キロ出したと聞いたとき納得しました。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 左足ブレーキング
  • 通常は右足でアクセルとブレーキを踏むのでしょう。峠のアクセルとブレーキングワークで左足ブレーキングをしたことがありました。当初とてもこわかったのですが、慣れて来ると意外と早く走れるようになるモノですね。試してはいかがでしょう。オートマでもマニュアルでも同じように出来ました。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • オイルショックとガスショック
  • オイルショックとしては沈んでコーナーを抜けるまで沈んだままなので私は跳ねると言われても、ガスショックにしていました。サスも直巻で前後のバランスをかんがえて入れていたので走りやすく、コーナーからコーナーまでジャンプしたり飛んだり跳ねたりして楽しい時を過ごしました。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 常連さん
  • 常連さんという響きはいつも来ている人ととらえれば、すでに私も常連さんであったに違いありません。正しく、美しく、清くがモットーです。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • FF最速の男
  • ミッドシップが安定してオートマでドライブと2速を操るつわものもいれば、FR最速のLAPくんもいれば、4駆の林道仕様で早い人も人生いろいろの中で今回はFFにクローズアップします。デフもはいっているため、コーナーの立ち上りが早く、後輪が浮き上がる感じでしたが、総合で順位は1位でした。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • アクセル踏んでないのに加速した3コーナー目
  • その日は晴れていた。ドライグリップで軽快に走行をしていたが、何レップか目の下り3コーナー目でアクセルが放しても戻らず、加速していった。その瞬間にどうしたかというと、ブレーキをかけつつエンジンを切った。かろうじて山の斜面に激突を逃れ停止した。ハザードを上げてボンネットを開けるとワイヤーがひっかかていた。そこで火の玉くんが登場。火の玉くんはワイヤーを軽やかに引っ張りウェーバーの引っ掛かりを直してくれま [続きを読む]
  • 垂直降下による射撃で撃墜
  • 峠道ではアップダウンが激しい坂道でかつ連続急カーブを走っていると前の車を串刺しにしている状態は、まるでグラマンを零戦が垂直降下で射撃しているような感覚でした。軽いボディの自車に前をいく重い車は下りで撃墜されても仕方のないことですね。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]