ゼロ旅人 さん プロフィール

  •  
ゼロ旅人さん: 峠へ
ハンドル名ゼロ旅人 さん
ブログタイトル峠へ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/shigemi-fukuda
サイト紹介文峠であつくはしったきおくです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/04/08 23:39

ゼロ旅人 さんのブログ記事

  • 今日も峠へのぼる
  • 今日も峠へのぼります。そんな毎日を過ごした日々は、いわゆる自己研磨であり、走りを極めるマスターするためのマスターによる、マスターのための修練でした。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • ギャグはからっきしの3級品
  • 峠へ出向いて3年の月日がたちほぼほぼ、ドライビングのテクも一級品に近づいてきた今日この頃電動シートも一級品にしました。ただ残念なのはギャグがからっきしの3級品だったということです。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • チューニング
  • 私のチューニングをしていたころは大学のチャペルでおんていを調整するチューニングをおこなっていました。また峠では足回りの調整やタイヤのグリップの調整など、スペアタイヤと入れ替えたりと大忙しの毎日でした。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 2TGカリーナ
  • 雪山で2TGのカリーナでスタッドレスをはかせ走りに行った日にはFRにしてバランスよく面白く楽しい走りができました。サスとショックはかたくないほうがいいですね。かたいとカウンターおつりがたいへんで止まりません。ノーマルタイヤだと何度もスピンしましたが、それもありません。おもえば最高の一台でした。土屋くんが雪道で100キロ出したと聞いたとき納得しました。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 左足ブレーキング
  • 通常は右足でアクセルとブレーキを踏むのでしょう。峠のアクセルとブレーキングワークで左足ブレーキングをしたことがありました。当初とてもこわかったのですが、慣れて来ると意外と早く走れるようになるモノですね。試してはいかがでしょう。オートマでもマニュアルでも同じように出来ました。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • オイルショックとガスショック
  • オイルショックとしては沈んでコーナーを抜けるまで沈んだままなので私は跳ねると言われても、ガスショックにしていました。サスも直巻で前後のバランスをかんがえて入れていたので走りやすく、コーナーからコーナーまでジャンプしたり飛んだり跳ねたりして楽しい時を過ごしました。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 常連さん
  • 常連さんという響きはいつも来ている人ととらえれば、すでに私も常連さんであったに違いありません。正しく、美しく、清くがモットーです。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • FF最速の男
  • ミッドシップが安定してオートマでドライブと2速を操るつわものもいれば、FR最速のLAPくんもいれば、4駆の林道仕様で早い人も人生いろいろの中で今回はFFにクローズアップします。デフもはいっているため、コーナーの立ち上りが早く、後輪が浮き上がる感じでしたが、総合で順位は1位でした。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • アクセル踏んでないのに加速した3コーナー目
  • その日は晴れていた。ドライグリップで軽快に走行をしていたが、何レップか目の下り3コーナー目でアクセルが放しても戻らず、加速していった。その瞬間にどうしたかというと、ブレーキをかけつつエンジンを切った。かろうじて山の斜面に激突を逃れ停止した。ハザードを上げてボンネットを開けるとワイヤーがひっかかていた。そこで火の玉くんが登場。火の玉くんはワイヤーを軽やかに引っ張りウェーバーの引っ掛かりを直してくれま [続きを読む]
  • 垂直降下による射撃で撃墜
  • 峠道ではアップダウンが激しい坂道でかつ連続急カーブを走っていると前の車を串刺しにしている状態は、まるでグラマンを零戦が垂直降下で射撃しているような感覚でした。軽いボディの自車に前をいく重い車は下りで撃墜されても仕方のないことですね。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • FR最速の男
  • FRで最速の男といえばハチロクのたくみくんが一番早かったですね。スターレットのフルチューンでも負けてしまいました。ラップは0.38だったと思います。ゼロ三八君とも呼ばれるようになりました。記憶でいくと総合3位だったと思います。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 走り屋もどきもどきもどき
  • 走り屋さんのなかでも、もどきと、もどきもどきと、もどき×3がいて、かろうじて、もどき×2に浮上するころには、ちんちらをダッシュボードに乗せたり、座席にブルーシーツを張ったりしてました。そして、3年の月日がたったころには、ロールバーが入っていたりフルバケットシートであったり、エンジンルームもブルーのヘットカバーがついていたりと変貌を遂げ、エイシン発モスグリーンのつわものをしのぐフルフルチューンしては [続きを読む]
  • 滝のように流れる大雨
  • 山の斜面から滝のように大雨で流れてくるコーナー部の溝では溝おとしで走ると水柱もひとしおです。この時期はよく降るたびに登っていました。湿気がすごかったとき霧で視界が見えないときや大雨で前が見え辛くても道を覚えていることは強みでしたね。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • おしがけした日々
  • おしがけとは車のエンジンを人力で押すことによってエンジンをかけることです。当時、赤いミラージュ戦闘機に乗っていたころバッテリーが上がり、セルがまわないので一人で車をおして助走をかけて飛び乗りしたあと2速にギアをいれてクラッチをつなぎエンジンをかけていました。百道で大破するまでよくおしがけを慣行しておりました。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • ヒールアンドトー
  • ヒールアンドトーでコーナーリング時の減速が原則とするならば加速する原則としては高回転の領域を守ることにあり10000回転から先が勝負下着ということですね。やはりヒールで踏まれることの喜びは踏まれた者にしかわからないでしょう。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • スピードの限界に挑戦
  • ドライでもウエットでもスピードの限界に挑戦しました。オーバースピードでコーナーに進入すると立ち上がりが遅くなるというラインどりの研究のためにオプションビデオを見て勉強しました。また当時プロストくんもエンジンの調整に余念がありませんでした。変わらないのにね。いまとなっては普通に走っていても限界のスピードを法定速度に合わせているために超スローモーしょんで事故も起こりませんね。人気ブログランキングへにほ [続きを読む]
  • ソアラVSスープラ
  • よく昔に彼女を作りたかったらソアラを買えだとかいいよりました。パンパン言わせては、やれパワー、パワーと言い放しつつ、マフラーにホースを突っ込み「いいや〜」「まだぜ〜」とかいいながら満タンになったら、一気にエンジンをかけてはマフラー内にたまっていた水が噴射される仕組みです。スタンドのみんなで「あんなことしたらマフラーが腐ってしまうのに」と言いつつ忠告も致しませんでした。そして高校の教師がスープラを買 [続きを読む]
  • なんばしよ〜と〜とか
  • だれマット〜と〜とか言いつつセブンイレブンのまえでブルーバードでオコエがけした選手は私でした。その後はスターレットに乗り換えて雪の山に登りにいきました。フロートした状態でハンドルをきる腕はタコの状態です。何本か走ったあとは頭のてっぺんからもりもりのゆでダコです。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • ナンパして峠へ
  • 無線で連絡をとりあいながら、3台くらいでたまたまスタンドを出発したころ、前のパチンコ屋に4人の子がいました。うち2人を私の車に乗せてあとの2台にひとりづつ乗っていきました。峠に向かってドライブし通常の走りはしませんでした。無線で連絡をとりつつ、峠でかくれんぼしていたら1台の人がトラブルを起こして女の子が、峠の道を車から降りて歩いてきたので、乗せてあげました。もう一台の友人と2台で4人を送っていきま [続きを読む]