さくら さん プロフィール

  •  
さくらさん: 言葉の花びら
ハンドル名さくら さん
ブログタイトル言葉の花びら
ブログURLhttp://satoyamanotsuki.blog.fc2.com/
サイト紹介文「子育ては人生の華(花)だった。」と言った父の言葉。私も三人のわが子に、そして孫へと伝え残したい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2012/04/09 14:58

さくら さんのブログ記事

  • 〜 月の夜の物語 〜
  • 今から一週間前の朝に、お嫁さんから送られてきたメールを抜粋しました!!「お母さん、おはようございます☆寒くなってきましたね☆ 少し前、職場や通勤車内で変な風邪が流行っていましたから心配していました☆そして、先日のスーパームーンを見ましたか? 明るかったですね!!ベランダで本を読めそうなくらいの明るさでした(゜-゜)ひろさんは(息子)月明かりで影絵遊びをしていましたよ今日送った月は昨晩の月ですが、あまりに [続きを読む]
  • 「だって・・人間だもの」と!
  • 義弟が入院している病院へ行った時 、その病室へ入って来られた看護師さんが、義弟の反対側のベッドに横たわっていらっしゃる患者さんにたずねられた言葉に、私は何か違和感を覚えてしまいました。「〇〇さん、検査へ行きますからね。歩いて行きますか? それとも、ストレッチャーを用意しましょうか? どちらでもいいですから〜」と!!歩きでなければストレッチャー 車椅子はと、思っていると・・少しの間があってから「歩いて [続きを読む]
  • もしも晴れていたなら!
  • 〜 ここは、横浜の三溪園です☆ 〜久しぶりに会った友人Sさんと三溪園へ訪れた日は、残念なことに一日中曇っていましたが、静かにゆく秋の美しさに、私たちは心を寄せて過ごしてきました!!三溪園は、明治時代末から大正時代にかけて製紙・生糸貿易で財をなした、横浜の実業家原三渓(本名 富太郎)さんが造り上げられた日本庭園で、平成19【2007】年に国の名勝地に指定されて、庭園全域も文化財として位置づけられたそう [続きを読む]
  • 夕べ心に・・そして、明日も明後日も・・
  • 今週の日曜日に、私は少し遠い町まで出かけて来ました☆ここは 時折 訪れる静かな町で とても ぬくもりを覚える町なのです☆もしかしたら 「また写して来たの!! 代わり映えしないのにね☆」と、とこちゃんに言われるかも知れない夕陽を受けた木の葉の美しさと 町の人々の心を映しているような川の流れを 写してきました☆私が川に架かる小さな橋を渡って 遠い先に見える車を確認して・・いつだって余裕をもって横断歩道を [続きを読む]
  • ああ〜こんなにも美しくて !!
  • 12月に入ってすぐに、天気予報ではもう師走の頃の寒さになると聞きましたが、どんなに寒くても、ここ小さな町には雪が降る日はとても少なくなりました☆小さな町にあっても、一体・・どれ程の木々の色があるのでしょうか〜晩秋の〜師走の空にあって〜落葉樹の葉が散ってゆくまでの、色染めて移り変わっていく美しさを・・そして・・晴れていたならいつだって見えるこの空の青さが、たとえ代わり映えしなくても・私は、ここに残さ [続きを読む]
  • 秋・降るがごとく!
  • 昨日は一日中、やらなければいけない(成し遂げたい!)ことに気持を傾けていると、裏通りの階段を上がって行ったところに住んでいらっしゃるKさんが早朝から、そして昼も…夕暮れ時も代々から住んでいらっしゃる広大なお庭に落ちる、落ち葉を掃く音が聞こえてきました☆Kさんのお家は階段を上がって行ったところにあるので、お家の木々の葉っぱが裏通りに落ちるのを気にかけて、下に降りて来られて落ち葉掃除をしてくださる時が [続きを読む]
  • あの頃が懐かしい☆
  • 〜 いつも大相撲観戦を楽しみにしていた父が今も元気でいたなら 〜こんなにもゴチャゴチャになってしまった大相撲の、観戦をするかしら?と思うほど、ことの騒動が収まる気配が見えないですね。この問題とは少しずれてしまうかも知れませんが・・最近の横綱・白鵬はいつも決まったように、格下の対戦相手に張り手をしているけれど〜格下の方は、決して横綱に張り手などしない!と言うよりも、そのような失礼な手を使うことなど出 [続きを読む]
  • 北風吹く寒空に舞う心
  • 昨日は一日中雲一つない青空が広がっていましたが、冷たい風が吹き荒れていて・・買い物途中の公園で見たさくらの木々の葉っぱが必死になってしがみついていたけれど、振り落とされて、落とされたそばから舞い上がっていましたさくらの木には、もう翌年咲く花の蕾がついているので、葉は命を燃やして散ってゆくように見えました昨日〜今日〜明日〜今・・私は心が押し潰されそうな出来事があるけれど成し遂げたい夢があるので、混ざ [続きを読む]
  • 秋色の空の下で
  • 〜 一昨日は草を食む仲間たちとランチしてきました♪ 〜私たち3人は、干支は草食系で草を食(は)む仲間たちですけれど、肉でも魚でも何でもよく食べて おまけによく笑う3人組です もちろん、大声で笑うわけではなくて、時には哀しいことがあっても支え合ってきて、いつもコロコロと笑っている仲間たちです☆数年前に、デパートでの食事の後に休憩所に坐ってコロコロ笑っていた時は、見知らぬ方から声を掛けられたことがあり [続きを読む]
  • 柿の実熟れる頃
  • 昨年は孫のYちゃん達が舞台に立つ中学校の合唱際へ行きましたが、今年は中学二年生のAちゃんが頑張っている姿を、長女と一緒に見て来ました♪昨年も抱いた気持ちを、今年も・・☆☆それは、私が3人の我が子の合唱際を聞きに、それぞれの学年の友人たちと行った日から、今は孫の合唱際を長女と一緒に聞くことになった長い年月の流れです☆各学年のクラスごとに課題曲と自由曲の熱唱が終わったあとに、全生徒と教職員による審査に [続きを読む]
  • <芸術祭十月歌舞伎>へ行った日のこと☆
  • 10月の中旬に、私は次女と=芸術祭十月大歌舞伎=を観に行きました!開演と同時に とても神秘的な音楽につつまれていく〜神秘的で重厚と思えたのは、ジャンベなどアフリカ系の太鼓やブラジルのスルド、中東のサントゥール、そしてスチールパン等々、インドの楽器はタブラくらいで、メインは鍵盤系の打楽器木琴や鉄琴といったシロフォン系の楽器など(基本的には弦楽器を用いずに!)20〜30もの種類が使われていたそうで、そ [続きを読む]
  • Kちゃん、少し早過ぎですけれど・お誕生日おめでとう☆
  • 10月の最終土曜日に、千葉に住んでいる息子夫婦の家に行ってきました!「お母さんたちが来る時は何も作って来なくてもいいからね☆」と、共働きしている息子からメールがきていましたが・・「お母さんが来る時に、作ってきてほしいものがあるのだけれど・・☆ それは、長いこと忘れていた・お母さんが作っていたぼた餅・を不意に思い出して、食べたくなったので頼んでもいいかな?」と言うおねだりに、私は喜んで応えてあげるこ [続きを読む]
  • 「あばよ!」と言って、手を振って♪
  • ☆ ある日私は、電車の中で3才ぐらいの男のお子さんと、素敵なパパに出会いました☆    とても心に残った男の子とは、 僅か一駅だけの触れ合いでしかなかったのですが・・☆遠出していた私が帰りの電車に乗った時、殆ど人が乗っていなかったので3人掛けの端に座って荷物の一つは自分の膝の上に載せて置き、もう一つは隣の座席に置かせてもらって混雑してきたら両方とも膝に載せる積りでいたのですが、長い道中の途中から私は [続きを読む]
  • 私が見たのは玄葉光一郎さんの涙でしたが☆
  • 民進党の玄葉光一郎元外相は<希望の党>第1次公認候補発表を終えた記者会見の席で、公認に漏れた<民進党系>の方々や、その在り方に納得できなくて、自ら離れて行かれた嘗ての同士への思いから「非常に心苦しい」とお顔を歪めて堪えていらっしゃったのですが、やがて涙がこぼれ落ちてこられたので、私は思わずもらい泣きしてしまいました。福島県の地元支援者らとの会合の席で、ご自分は公認を受けずに無所属を選ぶ理由を説明さ [続きを読む]
  • ☆この町が懐かしい☆
  • 先週の土曜日に「お母さん、俺だけど」と、いつものように「俺」と名乗る息子から電話がきて「今、綺麗な月が見えてるよ〜!お母さんも見た?」と嬉しそうに話してから「月曜日にそっちへご飯食べに行ってもいいかな?今回は、一人で行くからKちゃん(お嫁さん)が好きな料理もお土産に作ってね」と、話していました☆そして月曜日・息子は「電車で向かうのでお昼頃になる」と言ったのに、車で9時半ごろに来てしまったのです(>_ [続きを読む]
  • 久しぶりに次女とランチへ行った日に。
  • 〜 当日の第一目的は、上野の東京美術館・ボストンの至宝展を観に行くことでしたが、多忙な  次女から久しぶりに ランチを御馳走してもらいました♪ 〜早めに着いてゆっくり観て回った後は、お寿司屋さんで一時間待つことも厭わない(*^_^*)「お母さん、たくさん食べてね!」と言って、次々に注文してくれるのは嬉しいけれど〜これ以上太ってはいけないので、我慢しなくてはいけません(=_=)母と子と(娘と)・・・美術館へ行 [続きを読む]
  • <希望>という言葉が泣いているような気がして
  • 〜 何十回となく迎えた10月の空だけれども 〜 衆院選を前にして、私は毎日新聞のインタビューに答えられた細川元首相の記事が目に留まりました。「小池百合子東京都知事が代表を務める希望の党について=安倍政権を倒す=倒幕が始まるのかと思っていたら、応仁の乱みたいにぐちゃぐちゃになってきた。希望の党の公認を巡っては、リベラル勢力や首相経験者を選別することに排除の論理を振り回して公認するのに踏み絵を踏ませる [続きを読む]
  • いつも仲良しでいてくれて・ありがとう☆
  • 〜 よこちゃん・お誕生日おめでとう 〜9月にお誕生日を迎えた長女☆ 毎日とても忙しそうにしている長女に☆お誕生日おめでとう☆を、私は電話で済ませていたのですが。。次女(とこちゃん)が「9月中にお姉ちゃんに料理を作って届けてあげたい☆」と言って、息子夫婦の都合に合わせて全員集合し、楽しいひと時を過ごすことができました前日に作り終えた料理を長女の家で盛り付けしているところへ、お嫁さんからメールがきまし [続きを読む]
  • Sさん、いつも素敵なお便りを有り難うございます☆
  • 〜 移りゆく季節に 〜柿の実が なぜか、譲り合うことが できないもののように  ひとところで           ひしめきあっていて遅れて咲く 彼岸花の 美しさに       こころ 奪われているうちに家の前の原っぱに ススキの穂が見えて 辺り一面から 虫の鳴く声が 聞こえるようになりましたここにいて 平凡に過ぎてゆく日々の 大切さを かみしめながら9月上旬に 素敵なお便りを下さった Sさんへ よ [続きを読む]
  • シャン シャン♪ 可愛い名前ですね☆
  • 〜 金木犀の花咲く頃に 〜上野動物園で6月に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃんは、本当に可愛いですね☆名前を公募したところ、応募総数が32万2581通もあったそうですから、パンダちゃんが多くの子どもたちや、大人からも愛されていることが分かるような気がしました☆赤ちゃんの名前は = シャン シャン・香香 =とても軽やかで、明るい名前を付けてもらって、良かったですね♪ シャン シャン♪生まれた時は1 [続きを読む]
  • 「昼酒会」ですって!
  • 仕事で連泊していた次女が、岩手県から帰って来て直ぐに友人の車で西伊豆へ行き、一泊二日で楽しさ満喫してきたのは、9月9日と10日のことでした。そこでは、友達の友達は・皆・友達・になってしまう、総勢40人もの見知らぬ仲間も集合して、伊豆の浜辺で弾けて遊んで♪ホテル泊して来たという話を聞いたばかりでしたが…。翌週の土・日は大型台風18号が九州・四国・本州・北海道の全てに上陸と言う最中に、山梨へ車で遊びに [続きを読む]
  • ☆☆ あまりにも儚い・小さな命へ ☆☆
  • 〜 なぜ・赤ちゃんを捨てることができるのでしょうか?          なぜ・無抵抗な、幼な子を虐待死させてしまうのでしょうか? 〜8月の暑い最中に、地面から突き出ている動物のような足?を不審に思った方が、警察へ通報すると、そこにはへその緒がついたままの新生児が埋められていたそうです。周辺の人々への聞き込み捜査から、お腹の大きかった女性が分かった時、家には小さなお子さんがいて、普段から泣き声が絶え [続きを読む]
  • 昨夜のお月様は、いつにも増して美しく見えました!!
  • 〜  美しい月夜の物語  〜昨日、御婚約が内定された眞子さまと小室さんとの記者会見のお席で、お二人の透き通るような心の美しさに、私は感動して涙が溢れてきてしまいました!! = この写真は、次女が昨日・富士山の方へ出かけていたので、写して送ってもらいました!! =記者からの「お互いはどういう存在ですか?」と、いう質問に眞子さまが「最初に引かれたのは、太陽のような明るい笑顔であったと思いますが、性格を深く知 [続きを読む]
  • 8月最後の日は熱く・・そして、長つき静かに迎えます☆
  • 暑かった夏の終わりを迎える頃に、息子とお嫁さんから二通の封筒が送られてきました☆ちょっと、分厚い封筒・・・そっと開かなければ〜中に入っている何かが 壊れてしまうかも知れない 封筒を開けてみると2人が小さな旅へ出かけた時に 見つけたという かわいいお土産が 入っていました上に見える 小さなつまみを そっと両指で 挟むと         懐かしい 童謡 唱歌<紅葉・もみじ>の旋律が 流れてきました   [続きを読む]