さくら さん プロフィール

  •  
さくらさん: 言葉の花びら
ハンドル名さくら さん
ブログタイトル言葉の花びら
ブログURLhttp://satoyamanotsuki.blog.fc2.com/
サイト紹介文「子育ては人生の華(花)だった。」と言った父の言葉。私も三人のわが子に、そして孫へと伝え残したい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2012/04/09 14:58

さくら さんのブログ記事

  • ☆とこちゃんが、長い間・いだき続けてきた夢☆☆
  •  とこちゃんの夢叶い 〜   12月13日(木曜日)に、カフェランチのお店をオープンすることになりました短大を出て、すぐに調理学校へ行かせてほしいと言ってた、とこちゃん☆私は、次女は料理するのが好きなのだと思っていましたが、自分の店を持ちたかった、その強い思いを・真剣な姿を・感じるようになったのは、昨年の11月頃からだったような気がします☆「どこかにいい物件がないかな〜☆」と〜 くる日も来る日も探 [続きを読む]
  • 愛おしい日々☆☆ <3>
  • 〜 表参道へ行った日にゆーちゃんと歩いて、語り合ったこと☆ 〜私たちはどちらもバスと電車に乗り継いで来て、この街の駅で会う約束をしていました☆先に着いていた私が、次の電車で来たゆーちゃんの元気がない姿を見た時、心がえぐり取られるような痛みを覚えて、思わず駆け寄って「ゆーちゃん!」と言って抱きしめてしまいました☆「本当は調子悪かったから今日はやめようかな〜と思っていたの☆」と言った、ゆーちゃん!!私は [続きを読む]
  • 愛おしい日々☆☆ <2>
  • 〜 ゆーちゃんと過ごす、愛おしい日々☆☆ 〜あんちゃんのお姉ちゃん、ゆーちゃんは今 すっかり元気がなくなってしまったので、私は悲しさで胸が押しつぶされそうになっています☆この春はゆーちゃんと、私が大好きなさくら咲く町を歩きました☆さくらの花の優しさにつつまれてほしかったから〜☆高校の夏休みが終わる頃に、浅草へランチに行った時に交わした約束ごとは、「来年の春休みはあんちゃんも高校受験が終わっているの [続きを読む]
  • ゆーちゃんと歩いた日々・歩いて行く日々☆
  • 〜 ゆーちゃん、お願いだからこっち向いて☆☆ 〜 ゆーちゃんは今、すっかり元気がなくなってしまったので、私は今・耐え難い悲しさと辛さに 押しつぶされそうになっています☆ この日ランチへ誘い出した日より一週間前にも、外食へ誘い出したのは少しでも食べることが 出来るなら〜と願ったからです☆ この日もゆーちゃんが好きなお店で大切な時を過ごしました☆  >「おばあちゃんが一番好きな食べ物はなに?」と、聞くゆーち [続きを読む]
  • 愛おしい日々☆☆ <1>
  • 〜  あんちゃん・ありがとうね☆  〜長女の家の次女・あんちゃん・は、来年高校受験を迎える年になりました☆あんちゃんは大の大の犬好きですが、それと同じぐらいに 幾つもの大好きな楽器と向き合って過ごしています☆クリスマスのプレゼントは<ウクレレ>がほしいと言った時は まだ幼稚園児でしたが、ママが簡単な譜読みの楽譜も買ってあげると、一度譜読みを教えてあげただけで、弾けるようになったそうです☆私が行くと、 [続きを読む]
  • <時の鐘>の音(ね)を聞きたくて☆
  • 江戸時代は城下町として栄えたという川越の町は今でもその面影を残し<小江戸>と呼ばれて人々に愛されて賑わい、訪れる方が多いそうです☆私はこの町を訪れたことはなかったけれど、郷愁のような思いをいだき、人々に長く愛され続けているという<川越・小江戸>の町へ行ってきました☆<小江戸>の町に立ち・・【時の鐘】の音を聞きたくて〜!!文久元年に小川五郎衛門栄長によって鋳造された銅鐘の【時の鐘】は、明治二六年の川越 [続きを読む]
  • やわらかな光と影を踏みしめて
  • やわらかな 日差しが降り注ぐ 川のほとりを一人 歩くいつもなら さくらの葉は 赤く色づいてから散っていくのに この秋は寂しげな音立てて かさかさと 果ててしまった その 足もとに日差しだけが やわらかく ふり注いでいる 光と 影を 踏みしめながら この町を 一人歩いた この朝は車窓から 雪化粧をしていた 富士山が 見えました=  訪ねて来て下さる皆様に心から感謝して、お礼を申し上げます☆    〜  [続きを読む]
  • 月あかり
  • 夜のとばりが おりるころ 天上に 灯る 月あかりいつも ありがとう〜 と月明かりは 満ちては 欠けていくけれど〜見えない 時だって 心に浮かびます昨日 見えた まん丸の 月を・・今日も おっきな 木の向こうに隠れているところが 見えました天上に 灯る まんまる満月の月あかりいつも ありがとう〜 と 伝えたいです=  訪ねて来て下さる皆様に心から感謝して、お礼を申し上げます☆    〜 ありがとうござ [続きを読む]
  • 秋の空
  •  それとも・・こころ  14日の朝に家を出る直前はどんよりとした曇り空だったので、折り畳み傘を持って出かけました☆駅に着いた時は霧雨が落ちてきたので、折り畳み傘を持ってきてよかった!! ぐらいの気持ちで電車に乗ると、目的地に向かう方向からまるで電車をのみこむような勢いで、黒に近い鉛色の雲が一気に迫ってきて、雨が激しく降り始めてきました!!けれども土砂降りの雨の中をくぐりぬけて、次の電車に乗り換えた頃に [続きを読む]
  • 父に救いを求めたい☆
  • 〜 毎年多摩川でも開催される花火大会☆ 〜昨年は夕方から台風並みの強風と土砂降りの雨になり、年々8月の気象が不安定で途中で打ち切りられてしまうことがあるので、今年は10月の第二週目・土曜日に開催されました☆ほんの少しでもいい〜☆ 多摩川で開催される花火大会へ行きたい☆ 毎年そう思うのは、父が私たち3人の子供を連れて行ってくれた、遠く懐かしい思い出が甦ってくるから☆☆☆              [続きを読む]
  • 「子育ては人生の華(花)だった」と言った父の言葉。私も3人の我が子へ…そして孫へと伝え残したい。 [続きを読む]
  • 束の間の・秋!!
  • 〜 小さなこの町に、束の間の秋がきました 〜ゴミ出しが 朝一番の仕事 そして 空を見上げるのも 私の日課秋色に見えた この青い空・・・いつだって 青空を見たい 私の心を遮るように 雲が いっぱい広がっていたけれどススキが ほらね!!真直ぐに 突っ立ているでしょ誰にも 支えられずにね!!午後になると 向かいの家の 高い石垣からヒメヒマワリ!? キクイモモドキ!?の花が ワサーっと こうべを垂れて 咲いて [続きを読む]
  • スズメさんが・睨んでる!!
  • 朝一番に 見上げた空にこんなにも やわらかく やさしい雲がいっぱい 浮かんでいました昼下がりに 少し遠い 公園へ行くと淡い空のいろを 映す 水たまりに 色づいた葉と まだ生きいきとしている 緑の葉が落ちている そこに次々と 水浴びをしに やってくる スズメさんたちを 見ました その数は 何十羽ぐらいだったでしょうか〜私は 懐かしくて うれしくて すぐそばに 近づくと勢いよく 飛び去ってしまう スズ [続きを読む]
  • お嫁さんの優しい心に感謝して♪
  • 今から二か月ぐらい前の話になりますが〜☆月の美しい夜に、仕事帰りの息子のお嫁さん(Kさん)からメールが届いた日がありました☆「お母さん、今晩は☆今は仕事帰りですが、空を見上げたらあまりにも月が美しくて、しばらく立ち止まって見入ってしまいました☆今日はカメラを職場に置いてきてしまって、スマホでの撮影なのできれいに撮れなかったのですが、月暈かな?と思える赤い輪が、月の周りに輝いているのが見えるでしょう [続きを読む]
  • ☆☆この夏の記憶☆☆
  • 年々気温が上昇していく夏。今年も九州や四国、そして…西日本に降り続いた集中豪雨と、大阪地震・北海道の震度7の激震。西日本集中豪雨の激しい濁流の中から何人もの住民を救ってくださった救助隊員さんのお二人が力尽きて、濁流にのみこまれてしまわれたご様子が思い起こされます。西日本集中豪雨の中では、今も行方不明の方がいらっしゃって…そして、自然災害が発生するたびに仮設住宅に身を寄せられる方々のご不自由さを、思 [続きを読む]
  • 北海道地震・震度7
  • 北海道胆振(いぶり)地方を震源とする地震の発生から1週間を迎えた13日、36人が犠牲になられた厚真町では、町の皆様が正午のサイレンに合わせて、祈りを捧げられたそうです☆ 「さみしい。寝ても覚めても・・・」 〜 開拓民の志、受け継ぐ 豊かな厚真と友思う☆ 〜と☆☆☆      長く咲き続けていた百日紅の花が、そろそろ終わりを迎えようとしています☆               最近は自然 [続きを読む]
  • 風よ〜空よ〜雲よ〜
  • そして 月よ〜風を受けながら大好きな空を 雲を見上げているうちにたくさんの日々が 流れていってしまいました!!猛暑の日々が 今も続いているけれど大好きな空に移ろう季節の風を感じながら 一日一日が過ぎていく中でただたちつくして いるだけではいけないのだと思っています!!=  訪ねて来て下さる皆様に、私は感謝の気持ちでいっぱいです =   皆様に心からお礼を申し上げます 〜ありがとうございます☆☆☆ 〜 [続きを読む]
  • =平成・西日本豪雨災害=
  • 美しい四季を彩る日本の原風景がこんなにも一変して、未曾有の大災害となった西日本豪雨。梅雨が明けて・豪雨が去った後に見えるのは、人々の幸せを奪った、あまりにも酷い破壊された町のありよう。日々の営みを大切にして積み重ねてこられた方々のお命を、一瞬にして奪い去ってしまった豪雨による土砂災害や、河川の決壊。人数が増え続けている行方不明になられた方を、懸命になって探し続けていらっしゃる救助隊員の皆様!!地元の [続きを読む]
  • 童謡 生まれて100年〜あしたへつなぐ〜
  • 7月の上旬に、私は友人が招待して下さった童謡コンサートへ行ってきました!!今年は「童謡が生まれて100年」の記念の年にあたるそうで、由紀さおりさんと安田祥子さん姉妹が長時間にわたって、惜しみなく歌って聴かせて下さった素晴らしいコンサートでした!!いつまでも心に残るコンサートへ招待して下さったSさんに、私は心から感謝しています☆姉妹のお二人は今でも様々な場で活躍していらっしゃっていますが、由紀さおりさん [続きを読む]
  • ゆうべ(昨夜)見た月の光のやわらかく〜
  • 沖縄気象台は 6月23日に沖縄の梅雨明け宣言をしたそうです東京・神奈川も 梅雨が明け宣言を聞く前に 昨日から 真夏日が始まりました!!紫陽花の花のリレーは 今も続いていて・・夏から初秋にかけて咲く 芙蓉の花の美しさに 目を留めて帰って来た夜・次々に 思いが溢れてくる中で・・・ こんなにも やわらかな光につつまれた お月さまを見ることが できて・うれしかったです☆☆☆= 太陽や月の周りの環っかは、「暈 [続きを読む]
  • ☆6月の雨が心を濡らす☆
  • 〜 6月の中旬過ぎ頃から どんよりとした空を濡らす 雨の日が多くなりました 〜最近は悍ましい事件が多発していて、心の憂いも重なっているからでしょうか大好きな歌をうたうことも忘れていたことに気づきました☆遠い昔 姉と歌っていた懐かしい歌を・・・☆ 思い浮かんできたのは、何故か物悲しい<月見草の花>の歌で、一人口ずさんでいます☆     ☆☆ 月見草の花 ☆☆         山川 清さん、作詩    [続きを読む]
  • どうして・こんなにも惨たらしいことを・・<1>
  •  東京都目黒区で今年3月、5歳だった結愛ちゃんが虐待を受けて死亡した事件で、無職で   義理の父親・船戸雄大被告(33)(傷害罪で起訴)と、母親の優里容疑者(25)が   保護責任 者遺棄致死の疑いで逮捕されたことを知りました。   今年の1月下旬以降、結愛ちゃんは十分な食事を与てもらえず、2月下旬ごろから船戸被   告の暴力を受け続けてきて、極度に衰弱し 嘔吐するなどし始めると、おむつをあてたま [続きを読む]
  • どうして・こんなにも惨たらしいことを・・<2>
  • = 結愛ちゃん一家が2018年1月に、東京へ転居する際には香川県の児相(児童相談所)   から、東京の品川区へ連絡が届いていたそうですが・・・= 2016年・当時住んでいた香川県で、優里容疑者が雄大容疑者と再婚した頃から虐待が   始まっていたよう で、「子どもの泣き声がひどい!!」と、近所の方から児相に連絡が入った    時は 結愛ちゃんが通う幼稚園に問い合わせして「特に問題はない」と言う返事 [続きを読む]
  • 梅雨入りは すぐそこに☆
  • 関東地方も 梅雨入りの 空模様になりました時折 日差しの強い日も ありますがアジサイの花は 暑さに負けずに 次から次へと 七色の花を 咲かせています5日の日の 日付が変わる頃に 仕事が遅くなってしまった  とこちゃんから 迎えに来てほしい 駅到着時刻を知らせる メールが きました先に届いたのは「お母さん 月が大きくて きれいだから 早く外へ出てみてー!!!」で…その後に「12時20分に、迎えに来てね」 [続きを読む]
  • 〜 通り過ぎて行く・思い出の道 〜
  • 今はアジサイの花が 町の至る所に咲いているけれど・・・アジサイの花咲く道を 通り過ぎる時 私はいつも そこに立ち止って見入ってしまいます☆昨日 歩いた 私が大好きな町☆ 行く道に たった今 開いたばかりのような アジサイの花が 色鮮やかに 咲いていました☆帰り道は 小さな川の流れに沿った 石畳を歩いていると 緩やかな流れに 夕日があたって 煌めいている美しさに惹かれて 私は場所を変えながら 何枚か [続きを読む]