ひろみ さん プロフィール

  •  
ひろみさん: ギャンブル依存症との出会い
ハンドル名ひろみ さん
ブログタイトルギャンブル依存症との出会い
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/sashiminohaha_1960
サイト紹介文元夫がギャンブル依存症だと解かり学ぶことで見えてきた自分の事。感じたままを赤裸々に綴る記録
自由文ギャンブル依存症と言う病気を知り、20数年間連れ添った元夫を手放し、元家族から離れることで私自身の人生を歩み始めた日々をつづっています。
離婚することが幸せには直結しない、離れてもなお私に付きまとって来る何か・・・

自助グループの中で仲間と共に気付かせてもらったことなどを語らせてもらっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/04/10 17:46

ひろみ さんのブログ記事

  • 芸能界の逮捕報道を見て
  • 芸能界と言う華やかな場所に居た方々は、いいときは誰もが羨むように見える。しかし、その反面の負の部分も大きいと感じる。飲酒運転で信号無視、横断中の歩行者をひき逃げで逮捕された元アイドル。有名女優の息子で薬物使用の4回目の逮捕。奈落の場所に落ちたと思うような出来事だが、根本的なお酒の問題、薬物の問題から回復するためには最大のチャンスだと感じる。そのチャンスを、チャンスとして生かせるのかどうかは、本人の [続きを読む]
  • 感情のアンテナ
  • 共依存である私のひとつの特徴に、「相手の考えている事を先読みし、言われる前に動いてしまう」と言う行動パターンがある。苦しいと思っていた頃には、常に頭の上にアンテナを立てて、どこの誰が何をして欲しいのかを常に考えながら動いていた。今考えると全ての人に、全てのことをしていたわけではないが・・・。少し前までは、会社の中でも、数人同じ場所でそれぞれの仕事をしていても、あの人は何かを探している、あの人はどこ [続きを読む]
  • ホッとひと息
  • 病院で処方していただいた薬がよく効いたのか、この数日で身体はぐっと楽になってきた。まだ咳が少し残っていたりするが、体中が痛くて眠れないと言うことは無くなった。荒みかけていた心も少しは回復し始めてきた。体調が悪かったり、心が落ち込んだりすると、全てのサイクルが狂い始め、余裕がなくなってくる。しかし、今回、一番私自身の中でよくできたことは、病院へ行く事を一番に優先した事。持っている薬で我慢していたので [続きを読む]
  • ホントにしんどいのに。
  • 数日前から喉が痛くて、これはヤバイと思っていた。案の定、昼過ぎから熱が上がり始めた。計ってみると8.6度。みんなに移すな!と娘に部屋に隔離された。以前、処方されていた解熱剤をとりあえず飲んだ。夜には下がり始め、水分補給と入浴を済ませた。なかなか眠れない夜を過ごし、明け方にはまた熱が上がった。それでも、ご飯を炊くために起きた。ある程度のおかずを作ったらあとは娘が入れてくれる。昨日は、月曜日。今日の事を [続きを読む]
  • 後悔するかどうか
  • 元夫からの電話の件を娘に伝えたとき、娘が言った「話さずに後悔するか、話して後悔するか・・・」結論から言って、娘の出した答えは「話をして後悔するだろう、だから直接話をすることはしない」だった。単純に父親として今までのことを謝罪し、元気で暮らしていることを確かめたいだけなのかもしれない。しかし、こちら側としては、昔からの行動パターンしか知らない。借金の申し込みをしてくるのか、困っているから助けてあげた [続きを読む]
  • 突然の電話
  • 先日、私の勤務先に元夫から電話がかかってきた。数年前にも一度、かかってきたことがあったが話をせずにそのまま電話を切ったことがある。今回は、突然何を言いたいのか解らないが、切らずに話を聞いてみた。私自身が以前ほど元夫に対して怒りを感じなかったからだ。話の概要は・・・自分は今、他県で清掃の仕事をしている。マンションも借りれそうな状況。少し前に心筋梗塞で倒れたことがあり何時命がなくなるかも知れないので、 [続きを読む]
  • やらなかった事をやってみた
  • 長期の休暇は本来、社長と部長達が相談し決めることになっていた。しかし、最近では締め日に翌月の出勤簿を各自に配るときに私の判断で最近は決める事が多い。今年のお盆休みは、部長に確認して第二土曜日を含めて六連休とした。この春、三女が三人目を出産した時に駆けつけなかったので、様子見がてら有給を取り行く事を2ヶ月前から決めていた。本来なら、お盆休みを利用して行く計画にしていたはずだが、今までやらなかった事に [続きを読む]
  • 男女同権?
  • 社会の一員として生きていると、自分以外の人との関わりなくして生きてはいけない。わが子であっても、わが親であっても自分とは考え方が違えば感じ方も違う。受取かたが違って当然の話。そうすると、ほんの少しの思い込みや感じ方の違いで意見が食い違い争いの種になる。意見の違いから争いに発展するのはなぜか・・・?私の場合は、自分が一番正しいと思っていることが根底にあるため、『私の言うとおりにさせたい』だった。言葉 [続きを読む]
  • 新聞広告
  • ある日の新聞広告に入っていたパチンコ店の公告の端っこに「パチンコ依存相談機関」として他県の相談機関の連絡先を掲載していた。ギャンブル依存ではなくパチンコ依存と書いてあったところに、未だにパチンコはギャンブルではないと否認している様子を感じた。GAに繋がったほとんどの人がたいていパチンコで借金を繰り返してきたとの話が多い。いい加減、パチンコはギャンブルだと認めて、きちんとした対応策の取れる企業になれ [続きを読む]
  • 元家族達の近況報告
  • 今勤めている会社が、元家族の親戚筋に当たるため、どうしても元家族の情報が耳に入ってくる。今年も、姑の従兄弟に当たる方が東京から両親の墓参を兼ねて帰省してきた。この方は、こちらへ来ると知っているであろう人たちを片っ端から訪ねて行かれる。施設に入所している姑にも会いたいと違う従兄弟やうちの会社の奥さんを引き連れて顔を見に行ったのだそうだ。                            ↑その様 [続きを読む]
  • 喜んでいいのか・・・
  • 我が家の年中の孫。唯一の男の子で私にとっては、毎回「何でなん?」と思うことをしでかしてくれる。先日の休みは、娘が災害ボランティアに出かけたため、朝から二人の孫と留守番をすることになった。午前中、この男の子を散髪に連れて行き、スーパーへ食材を買いに行った。ちょっと目を放すとこの二人はスーパー中を走り回る。ゆっくりと買い物をすることも出来ないが、最近では余り気にしないで買い物が出来るようになった。それ [続きを読む]
  • 答えを求め続けて・・・
  • 自分自身がとても困っていて、どうにかしたと思い、あらゆるグループを渡り歩いている方と時々ご一緒することがある。過去のどこかの時点に碇を下ろしてしまい、常にそこへ戻っているという感覚を私は感じた。本当に苦しくて、辛くて、何とかしたいと思っているのに、どこへ行っても、どれだけ話をしても自分の満足できる答えにはたどり着かないあらゆる知識を頭に持っているにも関わらず、心の中に落ちない、自分の納得できる答え [続きを読む]
  • かわいそうな私
  • 家族にひとり依存症の当事者がいると、家族全部が巻き込まれとても大変な状態が続いていく。誰にも話せず、他人にはそういった家族の内情を知られないように外見はきちんと生活していますといったオーラを出しながら必死で何かを守っていた。何度、借金を告白されたのか、何度も何度も返済するために計画を立て直さざるを得なかった。そういった過去を最近私は忘れていることが多い。いま、巻き込まれているわけではなく、借金をさ [続きを読む]
  • 不平等さを受け入れて。
  • 会社の中で感じる不平等さにいつも心の中がかき回され、「何で?」「どうして私だけがやらされる?」これは私の中の不平等感に触れるものだと、ある日、ふと気付かされた。人間はみんな平等だ、男女平等・・・私の心の中に引っかかりを作っていたものの根本的な考え方がこれだった。確かに生きていくなかで、生きる権利、過ごす時間は誰にでも平等に持てるものだ。しかし、今の人間界の中は不平等の塊だ。お金でものを言わせる人、 [続きを読む]
  • 近況
  • 先月末はとにかく仕事が忙しかった。本来ならば私がやるべき仕事ではないものを引き受けてしまった。それまでその仕事をしていた人が昨年、引継ぎもなく退職したからだ。災害時にどういう流れで会社をいち早く動かすか、社員とどういった訓練を行うかと言ったもの。『災害時の基礎的事業継続計画』なるもの。主に地震を対象としているが、大地震が起こったとき、社員やその家族に対する安否確認をどうするか、集まってこれるか・・ [続きを読む]
  • そこから意識を外す方法
  • 「変えられないものを 受け入れる 落ち着きを・・・」自分には変えることができないもの・・・自分以外の誰かの全てと自分自身のこだわりから生まれる意識生き方や考え方を変えていけば、自分の頭の中のこだわりが和らぎ、そこへ意識が集中しなくなってくるのだろうが、今の私には自分のなかにある『こだわり』の正体がまだはっきりと掴めていない。ずっと前から「なんで私だけがやらなければ・・・」と言ったある種の被害者意識 [続きを読む]
  • 二つのもの
  • 平安の祈りで私達は3つのことが出来るようにと神に祈りを捧げます。*変えられるものを変えていく勇気*変えられないものを受け入れる落ち着き*二つのものを見分ける賢さこの3つ。私はこのことを最近知りました。最初に二つは理解し、変えていけるものを変える勇気と変えられないとわかっているものをそのまま受け入れる落ち着きを自分のものにしなければいけないと今でも思ってます。言葉では簡単に言えるけれど、行動に移すと [続きを読む]
  • 私が考える『仲間』とは。
  • 自助グループで知り合った仲間。どこに住んでいるのか、どんな仕事をしているのか、どういった性格の人なのかさえ知らない人もいる。そんな深い関係ではない人たちと、世間では仲良しとされる友達にも話せないことを話したりする。家族会に参加し続け、多くの同じような悩みを抱えた方々と『仲間』として時間を共有してきた。その中には、話すことは理解できるけれど、どうしても第一印象から「この人とは合わない」と思える人もい [続きを読む]
  • ハイヤーパワーを妨げるもの
  • 「私たちと上との関係を妨げるものは主に、恨み、恐れ、人を傷つける行為として現れる」とビルが言ったと。その、恨み、恐れ、人を傷つける行為の三つに対して棚卸しをしてはどうかと提案されていると言う。私は常に何かに怒りを覚えていた。その根源はなんだったのだろうか。常に怒る事で分厚に鎧を身に付け、誰にも負けないと戦闘モードで生きてきた。誰かに対して言葉で傷つけ、自分自身をも傷つけてきた。それらは渦中に居たと [続きを読む]
  • 伝えたい想い
  • 依存症と言う問題を持った元夫と離れて10年が過ぎた。今は孫との生活の中で当時の私が時々表れ、コントロールしようと躍起になる。私はなぜ自助グループに通い続けているのだろうか?と時々思うことがある。時が経ち、巻き込まれていたころの記憶が段々と薄れてきて、怒りの度合いが当時とは違う。元夫と対面するようなことがあれば、きっと再燃し当時の私にすぐに戻る事はわかっている。そんな当時の私と同じような思いをしてい [続きを読む]
  • 折り合いがつかない
  • 会社と言う狭い範囲の中の人間関係でも、自分らしく過ごせず気持ちを振り回されることがある。中小企業では経営者が家族だったりその親戚関係だったりすることが多い。ご他聞に漏れず、うちの会社も社長を初め経理関係はその親であったり叔母であったりする。会社の仕事とは全く関係の無い惣菜販売のために、本来ならば経理の仕事をする時間に惣菜を作り販売する場所へ搬入している。時間がずれ込むため昼休憩は私たち社員が仕事を [続きを読む]
  • 頑張る事を手放す
  • 子供の頃の私は、それほど頑張る子供ではなかったと記憶している。どちらかといえば、影に隠れて『できる子』とは違うと思ってきた。そんな私が、頑張るようになったのは、母が幸せではないと思い始めたころからだと思う。父親のアルコールの問題で私たち子供を育てる事に必死になっている姿を見ていると『私が何とかしなければ!』と思い始めた。そう思いながらも大した事もできず、元夫と出会ってしまった事で余計に母には心配さ [続きを読む]
  • 巻き込まれた人たちが考える事
  • TOKIOの山口君、今は専門の病院に入院していると報道されている。アルコール依存症ではなく、躁うつ病だとも言われている。私がギャンブル依存症を学んでいく中で知った事のひとつには、誰にでもかかる可能性のあるうつ病の根本には「自己中」の考え方があると。確かに、考えてみると自分の頭で考え、その考えの元で行動する。誰かに相談するなり、誰かの助言を聞くといった外へのアプローチが無い。依存症も共依存も同じだ。 [続きを読む]
  • 認めたくないのだろうなぁ
  • TOKIOの山口達也が書類送検されたニュースには驚いた。朝の顔として誠実そうにテレビに映っている姿しか見ていないから、そういう部分もあったのかとちょっとショックだ。アルコールの問題で病院に入院していたことがあったという事実。それ、アルコール依存症じゃん、と私は思うが本人は依存症だとは認めていない様子。どの依存症でもそうだけど、本人は周りの人ほど自分のことに目を向けられていない。そんなに酷い事をして [続きを読む]
  • 昨夜のTVを見て思うこと
  • ギャンブル依存症を世に広め、回復するために活動を続けていらっしゃる田中紀子さん祖父・父・夫が ギャンブル依存症! 三代目ギャン妻の物語クリエーター情報なし高文研回復を助けるための中間施設に50名もの当事者が入所している事にまず驚いた。その人数を取りまとめられるものなのだろうか・・・。番組の中で一番画期的だと感じたのは、ギャンブルを止めただけではいけない、その人の背景にある問題に目を向け生き方や考え方 [続きを読む]