管理人のパパ さん プロフィール

  •  
管理人のパパさん: PL青空支所
ハンドル名管理人のパパ さん
ブログタイトルPL青空支所
ブログURLhttp://perfectl.blog.fc2.com/
サイト紹介文PL青空支所のブログです。 パーフェクトリバティー教団の会員の情報交換にお役立て下さい。
自由文宗教団体は地域社会に貢献するものであって頂きたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2012/04/12 20:55

管理人のパパ さんのブログ記事

  • 腰痛・膝痛が起こる仕組み2
  • 世界的免疫学者の安保 徹先生の著書「免疫革命」の中に「慢性病の治し方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を中心に短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『このように正しく腰痛や膝痛の病態の把握ができると、本来痛みというのは疲労した筋肉を助けるための反応の一側面であることが理解できます。また、筋肉のまわりのその下にある骨や関節も同じ間葉系の組織(外胚葉と内胚葉以外の組織)で、 [続きを読む]
  • 腰痛・膝痛が起こる仕組み!
  • 世界的免疫学者の安保 徹先生の著書「免疫革命」の中に「慢性病の治し方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を中心に短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『そもそもどうして腰痛が起こるのでしょうか。腰痛は、急性の症状では若い人にも起こりますが、中高年の患者が圧倒的です。次第に筋肉の力が衰え弱ってきて、普通の日常的な動きで筋疲労を起こすようになるからです。筋疲労が続くと疲労物 [続きを読む]
  • 腰痛・膝痛の謎を解く!
  • 世界的免疫学者の安保 徹先生の著書「免疫革命」の中に「慢性病の治し方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を中心に短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『死には直結しないものの、治癒の見通しが中々立たず、患者の数が伸び続けている病気が腰痛や膝痛です。日本医師会雑誌の巻頭言で、ある整形外科の先生が「日本国民の訴える症状のうちで腰痛は9.3%を占める」と言っています。他の病気・ [続きを読む]
  • 究極の健康法とは、自然のリズムに乗って生きること!
  • 世界的免疫学者の安保 徹先生の著書「免疫革命」の中に「健康・病気と生き方の関係」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を中心に短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『私は若い時に、交感神経と副交感神経が1日の間に交代するように活性化しているということを発見し「自律神経や白血球の日内リズムの研究」として発表しました。続いて、自律神経が気圧の変化にも影響を受けること、1週間から [続きを読む]
  • 病気を減らす社会をつくる!
  • 世界的免疫学者の安保 徹先生の著書「免疫革命」の中に「健康・病気と生き方の関係」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を中心に短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『精神の安定を得て健やかに生きて行きたいと思っていても、やはり何もかもが、人間の力で対応したり、適応したりできるわけではありません。そのことを、現代人は忘れているような気がします。やはり自然の力というのは偉大です [続きを読む]
  • 東洋的な思考が未来の医学をひらく!
  • 世界的免疫学者の安保 徹先生の著書「免疫革命」の中に「健康・病気と生き方の関係」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を中心に短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『私が見る所、代替医学の治療は、ガン・こう原病(自己免疫疾患)・アレルギー等、西洋医学の治療を長く続けると破綻をきたすような病気に効果を上げていることが多いです。なぜかと考えてみると、こうした病気はどれも、慢性化す [続きを読む]
  • 代替・補完医療が治療の選択肢を増やす2
  • 世界的免疫学者の安保 徹先生の著書「免疫革命」の中に「健康・病気と生き方の関係」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を中心に短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『例えば、抗ガン剤ですが、確かに抗ガン剤を投与すると、ガンそのものは小さくなります。ところが、ガンが小さくなればガンが治ったことになるかというと、そうではないのです。健康な生活を取り戻してはじめて「治った」という [続きを読む]
  • 代替・補完医療が治療の選択肢を増やす!
  • 世界的免疫学者の安保 徹先生の著書「免疫革命」の中に「健康・病気と生き方の関係」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を中心に短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『最近、いわゆる現代医学以外の方向から医療を捉え直す試みが、一部の医療現場の医師達の間でもじわじわと広がっているように思います。例えば、代替医学(オルタナティブ・メディスン)や補完医学(コンプリメンタリー・メディスン [続きを読む]
  • 身体は冷やしてはいけない!
  • 世界的免疫学者の安保 徹先生の著書「免疫革命」の中に「健康・病気と生き方の関係」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を中心に短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『今まで、多くの病気が血行障害から起こっていることを説明してきました。血行、つまり血液の循環は、リラックスの神経である副交感神経の支配を受けています。ですから、やっぱり循環をよくするには身体を冷やさないこと、こま [続きを読む]
  • 筋肉は使わなければ意味がない!
  • 世界的免疫学者の安保 徹先生の著書「免疫革命」の中に「健康・病気と生き方の関係」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を中心に短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『私達人間は、進化の過程で大量かつ複雑な筋肉を獲得してきました。これらの筋肉は、使わないと必ず破綻をきたすようにできています。たくさんの筋肉があれば、その量に合わせて運動しなければ駄目なのです。また、脚と腕を比べ [続きを読む]
  • 筋肉は使わなければ意味がない!
  • 世界的免疫学者の安保 徹先生の著書「免疫革命」の中に「健康・病気と生き方の関係」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を中心に短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『私達人間は、進化の過程で大量かつ複雑な筋肉を獲得してきました。これらの筋肉は、使わないと必ず破綻をきたすようにできています。たくさんの筋肉があれば、その量に合わせて運動しなければ駄目なのです。また、脚と腕を比べ [続きを読む]
  • 意識と無意識の両方をつなぐ呼吸が重要!
  • 世界的免疫学者の安保 徹先生の著書「免疫革命」の中に「健康・病気と生き方の関係」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を中心に短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『消化管以外で大きな器官といえば、呼吸器です。人間は、不安な時には浅くてはやい呼吸になり、リラックスしている時には深くて回数の少ない呼吸になります。私達の行う活動の中で、呼吸だけは、意識と無意識の両方につながって [続きを読む]
  • 食べることの大切さ!
  • 世界的免疫学者の安保 徹先生の著書「免疫革命」の中に「健康・病気と生き方の関係」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を中心に短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『食べ物を摂取することは、反射的に必ず消化管の働きを促して、腸管の常在細菌層を刺激します。何かを食べて消化管を動かすということが、一番手っ取り早く副交感神経を活性化する方法です。なぜなら消化管は、副交感神経につな [続きを読む]
  • 楽をし過ぎても病気になる!
  • 世界的免疫学者の安保 徹先生の著書「免疫革命」の中に「健康・病気と生き方の関係」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を中心に短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『ストレスが身体によくないのであれば、ひたすら楽に生きたらよいのでしょうか。そうではありません。リラックスし過ぎることも、健康への害になります。リラックスのし過ぎもまた、別の意味でストレスになってしまうのです。一 [続きを読む]
  • どうして病気が起こるのか!
  • 世界的免疫学者の安保 徹先生の著書「免疫革命」の中に「健康・病気と生き方の関係」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を中心に短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『白血球の自律神経支配の研究から、実に様々な身体の細胞が自律神経支配を受けていることが分かりました。身体中を動き回る白血球も自律神経支配を受けています。こうしたシステムがつくられている目的は、私達の行動に見合った [続きを読む]
  • 早期発見、リンパ球に注目した治療を!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『ガン検診は、不必要な人にまでとんでもないストレスを与えてしまうという意味で、確かに矛盾を抱えています。しかし、ガンはやはり、早く見つけて治療した方がいいのは事実です。ガンの進行と共に顆粒球増多・リンパ球減少のパターンは強くなって、 [続きを読む]
  • ガン検診のパラドックス!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『ガンを早期に見つけるという目的から見れば、ガン検診は悪いものではありません。しかし、現在、これほどガンという病気が恐れられている状態では、私はガン検診を受けることで被るデメリットも非常に大きいと考えています。私はガン検診の一番の問 [続きを読む]
  • ガン細胞は、決して強い細胞ではない!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『ガン細胞と聞くと、一般の人は、とてつもなく強い細胞で、発現したらめったなことで消えないのではないか、という印象を持っているようです。しかし、ガン細胞は決して生命力の強い細胞ではありません。例えば、ネズミを使った研究を行う場合、ネズ [続きを読む]
  • 発ガンの本当のメカニズム2
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『今までずっと、ガンの原因というのはほとんど分からないと言われていました。体質的に遺伝子異常が背景にあるのではないかとか、あるいは発ガン物質が外から長年にわたって刺激を与えているのが原因だろうと考えられていました。しかし、そのどちら [続きを読む]
  • 発ガンの本当のメカニズム!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『交感神経緊張状態が、なぜ発ガンにつながるのでしょうか?ここで発ガンのメカニズムをきちんと理解しておきましょう。交感神経は、ほどよく刺激された時には脈が速くなり、血流が増えて血行がよくなります。しかし、さらに交感神経緊張が進むと、血 [続きを読む]
  • 心の問題が大変重要!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『医学研究においても医療の現場においても、もっと重視されなければいけない要素として、心の問題があると思います。患者さんが病気にかかるプロセスにも、あるいは医師が治療をするプロセスにも、心の問題が最終的には非常に大きな比重を占めている [続きを読む]
  • 知識ではなく知恵のある医療を目指せ!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『今の医療の現場では、薬万能主義になってしまっていて、お腹が痛い、頭が痛いと言えば痛み止め、ガンになったら抗ガン剤、とすぐに薬に頼ってしまいます。最近、たくさんの人がガンには免疫が大切だと言っています。ところが、そういう人も実際にガ [続きを読む]
  • 自律神経は全ての細胞を統合する!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『自律神経は身体の細胞全体を統合しています。人間も含めて生き物は全て、単細胞生物から進化しましたが、元々細胞というのは1つで全ての機能を果たしていました。物を捕食し、消化し、エネルギーを取り出し、排泄し、異物を処理する、これらの活動 [続きを読む]
  • クーラーと冷蔵庫が病気を増やした!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『実際、生活を心地良くしてくれたはずの現代文明の利便性が、病気を深刻にしていたのです。冷蔵庫の普及と冷房の普及は、生活を快適にする一方で、病気を増やす大きな原因にもなってきました。人間は恒温動物で、体内温度としては、常に37〜8度の [続きを読む]
  • 食と呼吸こそ生命エネルギーの源だ!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『実際のところ、今まで、身体のエネルギーの問題は医療できちんと扱われていません。人間の身体はどのようにしてエネルギーを得ているのかというと、ものを食べて、それを呼吸で得た酸素で燃焼させるという形で得ています。最近、様々な分野の人達が [続きを読む]