エイジング さん プロフィール

  •  
エイジングさん: 脳機能からみた認知症
ハンドル名エイジング さん
ブログタイトル脳機能からみた認知症
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ageinglife
サイト紹介文脳機能からみれば認知症は早期発見が可能なことを知ろう!最も早期の症状は物忘れではなく意欲の低下。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/04/13 22:40

エイジング さんのブログ記事

  • 10月の右脳訓練ー東京で
  • 東京での用事を済ませる合間に、以前から気になっていた岡本太郎記念館を訪れました。太陽の塔が公にされた時、その意味を考えることもなく頭の中に疑問符が点滅したことを覚えています。その後、三沢市に仕事で行ったときに泊まった古牧温泉(今は星野リゾートが青森屋として営業)で岡本太郎の作品をまとめてみたのです。その時「このよくわからない絵には何か伝えたいものがある」ということが不思議なほど伝わってきました。そ [続きを読む]
  • 10月の右脳訓練ー「変なホテル東京銀座」
  • IMG 4095 1 東京で宿泊が必要になりました。当日夜は銀座。翌日は和光市まで行きます。その二つの条件をまずクリアしなくてはいけません。和光市は有楽町線と副都心線なら乗り換えなしで行けることがわかりました。まだ乗ったことのない副都心線にも惹かれるものがありましたが、銀座から近い方が…とホテルを決めるのにもいくつもの条件を考慮しなくてはいけないのです。そうそう、コストも考えなくては。ガンバレ私の前頭葉!も [続きを読む]
  • いつから認知症が始まったのか推理する
  • 皆さんはどんな状態になったら認知症といいますか?日常生活で食事、トイレ、お風呂、着替えも満足にできなくなって、全面的に介助が必要になると「ボケちゃった」というでしょう。夜中に騒いだり、徘徊したり、家族の顔もわからなくなったりしたら、違いなく認知症。これは見当識障害といって、時、所、人の順にわからなくなっていきます。ただし、それぞれだんだんに問題が大きくなっていくのです。ここで大切なことに気づいてく [続きを読む]
  • かくしゃくヒント36ー同窓会で認知症予防
  • 母校戸畑高校の天籟総総会関東支部の総会が、10月6日に無事終了しました。私はその支部長を務めています。お受けするにあたって「同窓会の意義って何だろう」と考えて、同窓会の会報「天籟」にこんなことを書きました。「・・・同窓会は戸畑高校という共通の基盤を持った老若男女の集い。参加する人たちの思いはそれぞれですし、意味を見つけられずに参加しない人たちもいます。何ともったいないこと!同窓会は前頭葉を活性化できる認 [続きを読む]
  • 楽しい同窓会でした
  • 私の母校は北九州市の戸畑高校です。その関東地区の同窓会総会が10月6日、例年のようにコートヤード・マリオット銀座東武ホテルで開催されました。昨年から、私はその支部長を務めていますから、支部長挨拶で何をお話ししようかとちょっと思案。いろいろ考えた挙句「楽しんでください」ということだけお伝えすればいいと心に決めました。私と同期18回生の毛利副支部長の「開会の言葉」実は、私たち18回生の結束は固く今回の総会も1 [続きを読む]
  • 「母はしっかり者なんです」・・・ちょっと疑ってみる
  • パソコンがネットにつながらなくなって大騒動。修理センターに入院ということになり、様々なファイルの保存に汗をかきました。たまたまドキュメントの中に面白い文章を見つけました。これはブログ用の原稿だと思いますが、「正常から認知症へ」のカテゴリーには70を超える記事がありますのでアップします。写真は10月1日、台風24号が通過した伊豆高原いがいが根(この地面が既に海面から7〜8Mの高さ)の波の様子です。久しぶりの友 [続きを読む]
  • 9月の右脳訓練ー歌舞伎一幕見
  • 何度か書いていますが、歯科受診で上京するときには、ついでに右脳訓練に励むことにしています。いつもの検診の時は朝一番に予約を入れていただいて、昼からゆっくりと右脳訓練に励むと言うパターンなのですが、今回は「歯の一部が欠ける」と言う突発的な状況でしたから、受診が中途半端な時間で後の予定が立ちにくい状況でした。予定を立てるときに、用意周到にタイムテーブルを作り水が一滴も漏れないように準備できる能力は、も [続きを読む]
  • 9月の右脳訓練ー事任八幡宮秋の大祭に遭遇
  • 浜松での実務研修会を終えて、9月15日帰途につきました。たまには道を変えてみようということになり、新東名をやめて旧国道1号線にしたのです。西行が「年たけてまた越ゆべしと思いきや命なりけり小夜の中山」と詠んだ東海道の難所小夜の中山。その小夜の中山の手前におまつりされている事任八幡宮、秋の大祭に出会いました。初めてお参りします。創建がはっきりしないほど古いだけあって社叢も深く巨木も目につきました。この楠の [続きを読む]
  • 実務研修会に参加したみなさんへ
  • 9月13〜14日と北海道岩見沢市から山口県下松市まで、広範囲からの参加者を迎えての研修会でした。 (研修交流センター1階楽器博物館のカフェ) 会場の浜松市アクトシティで初めての研修会を開いたのは、平成7年1月17日に発生した阪神淡路大震災の直後の2月でした。関西以西の参加者が相次いでキャンセルとなったこと、浜松には珍しく雪模様の寒い日だったこと、そのような些細なことが思い出されます。 あの時から、そろそろ四半世 [続きを読む]
  • 20歳代のかなひろいテスト
  • ちょっと問い合わせがあったので、かなひろいテストを見直してみました。今日は二段階方式を導入している市町村保健師さんのために書きました。かなひろいテストというのは、「全部ひらがなで書かれているおとぎ話を読んでいきながら、大筋を理解し記憶していく。同時に『あ・い・う・え・お』の5文字を拾い上げて丸を付ける」という前頭葉の機能テストです。実行機能としての前頭葉の機能のうち、主なターゲットとして、意欲・注 [続きを読む]
  • iPS細胞でパーキンソン病の治療始まる
  • 猛暑だか酷暑だかの8月も終わり、もう9月になりました。一か月間全部遊びの記事だったことは、2005年のスタートから初めてのことだと思いますので、今日はちょっと真面目に取り組みたいと思います。(写真は伊豆グランパル公園グランイルミより)ちょっと旧聞に属しますが、「京大で、iPS細胞を使ったパーキンソン病の治験が始まる」というニュースが流れました。目にされた方々は「これでパーキンソン病が治る!」と思ったのでは [続きを読む]
  • 8月の右脳訓練ータニタ食堂と丸の内界隈(後半アルツハイマー病の解説)
  • 今回の東京行きでは、もうひとつ計画がありました。タニタ食堂。体重計や体組成計などの健康計測機器メーカーのタニタが社員食堂のヘルシーメニューを丸の内で提供、というニュースはずいぶん前に知ったのですが、場所までは調べていませんでした。今回映画館から美術館の道順を確認していた時に発見。ランチは丸の内タニタ食堂でと決めていました。いくつか目に付く工夫がありました。日替わり定食。一汁三菜。野菜を多く、また大 [続きを読む]
  • 8月の右脳訓練ー「カメラを止めないで」&ショーメ展
  • 半月ぶりの東京でした。高校同窓会の幹事会出席が最重要課題だったのですが、それだけというのも…ということで、映画と美術展を楽しむことにしました。情報を収集するにはネットが便利ですね。電車の時刻も映画の上映情報も全部チェック。一番都合のいいところを選べます。映画館は、今年3月にオープンしたばかりの日比谷ミッドタウン。二回目(「4月の右脳訓練―東京で」の後半)でしたから、スムーズに第5スクリーンに到着。家 [続きを読む]
  • 8月の右脳訓練ーふるさとノスタルジック紀行(同窓会総会)
  • 同窓会のクライマックスといえば、「応援団演舞(OB)」それに続く校歌斉唱でしょう。何回生かわかりませんでしたが、一生懸命さに心打たれました。見せてもらっている私ですら、彼らの高校生時代が眼前に繰り広げられるような気になるのですから、当事者の皆さんの心中はいかばかりかと。かつての紅顔の美少年たち、本当にありがとうございました。応援団演武の時は息を凝らして見るのですが、全員参加になると会場はこんな様子に [続きを読む]
  • 8月の右脳訓練ーふるさとノスタルジック紀行(若戸渡船)
  • いくよ旅館は戸畑駅前にありますが、そのまま海の方に進むとほんの2~3分で若戸渡船乗り場に着きます。洞海湾を挟んだ二つの町、手前の戸畑と湾の向こうの若松を繋いでいます。母の実家が若松にあったので、子どもの頃よく船に乗って若松に行きました。船の旅といっても本当にあっという間。それでも電車や車に乗って小倉や八幡に行くのとは別の「旅情」を子どもながらに感じたものでした。乗り場は若戸大橋の橋脚のすぐ下にありま [続きを読む]
  • 8月の右脳訓練ーふるさとノスタルジック紀行(いくよ旅館)
  • 母校の同窓会総会に出席するために、故郷北九州に帰りました。だいたいは小倉駅近くのホテルに泊まりますが、ネット検索していたら戸畑駅前に築100年という旅館があるという情報を見つけました。予約をしようと電話を入れたら「部屋は用意できるけど、古くてトイレも別だし、それでいいですか?」との返事。「もちろん、よろしくお願いします」チェックイン時のご主人。何と同じ戸畑高校の後輩でした。玄関に立っただけで、贅沢な [続きを読む]
  • 8月の右脳訓練ーふるさとノスタルジック紀行(付録)
  • 戸畑で泊まった、築100年を超すいくよ旅館のトイレの前の鏡です。「ルービンリキ」と「ンモレンリキ」にご注目。横書きが、左から右へ読み進める左横書きになったのは、戦後GHQが決めたことだとばかり思っていました。ブログに書くためにウィキペディアでちょっと調べてみたら、おもしろいことがわかりました。「縦書きと横書き」日本語表記は当然上から下、右から左が原則なのです。扁額などにあるように、右から左に読み進め [続きを読む]
  • 8月の右脳訓練ー大山祇神社にお参りする
  • ふるさと北九州で開催される、戸畑高校天籟同窓会総会出席のため、帰省しました。 旅程を立てていた時に「大山祇神社」の文字が飛び込んできました。 全国の山神社や三島神社約一万社の総本山がしまなみ海道の大三島にあること、福山から国道2号線経由で1時間もかからないことがわかりました。 学生時代から数えると何十回も山陽道を往来したのに、一度も寄り道をしようと思ったこともなかったのです。綿密に計画を立てることも大 [続きを読む]
  • 脳機能と運転能力
  • 新聞記事に目が留まりました。最近新しい読者の方がいらっしゃるようですから、以前に書いた記事もアップしてみましょう。近所のJガーデンのアウトドアリビングが完成しました。「自動車販売店で、車検を受けようとした男性(69歳)が認知症が疑われたために、店は警察に相談。警察と親族で運転をやめるように説得したが聞き入れず、自宅から車を走らせたところで道路運送車両法違反(無車検)容疑で現行犯逮捕。釈放の翌日病院で [続きを読む]
  • 群盲評象
  • 若い読者の方は、今日の表題?と思ったかもしれません。フロックス(いつもきれいにお花を咲かせているお宅の方が、招じ入れてくださいました)この成句の意味の解説から始めましょうか。目が見えない人を集めて象に触ってもらい、それぞれキャッチした「象」の説明を求めると、それぞれの人が触った部分の説明を「象」と主張したというインドの故事から来ています。触った場所が、鼻、耳、脚、牙、しっぽだとしたら、たしかにまっ [続きを読む]
  • サマープレゼントその2
  • 私が住んでいる伊豆高原では、天城の鹿害が問題になっていますが、ハワイ島でも!ホテルの庭の中です。野生のヤギが集団できています。まあ、まあ!食害発見。でも、基本的にはハワイの動物たちはのびやかです。海の向こうにはマウイ島。マウイ島の最高峰ハレアカラは3055mです。最高峰といえば、環太平洋の最高峰で名高いハワイ島のマウナケア。4205m。夕暮れのマウナケアはそれでも高山の印象がありますが。マウナケア(白い山 [続きを読む]
  • サマープレゼントその1
  • とんでもない豪雨、西行する台風。皆さま、大丈夫でしたでしょうか?お見舞い申し上げます。そして酷暑ということば以外には、この暑さは表現できないような・・・これだけの自然の猛威を見せつけられたら、私たち何か反省すべきことがあるのではないのかと思った人も多かったのではないかと思います。暑中お見舞いということで、ハワイの海の景色をお送りします。ホテルの浜辺で発見!本当の結婚式ではなくプロモーション撮影でし [続きを読む]
  • かくしゃくヒント35−マルチタレント奥州市千葉謙さん84歳
  • 奥州市千葉謙さんのお宅にお邪魔して、短い夏休みを満喫してきました。千葉さんのことはこのブログでも何度も触れていますが直近のを一つ。後半に千葉さんのことを書いています。「認知症予防講演会 in 奥州市江刺区」自作のミツバチの巣箱巣箱の全景です。千葉さんは一言でいうと楽しい方です。今回も開口一番の発言は「今年は天候が悪かったのか、ミツバチが来てくれないんだよ。巣箱だけでなく歓迎プレートまで用意してやってる [続きを読む]
  • 兄のことー前頭葉の話
  • 先月亡くなった兄のことを、パワーポイントにまとめてみました。来週小布施町へ行きますので、その時にお話ししようと思ったのです。理由はあります。兄が「小ボケの怖さ」「脳リハビリの大切さ」を実感してくれて、「ぜひぜひ皆さんに伝えるように」といってくれたからなのです。脳がイキイキと働いてくれるということは、とても幸せなことです。せっかく生きているのですから自分らしく生きていかなければ・・・その時のカギが「 [続きを読む]