らぅめんち さん プロフィール

  •  
らぅめんちさん: らぅめんち ○○歩き備忘録
ハンドル名らぅめんち さん
ブログタイトルらぅめんち ○○歩き備忘録
ブログURLhttp://yamabibo.blog.fc2.com/
サイト紹介文山歩いたら記録に残します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2012/04/13 22:44

らぅめんち さんのブログ記事

  • 「御座山」
  • 2017.11.24(FRI)地図を見ながら読み方に詰まる山を探していて、見つけたのがこちらの「おぐらさん」。登山口は北相木村、南相木村に其々あって、下山後に立ち寄る日帰り温泉が近い南相木村にある栗生登山口から上ることにする。深夜1時過ぎに登山口に到着。平日に上る人は少ない様で前泊の車は無し。(-_-)zzz(*´0)ゞoOシュラフに入って寝ていたが寒くて目を覚ます。天気は予報通り快晴で青空が広がっている。準備はしたいが寒くて [続きを読む]
  • 「大源太山」
  • 2017.11.10(FRI)関東の天気は悪くなくても、土日になると地方で雨が降るパターンが続いて山欠状態が続いた。新潟の山もそろそろ雪が付く頃なので、冬用タイヤに交換する前、ピンポイントで好天の金曜に山行を決行!上越のマッターホルンと呼ばれるその山容は巻機山からも眺める事ができた大源太山。空に向かって尖った山頂を初めて見たときは、何処から上るのか、本当に上がれるのか?と山肌を目でなぞったことがある。週報を手早 [続きを読む]
  • 「ハバネロ」
  • 秋の収穫。辛い物好きでハラペーニョの醤油漬けに嵌り、種から育てようとしたハラペーニョが発芽せず。w南国育ちの激辛植物の発芽は難しいことを知る。7月のある日、スーパーの店先でハバネロとブートジョロキアの苗を発見。( ̄▽ ̄)誰が買うんだよ!と思ったもののハラペーニョの代わりに…とハバネロの苗を購入。さすがにブートジョロキアを買う気にはなれなかった。w初めの頃は花が咲いてもパラパラと花が落ちてしまい、収穫 [続きを読む]
  • 「気象神社」
  • 今年の山行は天気に振り回されっ放し。雨天の山行も悪くはないが、やはり青空の下、絶景を見渡せるのが一番…。日本で唯一の気象神社が高円寺にあると聞いていたので、ふだん神様を信じていない私の様な人間が行っても意味がないのかもしれないがこんな私でも、願えるものなら残り少ない今季の晴天を願いたい!ということで雨の中、行ってみた。駅近なので致し方ない環境である為10分100円もするコインパーキングに車を停めて鳥居 [続きを読む]
  • 「鳥海山」
  • 2017.10.08(SUN)前日の夕方に象潟口登山口の駐車場に到着。駐車場には充分な空きがあり、駐車場横の鉾立山荘に宿泊する方や、車中泊する方が駐車場からの風景を楽しんでいた。だが、もともと天気が良くない所為もあって、直ぐにガスガスになり、皆それぞれに散っていった。車中で夕飯を簡単に済ませてから寝る迄、スマホで動画を見ながら時間を過す。22時半にシートを倒してシュラフを被って眠りにつく。基本的には良く寝ることが [続きを読む]
  • 「蔵王」
  • 2017.10.06(FRI)どこか遠くに行きたいなぁ…。去年の秋に計画を立てていた東北の一部に行ってみた。木曜の夜、仕事を終えて帰宅するや否や荷を車に積み、晩飯と風呂を済ませて東北自動車道へ。平日の夜ということもあって、高速を走る車はトラックが大多数。福島を越え、白石ICで降りて刈田峠へ向かう。4時間半掛けて深夜2時に駐車場に着き先行者は無し。空は薄くガスが掛かっていて月の輪郭がぼんやりと見える。翌日の天気を気に [続きを読む]
  • 「八ヶ岳連峰」
  • ちょっとまとめ。①蓼科山(2,530m) http://yamabibo.blog.fc2.com/blog-entry-18.html②双子山(2,224m)、大岳(2,381m) http://yamabibo.blog.fc2.com/blog-entry-181.html③北横岳(2,480m) http://yamabibo.blog.fc2.com/blog-entry-44.html④茶臼山(2,384m)、縞枯山(2,403m)、雨池山(2,325m) http://yamabibo.blog.fc2.com/blog-entry-190.html⑤丸山(2,330m)、中山(2,496m)、ニュウ(2,352m) http://yamabibo.blog.fc2.com/b [続きを読む]
  • 「北八ヶ岳 麦草峠以北(茶臼山、縞枯山、雨池山)」
  • 2018.09.22(FRI)前夜、家を出発して麦草峠の無料駐車場へ到着したのは深夜2時。w寝酒のビールを飲んでシートを倒して…(-_-)zzz明け方近くに目を覚まして、東の空が少し桃色に染まっているのを見て安心して目を閉じてしまった。w再び目を覚ましたら7時半!( ゚Д゚) ゲッ!トイレを済ませてから、パンを咥えながらの準備。少し肌寒かったのでレインウェアを着込んで、中は半袖で歩いている内に暑くなったら直ぐ脱げば良いや的な日帰 [続きを読む]
  • 「御荷鉾山」
  • 2017/09/18(MON)遠出して3日間フルで山歩きしようと思っていたのに、台風の所為で3連休の予定はグダグダ。最終日だけ晴れる予報になったが台風の進むスピードが遅かったので本当に晴れるか疑わしく遠出にはリスクがある。地図を見ていて読み方が分からず気になっていた「御荷鉾山」(みかぼやま)。駐車場位置と地形から、2ヶ月ほど山に上がっていなかった足には丁度良い慣らしになりそうだと感じたので御荷鉾山を歩くことを計画。晴 [続きを読む]
  • 「雷」
  • 今日も働いたなぁ〜と思いながら駅から原付で走っていると、埼玉の東側が豪く光っていたので近くの河の土手まで行ってシャッターを何回も切ってみた。wストームチェイサーなるものが居るらしく一度やってみたいなぁと思っていたんだが濡れるのが嫌でね…。w車で嵐を追いかけなくても良い一枚になった。山でこんな雷には遭いたくない。w [続きを読む]
  • 「室蘭岳(鷲別岳)」
  • 2017.07.21(FRI)鉄の街 室蘭における地球岬に次ぐシンボルであるだろう一座。前日は支笏湖畔で一日中、ぼ〜っとしていて、ラジオの天気予報で、太平洋側の一部が晴れると聞く。当初の予定から室蘭岳には行く予定だったので、最後の最後で晴れを期待して室蘭に向かった。室蘭岳の登山口は、だんパラスキー場ロッジ近く(だんパラ公園の上側)にある。水場、トイレがあり、テントが張れるスペースもある。駐車場の横、緑の上にテント [続きを読む]
  • 「銭函天狗山」
  • 2017.07.19(WED)前夜、札幌に戻って飲み過ぎて目を覚ましたのが朝8時過ぎ…。札幌の天気は青空で少し風が強め。支笏湖方面と中山峠方面の天気はイマイチ…。札幌だけ晴れなのかぁ…ん?天気予報では、小樽方面もなんとか天気が保っている様子だったので昼過ぎに登山口に向かって、着いたのが昼過ぎ。札幌は青空だったがこちらは曇天。今年はこういう山行なんだと諦めモード。登山口のすぐ近くに4、5台の車が停められるスペースがあ [続きを読む]
  • 「黄金山」
  • 2017.07.18(TUE)暑寒別岳の南西に位置する石狩市浜益区のシンボル黄金山。地元では浜益富士とか浜益のマッターホルンとか呼ばれているそうな。※下山後撮影。途中で通過した石狩の北側は雨天。翌日は晴れ間が出るという天気予報を信じて、道南に行くことを取りやめて北上したのだが…前夜遅くに登山口に到着。登山口は雨が降っていなかったので翌日の好天に期待して寝る。(*´0)ゞoO目を覚ますと、フロントガラスには雨の跡…。降 [続きを読む]
  • 「八剣山(観音岩山)」
  • 2017.07.17(MON)フェリーで日曜の夜に苫小牧に到着。月曜の朝から所用を済ませて、札幌南区の山に向おうと思ったが、小雨が降っている状態。( ̄▽ ̄;)雨なのは分かっている。けど…と思いながら登山口に到着。ポタポタと車の天井を叩く雨音を聞きながら、スマホで雨雲の流れを見ていると、もう少しで雨が過ぎて行きそうな…。そこに一台の車がやってきて、早々に山へ上がって行かれた。w物好きだなぁ…。あ、私もか。w雨音が小さ [続きを読む]
  • 「桧沢岳」
  • 2017.07.08(SAT)夏期休暇前に足を上げておこうと群馬の山に向かう。上信越道を下仁田ICで降り下道を南下して湯ノ沢トンネル手前で西上州やまびこ街道へ折れ、道なりに進んで桧沢岳登山口の標識を左折。そのあと500m程先に進むと車道の終点となり、3、4台の駐車スペースがある。群馬百名山 桧沢岳の登山口。帰りには車が1台増えていたが、朝7時半の時点では先行者無し。民家の横に伸びるアスファルトの道を上がる。幾つかの民家の [続きを読む]
  • 「鶏冠山(けいかんざん)」
  • 2017.06.24(SAT)山梨には二つの鶏冠山がある。一つは「とさかやま」と読み標高が2,177mの一座。もう一つは今回上った「けいかんざん」。標高が2千メートルに満たない1,716m。鶏冠山であれば早朝に家を出れば問題なく日帰りで帰ってこられるだろうと、4時に目覚ましを掛けて天気予報を確認。鶏冠山の東側にある丹波山村側は一日中曇り予報で、西側にある甲州市塩山は朝から晴れていて夕方になって曇りだすと…。最悪曇りかもしれな [続きを読む]
  • 「北八ヶ岳 大河原峠以南(双子山、大岳)」
  • 2017.06.10(SAT)八ヶ岳の北側には大河原峠があり、佐久市のホームページで峠の開通が6月上旬だという事は知っていたが正確な日付が分からず、電話して聞いてしまった。w電話を掛けた丁度その日に峠の確認に出掛けているらしく、その日中に状況を把握して問題が無ければ翌日にはホームページ上でお知らせ出来るとの事だったので、スマホで常時チェックしていた。w木曜夜に前の職場の上長の誘いで飲み過ぎた割には身体に疲れが残っ [続きを読む]
  • 「烏帽子岳」
  • 2017.05.30(TUE)部長がお休みというだけで、特に大きな問題も発生せず、平和に一日が終わりそうだったので、おじさんの権限で急遽翌日を休暇に設定。優秀な部下たちに託す。w家に帰って日帰り山行の荷物を車に積んで群馬へ向かう。南牧村の西上州ガイドで見つけた群馬百名山の内の一つである 烏帽子岳。烏帽子岳の登山口であるシボツ沢登山口は大仁田ダム横の三ツ岩岳登山口から少し離れた所にあり、車を停めるスペースも充分にあ [続きを読む]
  • 「男山」
  • 2017.05.20(SAT)金曜に休暇を入れて久々のテン泊を計画していたのだが、木曜日中に仕上げてしまわなければならない事ができて仕事が終わったのが21時過ぎ。( ̄▽ ̄;)家に帰って準備をして夕飯を食べて風呂に入ってから出発して…到着が3時過ぎ…無理!!w金曜はゆっくり休み、夜になってから高速で、八ヶ岳の東側に位置する男山の登山口へ。登山口の前に到着して駐車場が無い事を初めて知る。調査不足。何とか停められる所を見つ [続きを読む]
  • 「鳥ノ胸山」
  • 2017.04.30菜畑山を後にして鳥ノ胸山の麓にある道の駅「どうし」へ向かうさすがGW、車とバイクでいっぱい。w駐車場に車を停めて登山口に向かう。道の駅横の河原では川遊びをする親子もいて賑わっていた。おぉ、ミツマタ満開!幾つかのオートキャンプ場の前をスルーして舗装された道を進んで、右手にグランド、左手に「道志村グリーンロッジ」をスルーして更に前進する。登山口5/Mにトレランが開催されるとの事で至るところに簡易 [続きを読む]
  • 「菜畑山」
  • 2017.04.30久々の山歩き。今年のGWは何の予定も立てられなかった…。4月中の土日は平日の疲れが取れず家にいる始末…。GWで大きな山は混むんだろうなと里山を中心に探してみる。3月の平標山に上がって以来だからのんびり上がれるところがいい。地図を眺めていたら山梨県内に山梨百名山 菜畑山(なばだけうら)という山を見つける。なんで「やま」ではなくて「うら」なんだろうか?菜畑なんて名前なんだから山菜くらい無いか期待す [続きを読む]
  • 「革遊び」
  • 革でガスカートリッジのカバーを作ってみた。適当な大きさの皮、革紐、手縫いのロウビキ糸、菱目打ち…CB缶のサイズを測って出来上がったのがこれ。洒落てて我ながら満足。小さいOD缶もサイズを測って6枚の革を裁断。縫い目を外に向けたデザイン。My鉈のグリップを革で。4本の菱目打ちがあれば楽なんだが…。赤い紐で縫い合わせ。なかなかの良い仕上がり。買ったときの鞘に納めてみるとなんだかダサい…。カラビナを通すベルトと [続きを読む]
  • 「平標山」
  • 2017.03.20(MON)夏タイヤに履き替える前に何処か雪山はないか…と探して見つけたのが新潟県と群馬県の県境にあるこの山。三連休の最終日の朝、5時前に家を出発して関越にのり、月夜野ICで降りて三国街道を走って湯沢方面に車を走らせる。赤谷湖を越えた辺りから積雪があり夏タイヤは不可状態。w苗場スキー場を越え登山口のある所に到着したのは7時半ころ。道路沿いの駐車スペースには10台ほどの車が並び、運の良い事に端に空きが [続きを読む]
  • 「火事場跡(鳳凰山)」
  • 2017.03.04(SAT)-05(SUN)2か月以上も山から離れていたのでリハビリを主目的として雪中テン泊ができる山を探す。前夜、仕事が終わってから、用意しておいたテン泊荷物を車に積んで夜叉神の森へ向け車を走らせて、中央道 双葉SAで下りて山梨県道20号線を芦安方面へ。芦安村へ来たのは2012年夏、北岳     山行のとき以来だ。あのときは広河原にある北岳登山口までは乗り合いタクシーを利用しなければならなかったので、芦安村の [続きを読む]
  • 「Original Low Table」
  • 今シーズンは雪山を満喫しようとシュラフを追加で買ったのだが、1月はお袋が他界、2月は自分がインフルエンザに罹り、と2017年のスタートはぐだぐだで1年の6分の1が過ぎ去っていった…。日帰り山行では行動食か軽食程度で済ませる事が多いため、テーブル不要派なのだが、積雪期の山で一寸湯を沸かしたい…物をちょっと置きたい…といったときにはやっぱりテーブルがあったら便利なんだろうな、と。けど、もともとテーブル不要派な [続きを読む]