ママはTESOLホルダー さん プロフィール

  •  
ママはTESOLホルダーさん: がんばらないバイリンガル育児
ハンドル名ママはTESOLホルダー さん
ブログタイトルがんばらないバイリンガル育児
ブログURLhttps://ameblo.jp/bilingual-ny/
サイト紹介文TESOL(英語教授法)を学んだママがNYで8歳、6歳の息子のバイリンガル育児を実践。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供276回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2012/04/14 06:07

ママはTESOLホルダー さんのブログ記事

  • 発音のせいで英語が通じない時
  • 今日の夕飯時のテーマは「随筆とは何か?」。 次男が今度学校で随筆を書くようで、質問してきました。  随筆ってエッセイと同じなんじゃないの?いつも英語でエッセイを書いてるでしょ?あれと同じ感じでいいんじゃない? と言ってみたのの、調べてみると、エッセイとは違うという意見もあり。 ということで、まずは エッセイってそもそもなんだろう? を知るためにGoogleHomeに聞いてみました。 Ok Google. What is an essay? [続きを読む]
  • 英検準一級の英作文スコアが大幅アップした生徒さん
  • 先日嬉しいご報告がありました。 英検準一級の英作文添削を短期で受講された生徒さん(小学6年生)が無事に一次試験に合格されたとのこと。 ライティングのスコアは前回から140ほどアップ! 16点中15点の高得点でした。 おめでとうございます この生徒さんは、 英語塾のネイティブの先生に添削をお願いしても、さほど直されるところはないのに本番では点数があまりよくない どうやったらライティングの点数が上がるかわからない [続きを読む]
  • 帰国子女枠受験用のスクールに通う必要はある?
  • 「帰国子女枠受験(英語入試を含む)をするには、専用のスクールに通う必要がありますか?」 という質問を個別コンサルで時々受けます。 今日はそれに関して書いてみます。 質問の答えは、 「学校による」 です。 学校によっては、合格者数のほとんどが、ある帰国子女向けスクール生ということもあります。 (90%以上とか、95%以上とか、かなりの高い割合です。) オリジナル教材を使って、その学校の入試に出やすい問題 [続きを読む]
  • 英語力を保つための家庭学習☆理想と現実
  • 帰国子女が、帰国後に英語力を保つために勧められることの一つに、日記があります。 帰国子女の家庭学習について書かれた、次の2冊にも英語で日記を書くことが勧められています。 私たちはいかにして英語を失うか―帰国子女の英語力を保持するためのヒントposted with amazlet at 18.06.19服部 孝彦アルク売り上げランキング: 270,935Amazon.co.jpで詳細を見る 帰国子女-帰国する前に親子で読む本posted with amazlet at 18.06.1 [続きを読む]
  • 増える英語入試!コミュニケーション力重視の入試も
  • ここ数年は帰国子女受験エッセイの添削や、英語レッスン、個別コンサルでの受験相談などを通して、受験生と接することが多い日々を送っています。 わたしが指導しているのは帰国子女受験希望の方が中心ですが、(帰国子女枠ではない)英語入試希望の方もいらっしゃいます。 帰国子女じゃなくても受けられる英語入試が増えてきていますしね。 首都圏の中学入試に関しては、英語入試を実施した中学は、2014年の時点では15校でし [続きを読む]
  • 子どもの自己肯定感を高め、親子の信頼関係を培うためにできること
  • 今日は「子どものこころのコーチング講座(銀座二期)」の第一日目でした。 今期は7名の受講さまと学びを共にしてます。 第一日目のテーマは「信頼関係の土台を作る聞き方」。 コーチングのスキルの中で最も重要なのは「聞く」ことだと言われています。 聞き方を変えるだけで、親子の信頼関係が培われ、子どものとの関係が大きく変わります。 また、子どもの話を聞くということは、子供を丸ごと認めてあげることに繋がります。 [続きを読む]
  • 気持ちに寄り添う言葉がけ。次男のコーチング講座 ?
  • 先日、ソファの前に置いているコーヒーテーブルを移動させる時に、足をテーブルの脚にぶつけてしまいました 痛い、痛い。 と一人で騒いていると、次男が、 痛かったね。 と気持ちに寄り添ってくれました。 夫が、 今の動かし方は、少し乱暴じゃない? と、テーブルの動かし方のアドバイスをしようとすると、次男が、 パパ、「子どものこころのコーチング」では、こういう時は、 「痛いよね」と、同じ言葉を繰り返すといいんだ [続きを読む]
  • 中学受験、乗り遅れる!
  • 次男は小学6年生。 帰国子女枠で受験をします。 受験に関しては、二人目ということもあり気持ちに余裕があります。 長男の時は、まずは受験するか、しないかで悩み、 その後学校選びで悩み、 初めて学校説明会に行ったのは6年生の夏前でした。 次男の場合、長男の影響もあり、受験することはすぐに決まりました。 学校もある程度絞っており、興味のある学校には長男の時に説明会に行っているので、気が楽です。 そして本日、 [続きを読む]
  • 朝、目覚ましなしで起きられるワケは?
  • 私は毎朝6時前起床を目指しているのですが、最近は5時〜5時半に自然に目が覚めます。 目覚ましなしで起きられる理由は、寝室にカーテンがなく朝日が差し込むから。 朝日のおかげで体内時計がリセットされて、シャキッと起きられます。 (日の出が遅い冬は目覚ましが必要です) 今の家に住み始めて約5年。(アメリカに行く前の一年を含む) 寝室にカーテンいるかな?いらないかな?と悩んでいるうちに早5年。 もうカーテンな [続きを読む]
  • ご提供中のメニュー
  • ご提供中のメニュー◆ 個別コンサル6月の予約可能日:6/22 6/25 6/27 6/29◆ 子どものこころのコーチング講座 (6/14 6/28 7/12)満席*次回は秋に開催します。 お問い合わせはこちらから。 ◆「英語 × コーチング × 教育」をテーマとしたバイリンガル育児情報をニュースレターで配信しています。ニュースレター のご登録はこちらからプロフィール [続きを読む]
  • 発音矯正アプリで発音練習をやってみた!
  • 発音矯正アプリ「ELSA speak」をやってみました。 関連記事:ELSAの完全ガイド 現在、7日間のフリートライアル中です。 私は、英語の発音に関しては、ちゃんと勉強したことがなく、適当な感じ なので今更ですが、しっかり勉強してみようと思いElsaをダウンロード。 ElsaはAIを利用して、発音チェックをしてくれます。 RとLは問題なし。 スターウォーズのセリフの発音チェック。 数字は発音のネイティブ度を数字化したも [続きを読む]
  • 好きを活かした役割分担で家族円満
  • 明日はちょっと緊張の「会」があります。 春頃からチームで準備を重ねてきました。 チームで仕事をする際に気をつけているのは、それぞれの「強み」を活かして役割分担すること。 そうすることでストレスなく、スムーズに仕事が進みます。 家庭内では、それぞれの「好き」を活かした役割分担をしています。 夫は料理が好きなので、料理をしてくれます。 料理をするのは週末のみですが、平日の分もついでに作ってくれることも。 [続きを読む]
  • 英語維持、やっぱり〇〇が一番大事!
  • 帰国生の英語維持のために一番大切なアクティビティはなんだと思いますか? こちらの本によると、 帰国子女-帰国する前に親子で読む本posted with amazlet at 18.06.04チャールズ・カヌーセン南雲堂 (2018-01-31)売り上げランキング: 19,293Amazon.co.jpで詳細を見る その答えはリーディングだそうです。 例え帰国生がリーディング以外のスキルを保つためのことをほとんど行なっていなかったとしても、英語で読書をするのが大好き [続きを読む]
  • 帰国子女は不幸なのか?
  • 金曜日に送ったニュースレターで少し触れましたが、最近読んだ「日本人の9割に英語はいらない」という本に 「帰国子女は不幸である」 という意見がありました。 今日は、これについて思うことを書きます。 世の中では、帰国子女に対して 「帰国子女っていいよね。そう努力せずに英語を話せるようになるし」 というイメージもあるかと思いますが、帰国子女を育てている親として思うのは、 帰国子女は努力しているし、苦労もして [続きを読む]
  • 小学生の英検準一級、一級受験
  • 今週末は英検ですね。 ということで今週は、生徒さん用に、集中レッスンや英作文の添削を行いました。 今日の記事は、小学生の英検準1、1級受験について。 小学生が英検準1、1級を受ける場合、単に「英語力」の問題ではなく、問題の背景知識がないゆえに点数が取れにくくなる場合があります。 リーディング問題の場合、書いてある内容に馴染みがないので意味を掴みにくかったり。 英作文の場合、トピックの背景知識をよく知 [続きを読む]
  • 究極の先取り教育とは?
  • うちの長男は「勉強」というものをあまりしません。 次男が、 お兄ちゃんが家で勉強しているところをあまり見たことがないけど、中学校は宿題はないの? と不思議に思って聞くほどです。 宿題は学校でやったり、家でささっとやったりしているそうです。(長男談) そんな長男は定期テスト前の試験勉強もあまりやりません。 苦手な数学や理科に関しては、そもそも「目標点数」を低く設定しているので、勉強量が少なく。 得意な社会 [続きを読む]
  • 断捨離は子どもの意欲向上を妨げる?
  • 私はすっきりした部屋が好きです。 なので、定期的に断捨離をしています。 以下、4年前の日記。 私の今年の目標のひとつに、「空間、思考のオーガナイズ」があります。昨年末から、モノの整理を始め、家の中のモノが半分以下に減り、空間がスッキリ☆ モノを整理する際に、基準となるのは自分の価値観。 「自分にとって必要な物は何?」「私はどういう生活がしたいの?」 と自分に問いかけながら整理をすることによって、自分軸 [続きを読む]
  • 自己肯定感を高めるに、毎晩〇〇をする!
  • 週末にボーク重子さんの講演会に行ってきました。 ボーク重子さんについての過去記事: 世界最高の子育てをしてみませんか?バイリンガル育児で気をつけるべき事。英才教育も宿題も必要なし!? 世界最高の子育て――「全米最優秀女子高生」を育てた教育法posted with amazlet at 18.05.29ボーク重子ダイヤモンド社売り上げランキング: 340Amazon.co.jpで詳細を見る あっという間の2時間でした。 重子さんの熱いパッションを感 [続きを読む]
  • バイリンガル育児とSNSの落とし穴
  • 今日は運動会でした。 次男の小学校では、お弁当を、校内で食べるファミリーもいれば、隣の公園で食べるファミリーもあり。 また、一旦家に帰って素麺やピザを食べるファミリーもいます。 我が家は公園派です。 選択肢があるのはいいですね。 より自由を感じ、ストレスがありません。 でも時には、選択肢が多すぎてストレスになることもあります・・・ 昨日の記事で紹介した本、「Bonjour Happiness!」に次のような、著者の経験 [続きを読む]
  • バイリンガルと食文化
  • 今日は次男が通う小学校の運動会です。 次男の好きなものばかり作りました。(夫との共同作業) 写真の通り、おにぎりは海苔ナシです。 次男のリクエストは、ツナおにぎり(海苔ナシ)と塩おにぎり(海苔ナシ)。 アメリカに住んでいた時、周りのアメリカ人の子に塩おにぎりが好評でよく作っていました。 塩で味付けしただけのシンプルなおにぎりです。 学校のフェスティバルで塩おにぎりを売ったり、 日本文化を紹介するイベン [続きを読む]
  • あなたにとっての「幸せ」はフランス式?それともアメリカ式?
  • 本を読むのは好きなので、いつも同時に3冊ほど読み進めています。 今読んでいる本のうちの一つはこちら Bonjour, Happiness!: Secrets to Finding your Joie de Vivreposted with amazlet at 18.05.24Jamie Cat CallanCitadel (2011-04-01)売り上げランキング: 198,132Amazon.co.jpで詳細を見る 日本語版もあるようです。 いつも、いまが幸せ 〈生きる喜び〉を見つける12のレッスンposted with amazlet at 18.05.24ジェイミー・ [続きを読む]
  • コーチングの効果。夫もコーチングを学ぶ!
  • 最近、夫がコーチングの講座を受けました。 夫とコーチングとの出会いは10数年前。 会社での研修です。 その時は、一方的に質問され、あまりコーチングに対していい印象を持たなかったらしいです。 「コーチング=質問すること」というイメージがありますが、質問する前に大切なのは「聞く」こと。 まずは相手の話をしっかり聞き、信頼関係を築く事が重要です。 信頼関係がしっかり築けていないと、どんなに良い質問をしても、 [続きを読む]
  • スピーキング力維持の秘訣
  • ブログでは「バイリンガル育児」という言葉を使っていますが、我が家では私が子供達に英語で話しかけることはありません。 私にとって心地の良い言葉は日本語なので、子供達へ語りかける時は日本語オンリー。 なので当然親子の会話は日本語。 でも先日、英語の練習がしたくて、次男にお願いして英語で会話をしてもらいました 私の場合、なかなか日常的に英語を話す機会がないので、流暢さが失われてきているなぁと実感。 一方、次 [続きを読む]