ママはTESOLホルダー さん プロフィール

  •  
ママはTESOLホルダーさん: がんばらないバイリンガル育児
ハンドル名ママはTESOLホルダー さん
ブログタイトルがんばらないバイリンガル育児
ブログURLhttps://ameblo.jp/bilingual-ny/
サイト紹介文TESOL(英語教授法)を学んだママがNYで8歳、6歳の息子のバイリンガル育児を実践。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供300回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2012/04/14 06:07

ママはTESOLホルダー さんのブログ記事

  • 三種の神器
  • 体調を崩して寝込んでいました。 今回、熱はあまり高くならなかったものの、ぐったりして動けませんでした。 ここのところ忙しかったので、体が休養を求めていたのかもしれません。 体調が悪い時、我が家で大活躍なのが下の3つ。 ホメオパシー マヌカハニー エキナセア&プロポリス喉スプレー ちょっとした風邪ならこれらで治ります! 我が家は、軽度のウイルス性の風邪の場合は、病院へは行かず、薬も使いません。 久々に [続きを読む]
  • 子供が見た方がいい映画!?
  • 夫がアメリカから次男用にいくつか雑誌やコミックブックを買ってきてくれました。 そのうちの一つがこれ  映画「ブラックパンサー」の主人公を演じるチャドウィック・ボーズマンが表紙です。 この表紙を見て、次男が  Newselaで「ブラックパンサー」を絶賛していたよ。Help Children see "Black Panther"(子供達に”ブラックパンサー”を見せよう)キャンペーンもあるみたいだよ。 と教えてくれました。 確かにNewselaを見 [続きを読む]
  • またまたラーニングスタイルのお話。3年8組の先生とは?
  • 今日は夕飯時、長男と「先生論」で盛り上がりました。 「こんな先生は嫌だ。」 「先生たるもの〇〇べからず。」 「自分が教える教科を愛し、生徒とのインタラクションを大事にする先生の授業は面白い。」 「嫌いな先生でも、専門知識が豊富な先生は尊敬する」 などなど、語っていた長男。 そんな長男の理想の先生を聞いたところ; 3年8組の先生かな。 (私の心の声):3年8組? もしかして、Bが8に変化した?? Bと8似 [続きを読む]
  • 【ご感想】バイリンガル育児の醍醐味
  • 「バイリンガル育児を成功させるために大切な家庭環境づくり講座」のご感想を頂きました。 講座では、主に、 ◎効果的なインプット◎発話につなげるには?◎バイリンガル育児がうまくいく環境づくり についてお話しました。 参加者の皆さんが、親子の絆を深めながら、効果的に、そして楽しくバイリンガル育児ができるようになるといいなぁという思いを込めて作った講座です? 先日は、ありがとうございました。 楽しい時間を [続きを読む]
  • 子供にあった方法でバイリンガル育児を!
  • 今日はいいお天気でしたね。 夫と神社へお参りに行ったり、海辺をお散歩したりと、健康的なデートをしました 今日はラーニングスタイルについて書きます。 ラーニングスタイルについては、過去にも何度か記事を書きましたので、そちらも読んで見てくださいね。 子供にあった学習法で英語を学ばせよう! 書いて覚える人 教え方を間違うと、、、ラーニングスタイルにそった教え方の大切さ 人にはそれぞれ学びやすいラーニング [続きを読む]
  • 【ご感想】バイリンガル育児講座を開催しました。
  • 昨日は、「バイリンガル育児を成功させるために大切な家庭環境づくり講座 を開催しました。講座では、主に、 ◎効果的なインプット◎発話につなげるには?◎バイリンガル育児がうまくいく環境づくり についてお話しました。 参加者の皆さんが、親子の絆を深めながら、効果的に、そして楽しくバイリンガル育児ができるようになるといいなぁという思いを込めて作った講座です? ご感想をいただいたので紹介します。 環境を整える上 [続きを読む]
  • 受験勉強と読書 ☆コンフォートゾーンを抜け出せ!
  • 次男が通う英語スクールでは、3月から受験コースがスタートします。 週に1回のコースなので、今後このコースの宿題を日々しっかり家でやることが、志望校合格のための受験勉強となります。 (次男の場合です。志望校によって、やるべき勉強は変わってきます。) 宿題にプラスして、今まで通り、読書&ニュース記事を読む事をやっていきます。 読書もニュース記事を読むことも、次男にとっては全く負担はありません。 読書は趣味 [続きを読む]
  • 2019年度帰国子女入試に向けての勉強計画
  • 2018年度の帰国子女入試も終了し、新6年生の皆さんは受験生生活がいよいよスタートですね。 某帰国子女向けスクールでは、模試の結果を元にした面談が今ちょうど行われているところだと思います。 受験生の親としては、模試の結果はドキドキしますよね。 模試の結果により、クラスが決まったり、志望校合格の可能性がどのくらいかが見えてきたり。 結果が良ければ嬉しいし、悪ければ不安になる。 親としては当然だと思いま [続きを読む]
  • 年間学費40万円のインターナショナルスクール@キリロム
  • 一つ前の記事で、実質負担金ゼロで、英語でITが学べるカンボジアのキリロム工科大学について書きました。 奨学金がもらえて英語で学べる海外大学 ☆ キリロム工科大学 今回はその関連記事です。 キリロム国立公園内では、高原リゾートと大学キャンパスを融合させた都市開発が行われています。 イメージ的には、「軽井沢」??「筑波」??「シリコンバレー」を目指しているとのこと。 今年の9月にはインターナショナルスクー [続きを読む]
  • 奨学金がもらえて英語で学べる海外大学 ☆ キリロム工科大学
  • 私はできれば子供達には海外の大学へ進学して欲しいと思っています。 ということで海外の大学情報を日々リサーチしています。 ほとんど趣味です 先日、面白いなぁと思う大学を見つけたのでシェアします。 カンボジアのキリロム工科大学 キリロム工科大学は、首都プノンペンから車で南に2時間ほどにあるキリロム国立公園内にあります。 日本人IT起業家の猪塚武氏が学長を務める大学です。 猪塚氏は、得意のITを活用し、人材の教 [続きを読む]
  • 小学生と英検一級
  • 英検一次試験の結果が昨日出ましたね。 帰国子女受験用のエッセイ指導をしていた元生徒さんのお母さんから、 一級の一次に合格したのと嬉しい報告を受けました 例え帰国子女でも、インターに通学中であっても、 小学生にとって英検一級(特に一次)に合格することは簡単ではありません。 準一まではすんなり合格しても、一級合格には時間がかかるケースがほとんどです。 というのも まず、一級の語彙は難しい。 さらに、出題さ [続きを読む]
  • 楽しく、英語で、世界史&日本史を学ぶ!
  • 子供たちがまだ小さかった頃、 「遊びを通して学ぶ」 ことを大切にしながら子育てをしていました。 親や先生が準備したものから学ぶのではなく、 自ら興味を持ったものを通して学んで欲しいと思っていました。 そういう教育観の中で育ったうちの子供たちは、今でも 「遊びながら学ぶ」 傾向があります。 例えば、歴史の知識が豊富な長男。 その知識はゲーム通して学んだものです。 特に、スウェーデンのParadox Interactiveと [続きを読む]
  • お子さんの英語習得のために大切なこと
  • 1月からとある講座を受講し始めました。 新しい気づきが多く、学ぶ楽しさを感じています。 その講座で、講師の方が、 「ノウハウは大切。でもノウハウだけでは不十分。そのノウハウの元となるマインドを理解する必要がある。」 というようなことをおっしゃっていました。 これは、バイリンガル育児にも当てはまりますね。 英語習得にインプットが大切だということは、ご存知の方が多いと思います。 英語のインプットには; 読 [続きを読む]
  • 日米「コミュニケーションがうまい」の定義の違い
  • 某大手企業に勤める友人が、 都合の悪いことを伝えるときに、語尾をごにょごにょとごまかしてはっきり言わない同僚が多くてムカつく と言っていました。 この状況わかる! きっと言いにくいから、相手に察してもらいたいのでしょうね。 「伝え方・話し方の教科書」(byパックン)に、日米のコミュニケーションついて次のように書かれていました。 日本とアメリカでは「コミュニケーションがうまい」の定義が違う。アメリカで育 [続きを読む]
  • 「良い生徒」とは?
  • 「良い生徒」ってどんな子のことを言うのでしょう? と言う質問を次男にしました。(宿題です。) 次男の答えは以下の通り。 *実際は英語で答えました 人によって「良い生徒」の定義は異なる。 自分と同年代の子たちは、 成績がよく、知識がある子を「良い生徒」だと思う。 一方親は、 自信があり、エネルギーに満ち溢れ、際立っている子を「良い生徒」だと思う。 周りを観察しての、次男なりの解釈なんだろうなぁ。 よく見 [続きを読む]
  • 帰国子女受験お疲れ様でした
  • 一般の中学受験はいよいよ今週からスタートですが、一足先に始まった帰国子女受験はほぼ終了です。 エッセイ指導や個別コンサルで関わらせて頂いた方々から、合格のご報告をいただいています。 みなさん、お疲れ様でした!! 一番長くエッセイ指導(メール相談付き)をしている生徒さんのお母様から本日連絡があったのですが、メールのやり取りが100通を超えていたとのこと! エッセイ指導の話題だけでなく、受験の悩み、子 [続きを読む]
  • 冬の夜のオランダ移住妄想
  • 妄想が趣味(?)の私。 先日「海外で生活したいな」という気持ちになり、妄想がスタートしました。 以前こんな妄想を記事にしたこともあります ↓ 今回の妄想はオランダ移住。 オランダの教育には以前から興味があり、オランダ移住している人のtwitterやサイトをフォローしたりしているものの、いまいちオランダ移住に前向きにな気持ちになれませんでした。 その理由は、夫がオランダ嫌いだから。 夫は、フランスで学んでい [続きを読む]
  • 親の生活習慣と子どもの学力の関係は?
  • 今日は、こちらの記事の続きです 学歴に関係なく活躍している人の共通点 花まる学習会代表、高濱正伸さんの 「学歴に関係なく、社会に出てから大活躍している人が、どんな育ちをして誰と出会って何を学んできたのか。」 をテーマとした記事の読んだ感想です。 記事はこちら  【高濱コラム】『ともに成長する』2018年1月 高濱正伸さんが以前、中学生の学力の総合成績と親の生活習慣の関係を調べたところ、次のような結果が出ま [続きを読む]
  • コツコツと語彙学習。ちりも積もれば・・・
  • 久々の雪ですね 夕方、英語レッスンからの帰り道、薄暗い中雪遊びする子を多数見かけました。 子供は元気だな〜。 写真は、FBに流れてきた6年前の今日の写真 @ NY郊外公園でそり遊びする子供達。 英検準二級にむけて勉強中の生徒さん。 単語帳が今日から5冊目になりました。(単語帳は私の手作りです。) 今日の生徒さんは、 英語の学習は、私とのレッスンでの週に一度のみ という状況で英語と触れる時間は少ないですが [続きを読む]
  • 試験前。集中力の理由は?
  • 次男は週に一度英語スクールに通っています。 本日は模試の日。 この模試の結果で、6年生からのクラスが決まります。 今朝は6時ごろから、机に向かって何かに集中していた次男。 もしかして勉強?? と覗いて見ると、お絵かきでした スーパーマン。 これから仲間たちを追加していくそうです。 次男は特別絵を描くのが好きというわけではありませんが、時々(数ヶ月に一度)絵のブームがきます。 6年前に次男が描いた絵を見 [続きを読む]
  • 「考える力」の必要性と言語化能力のない若者たち
  • 昨日はzoomにて「子どもの考える力を伸ばすコミュニケーション講座」を開催しました。 こんな感じでやっています ↓ 今回は、「考える力」の中でも、「言語化」に焦点を当ててお話ししました。 言語化能力とは、解釈力や説明能力のこと。 言語化することによって、私たちは思考を「整理」「形成」「深める」ことができます。 私は、この言語化能力は、私たちがよりよく生きていくために必要な能力だと思います。 大東文化大学准 [続きを読む]