美ハーモニー さん プロフィール

  •  
美ハーモニーさん: 不登校・ひきこもり と向きあった日々
ハンドル名美ハーモニー さん
ブログタイトル不登校・ひきこもり と向きあった日々
ブログURLhttps://ameblo.jp/be-harmony0203/
サイト紹介文私たちは不登校・ひきこもりを体験した子どもたちをもつ保護者の集まりです。私たちの経験をつづります。
自由文美ハーモニーは、不登校・ひきこもりを体験した子どもたちをもつ保護者の集まりです。不登校・ひきこもりという出来事で、私たちは多くの気づきと学びを得て、親子の絆をはぐくんできました。「先の見えない不安や苦しさ」「相談できない孤独」「わかってもらえない悲しさ」・・・「同じように悩んでいる方々の役に立てたらいいなぁとの想いで“歩んできた日々のこと”“気づいたことや学んだこと”などを、伝えていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/04/15 00:20

美ハーモニー さんのブログ記事

  • わたしは私。②
  • わたしは私。①のつづきです。 子どもは新しい「私」を生きるために模索しているとき 私も「正論」という高い壁に立ち向かっていた 自分で新しい「私」を見つける子どもも大変だったろうが 子どもに不登校という課題を突きつけられ 嫌々ながらも 新しい「私」を始めるしかなかった私は不平不満の塊だった 何度も、何度も、この子がいなかったら と思った それでも、 この子の笑顔が見たい この子の笑顔が見れるまでは死ねない との [続きを読む]
  • わたしは私。①
  • 木村拓哉さんの西武・SOGOのCM わたしは「私」 正解はない。 「私」があるだけ。 誰にも似ていない人生は大変だ。まわりはいつも、口を挟みたがる。「こうあるべき」から逸脱した瞬間にナイフのような鋭さで、言葉が、視線が、一斉に攻めてくる。 でも、それに屈していたら新しいものは、生まれにくくなる。予定調和と正論が、今日を息苦しくする。正解が一つしかない世の中は退屈だ。 あたらしい「私」を始めるのはいつだって [続きを読む]
  • 意欲を持ってもらうために
  • 夫が新聞を見て、「今は人材が不足しているんだからA(むすこ)も何かやってみればいいのに・・・」「いつまでこの状況が続くんだろう?」そんなことを言いました。 私は「そうね」と言いつつ、ちょっと不安になりました。でも今までの美ハーモニーでのミーティングで話し合ったことを思い返しました。 まず今までの私は夫からそう言われると自分を責めているように感じていました。それは私が勝手に思ったことで、むしろ夫もどう [続きを読む]
  • つい出てしまう否定の言葉
  • お正月をどう過ごしたかという話を友人としました。 彼女は引きこもり気味の息子さんに親である自分たちが死んだ後、困らないように彼にお皿の洗い方を教えたと話してくれました。 お皿を洗った息子さんが「結構ちゃんとできるじゃん」という態度をしたので彼女は「今日はお湯でやったから簡単にいったけど、お湯が出ないことだってあるんだからね」と言ってしまったというのです。 この話を聞いて私も以前子どもの言葉を否定して [続きを読む]
  • イライラ
  • 今日は日曜日、お休みだ。 私が起きたら息子はこれから寝るところだった。 また夜通しゲームをしてたんだそう思った。 昼前、私は用事があって出掛けた。出掛けるとき、夫が私に聞いた。「帰りは何時?」私は、イラっとしたけど答えた。「1時には帰れると思う。」 私は夫に何時に帰る?なんて聞いたことが無いのに、何で私は聞かれて答えなきゃならないの? そう思った。 出掛けるとき、同居している祖母(私の母)が言った。 「 [続きを読む]
  • 自分に返ってくる?
  • 年末年始、特に主婦は忙しいと私は想う。 私は食事の準備と後片付けに追われる、と想っている。 大晦日の昼から始まり、夜の食事に年越しそば、元旦はおせち料理に夕飯。 メニューは考えてあるけど、とにかく1食終われば、次の食事・・。次々やることがあって休む暇はない。 今年は、2日〜3日に温泉に行くことにした。 元旦の夕食後、私にはやることが盛り沢山。 食事の後片付け、洗濯物をたたむ、明日からの旅行の準備、明日 [続きを読む]
  • 気持を変えたら
  • 私は年末年始が苦手お料理もそうだけど主人が家にいる時間が長いから必ず喧嘩になるお休みの最初は我慢しているけどだんだん我慢しきれなくなり最後には爆発してしまう子どもたちにもつい当たり散らしてしまういつもお正月休みが終わると疲れ そして後悔する今年は子どもも全員帰省することになり準備も大変何よりも私の心の準備が‥・とにかく穏やかに過ごせるように無理をしないようにした嫌いな料理は簡単に済ませ主人にもたく [続きを読む]
  • 時間が経てば‥・
  • 中学の3年間不登校だった息子厳しい父親とよく衝突していた家出をしたりアルバムから父親の写真を全て剥がしたこともあった絶対許せないといつも父親のことを嫌っていたそして恐れていた大学を卒業した頃から自分の考えをきちんと父親に話せるようになってきた今年の年末年始久しぶりに帰省してきた大学を卒業してもう5年以上経つがお正月に息子がいるのは始めてだ以前は家族が揃う年末年始は私には恐怖の時間だった必ず息子と父 [続きを読む]
  • 新年会
  • 今年の一月二日に、我が家の新年会が出来ました。 息子をはじめ、長女家族、次女親子、私と八人で集まりました。残念ながら夫は、写真での参加です。 元気に成長している三人の孫の顔を見て、こちらも元気になります。何よりも息子の顔を見られるのは、嬉しいことです。 テーブルの上には、今出来る精一杯のご馳走を並べました。皆んなで乾杯をして、孫達にお年玉をあげて、おせち料理の批評をしながら、皆んなで食べられる幸せを [続きを読む]
  • 誰か一人でいいから
  • ある親戚のご家庭の(四人家族で父親、母親、長女、次女)親子関係が長年に渡り微妙によくない話しを聞きました。 その話しを息子が来た時に、聞かせたら「誰か一人でいいから、人のせいにしないで自分を見つめ直してくれると、いいんだけどね」「話しを聞いている限りだと、それぞれが周りの誰かのせいにしている。それだと関係はよくならない。誰か一人が気づいてくれるとよくなるよ。誰か一人でいいんだけどね」と彼は言いまし [続きを読む]
  • 意思表示
  • 最近、次男は長男からのLINEを無視する 連絡がつかないと長男から私に連絡があり私から次男に長男がLINEしたことを伝えるでも、次男は見ようとしない 先日そのことが気になると話すと○○さんから「無視するのも返事でしょ」と、言われた 確かに・・・LINEは開くと既読がついてしまう読んでいるのに返信しないのはちょっと・・・でも、NOの返信はしづらいだったら最初から見なければいいそんな気持ちなのかも・・・ [続きを読む]
  • 不思議なメガネ
  • 私は不思議なメガネを持っている 心配事や不安など不快なことでこころが揺れた時、そのメガネをかけてみる すると あまり深く考えずに、まぁいいか〜と、スーッと流せて・・・・ みんな同じだから、これでいい!とも思えて・・・ 安心できたように感じてちょっと気分が楽になる気がする それに、辛い時を乗り切るにはこうする以外の仕方を知らなかったし・・・ 長い間そうしていたらメガネをかけていることをすっかり忘れるほど、 [続きを読む]
  • 分かっているんだけど・・・
  • 週末、新しいゲーム機を購入した娘 次の日は遅くまでゲームを楽しんだみたいだ 月曜日、なかなか起床できず いつもより遅くなりながらも がんばって身支度を整えていたが 何もしていない夫に対して 「うるさいからあっちに行って」 私にも 「マスク用意してよ」 と機嫌が悪い声で言う 昨日、ゲーム楽しくてやり過ぎて 眠いよね 会社に行きたくないよね 満員電車に揺られるかと思うと 気が重いのも分かるけど・・・・ 何かにあ [続きを読む]
  • この時期、ザワザワします
  • 今の時期、年賀状が届く 近況報告が書いてあったりする それを読むと 私の中でザワザワするものがわき上がって来る 人は人 比べることはないと思っていても 子どもが不登校、ひきこもりを経験して みんなと同じようにはいかなくなって この子はこの子の幸せがある それを日々感じていても 腹黒い私が出現する時がある 進学しました(良かったよね、うちの子は家から出ないし・・・) 結婚しました(うちの子は結婚する気は感 [続きを読む]
  • 決めつけ
  • 知り合いに人のことを決めつける人がいます。「あの人はこういうタイプの人よね。」「やっぱり〜さんだからそうすると思った。」と言います。それを聞くと私はとても嫌な気分になります。 どうしてそう決めつけるの?その人がどうしてそうしたかという理由の方が大切じゃない? でもよく考えてみると自分もそうしてきました。「子どもはこうあるべき」とか「親はこうするべき」とか・・・ なんだか縛られていて窮屈だな、最近はそ [続きを読む]
  • 不登校から学んだメッセージ
  • 孫が産まれて、自分の子育てを振り返る機会ができました。 自分に初めて子どもが産まれたとき私はどんな気持ちだったか・・・ 子育てを楽しむというより、この子をちゃんと立派な大人に育てなくてはと、へんな力みが入っていたような気がします。 正しいことを教え、間違ったことは正さなくてはと。 そんなまじめな両親に育てられた子どもはきっと疲れ果ててしまったのでしょう。その結果は不登校という形に出ました。 子どもは自 [続きを読む]
  • 雲が動いてる
  • 旅行した。 レンタカーで明石海峡大橋を渡った。初めて渡った明石海峡大橋。すごい橋だった。 欄干が高くて、大きくて、空に吸い込まれるようだった。このまま走ったら空を走れそうだと感じた。 人が造ったんだよね?人間ってすごいなって思った。 渡ってきた明石海峡大橋が露天風呂から見える温泉に行った。 まだ、青空の中に大きな雲がいくつもあって風にのってどんどん右から左へ流れていった。 自然ってすごいな。雲を浮 [続きを読む]
  • 新年、おめでとうございます
  • 明けましておめでとうございます 新年早々、お読みいただきましてありがとうございます 美ハーモニーのブログも6年目を迎えることができました じつは書き続けて6年経った今でも  こんなこと書いて良いのかしら・・・ 不快に感じられるのではないかしら・・・・ こんな書き方で伝わるのかしら・・・ と、迷ったり不安になったりします それでも続けられるのは読んでくださるみなさまがいらっしゃることが励みになっているから [続きを読む]
  • ありがとうございました。
  • 2017年、最後の1日となりました。 ブログを見てくださっている皆さまにとってどんな1年だったでしょうか? たとえ望んでいなかった1年だったとしても・・ 誰にでも平等に新しい年は訪れます。 今を否定したくて辛い、 やってられないと思う、 いつまで続くのか不安に襲われる、 美ハーモニーのメンバーもそんな年末を過ごした経験があります。 不安を整理して、今に向き合う、 今の積み重ねが未来を造る、 どんな今を積み [続きを読む]
  • 今も続く共感
  • 一人暮らしをしている息子たち普段は音沙汰無し時々は私も気になるがまあー元気にやっているんだろうと思うことにしているでも突然電話やメールがくることもあるそんな時はたいてい困ったとき体の具合が悪いとか落ち込んでいるとかそんなとき親に連絡してくるのは頼りにされているのかとも思うがなんか複雑な気持ちだって嬉しい話ではなく悪い話ばかりだから聴いてしまうとやはり心配になる知らなければそれで済むのになんて自分 [続きを読む]
  • 同じように育てなかった⁈
  • わが家の兄弟二人ずぼらな兄几帳面な弟生まれつきの性格もあるだろうけどそれにしても何から何まで違いすぎる同じように育てたはずなのに不思議だな!私がそう言うと横から主人がひと言きっと同じように育てなかったんだよ!!そうあっさりと言われてしまったそれからしばらく考えてしまった私上の子はかなり神経質に育てたかも細かいことまで指示を出しいつもダメ出しをしていた私からなかなか離れられない子だった下の子は年が [続きを読む]
  • 出来ることが見つかった
  • 家を出て、息子の知人宅にて「外こもり」をはじめた息子。 どうしたら良いのだろう?と一生懸命に考えたし、親戚や友人に訊いたりした。 しかし、確信が持てず動けなかった。 どうして良いのか分からずに、悶々としながら時だけが・・あっという間に1年過ぎた。 そのころに、谷口英子先生に出会った。 息子の年齢が高いことや家にいないことなど、厳しい状態でしたが、藁をもすがる想いで先生の話しを聴いた。 息子がそばにい [続きを読む]
  • 外こもり
  • 息子は、家を出て息子の知人宅に転がり込み居候をした。 人に相談すると「迎えに来るのをきっと待っている」という人もいた。 しかし、我が家が居心地がいいのであれば家出はしないはずでは?と想えて決心がつかない。 私は迎えに行った方が良いのか、行かない方が良いのか、分からず途方に暮れ悩んだ。 息子は自分の心の中を多く語るタイプではなかった。 親に対しても文句や不満を強くぶつけてはこなかった。 自分のイライラを [続きを読む]
  • 焦り
  • 高校卒業間近になって息子は、やっと進路を大学受験を考えるようになった それからの息子は信じられないくらい意欲的にまるで眠りから覚めたように行動的になっていった そして予備校探しを始めた 新聞の折り込み広告をチェックしたりパソコンでチャット仲間に相談したり体験授業を申し込んだりと・・・あまりの行動力に私は、驚き嬉しさと期待でわくわくしていた でも息子の意欲は長くは続かなった 予備校の体験授業で自分の学力 [続きを読む]
  • “ほめて育てる” おばあちゃんの言葉
  • 年寄りっ子の私はおばあちゃんが大好きだった その大好きなおばあちゃんは生前よく言っていた「子どもは、怒ってではなく  ほめて育てるものだ」 結婚して子どもを授かったとき「子どもは、怒らない。      ほめて育てる」それが、私の子育ての基本になった 「95点、すごいね!もう5点で完璧だったね」「上手に描けたね!みんなびっくりするね」「がんばったね!もうちょっとで追い越せたね」「えらかったね!我慢したんだ [続きを読む]