美ハーモニー さん プロフィール

  •  
美ハーモニーさん: 不登校・ひきこもり と向きあった日々
ハンドル名美ハーモニー さん
ブログタイトル不登校・ひきこもり と向きあった日々
ブログURLhttps://ameblo.jp/be-harmony0203/
サイト紹介文私たちは不登校・ひきこもりを体験した子どもたちをもつ保護者の集まりです。私たちの経験をつづります。
自由文美ハーモニーは、不登校・ひきこもりを体験した子どもたちをもつ保護者の集まりです。不登校・ひきこもりという出来事で、私たちは多くの気づきと学びを得て、親子の絆をはぐくんできました。「先の見えない不安や苦しさ」「相談できない孤独」「わかってもらえない悲しさ」・・・「同じように悩んでいる方々の役に立てたらいいなぁとの想いで“歩んできた日々のこと”“気づいたことや学んだこと”などを、伝えていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/04/15 00:20

美ハーモニー さんのブログ記事

  • 子どもの決めた道
  • 子どもが学校に行けなくなるまで 私が子どもになってほしい姿それに近づけるような進路を用意してあげるのが親の努めそう思っていた だから子どもが学校に行けなくなると子どもの心配をしているようで実は私のプライドを傷つけられたそう感じた そして子育てとは親の夢がひとつづつ失われていくものそう虚しさを感じた だからこれ以上自分が傷つかないために子どものことを見ないようにした 子どもがどんな気持ちでいるのか考えも [続きを読む]
  • 肝に命じる
  • 想いというのは、自分が想うこと想いで生きると、シンプル想いだと、不満はない 願いというのは、人に対しての望み願いで生きると、複雑になる願いだと、不安が起きる 自分の心が、曖昧だと相手には、曖昧なことしか伝わらない 自分の心が、心配になったらその心配を、整理してから関わらないと、重くなる 自分の心に、いつも向き合って自分の心が、どうしたいかで相手に伝えたら、良く伝わる 久しぶりにワークショップのノートを [続きを読む]
  • 聴く態勢
  • 私が家族に話しかけると相手がムッとする?それに私もムッとする! なんで?どうして?私は分からずにいました そんなある日のワークショップで話し掛け方の学びをしました 谷口先生は言いました「相手が聴く態勢になっていますか?」 エッ聴く態勢・・・ 私は自分を振り返った私は相手の都合を考えていなかった 今伝えたいとか、忘れないうちに言おうなど私は自分の都合で話し掛けていた 子どもがテレビを熱心に観ている時に話し [続きを読む]
  • 心の枠
  • 息子が不登校になった不登校という言葉は、知っていたがまさか自分の息子が・・・信じられなかった認められなかった信じたくなかった だから行き渋りだした時夜更かしをして朝、起きられなかっただけ先生に誤解されて行きたくなかっただけと一生懸命、原因を探した原因を取り除けば行けると、、思っていた 起きている現実を自分を納得させるため不安を手放すため自分に都合の良いように考えていたでも原因を取り除いても解決しなか [続きを読む]
  • 私の家庭観 〜講演会のお知らせ〜
  • 息子の高校への行き渋りが始まったころ、知人に言われた 「お家の居心地があまり良すぎると外に出なくなるんじゃないの?だから、引きこもりになるんじゃないの?」 そうか!居心地が良ければ、   そこにずっと居たいと思い動きたくない其れがきっかけで、引きこもりに・・・そう言われれば確かにそんな気もする・・ でも・・・・   子どもは、学校に行けなくなったらお家しか居場所はないじゃない!そのお家に居れなくなっ [続きを読む]
  • 自分が正しい
  • 谷口先生の講演会の後 ワークショップに参加し始めた時 参加している方からよく 「自分が正しいと思っているでしょ?」 と指摘された 私の考え方が正しくないのかしら? 私は常識的な考え方 世間一般的な考え方だと思っていたんだけど 私はおかしいのかしら? 何度も言われるうちに 子どもに対して それは普通じゃないでしょ?と思うとき 私が正しいと強烈に主張したいとき それを否定して考えてみようと思った 目の前にいる子 [続きを読む]
  • 愛情の器
  • 私と娘との関係の中で 最も大切なのが愛情の量 私は愛情の量は小さい器で十分 でも娘は私から見たらとてつもない大きな器だった それを理解するまで大変だった 私の理解する愛情の量を与えても与えても 不満げな娘 こんなにがんばっているのに なんで娘にはわからないんだろう? 毎日、そればかりだった それで、娘は育てにくい子 だから、私は娘が嫌いだと思い違いを始めた 谷口先生の講演会を聴きに行って ワークショップ、 [続きを読む]
  • 文句が言いたい 2
  • 昨日の続きです。 昼夜逆転、ゲーム三昧、という負のスパイラルにはまることが心配だと学校の先生が言った。 その通りになったら終わりだと思った。 結局、息子はその通り、負のスパイラルにはまってしまった。 負のスパイラルだから高校は中退になってしまった。 もう、終わりだと思った。 けど、 終わりじゃあなかった。 息子の人生は続いていた。 昼夜逆転、ゲーム、ビデオ、ため息、暴言。 そこから始めるしかなかった。 [続きを読む]
  • 文句が言いたい 1
  • 自分に余裕がなくて息子に文句を言いたくなる時がある。 そんな時は、早々に寝ることにしている。 私は疲れているな、今日は無理しないで寝た方が良いなと思える私がいる。 息子が学校へ行けなくなって、私は現実を受けとめられなかった。 このままじゃいけない、 勉強しなさい、学校へ行きなさい、 朝は、起きなさい、 夜は、早く寝なさい、 そう言い続けた。 そう言い続けても息子は勉強しなかった。 朝は起きられず夜はな [続きを読む]
  • 人を頼る
  • 息子が一人暮らしをするため家を出た部屋を決めてからわずかな日数での引っ越しだったので夜にも片付けをした始めは几帳面に整理をしていたがだんだん時間がなくなり私も頼まれて手伝った普段は何ごとも人を頼らず自分でこなす息子だがいざという時には遠慮せず私に頼んでくる自分で抱え込まず人に助けを求めることが出来るこれって生きていくのにとても必要なことだと思うそれができる息子私は離れてそっと見守っているだけby  [続きを読む]
  • 聴くことから始まった 〜講演会の案内〜
  • 私は子どもの話を聴くのが苦手息子は私の嫌いなスポーツやゲームの話をする興味もないから聞きたくないだんだん息子に話しかけられないように息子を避けていた私中学生になり行き渋りからまだら登校にそれでも私は息子の話を聞かなかった学校に行かない息子の話しなんて聞きたくもないから顔を見るのも嫌だった谷口英子先生のカウンセリングを受けると子どもが興味を持っていることの話を聴くよう言われたその日から息子のゲームの [続きを読む]
  • 心配性
  • 何かあったのかしら・・・「大丈夫?」「どうかしたの?」 相手が「大丈夫だよ」「何もなかったよ」と言った時に、 「そうだったの、だったら良かったお母さんの思い過ごしね」と受け止められず・・・ 「そうなの、それならいいけれども本当に大丈夫?」と言ってしまう心配性は・・・ それが繰り返されていると子どもは<親から信用されてない>と感じるようになってしまうそうです 小さい頃からこのようなことが続くと自分の感覚 [続きを読む]
  • 言うことをきかない
  • 私は度々孫の世話を頼まれる。とっても可愛いけど、時々言うことを聞いてくれない。 何度言っても聞いてくれないとだんだんイライラして来て、そして大きな声になって、怒ることもあった。 しかしすぐに「あ〜また大きな声を出して怒ってしまった」と反省し落ち込む。 そんな繰り返しをしていた。 ある日の仲間たちとのミーティングの時に、 「言うことを聞いてくれない」ということは、 「こちらの言う通りにさせようとしているこ [続きを読む]
  • ネット依存
  • 息子が、不登校になった生活は、昼夜逆転で一日中パソコンの前お風呂に何日も入らず、着替えもしない歯も磨かず、床屋にも行かず髪はボサボサ こうなってしまったのはパソコンがあるからネット環境が整っているから ここから抜け出すためにはとにかくネット依存を何とかしないと・・・ 思いつく限りのことをしたネットは、何時までと約束させたり深夜から翌朝までネットが切れるようセットしたり でも息子のストレスが溜まるばかり [続きを読む]
  • 父親の一言が・・・
  • 昨日の記事 大学に入学しても・・↑ぽちっとしてねの続きです 息子は自分のペースを大事にしながら、大学生活を楽しんでいった 代弁を頼める友人もできた 出欠席を取らない授業は休んだり適当に手を抜くことも覚えた サークルや友人たちと泊りがけの旅行にも行くようになった 3年生の秋には、「社会に出る準備」と言い、2週間のインターンシップをやり遂げた その頃から、夫の口癖「社会はそんなに甘くはない!」があまり聞かれ [続きを読む]
  • 大学生になっても・・
  • 昨日の記事 予備校に通う息子、それでも心配な夫↑ぽちっとしてねの続きです 22歳で息子は大学生になった 息子の選んだ大学は偏差値の高い有名校ではなかった 選んだ学科も、どの大学にでもあるような一般的な学科ではなかった 相変わらず朝に弱く、人込みが苦手だった だから、午後や夕方に始まる授業を多く選び 帰宅は夜になるまるで夜学の大学生のようだった 息子は息子なりに学力・体調などを考えての選択だったがそんな息子 [続きを読む]
  • 予備校に通う息子、それでも心配な夫
  • 昨日の記事 先に知った人から始める↑ぽちっとしてねの続きです 夫に息子の好ましいところや良いと思える小さな変化を伝え続けた 私を責める言葉は減り家族間の雰囲気が和んでいった 息子は、高校を辞めて約2年半ほどが経った頃、予備校探しを始めた 息子が選んだ予備校は、夜型の生活ペースに合わせ夕方遅くから授業が始まる予備校だった 体調に合わせて選んだはずでも時々休む日があったが「辞めたい」とは言わなかった 大学に [続きを読む]
  • 先に知った人から始める
  • 昨日の記事 父親に見えている息子の姿は・・・                    ↑ぽちっとしてねの、続きです 息子にも私にも批判的だった夫に息子の好ましいところや良いと思える小さな変化を伝えた でも、相変わらず批判してくる夫 その夫の気持ちを考えてみた 以前の私も不安や恐怖でいっぱいだった でも、カウンセリングを受けた今の私は自分の不安な気持ちを整理すれば楽になることを知っている それに息子の良 [続きを読む]
  • 父親に見えていた息子の姿は・・・
  • 学校に行かなくちゃ!何かをしていなきゃ!そんな思い込みを手放して学生でもない、働きもしないニートと云う生活に入った息子 それからはテレビ・ゲーム三昧 夜遊び・・・ 一見、いい加減とも見える姿でも少しずつだが変化が起きていた この変化に気づいたことで私の気持ちは楽になっていった でも、夫は違っていた 相変わらず「バイトも辞めて、何もせず昼夜逆転でゲーム・テレビ三昧の息子を認めるなんてできない 君は、そんな [続きを読む]
  • 娘の好きなこと
  • 娘の好きなこと 動かなくなって 谷口先生と出会うまでは 無意識な感じ カウンセリングを始めると 全部の器官、細胞を総動員しての意識 そんな感じだった 毎日、毎日 娘の言葉、行動を意識した それは赤ちゃん以来かもしれない 今、娘は毎日働いている 辛いこともあるだろう 今の仕事が好きで好きでしているとは思わない でも 働いて得たお金で 大好きな服を買い それを身につけ 毎日出かける テンション上がる服 それは娘の好きな [続きを読む]
  • ダメ母と言われたくなかった
  • 娘が動かなくなって 同級生の母からは、 「甘やかしているんじゃないのもっとバシッと言いなさいよ子どもの言うなりじゃダメよしっかりしなさい」 と言われた 同級生の母から見たら 私はダメ母 自分の評価ががた落ちしていると感じた ダメ母と言われたくない!! 私はがんばっているの!! 私の子育てが失敗だったって言うの!! 自分は悪くない!! そう言われる度に 心の中で叫んでいた 誰も私の気持ちはわかってくれない そんな [続きを読む]
  • 評価 2
  • 昨日の続きです。 暴言を吐く息子がどんな気持ちなのか?そんな事考える余裕は私にはなかった。 ただ、社会で自立してほしい一心で 思いやりをもちなさい‼どうしてやさしくできないの‼お年寄りは大切にするものでしょ‼ と息子に言ったのだ。 だけど、 「そんな時はどんな気持ちなのでしょうね?」 谷口先生に問われてはじめて考えた。 それまで考えてこなかった息子の気持ち。 そうせざるを得ない息子の気持ち。 それほど [続きを読む]
  • 評価 1
  • 学校へ行きもしないで 家で暴言を吐く。 それをわがまますぎると評価する。 そう評価する人もいる。 息子が 学校へ行けなくなる前は、そういう評価をする私だった。 親が甘やかしてるんじゃないの?そう思った。 わがままでしょう、わがまま放題させてるから学校へ行かないんでしょ!そう思った。 息子が朝起きなくなったとき、同居している私の母は、「わがまますぎる‼」と言った。 夫の母は、夫に「あなたが甘やかすからそうな [続きを読む]
  • 自分で決めた
  • 受験して入った中学でまだら登校になった息子このままでは高校に進級させられない中3になるとそう学校から言われたそれから高校に進級するために学校に行こう勉強の遅れを取り戻そうまずは塾に行こうかなそう自分から言い出すまで辛抱強く待った私自分で決めた塾に通い必死で勉強した夏休みの学校の宿題も全部やった夏休みが終わり学校に行った息子でも数日で「やはりここは自分のいる場所ではない」そう言い学校を休み悶々とした [続きを読む]
  • 自分にも周りに合わせる努力が足りなかった
  • 小学生のとき転校してきたクラスに馴染めなかった息子どちらかというと自己主張が強かった子どもでしたそんな姿を快く思わない子もいたやがて生意気だそういう目で見られるようになっていったクラスメイトと衝突することもたびたびあった当時の息子はそれを全部相手のせいにしていた私は内心自分の子にも問題があると感じていたでもその場にいないのではっきりしたことは分らなかった周りの子たちと別の中学に行けばそれですべて解 [続きを読む]