美ハーモニー さん プロフィール

  •  
美ハーモニーさん: 不登校・ひきこもり と向きあった日々
ハンドル名美ハーモニー さん
ブログタイトル不登校・ひきこもり と向きあった日々
ブログURLhttps://ameblo.jp/be-harmony0203/
サイト紹介文私たちは不登校・ひきこもりを体験した子どもたちをもつ保護者の集まりです。私たちの経験をつづります。
自由文美ハーモニーは、不登校・ひきこもりを体験した子どもたちをもつ保護者の集まりです。不登校・ひきこもりという出来事で、私たちは多くの気づきと学びを得て、親子の絆をはぐくんできました。「先の見えない不安や苦しさ」「相談できない孤独」「わかってもらえない悲しさ」・・・「同じように悩んでいる方々の役に立てたらいいなぁとの想いで“歩んできた日々のこと”“気づいたことや学んだこと”などを、伝えていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/04/15 00:20

美ハーモニー さんのブログ記事

  • こうなったらどうしよう
  • 子どもが高校を中退し、アルバイトや遊びに明け暮れていた時、ああなったらどうしよう、こうなったらどうしようと勝手に心配ばかりしていました。 そんな私に谷口先生は「そう考えていると本当にそうなってしまいますよ」と言われました。私ははっとしました。自分が大切に育てた子どもを全く信じていなかったのですね。 できていないことばかりに目が行き、不安が増大しましたが、カウンセリング後はできていないことではなく、今 [続きを読む]
  • 今の自分
  • 先日、何人かの人の前で話をしなくてはいけない機会がありました。あがり症の私はこういう時どきどきして、落ち着きがなくなることがよくあります。うまくやろうと思えば思うほどひどくなります。 しかし先日はちょっと違いました。あがっている自分を受け止め、いまさらもがいても仕方がない。ありのままの自分を出そう、そう思えました。 自分でもちょっと驚きでしたが自分の今を受け止められたおかげで、あがらずにすみました。 [続きを読む]
  • 時計
  • 我が家のリビングにある時計、30分すすんでいる。 私は30分も進めるのは嫌だった。 正確な時間を知るためのものなんだから時計の意味がないでしょう。 夫は自分の電波時計(腕時計)を15分すすめているそうだ。 それって電波時計の意味がある?と息子と大笑い。したけど、その15分がとても重要らしい。 私は嫌だったけど、 受けとめる、寄り添うを実践中。 リビングのアナログ時計を30分すすめることにした。 私が時間 [続きを読む]
  • 夏休み 
  • 高校認定から大学生になった息子。 大学に入った頃は、行きたいところへ出掛けたり本を読んだりした。 大学へ入る前のゲームやテレビ、ビデオばかりの昼夜逆転とは逆の生活になった。 その姿は、私を安心させた。 このまま昼間に活動する生活なら私は安心できる。体にも良いだろうし、本来そうあるべきなんだから、なんて思ったりもした。 が、 大学1年の夏休み、 夜中にゲームをしている息子、昼夜逆転の生活になった息子、 私 [続きを読む]
  • 自分を受け止め切れなかった
  • 今日・・・小5の孫(男の子)とのやり取りで久しぶりに腹を立て怒ってしまった。 だんだん腹が立って来ている自分を受け止めることを試みたのに・・・ 相手は小5の男の子私は60歳過ぎのいい大人 「腹を立て怒る何て、大人気ない」と自分に言って聞かすが・・・ 小5の孫は次から次へと彼なりの屁理屈を行って来る。 私は孫の屁理屈に対して答えられなくなり、腹が立つ。 腹を立て怒ると何とも気分が悪い。 しばらくして、 [続きを読む]
  • 夏休みの宿題
  • 長〜い夏休み毎日ゲームばかりでは退屈してくる友達は部活や塾通いに忙しい彼も部活に所属していたがそちらも休むことの方が多い先輩から出席を促す電話がくる渋々出かけてはまた休む週に1回くらいは登校するという不登校だったので夏休みの宿題も回りと同じようにある気が遠くなるような宿題の量を見ないようにしている息子でも夏休みはあっという間に後半に突入だんだん彼も焦ってくる部活に行って友達のを写させてもらうプリン [続きを読む]
  • フアミコン世代
  • 今40歳の息子が小学生のころフアミコンがブームでした 学校の保護者会でも子ども達にやらせ過ぎないようにとよく議題に上がったのを覚えています 私は何故かあまり神経質になれず自由にさせていました 外遊びよりフアミコンをしている方が好きな子でした 息子は好きなことには夢中になれるタイプです 20代後半は音楽で食べて行こうと頑張りましたが挫折して家出先で引きこもり生活になりました このことを解決したくて藁を [続きを読む]
  • 罪悪感を感じない夏休み
  • 夏休みそれは不登校だった息子が人目を気にせず堂々と外を歩ける夢のような時間だった普段は昼間は家でゲーム夕方や週末になると書店に出かけるあと定期テストの期間は午後になるともうみんなも帰宅してるはずだから俺が外にいても不思議ではないそう言って出かけた平日の外出はあとは具合が悪いとき病院へ行くぐらいところがその病院へ行くのがなぜか嬉しそうちょっと風邪をひいただけでもすぐに行くそして処方された薬の袋を見え [続きを読む]
  • 見る角度
  • カウセリングを受けて物事は見る角度によって違って見える事を知った 同じ現象でも良い、と感じたり悪い、間違っていると、感じたり 息子が不登校になってゲーム三昧の生活になった時良い所なんて・・・一つもないと思った困ったところ認められないことばかりだと思った 朝から晩までゲームばかりやる困った子 ところが見る角度を変えてみると一日中ゲームできるなんてすごい集中力それにやり続ける根気もあると、思った でもそ [続きを読む]
  • 希望の学校
  • 昨日からの続きです 4校目に見学に行ったのは、息子が所属していた軽音同好会のライブを観に行く前にふらっと立ち寄った通信制高校だった。 私は息子がこれから最後のライブをやることを話すと、そこの先生はここの生徒もバンドをやっていて、先生も加わって楽しんでいる、と話してくれた。 夏休み中で生徒さんは誰もいなかったが、教室や楽器が詰め込まれている練習部屋もみせてくれた。バンドをやっているという先生が「私達と一 [続きを読む]
  • 学校探し
  • 昨日からの続きです 学校からの最終通告は息子にはかなりショックだったようで、一時は物は投げる、暴言を吐く、ご飯も食べず、私達家族に当たり散らしていた。 しかし、息子の辛い気持ちを受け止め、いつも通りに接していたら、すぐに元の息子に戻った。 泣いている暇はない。この夏の間になんとか息子に合った、将来に希望がもてる学校を探さなくては。 行くか行かぬかは息子に決めさせよう 息子は私立の中高一貫校に通ってい [続きを読む]
  • 最終通告
  • 数年前、高2だった息子の夏休み前の保護者会で私は個人的に学校から呼び出されていた。 進級しても登校出来ていなかった息子の欠席日数が限界にきていた。 学年主任と担任は申し訳なさそうに次の学校を探すよう、私に言った。 高校の出席日数の壁は息子が不登校になった当初から私達親子の前に立ちはだかり、とうとう越えられない所まできてしまっていた。 ああ、やっぱりダメですか… せっかく中学受験をして入った学校だったのに [続きを読む]
  • 普通・常識・当たり前
  • 学校に通うことは<普通><常識><当たり前> <普通><常識><当たり前>は、正しいこと <普通><常識><当たり前>は、しあわせへの道 息子が中学での行き渋りが始まり高校を辞めるまでの私はそう信じていた <普通><常識><当たり前>に囚われていて学校と云う正道に戻そうと躍起になっていた 行けない息子を行かせる力のない自分をダメ!と思い、責めていた 高校を辞めた後から受けたカウンセリングで不快な気持ち [続きを読む]
  • 息子の想い・・20歳ニートだった頃
  • いまは社会人になった息子が20歳だった頃の話をしてくれた 息子が20歳になった頃学生でも社会人でもない俗に云う“ニート”だった 昼夜逆転、テレビ・ゲーム三昧夜の外出の毎日だった 「あのころ、何を思っていたの?」の問いに 「10代の内は、まだ気が楽だった同級生でも浪人もいたし・・ でも、20歳を過ぎたとたん焦りや不安が膨らんだ 同級生はもう自分の道を歩いているそれなのにオレは一体何をしているんだ! 自分だけ置いて [続きを読む]
  • そんなに怒らなくったって②
  • そんなに怒らなくったって①のつづきです 「怒り狂う娘をイヤだと思うのは?」 どうしてそう思うの?何が問題? そのバックで無くてもいいんじゃないかしら そんなに怒らなくってもいいじゃないかしら 鬼の首を取ったように言わなくたって そんなに怒鳴られることなのかしら どこに置いたか分からないのは私の責任だけど・・・ 怒鳴り散らすとスッキリするかしら ますます自分がイヤにならないかしら 怒鳴り散らした後自己嫌悪す [続きを読む]
  • そんなに怒らなくったって①
  • 朝、娘のお弁当を入れるバックが見当たらない 昨日、娘からバックを受け取って お弁当箱を取り出して それを洗ったのは覚えているが バックをどこに置いたかは 記憶にない 思い当たるところを探すがない しょうが無いから 以前使っていたバックに入れていると それを見ていた娘から 「それイヤなんだけど どうしてバックがないの? どこに置いたの? 何でわかんないの?」 と大きな声で 矢継ぎ早に怒鳴られる そうすると ますま [続きを読む]
  • それぞれのやり方
  • 月に1回ほど夫は母親が大好きなうなぎを食べに連れて行きます。昨日は息子と私も同行しました。ところが先週が土用の丑の日だったせいか、今日も売り切れで閉店。 夫は近くのうなぎ屋を息子とともにスマホで探し、何軒か電話するも予約でいっぱいでした。私が「うなぎじゃなくてもいいんじゃない?」と言ったら、案の定夫は「おふくろはうなぎが好きなんだ!」と怒る始末。 やっぱりそう来たか。私は心の中でそう思いました。息子 [続きを読む]
  • 心の底から
  • 娘から子ども(私の孫)の動画が送られてきました。娘がちょっと変な顔をすると孫はげらげら、ゲラゲラ、心の底から笑っていました。 孫は親に愛されているんだなーまるごと愛されているとこんなふうに心から笑えるんだなーと私の心まで温かくなりました。 by ブリッジ 共感していただけたら、ポチッとしてね。 ↓↓↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • まぁ、良いか?
  • 息子が大学へ行き帰って来た。 「飯、飯、」 と言いながら、手を洗い、うがいをした。 その間に私は夕飯を温めて食卓に並べた。 食事が温まったと思ったら、 息子は、食卓の椅子に寝転んでいる。 不自然な姿勢で寝ている。 “かなり疲れているのだな、” と思った。 「このまま、少し寝るわ。食事、温めてもらったのに悪いけど。」 と、力なく言いながら寝ている。 風邪気味の息子が、不自然な姿勢で寝ていることが気になった。 [続きを読む]
  • 判断基準
  • 息子が怒っている。 私は何度も謝る。何度も謝って私はもう十分謝ったと思っても、 息子はまだ怒っている、 謝ってもらっていないと感じている。 そこには食い違いがあるということだ。 その食い違いがわかったから 謝ってもらったと息子が思うまで謝り続ける。 判断基準は息子が思えるかどうかなのだ。 私が十分謝ったとか、世間ではもうそんなに謝ったら十分だろうとか ではない、 判断基準を決めるのは息子なのだ。 私がほ [続きを読む]
  • 世間の常識?
  • 実家のある栃木で母の三回忌があり、 我が家は、私、長男、長女と婿殿とその子ども2人、次女とその子ども1人の8名全員出席しました。 さて、次女は古着屋経営という仕事柄もあるのでしょうが、髪の色が奇抜です・・・ 少し前までは金髪ではなく黄色でした。 「何で黄色にしたの?」と質問すると「金運がアップするんだって」と答えました。 確かに、シングルマザーで奮闘中だし去年の夏に三軒茶屋で、古着屋を開店したばかり [続きを読む]
  • 大変身
  • 先日、実家の母の三回忌があり栃木に行くことになりました。 当初、日帰りの予定でしたが・・・ 息子の車に、私と次女と次女の子どもを乗せて行って欲しいと息子に頼むと、 「せっかく栃木まで一緒に行けるなら、前日にどこか観て廻ろうか?」と息子から提案がありました。 (こちら側から誘うことは多いのですが、息子からの誘いは珍しいのでびっくりしました) あいにく次女は前日の仕事を休めず、息子と私と次女の子どもの3 [続きを読む]
  • 待てなかった私
  • 子どもが小さい頃「早く早く」といつもせかしていた言動すべてが遅く私は待てずに手や口を出していたどこかに遊びに出かけてもまだそこにいたいと言う子どもを無理やり帰途につかせたきっと子どもは心の底から楽しいとは思えなかったはずたとえ最初は楽しんでいても最後は不満が残っていただろう中学生になり子どもは私の言いなりになるのを止めた自分の意志で行動するようになったその最初の行動が不登校だった私は子どもから突き [続きを読む]
  • 余計なことは言わない
  • 私の母はよく孫たち(私の息子)は元気かと聞いてくる私は面倒なので元気だよ と答えておく息子たちは離れて暮らしているので滅多にこちらから連絡はしない必要な時は向こうから連絡してくるからそれを先日 母に話すと男の子の母はあさっりしてるわねそしてこう続けたオレオレ詐欺にだまされるのは男の子の親ばかりだわたまに息子から電話があると嬉しくてすぐお金をだしてしまう 何て自分勝手な発想だ私は超ムカついた母は何を [続きを読む]
  • 自業自得
  • ある日、息子が言った「自業自得だよ! って言う人、嫌だな」 「えっ それって、責められてるように 感じるから?」と、私 「う〜ん そうじゃなくて・・・ なんか見放されたように感じる」と、息子 そこで「○○(息子)なら なんて言うの?」と、訊くと 「何も言わないかな もっと上手くやれば良かったのに とは、思うけど・・・」と、言う 「そうなんだ 私は言ってるかな・・・」と、私 そして息子は優しいなと、思った [続きを読む]