美ハーモニー さん プロフィール

  •  
美ハーモニーさん: 不登校・ひきこもり と向きあった日々
ハンドル名美ハーモニー さん
ブログタイトル不登校・ひきこもり と向きあった日々
ブログURLhttps://ameblo.jp/be-harmony0203/
サイト紹介文私たちは不登校・ひきこもりを体験した子どもたちをもつ保護者の集まりです。私たちの経験をつづります。
自由文美ハーモニーは、不登校・ひきこもりを体験した子どもたちをもつ保護者の集まりです。不登校・ひきこもりという出来事で、私たちは多くの気づきと学びを得て、親子の絆をはぐくんできました。「先の見えない不安や苦しさ」「相談できない孤独」「わかってもらえない悲しさ」・・・「同じように悩んでいる方々の役に立てたらいいなぁとの想いで“歩んできた日々のこと”“気づいたことや学んだこと”などを、伝えていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/04/15 00:20

美ハーモニー さんのブログ記事

  • 私のお守り
  • 家出先で引きこもり生活をし始めた息子に、離れているので何もしてあげられないことが、私は母親としてものすごく辛くて悲しかったです。 そのことを初回のカウンセリングの時に、谷口先生に訴えました。 すると先生は『ホ・オポノポノ』を教えてくれました。 ハワイの秘法で、相手を想いながら唱えるのです。 『ごめんなさい 許してください ありがとう 愛しています』 不思議なことに離れていても、こちらの「想い」が相手に [続きを読む]
  • 支払い問題
  • 息子は30才手前まで夢を追いかけて頑張っていましたが力尽き・・・ ある日、息子は家出し家出先での引きこもり生活になりました。 息子が家出先で引きこもり生活をしている間の事柄で、現実的な問題として思い悩んだものの一つに、いろいろな息子名義の支払いがありました。 先ずは携帯電話の支払いです。夫は「支払う必要はない」と言いました。 しかし支払いをしなければ、やがて携帯電話は使えなくなります・・・ 私は「 [続きを読む]
  • 探し物に付き合う
  • 息子は大学生になると一人暮らしを始めた話し好きの息子は頻繁に電話をかけてくる特別な要件がなくてもなんだかんだと1時間くらい話す私が特に面倒だったのが探し物の電話例えば「俺の自転車の鍵がもう何日も  見つからないんだけど  どこにあると思う?」私は そんなことわかるわけないでしょうと思うものの話を聴く大切さを体験しているからそう簡単に突き放すわけにはいかない「そうなんだ、それは困ったね。  いつもは [続きを読む]
  • 子どもは愛情を求めている〜講演会のお知らせ〜
  • 子どもが中学生になるともう母親の仕事は終わりそう思っている私がいた中学生なんだからもう親を頼らずに何でも自分でやってほしいそう願っていた話し好きの子どもは私に何かと話しかけてくるし頼ってくる私はうっとうしくて仕方がなかった学校を休む日が増えてくるともう子どもの顔を見るのも嫌だった子どもが中学3年になる直前私はカウンセリングを受けた様々な取り組みをしていく過程で子どもは幾つになっても親の愛情を求めて [続きを読む]
  • 価値観
  • ある朝息子と映画やドラマの話になった 息子はサスペンスドラマなどで最後に主人公が正義を語っているシーンは観ていて、価値観を押し付けられているようで気分が良くないと、言う 価値観は、人それぞれで置かれている環境でも違ってくるそれをひとつの正義で統一しようとしているのが価値観を押し付けられているように感じると、言う 私はそんなこと感じたことなかった最後に主人公が語る正義は何の違和感もなくそんなものだと [続きを読む]
  • 眠れない苦しみ
  • 昨夜、久しぶりに眠れない苦しみを、体験した。 隣で寝ている主人のいびきがすごくて、どうやっても、眠れない。仕方がないので、別の部屋へ移動したら、すぐ眠れた。 いびきが原因なら、それで眠れるが、息子が不登校になって1か月位経った頃、私自身も眠れなくなり、非常に困ったことを思い出した。 高1の冬、息子は、夜、どうやっても眠れず、やっと寝付くのが、明け方で、朝起きられず、不登校になった。 息子が不登校になっ [続きを読む]
  • すぐ顔に出る
  • 朝、娘が起きてきて、私の顔を見て、一言。 「お母さん、何か怒っているでしょ」 「えっ?何も怒っていないよ。」 と言ってはみたが、娘には見破られていた。 そう、 実は私、 怒っているんです!!  夜中、ソファで息子が憩っていたらしい。 それは結構なんだけど、朝、ソファカバーのしわに潜り込む形で、ライターがあったことが、私の怒りの原因。 危ないじゃない!誰かが気付かずその上に座って、もし発火したら、大変でしょ [続きを読む]
  • 生きるためには
  • 昨日の記事 価値観が違うだけ  ↑ぽちっとすると記事に飛びますの続きです あの時のことを、聞いてみた 「前に、価値観は人それぞれで違って当然なのだから違うからって腹が立ち続くことはあまりないって言っていたよね? それって小さい頃からそうだったの?」 「いや〜、 オレは、 正しいのか?間違っているのか?で、物事を判断していたよ 自分は正しいことをしていると思っていた だから、自分とは違ったりルールに反す [続きを読む]
  • 価値観が違うだけ
  • 夫と親バカ的な話で盛り上がった 夫「息子は、僕に似ている  違うのは、僕と比べて性格が穏やかと云うこと  それに人を批判しないところだね」 (確かに!!   夫はテレビに向かって文句を言ったりする   息子は人を悪く言わない) この話を息子にした 息子はうれしそうに大声をあげて笑った ふっと、数年前の会話を思いだした いつも、親に穏やかな笑顔の息子人さまにもそうなのだろうか? 聞いてみたことがある 「人 [続きを読む]
  • 私の重し
  • 先日、樹木希林さんが亡くなった 彼女の追悼番組を見ていたとき 「内田裕也さんが私の重しだったから 私は道を外れることなくこれた」 というような話をしていた 私の重し? その言葉を聴いたときに 私の重しは子どもだ と感じた 不登校、ひきこもり 自分がそのような子の親になるなんて 思いもしなかった そのことによって 子どもとの関係 夫婦の関係 家族の関係 自分の生き方 いろいろな気づきがあった 子どもが不登校にな [続きを読む]
  • 私の思い込み  <講演会のお知らせ>
  • 子どもが動かなくなって 子どものために良かれと思ってやったことが 「こんなこと、いつ頼んだ? 頼んでない!!」 と言われる事が多かった 子どもが好きそうだなーと思って作った食事 「いつ、これが好きと言った きらい 他のものはないの?」 と拒絶されたことも何度もある こんなに頑張っているのに・・・・ なんで? 私の子どもに対するイメージと 子どもがずれていたのだ それさえも分からず 自分のイメージで突っ走っ [続きを読む]
  • 否定で始めてしまった!
  • 先日、私が留守の間夫と息子が先に昼食のうどんを食べていました。 私が帰宅すると私のうどんをゆでるためのお湯がとってありました。 「このうどんお母さんにはちょっと塩辛いかもね」と息子が言うので夫は「一度茹でてから水にさらしその後、温めるといいんじゃないか」と言ってました。 「塩はうどんの生地に練りこんであるので、水にさらしたんじゃとれないんじゃない」と私が言うと、「せっかく塩辛いのをとる方がいいと思っ [続きを読む]
  • 今だからわかる
  • 私の子ども達が卒業した地域の中学校から不登校の生徒の勉強を見てほしいと頼まれました。 中3なので来年の高校受験のために今までの分を取り返したいそうです。ただ教室には行かれないので別室で勉強することになりました。 初めて会う日、私はなるべく緊張してもらわないよう、どんな会話をしようかと考えながら学校で待っていました。 ところが時間が過ぎても来ません。朝が苦手ということなので、待っていましたが、そのうち [続きを読む]
  • 大切にされたい
  • 昨日の続きです。 喋らないでほしいポチッとすると昨日のブログに飛びます。 息子は高校2年の7月から学校に行きしぶり 始めた。 息子の通っていた高校は、夏休みに合宿があった。 高校2年の合宿の前日、息子は、 「行きたくない。」 と私に言った。 1年の合宿から帰ったときは、合宿での出来事を楽しそうに話してくれた。「感じがわかったから来年はこれを生かせると思う。」と言っていた。実り多き合宿だったのだと私は [続きを読む]
  • 喋らないでほしい
  • 個人情報の管理、今はとても厳しい。 私の個人情報、今、何の仕事をしているのか?どんな生活をしているのか? 一緒に生活している家族には隠すことではないし、協力をしてもらわなければならないからいつ不在になるかなど予定をを伝えるけど、隣の県に住んでいて普段直接関わりのない伯母(母の姉)に私の今日の予定を知ってほしいとは思わない。 伯母は寂しがり屋で電話魔。親戚中、あちこちに電話をかけまくり誰が何をしているの [続きを読む]
  • 言葉には必ず想いが乗る
  • いつものように、次女の子ども(小5の男の子)を預かっていた週末の日に、長女達(長女、小2の男の子、2才の女の子、)が合流した。 いつものように、楽しく遊び、夕食を共に食べ、お風呂に入り、パジャマに着替え、夜になって長女達を車で送ることになった。 車に乗り込むと、一番後ろのスペースに小5のSが入り、小2のHに「入っちゃだめ」と言った。Hは「僕だって、入りたいよ」と言って押し問答になった。 あげくの果てに、 [続きを読む]
  • 息子はいつも事後報告
  • 夫が亡くなってからは・・・ちょっと判断しかねることを、息子にラインのメールで相談している。 今回も火災地震保険の契約更新のことで相談したら、 「今家にいるの?」「いるよ〜」 「じゃあ、ちょっと顔出すわ、20:00過ぎくらいかな」「悪いわね〜ありがとう」 (あら、来てくれるんだ〜数字の関係がややこしいからかな?)と思いながら待っていた。 そして、息子が来て保険の相談をし始めていると、 息子が・・・「実は [続きを読む]
  • 人と話すのが好き
  • 息子は人と話すのが好き不登校の後高校を選ぶときそれを理由に全日制高校を選んだ人と話すのが好きならどうして学校に行かないのか私は息子の行動が理解できなかったでもどうやら違うらしい人と話すのが好き人と仲良くしたいだから人からどう思われるか気になる気になるから自分の言動に臆病になるだから疲れるそして立ち止まってしまう私とは性格の異なる息子なかなか理解するのは難しい相手に寄り添いじっくり話を聴くことで少し [続きを読む]
  • 面倒なことは苦手
  • 夜テレビでドラマを観ていると夫が少し離れたところからどんな話?この役者は誰?と次々と質問してくる私が答えられないとわからないで観てるの?役者の名前 気にならないの?あんた(私のこと)不思議な人だねそんなおもしろくないのよく観てるね‥・延々と続く私はもう!うるさい!!とつい怒鳴りたくなる私は夫からのこの質問が大嫌いドラマに限らずいつでもこの調子私はこういう面倒なのが苦手一人で静かにしていたいそういえば [続きを読む]
  • 大丈夫・・・?
  • 自分の想いを意識して日々過ごしていても周りからのちょっとした言葉に落ち込むことがある そんな時はいつも変わらない現実に自分の望む変化を感じられずつい思ってしまう このままで大丈夫? もっと他にできることが あるんじゃないの?って・・・ 今の息子をあるがままの息子を受けとめていこうと、決めたのに・・・手ごたえを感じられず不安になる 本当にこれで大丈夫なの? もっと他にできる事があるかも・・・と、揺れる [続きを読む]
  • 1/33の確率
  • テレビのニュースで ?不登校の生徒は中学校では  33人に1人、  1クラスに1人いる計算になる?、 と言っていた。 1クラスに1人。 これが多いのか、少ないのか、よくわからない。 でも、うちの子はまぎれもなくこの?クラスに1人? の1人だったのだ。 まさか、その1人に我が息子がなるとは、夢にも思わなかった。 上の子の学校にも、息子の同級生でも、何人もの不登校の子がいた。 その親たちの苦悩する姿を見てきた。とても気 [続きを読む]
  • ずれた愛情
  • 先日、私がよく知る近所の小学生が、深刻な顔でこんなことを話し出した。 来月、空手の合宿があるが、自分は友達がいないから、行きたくない。だけど、お母さんが行きなさい、と言って、行くことになってしまった。今から、嫌で嫌でたまらない。 あら、これは聴いてあげないと、と思い、 「そうか〜、お友達がいないと嫌だよね」「うん」「お母さんに行きたくない気持ち、話したの?」「話したって無駄だよ。どうせ、行けって言っ [続きを読む]
  • 息子の邪魔をしないように
  • 昨日の記事  無くなることのない不安・妄想の続きです 新たな状況になるとそれに合わせたかのような新たな不安・妄想がわいてくる私のやっかいな癖 この不安・妄想癖のままだったらそれらはそのまま息子に伝わり息子の中でも不安や焦りがふくらみ・・その不安や焦りが、また私に伝わって・・ この不安や焦りの連鎖 これまで何度も繰り返してきた この連鎖を断ち切るにはカウンセリングで学んだように私の不安や焦りは整理して [続きを読む]
  • 無くなることのない不安・妄想
  • 息子は22歳で大学生になった 自分の道を歩き始めて一安心! ・・・のはずなのにそれでも時折 目が覚めても動き出すまで体調調節に2時間以上もかかるのに決められた時間に合わせて毎日外出できるだろうか? 昼夜逆転だったのに昼間の大学生活が続けられるのだろうか? 人混みが苦手なのに朝のラッシュは耐えれるのだろうか? 「人との距離感が掴めない 怖い」と、動けなかったのに集団に入っていけるのだろうか? 4歳も年下の同級 [続きを読む]
  • 今の子どものありのままを受け止める ②
  • 今の子どものありのままを受け止める ①のつづきです 子どもの暴言暴力に困り果てた私は 谷口先生の講演会に出席し ワークショップに参加、 カウンセリングも始めました 今の子どもの行動を どんな気持ちでそうするのか それを子どもの立場に立って考える そういう作業をしていくうちに 今の子どもの置かれている状況 子どもの気持ち が少しずつ分かるようになりました ありのままの子どもを 見えるようにもなりました 子どもは [続きを読む]