美ハーモニー さん プロフィール

  •  
美ハーモニーさん: 不登校・ひきこもり と向きあった日々
ハンドル名美ハーモニー さん
ブログタイトル不登校・ひきこもり と向きあった日々
ブログURLhttps://ameblo.jp/be-harmony0203/
サイト紹介文私たちは不登校・ひきこもりを体験した子どもたちをもつ保護者の集まりです。私たちの経験をつづります。
自由文美ハーモニーは、不登校・ひきこもりを体験した子どもたちをもつ保護者の集まりです。不登校・ひきこもりという出来事で、私たちは多くの気づきと学びを得て、親子の絆をはぐくんできました。「先の見えない不安や苦しさ」「相談できない孤独」「わかってもらえない悲しさ」・・・「同じように悩んでいる方々の役に立てたらいいなぁとの想いで“歩んできた日々のこと”“気づいたことや学んだこと”などを、伝えていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/04/15 00:20

美ハーモニー さんのブログ記事

  • 一瞬の闇
  • 娘と買い物中立ち寄ったcafe 隣のベビー用品を扱うお店から 赤ちゃんの大きな泣き声がする 姿は見えないけれど お母さんが困り果てている姿が見えるように いっこうに赤ちゃんは泣き止まない 私の思考が 私も娘に私の考えられることをやっても いっこうに泣き止まず、 困り果てていた時に飛んだ 私の口から 目の前に娘がいるのに 「かわいくて、かわいくてしょうがないのに 自分でどんなことしても泣き止まなかった時 一瞬、い [続きを読む]
  • 困ったこども
  • ある県の高校で再チャレンジスクールについて書かれた記事を読みました。そこでは「困った生徒」は「困っている生徒」と捉えて卒業までしっかりみてくれるというものでした。 私は自分の子どもが不登校になったとき、まさに「困った子ども」と思っていました。 高校に入るや否や、帰宅時間が遅くなる、アルバイトを始める、友達の家に泊まりに行くなど・・・こんなことをしているから学校に行くのが嫌になってしまうのだと思ってい [続きを読む]
  • 安心できる場所
  • 「個人的な問題や悩みを人に話せるようにするには安心できる場所を作らなくてはいけない」 そんなことをある本で読んだとき、ふと自分のことを考えました。果たして子どもが不登校だった時家は安心できる場所だっただろうか、と。 自分だって子どもの不登校の話を誰にでも話せるわけではありません。どんな相手だったら話せるか・・・批判せずに聞いてくれる人、共感してくれる人、受け止めてくれる人、 子どもが不登校だった頃、 [続きを読む]
  • 今の幸せ
  • ベランダに出て置いてある箱に腰掛けた。 荷物が入れてある箱。 ゆっくり腰かけるのは久しぶり。 あの頃、息子が学校へ 行けなくなったあの頃、 朝、学校の先生に電話をするとき、 狭い我が家、 息子はたいがい寝ていたけれど、 息子に聞かれては嫌だと思って、ベランダに出た。 窓を閉めて、ベランダの箱に腰掛けて 学校の先生と話した。 「今日もお休みします。」 息子の現状を 「今は寝ています。昼夜逆転です。勉強はし [続きを読む]
  • 何をやっているのか?
  • 土日、息子はたいてい夜型。 いやいや、大学に入学して半年くらいは夜寝る生活していたけれど、夏休みには昼夜逆転、 大学生の今、かなり夜型。休みの日はほぼ明け方寝て、夕方起きる。 私が寝るころ起きることもある。 だけど、徹夜しても、どんなに遅く寝ても、大学には行く。 大学の、授業があるときは登校する。 朝は、授業には間に合うように起きる努力をしている、 やるべきことはやっている。私にはそう見えている。 [続きを読む]
  • 二度の家出
  • 息子は想い描いた自分の将来が崩れ去り気力を失ってしまった。 自分の部屋に引きこもるようになってから、二度の家出があった。 一度目の家出の時は何処へ行ったのか、まったく分からず携帯も繋がらなくなり一ヶ月も音信不通になった。 息子が何処かで自殺をしているのではないか? 自暴自棄になって他人を殺めているようなことはないか? と、いろいろなことを考えてしまい夫と私は夜も眠れなくなった。 二度目の家出の時は [続きを読む]
  • 息子の変貌
  • 5月26日の谷口英子先生の講演会の資料を読んでいたら、 『子どもの心の状態』というところで目が止まりました・・・ 『1)辛い、苦しい。  2)わかってもらえない。         〜逃げる、避ける。  3)辛い場や苦しいところから逃げ   ても、決して自分自身からは逃   げられない。       〜再び辛く苦しくなり、        悔やみ、不安になる。  4)現実逃避をする。        〜TV [続きを読む]
  • 心から寄り添う
  • 〜昨日の続きです〜私がゲームの話を聴くことで息子の気力は少しずつ上がってきたなんとか高校へ内部進級したい息子それには登校が必要でも勉強はものすごく遅れている息子は焦り私にキレる私は思いつくままに提案してみる学校の先生に聞いたら塾に行ってみたらすると息子はことごとく否定してますますキレるこの時の私は息子のことを考えているようで実は面倒な問題から早く解放されたいだからよく考えもせず思いつきだけで息子を [続きを読む]
  • 気力を上げる
  •  〜昨日の続きです〜息子はおしゃべりな子だったゲームの話をしたら止まらない私は聞くのが嫌で話し掛けられないようにしていたでもカウンセリングで子どもの気力を上げるには子どもの興味を持っていることの話を聴くことが大切と教わった私は子どもが学校に行くためと割り切り私の大嫌いだったゲームの話を毎日聴く と決めた私がそう決心するとさっそく息子は話しかけてきたサッカーゲームの話を毎日ひたすら聴き続けたやがてJ [続きを読む]
  • 私が変わっただけ
  •  〜昨日の続きです〜中2の終わり学校からこのままでは高校に内部進級させられないと言われた私は焦り初めて現実に向き合った知人から谷口先生のことを教えてもらいホームページの親が変われば子も変わるのことばにすがる思いでカウンセリングを申し込んだ初回子どもの長所を書いてくださいと言われた私は一つも書けなかった息子の長所なんて考えたこともなかった短所ならいくらでも書けるその日から私は息子の良いところ探しを始 [続きを読む]
  • 息子との心の溝
  • 息子は中学受験をした中1の5月 通院のための遅刻をきっかけに朝 起きられない日が増えた起きてもお腹が痛いと言い登校しない遅刻して2限3限から行くか欠席朝から行く日はほとんどなくなったそれでも私は朝 起きられるようになれば行けるはず と思いこみ現実から目を逸らしていた何故か学校行事には行くだから学校からは学校に来られない のではなく普段は勉強が嫌でただ怠けているだけと冷たく言われていた私も息子のことを考 [続きを読む]
  • 母の日
  • 毎年、母の日が近づくとなんとなく、そわそわする今年は、どうかな?何かしてくれるかな? 去年は長男から花束が宅急便で届き次男からは何もなかった今年は、どうかな?ちょっとだけ期待していた そして当日長男から 「みんなで食事に行こう」と、お誘いがあったもちろん主人も私もOKでも、次男が・・・心配したとおり「行かない」と、言う そこで次男にはお弁当を用意して3人での食事会となったカーネーションも貰って楽しい [続きを読む]
  • あるがままの子供を受け止め続ける
  • 昨日からのつづきです それからはまた初心にかえり、息子のありのままを受け止める、いたわりの言葉をかけ、私の不安やいら立ちの心の整理をしました。毎日毎日これを繰り返しました。 残念なことに、息子は全く口をきかないので、?話を聴く?、ということは、したくてもできない状況でした。 高3の秋からはまた朝起きられず、欠席も増えていき、また不登校になるのでは、と気を揉むこともありましたが、先生と心の整理をして何と [続きを読む]
  • 油断は禁物
  • 昨日からの続きです。 学年がまたがっていたこともあり、高校2年に進級はしていましたが、夏休み前までに登校できていなかったので、学校より次の学校を探すように通告されました。 そのことを息子に告げると、やはりショックだったようで、私達にあたりちらし、物は投げる、暴言を吐く、ご飯も食べず、寝てばかりいるようになってしまいました。 以前ならきっと不安でおろおろしていただろう私が、この時はそんな息子の辛い気持 [続きを読む]
  • 私の取り組み
  • 昨日からの続きです。 そして魔法の9マスシートと呼ばれるものを毎日書くことになりました。その中には子供の長所を14こも書かなくてはなりません。毎日毎日息子の良いところ探しが始まりました。 日々観察してみると、彼の長所が沢山あることに気が付きました。 思いやりがある、思慮深い、責任感がある、真面目、器用で物作りが上手、集中力がある、寡黙、行動力がある、気が利く、探究心がある、おしゃれ 等 本当に沢山ありま [続きを読む]
  • 息子が不登校に
  • 息子は私立中学に入学し、校内では厳しいことで有名な武道系の部活に入部しました。 実際入部してみると、そこは想像以上に厳しいところで、上下関係や礼儀、伝統など、かなり理不尽なことが多くありました。同学年の仲間が次々退部していく中、息子はふんばり、経験者も多い中、初心者ながらもメンバー入りすることができました。 しかし、稽古なのか暴力なのかわからない日常で、仲間も自分も怪我をさせられ、息子は疲弊していき [続きを読む]
  • 自信は家庭の中で育つ
  • 高校に行けなくなっていく息子を見て気になったのは<自信が無いということ> 成功体験を積み重ねれば自信を取り戻すだろうと考えた そこで新分野にチャレンジすることを勧めた ジムに通ってみたら?バイクの免許を取ってみる?バイトをしてみたら? でも、息子は私の提案には乗らず薬が増え,ますます動けなくなって・・・ 2年生で高校を辞めた 現実を受けとめられない苦しさから抜け出したくて私はカウンセリングを受けた そこで [続きを読む]
  • 「なぜ学校に行くんだろう?」
  • 「なぜ学校に行くんだろう?」 息子が、そんなことを言ってきたのは地元の公立中学校に入学して間もない頃だった 中学生生活を順調に滑りだしたと安心していた矢先のことだったどうして息子は、「なぜ学校に行くんだろう?」なんて、言うんだろう? 当時の私は小・中学校に行くことはあまりにも当たり前のことすぎて深く考えたことも無かった 思ってもいなかった息子の言葉に戸惑いや不安を感じ、焦った 安心して学校へ行けるよう [続きを読む]
  • しあわせは重い
  • 娘と買い物に行く朝 夫に 「今日は娘と買い物なの 連れ回されるから、疲れるよね」 と言うと 「しあわせは重いんだよ」 と夫が言った そうなのだ 娘がパワハラで動けなくなったとき 「買い物に行かない?」 と誘っても 「行かない」と言えばいい方 何も言わず、ただスーッといなくなるか 誘えない雰囲気を全身から出していた 娘と出かけられる そんな日が来ることさえも考えられなかった 娘と出かける それはしあわせなこと そ [続きを読む]
  • これが食べたい!!
  • 娘に 「ママは私が食べたいメニューを言っても なんだかんだと言って作らない」 「そう、買い物に行くと 特売の商品があると、そっちがいいかな?と思っちゃうの」 そう言っても許してくれるうちは良かったが 娘が動かなくなって 娘に食べたいと言われたもの以外のものを出すと 娘が怒り出し、どうにもならない状況になった 娘の数少ない楽しみの食事さえ、楽しめない状況 暴言、暴力の日々が続いた 夫が 「満たされない毎日なんだ [続きを読む]
  • 私の価値観にことごとく挑戦した娘 その4
  • (昨日からの続きです) 通信制高校卒業後は、その先の進路を決めずアルバイトをするという道を選んだので、また停滞してしまうのではと心配しました。この時も先生に相談すると、「お嬢さんの決めた道を尊重しましょう」と言われました。その1年後、美容の専門学校に入りました。ここは右向け右式の教育方針だったので、娘としてはしんどかったと思いますが、本人は「高校はいい加減だったのでなんとか毎日がんばって通う」と言っ [続きを読む]
  • 私の価値観にことごとく挑戦した娘 その3
  • (昨日からの続きです) 夜遅くなる時など、最初は連絡をくれていましたが、私がそのたびに早く帰るようにうるさく言うと、そのうち娘は私のメールに返信しなくなってしまいました。そのとき先生は娘さんからメールがあったら、「連絡をくれてありがとう」と返信するように言われました。私はメールがあったら返信するのが当たり前だし、だいたい携帯の料金を払っているのは親なのにと思いましたが、とにかく娘に何かあっては困る [続きを読む]
  • 私の価値観にことごとく挑戦した娘 その2
  • (昨日からの続きです) そして高校に入学。また行き渋りが始まりました。小学校の時のようにいじめや学級崩壊があるわけではないし、自分で選んで入った高校なのに、どうして行かないのだろうと私は原因探しばかりしていました。 娘はアルバイトに明け暮れ、また友達と夜遅くまで遊んだり、泊ってくるようになり、出席日数が不足して、2年に進級することが難しくなりました。どうしてうちの子どもはこうなんだろう?毎日今日は帰 [続きを読む]
  • 私の価値観にことごとく挑戦した娘 その1
  • 娘は感受性が強く、とても優しい子どもでした。小学校に入学した最初のクラスでは、やんちゃな男の子が数人にいて、担任の先生はいつも怒っていました。ある日、娘は私に言いました。「先生はいつも怒って大きな声を出すから私はすごく嫌!」「あなたのことを怒っているわけじゃないのよ」と私は言い、先生にもそのことを伝えました。 そんな娘が小学校6年の夏休み前から不登校になりました。きっかけは、お友達からのいじめでした [続きを読む]
  • 体験談を聞いていただきありがとうございました!
  • 昨日5月26日 谷口英子先生の講演会及び美ハーモニーの体験談にたくさんの方がご来場してくださったことに感謝いたします。ありがとうございました。 私たち美ハーモニーのメンバー3人はそれぞれ以下のような内容の体験談を話しました。 「どんな時も子どもの話をひたすら聴き、子どもを信じてきたことが子どものエネルギーを上げた」 「私の価値観にことごとく挑戦した娘が教えてくれたのは、娘の気持ちに寄り添って受け止め [続きを読む]